• 締切済み
  • すぐに回答を!

慣性の法則でならったんですが、「運動している物体はそのままの速さで等速

慣性の法則でならったんですが、「運動している物体はそのままの速さで等速直線運動を続ける。」と書いてあった部分についてよくわかりませんでした。この等速直線運動というところについて教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数5
  • 閲覧数498
  • ありがとう数19

みんなの回答

  • 回答No.5

動いている物は力を加えないと止まらない(増減速しない)ということです。 これが慣性の法則の簡単なとらえ方です。 平らなところでボールを転がすとやがて止まりますよね。 これは摩擦力や空気抵抗などの力が(動くのを妨げる向きに)働いて減速しやがて止まります。 また滑り台などでボールを転がすとスピードが上がります。 これは下向きに重力という力が働いているからです。 逆にこのような力が働かないところでボールを転がす場合はどうでしょうか。 スピードが上がる要因もなく減速する要因もないのでずっと同じスピードで転がります。 これが等速直線運動です。 「直線」とつくのは曲がらない(向きが変化しない)という意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

それは、ニュートンの系でのお話ですね。平行線はどこまで行っても平行線だというのと同じ系でのみ成り立つのかもしれません(いい加減な補足で申し訳ありません)。 ウィキペディアを調べると分かると思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E5%8A%9B%E5%AD%A6 を見て下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんばんわ。 >この等速直線運動というところについて教えてください。 どのあたりが疑問なのかわからないので、少しいろいろと書きます。 またわかりにくいところがあれば、補足してください。 慣性の法則には「力が働かない限り」や「外力が加わらない限り」といった文言がついていると思います。 摩擦や空気抵抗も含めて力が働かなければ、等速直線運動をします。 「等速直線運動」が「等速運動」と書かれていないことには、きちんと意味があります。 ただ「等速運動」というだけでは等速円運動といった運動も含まれます。 等速円運動の例を挙げてみます。 ・ひもにおもりをつけてグルグル回している(当然一定の速さで回っている)とでも想像してみてください。 このとき、おもりはひもによって引っ張られているので、外力が加わっていることになります。 等速であっても、外力が加わっているために直線運動にはなっていません。 ・このひもを突然離すと、おもりは円の接線方向に飛んでいきます。 これは等速直線運動です。 この状況は、ちょうどハンマー投げと同じですね。 ・投げられたおもりは、重力がはたらかなければ、ずっとまっすぐに飛んでいきます。 しかし、重力という外力が働くので、下に落ちていきます。 他に等速直線運動を見る例としては、 スペースシャトルや宇宙ステーションからの映像で、ふわーっと飛んでいる様子が挙げられます。 (厳密には空気抵抗があったりはしますが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#112600
noname#112600

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#112600
noname#112600

等速直線運動とは、物体がずっと同じ速さで動き続けるということです。 公式では、s=vtだったかな? (s、移動距離 t、時間 v、速さ の意) ただ、この地球内においては、摩擦力、空気抵抗が動く運動と逆向きの力としてあるため、実際には、速度が減少し、そのうち止まってしまうんですけどね…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 等速直線運動をする物体とエネルギーの関係

    慣性の法則にしたがうと、動いている物体は等速直線運動を続けるとあります。 しかし、まさつ、空気抵抗0と仮定したとしても、途中で力を加えないのに何故ずっと等速直線運動を続けられるのか理由がわかりません。 初め、物体を運動させたときに得た、運動エネルギーが等速直線運動を続けさせているのですか?(運動エネルギーが物体をうごかしているのか) その考えもおかしいような気がするのでどなたか回答をお願いします。

  • 相対性と慣性系と等速直線運動について

    1.ガリレオ・ガリレイは相対性という事をいう一方で   なぜ天動説を否定し地動説を主張したのでしょうか? 2.地球は間違いなく慣性系ではないはずですが、では慣性系とはどこにあるので   しょうか?「地球は近似的に等速直線運動をしている」と本に書いてありましたが   そんなんでいいんでしょうか? 3.「すべての慣性系は平等であり、同じ物理法則が成り立つ」との事ですが、   地球は慣性系ではないのだから、地球で成り立つ物理法則は地球以外では   成り立たないのではないでしょうか?   地球と相対的に等速直線運動をしている系がどこにあるのでしょうか? 4.エーテルの風が検出されない理由として、「等速直線運動をしているかぎり   どのような実験・観測を行っても絶対静止系は検出できない」とありましたが   それはそれで解るのですが、地球は等速直線運動をしていないのだから、   これをもってエーテルの風が検出できない理由にはならないと思うのですが   どうなんでしょうか? 5.光速度が不変ならすべての系は光に対して相対的に等速直線運動を   している事になりはしないでしょうか?   だとしたら、エーテルは必要なくなったけど、相対的には光が絶対静止系と   なり、やはり等速直線運動をしているかぎり光は検出できないのではないか   と思うのですが、どこかおかしいでしょうか?   光が検出できるのは地球が等速直線運動をしていないからこそなのでしょうか?  どこから手をつけていいのか、混乱してしまって収拾がつきません。 何か統一した見解、理論があるのでしょうか? それとも私の言ってる事、疑問自体がどこかおかしいのでしょうか?

  • 高校物理、慣性系

    慣性系と非慣性系の違いが明確にわかりません。慣性の法則は運動している物体に対し、外力が働かなければ、物体は等速直線運動し続け、静止している物体は静止し続ける。というのはわかるのですが。初心者にわかるよう教えてください。お願いします。

  • 運動の第1法則は必要なのか

    古典力学の学習をしており、運動の3法則について疑問を持ったため、質問させていただきます。 【質問】運動の第1法則(慣性の法則)は、なぜ必要なのでしょうか? 以下、運動の第1法則(慣性の法則)が必要ないと思える理由を記載します。 まず、慣性の法則は運動の第2法則(運動の法則)から導くことができます。 ma=Fという式に対し、F=0を代入すれば、a=0となるので、物体は等速直線運動をするという考えです。 しかし、同じ考えを皆持つようで、「それを踏まえた上でも、やはり第1法則は必要だ」と、ネットや本で調べると書いてあります。 その理由は、「第1法則は、第2法則と第3法則が成り立つための前提条件を提示したものである」とのことでした。 ところが、この主張もおかしい気がします。なぜなら、慣性の法則が成り立つからと言って、運動方程式が成り立つとは言い切れないと思うからです。 慣性の法則の内容は、 「すべての物体は、外部から力を加えられない限り、静止している物体は静止状態を続け、運動している物体は等速直線運動を続ける」とのことです。(Wikipediaから引用) しかしこれは、外部から力を加えられない場合について述べたものにすぎず、これを前提条件としたからと言って運動方程式が成り立つ保証はできないと思うのです。 次のような反例を考えてみました。 「1次元座標系Xと、同じく1次元座標系Qとがある。Xは慣性系(慣性の法則が成り立つ系)である。X内に物体Aがあり、それに対して力F(t)を加える。Qは時間に応じてXに対して変移する座標系であり、X上の点をx、Q上の点をqとすると、 q=x+F(t) の関係にあるとする。(つまり、QはAにかかっている力の分だけ変異する座標系です。) Aに力を加えないとき、F(t)=0なので、q=x+F(t)よりQはXと一致している。したがってQ上で見てもAは静止または等速直線運動をしている。(Q上に他の物体があればそれも静止または等速直線運動をしている) 「外部から力を加えられない限り、静止している物体は静止状態を続け、運動している物体は等速直線運動を続ける」という慣性系の定義に従えば、Qは慣性系である。 しかし、AにもしもF(t)=t^2という力を加えると、q=x+F(t)より、QはXに対して加速度運動をする。したがって、Q上で運動方程式は成り立たない。この場合、Qは慣性系なのに、運動方程式が成り立たない系である。」 このような特殊なケースを考えているのが屁理屈なのでしょうか? しかし、仮に第1法則が第2法則の成り立つ前提として必要十分であったとしても、それだとますます第1法則が必要な理由が分かりません。 同値な2つの法則が書かれていることになると思うのですが意味があるのでしょうか? 以上、長くて申し訳ありません。よろしくお願いいたします。 読んでくださりありがとうございます。

  • 慣性の法則 加速度

    物理の本を読んでいて慣性の法則は力を加えない限りその物体は等速直線運動をする。というように書いてありました。次に加速度の話がでてきました。どうもこの2つが矛盾しているように思います。なぜなら物体は等速という表現があって次に加速度の話をしていて・・・。等速と加速って正反対ですよね?ちょっとこんがらがってます。どなたか教えて下さい。

  • 慣性の法則と人工衛星

    慣性の法則の例に人工衛星がよく挙げられます。力が働かない、あるいは力が釣り合っていたら等速直線運動をする。 この「直線」という言葉が引っかかります。人工衛星は直線ではなく円(楕円)運動をしているはずです。 慣性の法則の例に人工衛星を取り上げるのはいけないのではないでしょうか。

  • [物理] 慣性の法則は何故成り立つ?

    ふと疑問に思ったのですが、無重力の宇宙で物を押すと私も相手も等速直線運動で離れていくと思います。なぜ、減速や加速することもなく等速で動き続けるのでしょうか? また、これとよく似た現状に、超伝導体を磁石の上に置くと、マイスナー効果で常に浮き続けますが何故でしょうか? これも慣性の法則なの一種でしょうか?

  • 等速直線運動

    等速直線運動 現実社会で等速直線運動はできないって言うじゃないですか。 でも、そんなことないですよね? 等速直線運動は外力がゼロで成り立ちますから、 ある物体に対して外力のベクトル和がゼロになるように 例えば坂をつくれば、等速直線運動をしますよね? これって間違っていますか?

  • 等速物体が受ける衝撃力について

    1kgの物体(A)が直線等速(100m/s)運動をしており、その物体(A)が物体(B)に衝突しました。物体(A)は一部変形しながら、等速運動を続けた場合、物体(B)が衝突した際に受ける力は、どのように計算すればいいのでしょうか?教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 慣性の考え方

    物体はどのような状態でも慣性がはたらいているといえますか? たとえば、 物体(斜面を転がる球。斜面をすべる箱。斜面を下る台車など) は、斜面を下るときに斜面に沿った下向きに加速しますが、 斜面を下っている状態の物体に慣性がはたらいていると言えますか? 斜面を下りながらも、等速直線運動をし続けようとする慣性がはたらいているのでしょうか? (摩擦、空気抵抗はなしとして回答してください)