• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

地球に近接する小惑星アポフィスが2032年に地球に衝突するというNEW

地球に近接する小惑星アポフィスが2032年に地球に衝突するというNEWSをみましたが、どのような計算をどこの部分から計算すればこんな事がわかるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数843
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • ruehas
  • ベストアンサー率68% (816/1194)

こんにちは。 地球軌道と小惑星軌道に横道面角度を加えた楕円方程式を連立で解けば計算できます。ですが、惑星軌道には重力による摂動というものがありますので、正確な結果を予測することはどうしてもできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 キーワードをいただけましたので、調べ出すきっかけが出来ました。 重力による摂動という部分はどうやら厄介そうなので まず除いて大雑把に調べてみようと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • mrps
  • ベストアンサー率20% (14/70)

 えっ!! 衝突するってNEWSで言ってましたか?  衝突したら大変ですよ!!最大で直径400mありますから!!  大気圏で分裂しても直接地表に致命的な破片が届きます。  で、これ衝突するんでなくて、少ない可能性だけどありうるってことで  計算の前に、軌道予測(まっこれも計算ですが)を大まかにして  それから、沢山考えられるストーリーの中から幾つか詳細に検討  って感じの方が現実にあってますよ。  2029年の接近時に万が一人工衛星と衝突とかしちゃったり、他の何か の影響があったりしたら、2036年の接近時にも何かにブツかったりして 分裂して破片が地球に落ちてくるかも、、、それ以前に長い間に 今解っていない小天体の重力作用の影響がでるかもなので、 はっきり言って今どうなるか?です。 可能性も少ないので、普段の交通事故の可能性の方が高いので 心配するなら、道を歩くことに注意しましょう。  でも、いつか必ず地球に天体衝突は確実に起こることですから、 その時に、誰(国??)が何をして回避するかとか 又は人類が潔く絶滅の道を歩むことのコンセンサスをとるのか 極端な場合、リスク回避のため火星に人類の一部を送っておくのか など、今から決めておかないと、急に小天体来た時に世界的パニック になるかもしれません。  そういう意味で、アポフィスは人類に対する良い警告と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そんな質問をしていたらyahooのNEWSに大気がある氷の惑星発見!というNEWSが飛び込んできました。 詳細は、 地球からへびつかい座の方向へ約40光年離れた恒星に、地球の2.7倍の大きさで、大半が水(H2O)の氷で構成され、分厚い大気に覆われているとみられる惑星があることが分かった。惑星「GJ1214b」は、表面の温度が200度前後で、大気圧が非常に大きいため、生命の存在は考えにくい とありますが、ここまで探せば何時かは地球と似た大気状態の惑星が見つかりそうな気もしてきました。 この惑星でさえ40光年かかるそうなので、人類滅亡のリスクを回避する為に 今から闇雲に宇宙へ向けて出ないと、いずれにしても生きている間に合わないですねよね。 それと確かに車の運転を気をつけた方が良いかもしれませんね

  • 回答No.2

現時点で2029年の接近後の正確な軌道はわかりません。 現時点では2029年に地球から32500キロのところを通過すると予想されていますが、微妙な誤差たとえば32450キロなのか32549キロなのかで地球の重力から受ける影響が違い、その後の軌道は正確にわかりません。ということは現時点ではどのような計算を行っても正確な事は分からず、2029年の接近の後でアポフィスの軌道を再度測定してみないと、正確な予想ができないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ほんの数%の誤差によって地球重力の影響により今後の方向性が変わってくるのですね。 私が拝見したこのNEWSに関して、あくまでも【可能性がある】という表記をしてほしかったと思います。 でも、ご回答を頂いたことで、この問題に関してかなり興味を持ちました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

衝突する、でしょうか 軌道が乱されると衝突の可能性もある

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きましてありがとうございます。 質問をしておきながら全く無知ですみませんでした。 この件は、一昨年位から騒がれていたそうで、今回初めて聞きましたので これから勉強させていただきます。

関連するQ&A

  • 2036年小惑星・アポフィスが地球に衝突

    2036年4月小惑星・アポフィスが地球に衝突する可能性があるとのこと アポフィス (小惑星)=直径は270~410m、質量は7.2×1010kg(7200万トン) 地球に衝突した場合のインパクト=NASAの試算によると、TNT換算510メガトン相当 墜落場所=カリフォルニアとハワイの間の海のどこか もし衝突した場合、どれくらいの被害が予想されますか? 巻き上げられた塵が太陽を隠して冬になるといったレベルのことが起こりますか。 アメリカと日本に津波が押し寄せると思われますが、 どれくらいの高さになるでしょうか? その計算方法はどのようなものですか? 又小惑星の軌道を変える方法としてどのような方法がありますか? よろしくお願いします。

  • 小惑星アポフィスについて

    小惑星アポフィスについて 2029年4月13日に小惑星アポフィスが地球の静止軌道辺りを通過すると 予測されていますが、そんな近くを通っても地球への影響はないのでしょうか? 大気量を減らして宇宙線の侵入が増大、それによる生物への放射線害。 あと地球の自転への影響とか…。 素人考えなので、宇宙科学など専門に勉強されている方がいましたら お答え願います。

  • 地球衝突の小惑星

    NASAが"2017PDC"という小惑星が2017年7月21日に地球に衝突 する。と発表しました。しかも衝突する地域は日本の東京という ことです。これは日本人にとってはとんでもないことです。 衝突する確率は96%とということですが回避、若しくは爆破する ことは可能でしょうか。 宇宙船に核爆弾を載せて小惑星にぶつける。といっても破壊力の点 では申し分のないものでしょうが、失敗する可能性はどうなので しょうか。 とにかく小惑星が地球に衝突されては、地球は壊滅的な打撃を受け ます。ロシアに落ちた隕石の比ではありません。 どう思いますか。

  • 小惑星の地球衝突について

    数日前、小天体が地球から6万キロをかすめていったニュースをみました 小天体 小惑星のことですが、月には衝突の無数のクレーターが ありますが、地球は侵食 風化などで痕跡が少ないのですが 過去実際は月より多くの小惑星が衝突したといわれています 6500万年に一度と仮定いしても地球の歴史48億年には70~80 の小惑星の衝突があったことになります ところでこの衝突の頻度なのですが、私達人間が知っているのは 6500万年まえ恐竜が絶滅したユカタン半島に落ちたもの が最後ですが、衝突確率は以下のどれでしょうか? 1 平均して6500万年に一度は必ず衝突する、私達は偶然   衝突と衝突の間に生きているだけで、地震と同じように   いつかは必ず衝突する 2 太陽系が作られた当時は小天体の数も多く、創成期の地球   にはかなりの頻度で衝突していたが、太陽系が形成されていく   過程で衝突は段々少なくなり今後も減少傾向にある 3 小天体の衝突確率に法則は無く今後増えるとも少なくなる   ともいえない 2であってほしいと思いますが

  • 小惑星衝突

    2014年に194分の1の確率で 地球に衝突する小惑星が あるというのは本当ですか?

  • 最近の木星の小惑星の衝突のように何処からともなく飛来する小惑星の衝突っ

    最近の木星の小惑星の衝突のように何処からともなく飛来する小惑星の衝突って予測できるのですか? 別に地球に限っていることではありません。 あと、もし予測できないのであれば、惑星規模の星がすっとんできて木星やその他太陽系の天体に衝突するというようなことは考えられるのでしょうか?

  • 地球に衝突する小惑星を爆破してくれる国は何処?

    最近、地球温暖化とか異常気象とか、木星や火星への探索とか、報道されていますが、地球に衝突する小惑星を追撃するのは地球側なのか、小惑星側なのかどっちかわからないけれど、もしも、人間のような知能を持つ宇宙人が住んでいるなら、地球側に沢山の生命が住んでいるのに、攻撃して来ないと私は思いたい所です。小惑星を撃墜するために、北朝鮮が頑張ってアメリカより先に小惑星を撃墜すれば、北朝鮮は地球を救った英雄になるのでしょうか。平和利用をするのなら嬉しいけれど、出来れば世界の科学者と共同開発して、個人が自らも救済出来るしくみを構築し助けあえたらいいなとも思います。報道されている内容だけを見ていると核爆弾を保持して脅迫まがいのことを繰り返している悪の枢軸のようにイメージしてしまう北朝鮮やロシアは正義の味方に大変身する日が訪れて欲しいです。小惑星の核を爆破するために、核爆弾が使われるなら、地球を救う唯一の手段が核爆弾ということになるのでしょうか。余波が巡り巡り、地球に再来したら困るので、出来たら破壊しない方法が見つかって欲しいと思います。そもそも、地球に衝突する確率の高い地球近傍天体(NEO)は、本当に存在しているのでしょうか。 天体が衝突するのも怖いけれど、現実にはじわじわ来るとしたら、そのじわじわ来る時期の治安維持の方が心配です。もしも、北朝鮮の凄い科学者が、地球を救ってくれるなら、応援したいと思いますし、出来たら北朝鮮が世界と仲良くなって欲しいと思います。

  • 小惑星が地球に衝突、人類滅亡 救う方法は?

    直径10Kmを超えるような小惑星が地球に接近中で、あと2週間~10日程で地球に衝突するとします。 もし今、宇宙のどこかから我々の住む地球に小惑星が接近していて、それが地球に衝突すると分かったら、世界はどんな反応を取るのでしょうか? 映画アルマゲドンはプロの掘削チームをシャトルで小惑星に送り、核弾頭を小惑星に埋める事で小惑星を破壊し、地球を救いました。 でもこれが最善の方法なのでしょうか?あくまで映画、フィクションだから可能な事ではないでしょうか? アメリカのNASAをはじめとする世界の宇宙機関は明日起こるかもしれないこんな事態に対し、なにか対策をもっているのでしょうか?そしていざ自体が起きた時、地球最後の日が後数日で訪れると分かった時、どんな方法で人類を救うのでしょうか? 何か情報を、教えて下さい。

  • 小惑星衝突・・・

    映画などの世界で小惑星が地球に衝突とかよくありますが、現実に起こる可能性もゼロではないですよね? 今の技術ですから予測はある程度できるかとおもいますが、防御や回避は可能なのでしょうか? それとも、なすすべもなく最期のときを待つしかないのですか? つまらない質問ですみません。

  • 小惑星の衝突は近い将来にあり得る?

    十数メートルから数十メートルくらいの小惑星が頻繁に月の軌道の外側辺りを通過していると聞きます。そのうち地球にぶつかる小惑星もあり得るのではないでしょうか?どのくらい地球に近づくと、地球の引力で引っ張り込まれるのでしょうか?対策はあるのでしょうか?