• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

海外送金についてです!!

海外送金についてです!! 今イギリスに留学に来ています。 こっちでHSBCを開いたのでお金を移そうと思っています。 2つの方法で迷っています。 1、海外送金のJCB送金名人の手数料525円、JCBのレートに1.6%を加算したレートで送金してもらお  うと思っています。 2、スルガ銀行のネットバンクを持っているので、ここに入金してもらって、現地で引き出してHSBCに入  金する。引き出し手数料は210円とvisaインターナショナルが定めレート+1.63%です。 どっちがお得になるんでしょうか???? 海外送金について調べましたが確信がもてないので、お得なほうを教えていただければと思います、、。 回答お待ちしております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数490
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Umada
  • ベストアンサー率83% (1169/1405)

 JCB「送金名人」、スルガ銀行「スルガVISAデビット」のいずれが有利になるかですが、主たる判断材料は「1回当たりの取扱額」です。 1. 換算レートが決まる仕組みと為替用語  円と外貨の換算レートは銀行がその日の思いつきで決めているわけではなく、数字が決まるための仕組みがちゃんと存在します。まずその説明におつき合い下さい。  レートが決まる大元は外国為替市場における金融機関間の取引きです。外国為替市場における取引きレートを「銀行間レート」と呼んでいます。新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=94円60銭でした」と報じているレートは通常この銀行間レートです。また銀行間レートは全世界で連動していますから、「どの国の銀行間レートが有利だろう」と考えることは無意味です。  さて銀行間レートは株と同じように価格が常時変動しています。両替や送金といった為替取引をこの銀行間レートを基準に行うと処理が煩雑になります。そこで金融機関は銀行間レートに代わる数字として「公示仲値(TTM)」というレートを定め、その日の取引の基準レートに用います。公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため若干のばらつきがありますが、差異はあっても0.1%かせいぜい0.2%です。  クレジットカード会社も同様に、国外でのカード利用分を処理するため通貨間の換算レートを毎日決定します。このレートも基本的に銀行間レートを参照しながら設定されます。恣意的に円安のレートに設定されることはありませんからご安心ください。 2. クレジットカード会社の換算レート  クレジットカード会社が定める換算レートが銀行間レートや公示仲値と同等であること、恣意的な円安レートには設定されていないことをデータで示します。  まずJCBですが、「送金名人」での送金時のレートは「JCBの提携銀行の為替レートを基準に1.60%上乗せ」です。どの銀行のレートを採用しているかは不明ですが仮に三菱東京UFJ銀行のレート[1]と比較してみます(*1)。  以下の表は2010年4月1日の、JCBが定める基準レートと三菱東京UFJ銀行の公示仲値との比較です。JCBの基準レートは[2]で見ることができます(*2)。  JCB基準レート⇔三菱東京UFJ銀行公示仲値 米ドル 93.48 ⇔ 93.43 (差異 +0.05%) ユーロ 126.52 ⇔ 126.38 (差異 +0.11%) 英ポンド 142.24 ⇔ 142.09 (差異 +0.10%) 豪ドル 85.80 ⇔ 85.76 (差異 +0.05%)  この日のJCBの基準レートは、三菱東京UFJ銀行の公示仲値より若干(0.05~0.10%)円安側に振れていますが、この程度の乖離は通常起こりうる範囲です。実質的には公示仲値と同一視してよいでしょう。  次にVISAインターナショナルについてです。回答末の付記のデータは、私がこれまでにVISAカードを利用した際の換算レートをその時の銀行間レートと比較したものです。利用明細書に記されるレートの数字には、海外利用にかかる事務処理経費分の1.63%が含まれていますので、1.0163で割ることで加算前の数字が求められます。銀行間レートの数字はOANDA社のデータ[3]を利用しました。  その時その時で銀行間レートより多少円高だったり円安だったりしますが、多くは±0.2%の範囲に収まっており、振れが大きい時でも±0.8%までです。平均的には銀行間レートと一致すると見て構わないでしょう。  そして1.で述べた通り、公示仲値と銀行間レートも平均的には同一の数字とみなせます。従ってJCBの基準レート/VISAインターナショナルが定めるレート/公示仲値/銀行間レートの四者も、多少の揺らぎを別とすれば同一視して構わないことになります。 3. 手数料と1回の取扱額  「送金名人」は送金手数料が1回525円で、1回に送金できる額は50万円までです(*3)。スルガVISAデビットの引出し手数料は1回210円で、スルガ銀行側は引き出し限度額は定めていません。レートに上乗せされる手数料は「送金名人」の1.60%に対しスルガVISAデビットは1.63%ですが、違いとしては微々たるものです。また「送金名人」とスルガVISAデビットの送金レートが同一視できることは2.で述べました。  これだけなら「手数料が1回210円と安く、引出し限度額がないスルガVISAデビットが有利」という結論になりますが、もう一つ、現地の現金自動預払機(以下ATM)の引出し限度額も考える必要があります。例えば1回に10万円相当額までしか引き出せないATMなら、50万円相当の英ポンド紙幣を引出すのに5回の操作が必要で手数料は合計1,050円かかります。これなら「送金名人」で1回で送金した方が安上がり(525円)です。またATMの引き出し限度額がもっと大きくても、提携先の銀行が「スルガVISAデビットなど提携カードでの引き出しは1日○○ポンドまで」と別の形の制限をかけていることがあります。  お近くにあるATMで一度に20万円(現在のレートで約1,400英ポンド)以上を一度に引き出せるならスルガVISAデビットが有利で、それ以下しか引き出せないなら「送金名人」が安上がりということになります。  なお「送金名人」は銀行口座宛ての送金になりますが、一般に国際送金では中継銀行や受取銀行が別途手数料を徴収することがあり、その場合は手数料分が差し引かれた金額で着金します。この手数料の額は事前には分からないことがほとんどです。  試しに1回「送金名人」を使ってみて、中継銀行や受取銀行の手数料が引かれているようなら、その分を考慮して分岐点を再計算することになります。例えば1,000円分引かれているとすると「送金名人」の実質的な手数料は1,525円です。スルガVISAデビットの1回当たりの引出し手数料210円で割ると、引出し7回まではスルガVISAデビットが有利です。「送金名人」の1回の送金額の上限は50万円ですから、50万円÷7で約7万1千円が新たな分岐点ということになり、ATMでの1回の引出し限度額が約500英ポンド以上あればスルガVISAデビットが有利、それ以下なら「送金名人」有利と判断を修正できます。 4. まとめ (1) JCBの基準レートと、VISAインターナショナルが定めるレートは同一視して構いません。 (2) 「送金名人」「スルガVISAデビット」の有利不利の比較は、スルガVISAデビットで1回にどれだけの金額を引き出せるかに帰着します。 参考ページ [1] http://www.murc.jp/fx/exchange.html [2] http://www.jcb-global.com/attention/rate.html [3] http://www.oanda.com/convert/classic 付記 VISAカード利用時の換算レートとその時点の銀行間レートの比較 ●ユーロ 2004.7.6決済 136.633 円/EUR これを1.0163で割ると134.442 円/EURです。一方6日のOANDA社の数字は134.070 円/EURで、差は+0.28%です。 ●マレーシアリンギット 2004.7.20決済 29.038 円/MYR ÷1.0163 28.565 円/MYR ⇔ 20日OANDAデータ 28.4966 円/MYR 差異 +0.24% ●米ドル 2004.9.15決済 111.525 円/USD ÷1.0163 109.736 円/USD ⇔ 15日OANDAデータ 109.630 円/USD 差異 -0.10% ●台湾元 2004.10.12決済 3.3040 円/TWD ÷1.0163 3.2510 円/TWD ⇔ 12日OANDAデータ 3.2333 円/TWD 差異 +0.55% ●スイスフラン 2004.11.21決済 90.258 円/CHF ÷1.0163 88.810 円/CHF ⇔ 19日OANDAデータ 88.8191 円/CHF 差異 -0.10% ●香港ドル 2005.2.21決済 13.775 円/HKD ÷1.0163 13.554 円/HKD ⇔ 21日OANDAデータ 13.5542円/HKD 差異 -0.01% ●シンガポールドル 2005.7.20決済 67.950 円/SGD ÷1.0163 66.860 円/SGD ⇔ 20日OANDAデータ 66.8068 円/SGD 差異 +0.08% ●2005.9.21決済 韓国ウォン 0.11047 円/KRW ÷1.0163 0.10869 円/KRW ⇔ 21日OANDAデータ 0.10810円/KRW 差異 +0.55% ●2005.11.10決済 タイバーツ 2.9067 円/THB ÷1.0163 2.8600 円/KRW ⇔ 10日OANDAデータ 2.8549 円/THB 差異 +0.18% ●2006.2.23決済 チュニジアディナール 89.588円/TND ÷1.0163 88.1511円/TND ⇔ 23日OANDAデータ 87.4688円/TND 差異 +0.78% ●2006.10.16決済 中国元 15.424円/CNY ÷1.0163 15.176円/CNY ⇔ 16日OANDAデータ 15.1645円/CNY 差異 +0.08% ●2007.6.4決済 ハンガリーフォリント 0.66778円/HUF ÷1.0163 0.657069円/HUF ⇔ 4日OANDAデータ 0.6614円/HUF 差異 -0.63% ●2007.6.12決済 チェココルナ 5.8060円/CZK ÷1.0163 5.7219円/CZK ⇔ 12日OANDAデータ 5.7145円/CZK 差異 +0.13% ●2008.3.12決済 英ポンド 210.415円/GBP ÷1.0163 207.040円/GBP ⇔ 12日OANDAデータ 205.390円/GBP 差異 +0.80% ●2009.3.18決済 ブルネイドル 65.565円/BND ÷1.0163 64.513円/BND ⇔ 18日OANDAデータ 64.275円/BND 差異 +0.47% ●2009.6.22決済 クロアチアクーナ 18.894円/HRK ÷1.0163 18.591 円/HRK ⇔ 22日OANDAデータ 18.59370円/HRK 差異 -0.01% *1 参考ページ[1]の表には公示仲値は直接記されていないが、対顧客電信売レート(TTS)と対顧客電信買レート(TTB)を足して2で割れば公示仲値(TTM)を求められる。 *2 基準レートは1日ほど遅れて発表されるので、実際に送金する場合に適用レートを事前に知ることはできない。 *3 1か月に送金できるのは50万円相当額までのため、最大限まとめたとしても1回の送金は50万円相当額が限度ということになる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすい回答どうもありがとうございます!! 計算が苦手なので間違った解釈してないといいのですが、、、笑 こんなに親切に教えてくれるとは!! するが銀行のカードもってるのでスルガでおろして自分で入金することにします!! ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 海外送金についてです!!

    海外送金についてです!! 今イギリスに留学に来ています。 こっちでHSBCを開いたのでお金を移そうと思っています。 2つの方法で迷っています。 1、海外送金のJCB送金名人の手数料525円、JCBのレートに1.6%を加算したレートで送金してもらお  うと思っています。 2、スルガ銀行のネットバンクを持っているので、ここに入金してもらって、現地で引き出してHSBCに入  金する。引き出し手数料は210円とvisaインターナショナルが定めレート+1.63%です。 どっちがお得になるんでしょうか???? 海外送金について調べましたが確信がもてないので、お得なほうを教えていただければと思います、、。 回答お待ちしております。

  • 海外送金は、どれが安いの?

    子どもが米国に留学してます。“教えて”で検索すると、シティー銀行又は郵便局利用がよいようですが・・・。 私が考えている送金方法は、以下の3点です。 1)子どもに持たせた、VISAカードで学費等の支払い ・VISAインターナショナルが定めたレートに1.63%加算した物が円換算レート。 2)シティーバンク(又はゴーロイズ)から現地の銀行に送金 ・インターネットを利用すると、シティーバンクカードの送金手数料は、1回3500円。(預金残高が100万以上は、2500円。1000万以上は、無料) ・シティーバンクが定めたレートに1円加算した物が円換算レート。 ・加えて、現地の銀行(First National Bank) の手数料が、15ドル。 3)東京三菱のインターナショナルカードを持たせた。 ・現地のATM利用料200円 ・VISAインターナショナルが定めたレートに3%加算した物が円換算レート。 三つの方法を比較し次のように考えます。 A)VISAカードは、1.63%のレート加算のみなので、このカードを使用して、日常的な買い物等を行う。 B)大きな買い物は(学費支払い等)現地の銀行にまとめた金額を送金し、送金手数料を節約する。支払いは現地の銀行の小切手と作り支払う。 C)インターナショナルカードは割高なので利用しない。 以上のように考えるのですが、為替の仕組みや現地の事情等をご存じの方、どうでしょうか。

  • 海外(イギリス)でクレジットカードを使った時の手数料について

    先日イギリスのお店(G. Baldwinというアロマ用品のお店)でアプラス(JCB)のクレジットカードを使って買い物をしました。 利用額は40.92ユーロ、その時のレートは165円前後位でした。 ところがクレジット会社の請求額を見てみたら8603円になっており、自分が思っていた金額より2000円近く高かったのでクレジット会社に問い合わせてみたところ その時のレートは210円できておりJCBの手数料が1.63%加算されています。との返事でした。 それにしても高くないかと疑問です。レートが前後するのは分かるのですがその時(8/8)の前後の日程のレートは170円は超えてないし、こんなに手数料を取られるものでしょうか? ちなみにアプラスに聞いてみたところ、JCB経由で請求が来ているので手数料等も込みでレートは210円できている。JCBに聞いてみたところ、独自の手数料計算なのでこちらで直接教えることはできないと言われ「はぁ!?」状態です。 今までも他のカードを使って海外のショップから買い物をした事はあるのですがこんなに金額が違った事がなかったので。 海外でクレジットカードを使った際の手数料の計算方法を教えてください。お願いします。

  • オーストラリアに300万円を送金

    皆様はじめまして。 オーストラリアに300万円相当を送金したいのでいろいろ調べていると、イーバンクマネーカードかKVBクンルンが安いのが分かりました。 しかし、実際どちらが安いのかは分かりません。 イーバンクマネーカードですが、レートがVISAインターナショナルが定める換算レートに1.63%加算ということですが、VISAインターナショナルが定める換算レートがTTSとどの程度開きがあるのか分かりませんでした。 KVBクンルンは、送金手数料・リフティングチャージ・中継銀行・受取銀行手数料が実際いくらくらいかかるのか分かりませんでした。 実際どちらが得なのか、利用したことがある方にアドバイスをいただきたいです。 もし、もっと安い方法があるようでしたら、教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 円建てでの海外(カナダ)送金方法について

    カナダと日本を行ったりきたりしているものです。 ローンで(カナダで)家を買うことになったのですが、資金証明のためにカナダ内の銀行に十分なお金がある必要があります。持っているお金はほとんど日本に(日本円で)あるのでカナダに送ろうと思うのですが、円安で換金レートが現在悪いため、銀行(香港上海銀行・HSBC)に相談の上日本円で持っておくことにしました。HSBCの日本円口座をとりあえず作ったので、ここに送金しようと思うのですが、具体的な日本からの送金方法がわかりませんので教えて頂きたく思います。またちょうど日本に一時帰国するので、日本での作業(?)が必要であっても可能です。また以下の質問の全部はわからなくとも、ひとつでもわかれば答えて頂ければと思います。 1:今、メインで使っているのはジャパンネット銀行です。ここは海外 送金が確か出来なかったと思うのですが、間違いないでしょうか?そうだとすると、例えば海外送金可能な(日本の)銀行に一度送金して、そこから海外に送る、という事になるのでしょうか? 2:日本円建てでのカナダ宛海外送金を扱っている金融機関を教えてください。(できれば手数料などが安いところをお願いします) 3:送金額が1000万円を超えます(1500万円程度)。手数料、送金限度額その他で気をつけるべき点などありますか? 4:その他気づいた点、別のよい方法など、何かアドバイスがございましたらお願いいたします。 以上よろしくお願いします。

  • 海外送金。JCB送金名人断られる。

    こんにちは。 カナダにワーホリに行くにあたって、JCB送金名人を利用しようと考えました。こちらは、留学生対象と書かれていましたが、私はワーホリの最初の半年は学校に通うので、利用できるかJCBに確認したところ、 「可能です」と電話で二回確認とれたので、さっそく、公務員の兄に手続きをお願いしました。でも、結果は利用できないとのこと。断られた理由は結局教えてくれませんでした。ワーホリだからなのでしょうか。 でも、周りにもJCBで送金している人はいるのです。何か陰で色々あるのかも知れませんが。こちらを利用したくて断られた方はいますか? そこで、別の方法として、新生銀行とゴーロイズ銀行を考えました。 新生銀行は手数料が無料で、日本からでも簡単に入金できるとのことでしたが、4%レートが高くついて結局長期滞在者では不利なんですよね。そこで、ゴーロイズを利用して、ネットでの申し込みなので 送料は3000円。今日本円が弱いので、日本円で20万振り込んでも、$160ちょっとしか手に入らないですね。 ゴーロイズが今一番調べた中で損が少ない方法だと思っていますが、 これよりもよい送金方法はありますか?今までの質問を参考にしてきましたが、最近新しくよい方法ができたという情報があれば、ぜひ教えていただきたいです。よろしくお願いします

  • 海外でクレジットカード

    1$=110円の場合、 銀行等で両替をすると3円の手数料がかかってレートが 1$=113円になりますが、 クレジットカードを利用するときは、 契約書を読むと国際手数料(1.6%)が上乗せになると書いてありました。 この場合は単純計算で レート1$=111.76円となります。 海外でのクレジット利用で他に手数料はかかるんでしょうか? 今度海外に行くんですが、やはりカードの方がお得なんでしょうか?

  • カナダへ送金する場合の最もお得な方法は何ですか?

    お世話になります。 この度カナダのバンクーバーに留学しております子どもの外国銀行の口座に、送金しようと考えています。 振込手数料の高低もあると思いますが、むしろ為替レートとか、両替手数料の方が影響が大きいように思えるのですが、実際に一番お得な振込み方法はどれでしょうか? ちなみに現在考えている候補は(1)三菱東京UFJ銀行、(2)ゆうちょ銀行、(3)JCB送金名人程度なのですが・・・ 経験豊富な方からのアドバイスを何卒お願いします。

  • 海外から日本の口座に送金したい

    仕事で海外(ヨーロッパ)に長期滞在(1年以上)するかもしれないのですが、 海外から日本の複数の口座に月1で振り込みをしたいです。(ローン支払い等) 日本の銀行で聞いて回ったところ、海外の銀行からの送金だと、1口座につき平均7500円くらいの手数料が取られるようです。 (日本の銀行へ手数料2500円くらい、海外の銀行への手数料は銀行によるらしい。日本から海外に送金する場合は日本の銀行に5000円くらいの手数料が相場だという理由からの計算です) 現在イーバンクとスルガ銀行のネットバンキングの申し込みをしていますが、 海外からの送金手数料はネットで手続きをして日本から日本の送金手数料と変わらない、つまりせいぜい100~300円程度のようです。 ただ困ったことに、イーバンクもスルガも、日本を生活の基盤としている人向けのサービスのため、 海外から自分の口座に現金で預け入れをすることができないそうです。 現地で働いたお金で日本に送金したいので、困っています。 それと、スルガ銀行の場合、繋がる電話番号が必要、郵便物の海外発送ができないということで、日本に住んでいないと難しい、とのことです。 (郵便物は実家にして、電話は携帯電話を持って国際電話でかけてもらうことでで解決?) できるだけ手数料を安く、現地の通貨または現地の両替所などで日本円に換金して、現地から自分の口座に預け入れをしたいのです。 イーバンクやスルガ銀行以外でもいいので、何か良い方法・銀行はないでしょうか? 海外のネットバンキングに相当するようなものをご存知の方もいらっしゃいましたら、教えてください。 ちなみにクレジットカードは作らない・使用しない方法で探しています。 よろしくお願いします。

  • SBIレミットを使って海外送金する際の受取方法

    SBIレミットを使って海外送金する際の受け取りについて、質問させてください。 日本からフィリピンへ留学費用を先払いするのですが、 学校側から、「HSBC銀行へ海外送金してください。…略…※生徒様のお取引先銀行及び郵便局から送金可能。」と、メールが来ました。 SBIレミットは手数料を安くで送金できることがわかり、利用しようと思うのですが、 私が送金したお金を、フィリピンの学校が受け取るには、 受け取る人が、受取拠点へ行かなければならないと書かれていました。 https://www.remit.co.jp/MainFindMoneyGram.jsf これってすなわち、HSBC銀行へ振り込むことが出来ないっていうことでしょうか? HSBC銀行に振り込んだお金を、拠点へ赴いて取りに行くということでしょうか? 初めての経験なのでよくわからず、ご経験者のかた、ご指導いただきたく存じます。 また、もしSBIレミットでHSBC銀行へ振り込むことが出来ない場合は、 どの銀行もしくは郵便局が、手数料安く海外送金することができるでしょうか? 振込額は10万円程度です。 詳しい方、ぜひアドバイスをいただけたら幸いです。 よろしくお願い致します。