今度ニッタクから出る、新発売ラバー、ファスターク G-1というラバーは

今度ニッタクから出る、新発売ラバー、ファスターク G-1というラバーはどんなものなのでしょうか? ホームページを見ても、...

pasocon さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2010/07/06 17:31
  • 回答No.1
  • ベストアンサー
pasocon

ベストアンサー率 52% (216/409)

今日ショップで偶然発見したので回答させていただきます。
まずスポンジですが、もうヘキサーと言っちゃっていいくらい気泡が大きくて目の粗いオレンジスポンジでした。シートや弾み具合などは玉突きをしていませんので分かりませんが、ヘキサーやテナジーと一緒の部類だと思います。
これぐらいしか書けないです・・・。申し訳ありません。
参考にしていただければ幸いです。
お礼コメント
DORAIBU-CUT

お礼率 20% (1/5)

ヘキサーやテナジーと一緒だとすると、結構なテンション系ですね。
「ファスターク G-1」試せればいいなあと思っています。
有難うございました。
投稿日時:2010/07/06 22:55
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • ファスタークG-1 卓球

    ニッタクのラバー「ファスタークG-1」についての質問です。 このラバーの硬度はバタフライ硬度で言うとどれくらいになりますか? 硬度が硬いのであれば使ってみたいのですが… 回答よろしくお願いします。...

  • 卓球 バック面ラバー お薦め 卓球

    中一の卓球部員です 長期休みを切っ掛けにカットマン(もとはドライブマンです)からドライブマンに転向しようと思い 攻撃型のラケットとラバーを買おうと思ったのですが バック面のラバーがなかなか決まりません そこで、お薦めのバック面ラバーを教えていただけないでしょうか?(できればニッタクで) ラケットはニッタクのバイオリン フォアラバーはニッタクのファスタークG-1です カットマンだったので後ろから打つ癖ができているので できるだけ高弾性のものがいいです 今のところ候補は ファスタークs-1 キョウヒョウシリーズ スレイバーです スピンとコントロールを重視しています 予算は4000円程度です(バック面ラバーの) 回答をお待ちしております...

  • ラバーとラケット 卓球

    中ペンからシェークに変えようと思います。 何が良いと思いますか。 候補はバタフライのインナーフォース以外のアリレートカーボンか、XIOMのゼトロクアッドです。 あと、ラバーなんですが、フォアはテンゾンと決めているんですが、バックが決まりません。 候補は、ヴェガプロ、シグマ系、ラウンデル、ファスタークG-1です。 他の方がいいと思う方はそれを書いてくださってかまいません。 会社はできればバタフライ、ニッタク、XIOM、YASAKA、adidasでお願いします。 条件が多くて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。 ちなみに今使っている用具はR ゼトロクアッドCP、F キョウヒョウNEO3、B R4 です。 戦型は基本的に前でプレーし、カウンターや、レシーブの台上バックドライブを常にねらっています。 ※キョウヒョウは硬くてカウンターがうまくできなかったが、R4をフォアにしたら気持ちよく決まったため、  フォアはテンゾンにしようと思いました。テナジーはできればやめてください。経済的に。  R4より少し弾みを落とした感じのラバーを希望です。 長文失礼しましたm(__)m...

  • ニッタクのラバーについて 卓球

    ニッタクのラバーでFにお勧めのラバーとBにお勧めのラバーを教えてください 戦型は裏片面ドライブ片面ブロック型です。 使用ラケットはニッタクのフィルメアです。...

  • 「タキファイア・C」でカットはできますか? その他(スポーツ・フィットネス)

    卓球を始めて2年になる者です。カットマンをしています。現在使っている用具は、ラケットがニッタクの「GHL」で、ラバーは、フォア面がニッタクの「モリストDF」(中)で、バック面がバタフライの「フェイントロングII」(超ゴクウス)です。 そこで質問ですが、今年の4月に発売された、バタフライの高粘着性高摩擦ラバー「タキファイア・C」がありますが、カタログやホームページを見ると、粘着性のラバーであるにもかかわらず、攻撃に最適なようで、カットには向いていないように記載されていました。 しかし、「タキファイア・C」のスピンとスピードの値から見ても、カットマンがよく使う「タキファイア・DRIVE」よりスピンの値が高く、なおかつスピードの値が低いために、どう考えても「タキファイア・DRIVE」よりカットマンに向いていると思うのです。 「タキファイア・C」でのカットは、やはり難しいのでしょうか? そのようなことに詳しい方や、実際に「タキファイア・C」を使っている方、または個人的な意見でも結構ですので、教えてください。 もしカットに向いているラバーのようでしたら、次にフォア面に貼るラバーとして考えたいと思うので、カットマンにお勧めの厚さも教えていただけると嬉しいです。 追加の質問ですが、『バタフライの粘着性ラバーは、粘着性ラバーであるというにもかかわらず、「タキファイア・C」と「タキネス・CHOP」以外には粘着剤が使われていない』というようなことを聞いたことがあるのですが、それは本当なのでしょうか?(ご存知ない場合は、回答いただけなくても結構です。) 長々しい質問となってしまいましたが、ご回答よろしくお願いします。...

ページ先頭へ