• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

今度、京急に新設されると噂される「エアポート急行」についてなんですが、

今度、京急に新設されると噂される「エアポート急行」についてなんですが、品川方面~羽田空港間は、都営線内速達運転(「エアポート快特」と同じ停車駅)で、京急線内は急行と同じ停車駅ですか? 「エアポート急行」は私が昔ここで『羽田・成田間「エアポート○○」列車種別・全区間統一案』という質問で提案しましたが、まさかこの案の一部が採用されたのでしょうか?(んなワケないか)いずれにせよ、ネット上で検索しても、横浜方面の停車駅しか書かれてないので。品川方面の停車駅が気になります。京成線にも直通するなら、その停車駅も。

  • 13A
  • お礼率69% (219/315)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

こんにちは。 「エアポート急行」 ◆羽田空港⇔品川方面 従来の「急行」が「エアポート急行」に改称されるだけで、運行本数や運行形態、停車駅は変わりません。 「急行」の名称の列車は無くなり、羽田空港行きの場合、都営線内「急行」で来た羽田空港行きは、泉岳寺駅で「エアポート急行」に種別表示を変更します。 日中は北総線~羽田空港を結ぶ列車で、京急線内のみ急行運転、都営線以遠は各駅停車になります。 ◆羽田空港⇔横浜方面 今までの横浜方面から来る「快特」の分割車の代わりに運転されます。 20分に1本、8両編成になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • tetu758
  • ベストアンサー率58% (810/1390)

 一度は発表しましたが、京急のホームページに記載されていた記事に問題があり、一時的に削除されてしまっていますので、何点かの不備を修正して発表をされます。  貴方の場合はお客様による改善提案の一部を京急側が改善する可能性はありますので、可笑しくはありません。どうして品川駅方面が書かれずに新逗子駅への直通便だけと思われますが、この区間に関してしては従来の特急等を降格させて、過去に同区間を走行していた急行の停車駅をその時代に合わせて追加や削除をして設定された訳ですから、大幅に変更になる区間のみを先に発表しましたが、一部から誤解された点があったので一旦削除し、文面を改めて再発表されます。  途中の駅に特別停車させていた名鉄は従来の特急を快特、急行を快急、特別停車駅の多い急行に関しては準急に改めた例があり、これを参考に京急が手を加えたものです。京成や北総へ都営地下鉄を介入する便に関しては泉岳寺駅までの停車駅は変更がないはずです。一部の北総に乗り入れる便は従来の停車駅に成田湯川駅が追加され、空港第2ビル、成田空港の各駅に停車する予定です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ceeda34
  • ベストアンサー率36% (517/1418)

ちなみに、ご存じのようですが横浜方面のエアポート急行はがらっと停車駅が変わりましたね。 ですので、こっちばかり注目されたのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ceeda34
  • ベストアンサー率36% (517/1418)

エアポート急行は急行がそのまま名称変更になるだけのようです。 したがって変わらないと思われます。 公式にはそう書いてありましたね。 ただ、ご存じのとおり公式はなぜか削除された状態ですので、若干の修正があると思われますが、一度発表した資料の種別の取り消し、停車駅変更などまではちょっとできないと思うので、大筋は変わらないのでは考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

はじめまして。 その「エアポート急行」なる列車、本当に出来るのでしょうか? 私もネットを調べたのですが、真贋の程は定かではありません。 公式ホームページに出ている内容が全てであり、公式ホームページに出ていない内容を探ってもしょうがないとも思うのです。 守秘義務もあるでしょうし、求めるのもナンセンス。 いくらこの場所が疑問を投げ掛ける場所でも、公式に出ていない情報を求めるは如何なものかと思うのです。 公式ホームページを見て判断される事を奨めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 2006年に京成は、直通先である京急に種別を合わせるため、それまでの「

    2006年に京成は、直通先である京急に種別を合わせるため、それまでの「特急」を「快特」に変更しました。 別会社とはいえ、直通先の種別に合わせるのは、少しでも分かりやすくするという京成の気遣いだと思います。 でもどうせ種別を合わせるなら、「快速」も昔の「急行」(羽田空港発着なら「エアポート急行」)に戻したら良いんじゃないでしょうか?(停車駅まで戻すかは、ひとまず置いといて)。 そうすれば、京成にあって京急にない種別は「スカイライナー」と「通勤特急」だけになりますし、「快特」と「快速」の混同もなくなると思うので良いと思うのですが。

  • まぁすごい。快特よりも早いエアポート急行?

    お世話になります。 こんな質問ばかりで本当に申し訳ありません。 何卒お導き よろしくお願いいたします。 おととい、初めて京急線を利用したのですが、実際に乗ってみても 発車案内の説明がよく分かりません。 自分なりに頑張って解釈してみたのですが これであっていますでしょうか? 京急線横浜駅の2番線ホームの発車案内についてお聞きします。 2番線からの発車は、エアポート急行 羽田空港ゆき→普通 浦賀ゆき→快特 高砂ゆき または 青砥ゆき の順でサイクルされてますよね。 で 快特には 『新橋、日本橋、浅草方面は泉岳寺で乗り換え』みたいなことが書いてあります。 普通には 『子安で快特の通過待ち』って書いてあります。 これは分かります。 お聞きしたいのはその前のエアポート急行なのですが。 『羽田空港まで待ち合わせはありません』って書いてあります。 でもその2本あとに 快特が来ますよね? …『待ち合わせはありません』っておかしくね? ↓以下、自分なりの解釈です。 エアポート急行は横浜を出ると 仲木戸→神奈川新町→京急鶴見→京急川崎→京急蒲田に停車します。 京急蒲田から京急線を離れ 『羽田空港国内線』内に入り 羽田空港へと向かいます。 一方快特は横浜を出ると 京急川崎→京急蒲田→品川→泉岳寺 と止まっていきます。 泉岳寺で都営浅草線に乗り換えて押上 あおと 成田空港方面へ向かいます。 ここまではあっていますか? 快特が子安で一本前の普通を抜かして京急川崎につくまでに エアポート急行って絶対に京急川崎を発車できるんですか? あんなにちょこちょこ停まっていくのに、快特よりも早いわけがないはずなのですが… そうじゃないとこの意味が分かりません。 なんか質問になっていなくてごめんなさいm(._.)m 自分なりの解釈も全然自信ないので 間違いがありましたらご指摘お願いいたします。

  • 京浜急行のエアポート急行(横浜・新逗子方面)について

    京浜急行のエアポート急行(横浜・新逗子方面)について 2010年5月16日のダイヤ改正で羽田空港~横浜・新逗子方面のエアポート急行がデビューしました。 1999年に廃止された横浜方面の急行が若干停車駅の変更を伴い復活した形になりました。 私は京急沿線の者ではありませんが、一度休みの日に乗ってみました。きめ細かく停車ししかも速いので便利なダイヤになったなあ、と私は急行復活を歓迎していますが、なぜエアポート急行という形で横浜方面の急行運転を復活させることになったのでしょうか?その背景を教えてください。 また京急沿線(特に横浜方面)の方におききしたいのですが、エアポート急行が運転されたことで便利になりましたか?それとも急行がなかった時代のほうが良かったですか?いろいろなご意見がきければ幸いです。 宜しくお願いします。

  • 京急の種別

    京急蒲田の高架化完成に伴う新ダイヤの京急時刻表(冊子)が発売されてたので買ってみました。 読んでいて不思議な種別の列車があったので、京急に詳しい方教えてください。 (1)三崎口発京急久里浜行(逆方向もあり)  末端部の区間運転ですが、快特と特急の両方の種別があります。しかしどちらも各駅停車です。  普通の種別は三崎口~京急久里浜では使用していないみたいなので快特か特急の種別になる  のはなんとなくわかりますが、列車によって快特と特急とで種別を変えているのはなぜでしょうか?  久里浜で品川方面への接続列車とあわせてるのかな?とも考えましたが必ずしもそうではない  ようです。(久里浜止まりの特急の接続列車が快特の場合もある) (2)堀ノ内発浦賀行  普通が走っているにもかかわらず、区間運転(各駅停車)の特急があります。使用している  車両の違いでしょうか? (2)金沢文庫発新逗子行  普通も走ってる区間ですが、あえてエアポート急行という区間列車があるのはなぜでしょうか?  空港アクセス列車じゃないのに「エアポート」と名乗っていいのでしょうか?(ただの急行という  種別がなくなったから仕方ないのか?)  さすがに上り新逗子発金沢文庫止まりの列車にエアポート急行はないみたいですが。 (3)羽田空港(国内)発京急蒲田行  こちらも各駅停車のエアポート急行があります。蒲田止まりなのに急行と名乗る理由は  何故でしょうか? よろしくお願いします。

  • 羽田・成田間「エアポート○○」列車種別・全区間統一案

    京急線の羽田空港駅から、京成線の成田空港駅までを速達で結ぶ「エアポート快特」というのがありますよね。 ですが最近のそれは、京急側と京成側で列車種別が変るのが朝と夜を中心に多いらしく、京急側で「快特」なのに京成側で「快速」とか、京成側で「快特」なのに京急側で「急行」とかがあって、複雑さを感じます。(まあ「エアポート」シリーズに限ったことではないですが) そこで、京急側と京成側で出来る限り列車種別を統一してみたらどうかと考えました。2006年に京成線にも「快特」が新設され、両社ともに「快特」「特急」「急行」が揃ったわけですから、そうした方がスッキリする気がします。また現在、京成線の成田方面への「急行」はありませんが2002年当時の停車駅で設定し、京成線側にしかない「通勤特急」と「快速」は、京急線内はそれぞれ「特急」と「快特」、都営線内の停車駅は変更なしという形で停車駅を考えてみました。 「エアポート快特(快速特急)」 羽田空港-京急蒲田-品川-泉岳寺-三田-大門-新橋-日本橋-東日本橋-浅草-押上-青砥-京成高砂-京成八幡-京成船橋-京成津田沼-八千代台-勝田台-京成佐倉-京成成田-空港第2ビル-成田空港 「エアポート特急」 羽田空港-天空橋-穴守稲荷-大鳥居-糀谷-京急蒲田-平和島-青物横丁-品川-泉岳寺-三田-大門-新橋-日本橋-東日本橋-浅草-押上-青砥-京成高砂-京成八幡-京成船橋-京成津田沼-八千代台-勝田台-京成佐倉-大佐倉-京成酒々井-宗吾参道-公津の杜-京成成田-空港第2ビル-成田空港 「エアポート通勤特急」 羽田空港-天空橋-穴守稲荷-大鳥居-糀谷-京急蒲田-平和島-青物横丁-品川-泉岳寺-三田-大門-新橋-日本橋-東日本橋-浅草-押上-青砥-京成高砂-京成八幡-京成船橋-京成津田沼-八千代台-勝田台-志津-ユーカリが丘-京成臼井-京成佐倉-大佐倉-京成酒々井-宗吾参道-公津の杜-京成成田-空港第2ビル-成田空港 「エアポート快速」(羽田空港~押上間は「エアポート快特(快速特急)」) (羽田空港-京急蒲田-品川-泉岳寺-三田-大門-新橋-日本橋-東日本橋-浅草-押上)-青砥-京成高砂-京成小岩-京成八幡-東中山-京成船橋-船橋競技場-京成津田沼-京成大久保-実籾-八千代台-京成大和田-勝田台-志津-ユーカリが丘-京成臼井-京成佐倉-大佐倉-京成酒々井-宗吾参道-公津の杜-京成成田-空港第2ビル-成田空港 「エアポート急行」 羽田空港-天空橋-穴守稲荷-大鳥居-糀谷-京急蒲田-平和島-立会川-青物横丁-品川-泉岳寺-三田-大門-新橋-日本橋-東日本橋-浅草-押上-京成 京成曳舟-京成立石-青砥-京成高砂-京成小岩-国府台-市川真間-京成八幡-東中山-京成船橋-船橋競技場-谷津-京成津田沼-京成大久保-実籾-八千代台-京成大和田-勝田台-志津-ユーカリが丘-京成臼井-京成佐倉-大佐倉-京成酒々井-宗吾参道-公津の杜-京成成田-空港第2ビル-成田空港 このような統一案はどう思われますか? 賛成ですか? 反対ですか?

  • 京急線の謎だらけの表記 その2

    先日はお世話様でした。 https://www.youtube.com/watch?v=UyIfzRYSZ0g←この動画から京急線のパタパタ案内表示の備考欄のことでご質問をさせていただいたものです。 あのあと、あの動画を見てたら、さらに謎の表示が次々に出てきてしまいましたので、申し訳ないのですが、ご回答をお願いいたします。 今私は大阪に住んでるので、京急線のことは詳しく知らないのです。 なので、『そんなことも分かんないの?』とか『バカじゃないの?』とか絶対に言わないでくださいね。 あと、無視したりもしないでくださいね。 金沢文庫?金沢八景?駅での表記です。 #1:『神奈川新町、平和島乗り換えで品川、新橋、日本橋方面の急行に接続』って言うのが読み取れたのですが、これはどういう種類の電車なのですか? #2:『泉岳寺で都営、京成線に接続』とありますが、京急線の品川とまり以外の電車はすべて都営線、京成線に直通するはずなので、この表記の意味がよくわかりません。 #3:#2と関連して、『品川、新橋、日本橋、浅草方面直通』っていうのと、『新橋、日本橋方面は泉岳寺○○(←読み取れませんでした)ホ-ムで乗り換え』って言うのと2種類あったのですが、品川止まり以外の電車はすべて泉岳寺から都営線直通・・・なんですよね? この2つ、何がどう違うのですか? #4:『当駅で浦賀からの4両を後ろに連結 品川で切り離し』というのが読み取れたのですが、なぜせっかく連結させたものを品川で切り離しさせるんですか? 逆にいえばなぜ、品川で切り離しするのにわざわざ連結させるのですか? 以上なのですが、なにとぞよろしくお願いします。

  • 京浜急行の特急や急行列車について

     京浜急行では、基本的に優等列車といえば、快特だけですね。昔は三崎口まで特急が走っていたし、急行も京急川崎か新逗子まで走っていたような気がしますが、現在走っている特急や急行は都営浅草線直通か品川~羽田空港の間でしか運転されていませんね。(例外として通勤時間帯に限定して、特急が三崎口まで運転されることがありますが。)  このようなダイヤですと、京浜急行では特急と急行とを両方走らせる価値があるのでしょうか。泉岳寺~羽田空港間における特急と急行の停車駅の違いは立会川駅に止まるか止まらないかの違いしかありません。そのため、急行の価値があまりないような気がするのですが。昔は特急が通過するけれども、各駅停車しか止まらないのでは不便な駅については、きめ細かく急行列車が停車していたように思います。(例えば、京急鶴見、京急富岡など)こうしたダイヤの時代であれば急行の存在価値が大きかったと思いますが、京浜急行をよく利用される皆さん、あるいは京浜急行に興味のある皆さんはどう思われますか。あるいは昔のように特急や急行も長距離で走る形を復活して欲しいと考える方もいるでしょうか。  因みに私は京浜急行の沿線に住んでいる者ではありません。分かりにくくて申し訳ありません。

  • 京浜急行のダイヤ改正

    京浜急行がダイヤ改正されたそうです。都営線・泉岳寺・品川方面から羽田空港への電車は快特と急行に統一された、と聞いていますが、羽田空港発着の特急は廃止になった、ということでしょうか。通勤時間帯では京急久里浜・三崎口までの電車はあるでしょうが、気になります。個人的には行先で種別が統一されるので、いいのではないかと思います。

  • 京浜急行

     京浜急行電鉄、都営浅草線、京成電鉄、北総鉄道で、直通運転を行っています。で、それを京浜急行の切符販売機で京成電鉄など(例えば、羽田空港から成田空港)まで買えるのでしょうか。(つまり羽田空港駅の切符販売機で成田空港までの切符を買えるかということです。)  知っていることがありましたら、お願いします。

  • 京浜急行の新種別について

     京浜急行では、10月12日からダイヤ改正が行われますが、列車種別が変わるらしいということを耳にしたのですが、どのようになるのでしょうか。また、新種別の停車駅も教えてください。私は京急沿線ではないので情報がつかみにくく、かつ京急のHPも羽田空港~横浜間運転の列車しか紹介されていないようなので、ここで質問します。宜しくお願いします。