• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

勝利はうれしいのですが・・・。

勝利はうれしいのですが・・・。 素人ながら昨日の中継でいくつか疑問を感じました。 (1)解説の山本さんは終盤、ひとつのミスが命取りになるので正確なプレーをとしきりに言っていましたが、選手たちはどうもそういう意識がないようなプレーが続出していました。これは監督がそういう指示をしていなかったのでしょうか? (2)ゴールキックでせっかく攻撃権を獲得したのに、ポーンと相手陣へ蹴りこんでむざむざ相手ボールにするのは何故ですか?中沢や闘莉王へパスして、陣形を整えながらじっくり攻撃すればよいのにとおもうのですが、守りに入りながらのプレースタイルが理解できないのですが。 (3)終盤の守りではとにかくクリアするだけで、ほとんど相手に攻撃権を与えていました。自陣でじっくりパス回しをして時間稼ぎをしないのはなぜでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数23
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

とりあえず勝ち点3おめでとうございます。これで次節オランダ戦に負けてもまだ2位の可能性ありですから精神的にはかなり楽になっているはずです。 っで1)これはどこの国にもいえます 世界最強の国を決める大会 ですので小さなミスが即失点に繋がるのは必然です。 これまでの各国の試合でもたたあります ちょっとしか集中力の切れが命取りです。 でもね90分集中するってのは不可能なんですよそのためにカバーするって意識が必要です。 もちろん監督からも指示は出ますし選手事態もミスしようを思ってしているわけではありません 2)後半かな? 川島君はパント力がありますからね どうしても遠く飛びます しかも今回は高地ですから思ったより飛ぶことは可能です ただ遠く飛ぶってことは自陣から遠くの位置に ボールが有るということになります もしDFライン沿いでパス回ししてて取られたら終わりです。 DFラインもセーフティークリアをしてましたね とりあえずボールを遠ざけるという行為です 遠くにあるのでDFの組織を組める時間が出来ますからね もちろん敵にパスしているわけではないんですが 体格的にどうしても空中戦は弱いですから結果そうなってしまいます。 3)これも上記と同じですね セーフティークリアという立派な戦法です。 自陣周辺でボールをもって奪われる可能性があるのと 遠いところにボールを置くのとでは 後者の方が安全だからです もちろん飛んでいる時間もありますしせめて来る時間も稼げます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

(1)ミスをするな と指示をしても ミスは防げません   (2)&(3)  自陣でボールを回すことは取られた際のリスクが高すぎるので  終了間際に本田がカメルーン左サイドのコーナー付近で囲まれてもDFを背負って  時間稼ぎをしていたプレーが理想だと思います    確かに単なるクリアが多かったのも確かですが、本田のポジショニングもあまり良くない上に   その単なるクリアボールでも追いかければ良いのに そうしない為に時間も稼げなかった   (ルーニーなら 絶対 詰めてました)  でも 以前よりはかなりマシになったと思いますよ    ドーハのときの武田の 超ロングシュートや     ドイツのときの監督の バテてる選手を替えない選手交代とか・・・  まだまだ弱者なんですから 勝った時くらいは素直に喜びましょ!       

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

1)ここが指導者世代の「世界との差」だと思います。根っから真面目な山本さんは(山本さんに限った話ではないですが)90分間必死に戦えといいますが、世界一の堅守を誇るイタリアだって90分間ずーっと真面目にボールを追っかけているわけではありません。緩急の使い方が上手なんですね。 日本人は根が真面目だからずーっと必死になろうとして、最後にバテてしまうのだと思います。対カメルーン戦に限っては、致命的なミスもなくよくやっていたと思いますよ。 2)および3) 他の方も回答していますが、身体能力に優れるアフリカ人選手の前でぼけぼけボールを回していたら、ちょっとした隙にボールをかっさわれかねません。韓国対ギリシャ戦で、ギリシャの選手がちょっと油断した隙をパク・チソン選手が見逃さずボールをかっさらってゴールを決めましたね。パク選手はマンチェスターUという超一流チームで鍛えられた選手で、ああいった些細な隙も見逃しません。超一流の技術と能力を持つエトー選手の目の届く範囲でそういったミスは許されないということでしょうね。 自陣でのパス回しというのは、相手が攻めてきてないからできることだと思います。あのときは、相手は何が何でも点を取ろうとガムシャラになっていましたからね。しかし、縦への打開策ではなく単純にクロスを上げる方法に終始しました。今大会では各地標高が高いこともあって、クロスボールの感覚が普段と違うことにどのチームの選手も苦労しています。ああいった形で攻められている割には失点する可能性は低かったと思います。 守備は終始安定していて、私は比較的安心して見ていられました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

1) いいえ。いつもの日本に比べ、ガチガチと言っても良いくらいに『戦術的』でした。 明らかに監督の指示です。 守備固めした後の、命取りになりかねない大きなミスは、後半30分辺りで、日本のカウンター気味の流れの中で、左サイド長友が、中央左寄りの遠藤に預けようとしたパスをシェジューに奪われて、逆カウンター食らったシーンくらいだったと思います。 そのシーン以外はとても集中した良いディフェンスをしていましたよ(もちろん長友も)。 どこで、選手が不正確で気持ちの入ってないプレイをしていたと思ったのでしょう? 2) 相手のFWがチェックに来ない、比較的に引いている状況なら、DFに預けてじっくり攻撃することもありますが、昨夜の試合は、1点ビハインドになったカメルーンが前線から鋭く激しいチェックを掛けてきていましたので、そんなことは怖くてできません。 また、相手が前掛りになっていると言うことは、1発のロングボールで相手の裏を突くチャンスでもあるのですよ。 それに、ロングボールを蹴られると、DFは下がって対処せざるを得なくなり、結果的に前掛りの前線とDFラインの間が間延びして、中盤でセカンドボールを拾いやすくもなります。 実際、昨夜のカメルーンも、DFの押し上げが今ひとつで、攻撃が単発的になっていました。 DFが勇気をもって上がり、コンパクトな陣形を保たれていたら、強烈な波状攻撃を食らっていたところです。 3) 『セーフティーファースト』 守備の基本はこれに尽きます。 「自陣でじっくりパス回し」できる状況ではありませんでしたしね。 そんなことをしていたら、身体能力に勝るカメルーンにさっさとボールをさらわれて、間違いなく失点、「サッカーを知らない」と世界中の笑いものになっていたでしょうね。 相手が戦意喪失してまったくチェックに来なくなっていれば、「自陣でパス回し」もできるかもしれませんが、守備固めした時のパス回しの鉄則は「相手陣内で」です。 ただ、それだって実力差で有利でなければ、変なボールの奪われ方をしてカウンターを食らいかねません。 「突破力、シュート力のあるプレイヤーにボールを持った状態で前を向かせない」 「バイタルエリアに入ってきたボールはとにかく跳ね返す」 昨夜の日本は、これが徹底できていたのです。だからこその勝利でした。 戦術の徹底された、とても良い、気迫のこもった守備をしていたんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ginga2
  • ベストアンサー率11% (472/3954)

(1)逆にひとつのミスもしないと言う事は有り得ません。監督は指示してます。 (2)(3)の逆です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 相手にあわせたプレースタイルはしない方が普通?

    お世話になっております。最近サッカー関連の質問が多くなってきました。 今回またお聞きしたいことがあります。 2014年のブラジルワールドカップの時に、 ドイツ代表が優勝した要因の1つに 『ドイツ代表は、相手チームにあわせてプレースタイルを変えてきた。』 サッカーは、一般的に相手にあわせたプレースタイルはしないのが普通なのでしょうか? 例えば、相手チームが5-4-1のシステムだったとします。 守りの人数が多いから、スペイン代表やバルセロナみたいに、パスで崩すのは難しいから、 今日の相手はカウンターで行こうとか。 うちのプレースタイルはサイドからのクロスを上げて、センターフォワードにヘディングで得点する、 あるいはそれを1回センターフォワードが落として、落としたボールを味方の誰かが、後ろから走りこんでシュート! だけど、今日の相手はCBの2人が身長が高い上にヘディングに強いから、いつものプレースタイルじゃ難しいから、 今日は、センターフォワードはクサビやポストプレート使って、足元を中心ボールをまわしていこう(表現が変ですがすみません^^;)などと、自分たちのプレースタイルを変更はしないのでしょうか? とにかく、うちのプレースタイルはこれだから、このプレースタイルで勝ちに行く。 このプレースタイルで勝たないと勝った気がしない。○○チームと言えば、このプレースタイルなんだから、 このプレースタイルは変えられない。そういったことが一般的なのでしょうか? 聞いたことがあるのは、オランダ代表というのは、とにかく攻撃重視で 1-0で買っても価値がなく、3点取られてもいいから4点取って勝てばいいとか。 攻撃的な布陣4-3-3が絶対みたいな。(ドイツW杯では5バックを採用していましたが) 上記のことがもしあるとするなら、 サッカーの場合プレースタイルがかわらないのなら、得点する時間帯の傾向もだいたいは決まってくるんでしょうか? 得点する為のチームとしてのプログラム的なものがあったりするんでしょうか。 例えば、うちのチームは60分から75分の落ち着いた時間帯を狙って得点を取りに行く作戦や、 立ち上がりと、終盤は守り重視とか、そういうプレースタイルもある程度チームとして固まっているんでしょうか? そうすると、先程の言った、時間帯から得点傾向がだいたい決まってきますよね。 特に、プレースタイルとか決まった型といういのはなくて、 いつも全力で取りにいってる感じで、時間別で攻撃するしないは関係ないのでしょうか? 長くなってしまいましたが、 宜しくお願いします。

  • W杯、責められるのはポーランド

    W杯で、日本とポーランドの試合で日本の最後のプレイが批判もされてますが、むしを、ポーランドにあると思われます。 そもそも、サッカーは点を争う競技です。そのため、点を取るか、或いは、取られないかの戦略で、そのやり方にも、攻撃型と守備型が分かれてきます。 特に、守備についていえば、能力の高い相手有力選手を個人的に徹底マークしてプレーさせない法もあるでしょう。でもさらに、点をとられないため、組織的に守る方法、つまり、行動的に早く動いてボールも早く動かし、相手に攻め込まれる隙を与えないやり方と、今回のW杯ポーランド戦のように、パス回しに終始し自陣をしっかり守る場合とがあり、どちらが良いとか悪いとかは言えません。 その時の点差や選手のコンディション、その他の状況判断によります。ですから、日本がゆ っくりしたパス回しも、立派な守備の一方法であり、アンフェアとか、情緒的に或いは 非科学的に批判される言われはありません。ただ、がむしゃらに相手に突っ込むばかりが能ではないでしょう。今までがむしろ、日本の戦術がただひたすらやるだけの、知恵のないやり方だったのかもしれません。 逆に、批判されるのは、ポーランドの方ではないでしょうか。ポーランドはボールを持たず日本陣営に攻め入って攻撃する立場なのに、立ち止まったままで攻撃のため動こうとしません。ボールを奪おうとしようとしないのです。つまり、攻撃を放棄したようなものです。そのため、非はポーランドにあり、ポーランドこそ、怠慢プレーで批判を受ける立場にあるとのではないでしょうか。

  • フットサルのルール バックパス

    競技規則では・・ ゴールキーパーが次の項目の反則を犯した場合、間接フリーキックが相手チームに与えられる。 (1)保持していたボールを離した後、ボールがハーフウェーラインを越える前に、または相手側によって触れられるかプレーされる前に、味方競技者からボールを受ける。 (2)味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールを手で触れるか手でコントロールする。 (3)味方競技者がキックインしたボールをゴールキーパーが直接手で触れるか手でコントロールする。 (以下省略) となっていますが・・・ (3)は、自陣でのキックインの場面でも、そのままGKへのパスはGKが足で処理する限りはOKってことですよね? では、同様に自陣でのキックインの場面で、自陣にいる味方FPに1度パスをして、その味方FPがGKへパスをするのは(1)に抵触してNGなんでしょうか? でも(1)では「(GKが)保持していたボールを離した後・・」となっていますから、この場面では当てはまらないように思います。 また、マイボールキックインの時点で、(1)の「相手側によって触れられるかプレーされ」た、ということになり(1)には抵触しないという解釈もできると思うのですが・・。 ということは、(2)で明記されているように、このようなシーンでもGKが足で処理する限りはOKという解釈で良いのでしょうか? あまりうまく説明できた気がしていませんが、今週末に自主大会が開催される予定で、審判もしなくちゃいけないようなんです。 どなたかフットサルに詳しい方(実際に審判をされている方や公式ルールでプレーされたことのある方)おられましたらご教授願います。 長文で失礼しました。

  • オフサイド 守備に関われないDFは……

    お世話になっております。 サッカーど素人です。 オフサイドについて、 こんな場合、どう判定されるのだろうかと、 ふと気になって、この質問を立てました。 たとえばです。 自陣ゴールライン付近において、 DFと相手オフェンス陣が競り合い、 コーナー付近でDFは大きく蹴りだしました。 蹴りだしたボールはタッチラインを割ることなく、 不運にも相手攻撃陣にパスする格好となりました。 で、その蹴りだしたDF、 無理な姿勢でキックしたためか、 ノーファールでの相手オフェンスとの接触が原因となったのか、 自陣ゴールライン直近で転倒、悶絶してしまいました。 もちろんフィールド内においてです。 もしかすると、レフリーは守備側のファールだと判断し、 攻撃側にアドバンテージを見ていたかもしれません。 (もっともこれは真なる素人考え、 そんな状況が起こりうる可能性があるかどうか、 知る余地もございません) で、質問です。 この自陣ゴールライン付近で悶絶中のDF、 守備側の一人としてカウントされるのでしょうか? 質問の意図をあと少し明らかにいたします。 GKがゴールマウス直近に張り付いていた場合、 攻撃側が味方にどんなパスを送ろうとも、 オンサイドだと判定されるのでしょうか? 実際、そんな状況が起きたところで、 レフリーが気づき、プレイを止めるか、 プレイヤーが異常に気付き、 ボールをフィールド外に蹴りだすだろうから、 数秒間、数プレイの出来事になるだろうとは思います。 (現実的には、ほぼあり得ないのかな、とも思っています) ただどのように判定されるのかと興味を持ち、 この質問を立てました。 おバカな質問であるとは、 重々承知しております。 御回答いただければ、 幸いに存じます。 なお、ついでながら、 負傷したDFが、 タッチラインもしくは自陣ゴールラインの外に 自力で出たのち、 悶絶した場合、 (もちろんレフリーもプレイを止めませんし、 敵味方とも、DFの異状に気付かないものとします) 守備側の一人としてカウントされるかどうかも 御教示していただければ、とも思います。 よろしくお願いいたします。

  • どういった戦術が良いと思いますか?

    今年からシニアのチームに参加しますが、とても弱いチームです。 昨年は勝ちが一つもなく、得点も1試合だけしか記録できずに最下位でした。 健康のために運動できて楽しめればというスタンスなので、気楽に参加できるかと思ったのですが、想像以上に弱かったです。 先日も、前半の終盤まで0-0でしたが、失点し始めると止まらずに8-0という完敗を喫しました。 幾ら弱くても、もう少しで勝てるかな? という雰囲気くらいは味わいたいので質問します。 まず、常に自陣内で試合が展開されている状態です。 キックの飛距離も短く、ピッチの1/4程度しか飛ばない人が多数います。 その為クリアボールも短く、セカンドボールを拾われて波状攻撃を受けてしまう。 足元のパスを繋ぐしかないが、簡単にパスコースを消されて孤立してしまってボールを奪われる。 さらに、DFラインの裏やスペースへのパスには誰も走れる人も少ないので、前にボールを運びようが無い。 FWは常に相手DFラインの前でボールに触るだけの状態でサポートも無く、相手DFの裏に走ってもボールが出て来ない。 裏へのパスはこれまで誰も走らなかったので、戦術に無かったのかもしれませんが・・・

  • W杯見てて思いました。皆さんはどうですか?

    あまりに周りが騒ぐので日頃見ないサッカー(W杯)を見ました。そして今後見ることは無いと思いました。その理由は。 1.全体的にダラダラしすぎ。特に終盤。グダグダ。疲れてパフォーマンスが落ちるなら15分×4回にするとか、選手交代の人数を増やすとかすればいいのに。 2.ほとんど点数が動かない。また2点差とかで残り5分とかだともう絶望的。勝ってるチームの終盤のパス回しは見ててがっかりする。 3.ロスタイムって・・・審判のさじ加減で試合時間が決まるのはどうかと。時間を表示してプレーが止まってる間は時計を止めればいいのに。 4.選手の姿勢が汚すぎ(失礼)ちょっとぶつかったら派手にこけて、痛くもないのに大げさに転げまわって、でも次の瞬間は元気に走り回って、平気で相手のユニフォームつかんで、ひどい言葉を相手に浴びせて、挙句は頭突き。審判にバレなければ反則はむしろ賞賛される?スポーツマンシップはないの?正直、私個人としてはこれをスポーツとして子供たちにさせたくないです。 サッカー以外のスポーツでも汚いプレーやいい加減なルールもありますが、これほど世界的にメジャーなスポーツがこんなだとは思いませんでした。 卑怯なことはしないことを美徳とする「サムライ」ブルーの日本人には向いてないのでは? 皆さんはどう思われますか?

  • 素人にサッカーの教え方がわかりません。

    こんにちは、20代の社会人です。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2256241 質問をさせてもらいました。 ○縦、横をきるとかも知らない。 ○攻めるとき広く、守るときは狭くを知らない。 ○ワンツーの仕方も知らない。 ○全然、悔しいと思わないけど、口だけは、リベンジとか言う。 ○ドリブルシュートが、すごいと思うプレースタイルを絶対に変えない人。 (日本で言うと玉田みたいな選手)※チームには必要ですが。 こんなメンバーばかりのチームでやっていけると思いますか? チームの方針をかえたいと思っているんですが。 自分の持っている知識を教えたいと思っています。 でも、重大な問題が ドリブルシュートが、すごいと思うプレースタイルを絶対に変えない人。 自分のスタイルを変えなく、自分のプレースタイル以外はききいれない人。 はっきり言うと、ドリブルして奪われて、カウンターばかりくらうと、つかれるし、最終ラインでボールもって、相手に奪われて戻るのはメチャクチャ疲れます。さらに、動かないからパスが出せないしまつに、(最近では戻る気もしません) 自分としては、いいところは吸収したいし、ダメなところは、改革したいと思いますが、 素人にサッカーの教え方がわかりません。 どのように教えたらいいんですか? 自分は他のメンバーのプレーを否定したことは、たぶん無いと思いますが、 ふざけて、笑いのために たまに「なんだよ」とかいいますが。(笑) 他の人からプレースタイルをただ否定されるのは、チームとしておかしいと思います。 否定したら、アドバイスや話し合いは必要だと思います。 年功序列みたいのもあるし。 よいアドバイスがありましたら、お願いいたします。

  • マイナス方向のパスに対するオフサイドの反則成立実例

    あるプレーヤーAがマイナスのパス(キック)をした瞬間にオフサイドポジションにいた味方プレーヤーBが、競技規則第11条に規定する要件を満たすとオフサイドの反則が成立します。 が、実例は極めて稀でしょうし、私も遭遇したことがありません。 そこで、もしそんな状況をテレビやサッカー場で見た、実際にプレーした、審判としてジャッジしたという方がいらっしゃいましたら、是非そのときの状況を教えてください。 参考に、私が考える想定例はこんな感じです。 想定例1 相手のミスを突きキーパーと2対1。キーパーを十分引き付けたAがマイナス方向にパス。しかし、その瞬間、気がはやっていたBはボールより前にいた(オフサイドポジション)。Bはあわてて自陣方向に走りボールに触れた。 想定例2 Aがマイナスのパスを出し、その瞬間Bがオフサイドポジションにいるところまでは想定例1と同じ。 実はこの日は台風直撃中。Aがマイナスのパスを出した直後、ひときわ強い風が吹き、ボールはBの足元に。Bは迷わずシュート。 以上、よろしくお願いします。

  • どうすれば日本サッカーは強くなりますか?

    アジアカップでは、パスは回すがドリブルで仕掛けたり、ワンタッチパスも少なく、相手に寄せられるとすぐ横パス。 見ていて攻撃に全く迫力を感じませんでした。 強豪国との一人一人の個人の力の差の痛感しました。 そこでどうすれば日本サッカーは強くなっていくと思いますか?今すぐではなく、何年後でも構いません、Jリーグのレベルでずっとプレーして成長するのでしょうか、具体的にご回答頂けたらと思います。

  • アメリカンフットボールの反則に関する質問です。

    アメリカンフットボールの反則に関する質問です。 自陣のエンドゾーンの直前で味方のプレーヤーが一旦確保したボールをファンブルしました。 そのままだとボールがエンドゾーンを通過してフィールドの外に出て,こちらのセーフティになりそうだったので,リカバーしようと転がるボールを追ったのですが,敵のプレーヤーに意図的にブロックされてリカバーを阻まれ,近くに他の味方のプレーヤーがいなかったため,ボールはそのままエンドゾーンを通過してフィールドの外に出ました。 この場合,敵のプレーヤーの意図的なブロックは「スポーツマンらしくない行為」の反則にはならないのでしょうか?(敵チームはその次のプレーにおける攻撃権の確保を狙い,敢えてタッチダウンを避けました) もっとも相手の「スポーツマンらしくない行為」の反則が認められてもこちらのセーフティとなり,次のプレー開始のこちらのキックが通常より5ヤード(?)前となるとは思うのですが。 いかがでしょうか?