• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

家計診断お願いします。夫婦子供一人です。

家計診断をお願いします。 夫(37歳)トラック運転手    手取り28万~30万 妻(28歳)会社員        手取り14万 妻副収入           年間 33万 子供0歳保育園児        児童手当1万円 固定支出 住宅ローン  63000 兄への返済  30000 生命保険   20000(夫婦保険) 生命保険   10000(夫死亡保険。満期時掛金と利息が返ってくる。) 生命保険   4000(夫県民共済) 生命保険   2000(子供県民共済) 個人年金   40000(夫婦2口ずつ) 保育料    36000 車保険料   8000(二台所有) 火災保険料  15000(三年ごとに修理給付金がおりてきます) 住民税積立  25000(年間夫婦で30万位) 自動車税積立 6000(二台分) 固定資産税積立10000 プロバイダー 7000 固定支出計  276000 流動支出 食費     15000 電気代    10000(オール電化で年間平均) 水道代    4000 ガソリン代  12000 オムツ代   6000 ミルク代   8000 雑費     5000 予備費    4000 流動支出計  64000 合計支出   340000 繰上返済貯金 50000 普通貯金   30000 妻の副収入内訳 子供学資保険 180000/年 車検積立   100000/年 児童手当は全て子供の通帳に入れています。 以上です。 住宅購入にあたって、自分達で用意した頭金の他に、主人の兄から無利子でお金を借りました。月々の返済は、幾らでもいいから無理のないように返済してくれればいいからとのことでしたので、3万ずつ返済しています。 生命保険はやはり多いでしょうか。 主人の仕事柄や年齢も考慮して多めに掛けていましたが、住宅ローンを組んだ時に団信にも加入しているので、死亡保障をもう少し減らして保険料を安くするように考えた方がいいでしょうか? ちなみに夫婦保険の主人の死亡保障が2500万、県民共済が600万、月々1万円の死亡保険が370万位で合計3470万位です。 住宅ローンは、10年で出来るだけ繰上返済して、11年目からは普通に返してても主人が60歳になるまでには返済を終えられる返済計画から、10年固定2%で1900万を借り入れました。 我が家の家計は健全でしょうか? それともやはり、月々の貯金が3万は少ないでしょうか? 今現在、貯金は50万しかありません。 住居購入時の頭金や、家具などの購入で使いました。 私は、必要となるお金を毎月の予算に組み込んで用意しているので、貯金にはよほどのことが無いと手をつけません。 だから必要なお金をすべて寄せて、その残りが3万ならそれでいいんじゃないかなとも思いますが、主人は不安なようです。 長くなりすみません。 もうひとつ補足です。 主人はトラック運転手で週に一日くらいしか家にいませんので実質子供と二人暮しのようなものです。 そして主人は会社から一日4000円を食事代として給与とは別に貰っているので、我が家から主人の食費は出ていません。(非課税です。)ほとんど私一人なので15000円で済んでいます。

noname#111680
noname#111680

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4809
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

まず、不明な点が1つありましたので、そこから質問させてください。 月々の固定的な手取り収入が、 夫:28万円(少ない方を基準とさせてください) 妻:14万円 と、書かれておりますが、固定支出の欄に、「住民税積立」と、ありますので、毎年、確定申告をなさっておられるのでしょうか? そこが、疑問点でした。 手取りと、書かれておりますので、厚生年金、社会保険加入?と解釈して宜しいのでしょうか? 貯蓄や保険の加入割合や、住宅ローン返済+お兄さまへの返済割合としては、特に多くも少なくもないと感じますが、月々の積み立てのほかには、奥様の副収入はほとんど手をつけずに貯蓄へ回されておられますので、問題ないように見えますが・・。 「生命保険はやはり多いでしょうか。」との文面から、生命保険をかけすぎているのではないかと、どこかでご指摘されたのではないでしょうか? そうだと仮定して、以下、記述させて頂きます。 生命保険の保障内容が少し不明確ですので、まず、「終身保険」「定期保険」「養老保険」のどれに該当するのか、証券や加入当時の設計書などでよくお確かめになった方が良いと思います。設計書がない場合は、加入された保険会社に内容の再確認がしたいと言えば、出してくれるはずです。 夫婦保険は保障の形が保険会社によって様々ですので、内容をよくお確かめになって下さい。 また、終身保険となっていても、段階的に掛け金が上がるタイプもあり、10年後に保険料がはね上がるものもありますので、その時にいくらになるのかも、念頭に入れられる方が宜しいと思います。 死亡や満期の保障に目がいきがちですが、どちらかが、入院などをなさったときの保障については、1日当たりどの程度の保障になっているか、ご確認された方が良いと思います。 もし、長期の入院などをされなければならないような時、年齢もお若いので、入院治療を保険でまかなえるようにしておくか、貯蓄を切り崩すかでは、生活設計が変わると思います。 社会保険加入者ですと、所得がなくなった場合の保障が一定期間受けられるのですが、国民健康保険加入者にはそれがありませんので、その部分の補てんも何かで必要になると思います。 (所得補償保険というものもあります) それから、ご自宅は1戸建てとお見受けしましたので、修繕費の積み立てとして、1坪当たり年間4万円程度は、別に貯蓄をされておいた方が宜しいかと思います。 新築から長くても10年くらい経過しますと、外壁塗装や修理、水周りの修理など、結構まとまった費用がかかりますので・・・。(これは、経験上です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事をするのが遅くなって申し訳ありません。 住民税は、給与天引きじゃないので、年間30万ほどの支払いがあります。保険は夫婦共社会保険・厚生年金に加入しています。 すごくわかりやすくアドバイス頂いて、大変参考になりました。 一応、修繕費は火災保険から三年ごとにおりてくる修理費給付をあてようと考えておりましたが、それだけじゃ足りないようですね^^; ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 積立貯金…金額の決め方は?家計診断をお願いします

    見て頂きありがとうございます。 20代半ばの女性です。 就職して4年目になるのですが、あまり貯金がありません… 知識のないまま手厚すぎる医療保険・生命保険に加入してしまったり、車のローンが残っていたりと、色々金銭面で知識不足かつ未熟でした。 猛反省して、保険の見直し、ローン返済優先…などなど、できることから始めました。 結果、月々のお金に余裕が出てきたので、積立貯金を始めたいと思っています。 家計診断をしていただけたら幸いです。 月々の収入…20万円(固定額) 支出 ・家賃…54000円(駐車場込み) ・車の保険…6000円(以前は8000円でしたが、車自体が古くなったので車両補償額を下げたため、保険料も下がりました) ・奨学金返済…23000円(今後20年ほど続く予定) ・ケータイ使用料…10000円(パソコンやネット料を無しにし、スマホだけで生活しています) ・医療保険…2000円(県民共済) ・水道…2ヶ月に1回・3500円 ・電気…3500円 ・ガス…3500円 ・ガソリン…7000円(通勤は車必須です) 支出を差し引くと、約87000円ほどが残ります。 毎月食費は25000円ほどですが、月によって交際費に大きな差があります。それに、風邪などをひいた場合は医療費がかかる可能性もあります。 積立貯金をする時は、これら臨時支出を見越して低めに貯金をした方がよいのでしょうか? 今のところ、40000円くらいは積立に回せそうかなと思っているのですが…甘いでしょうか? 本当は何歳までにいくら貯金する!といった目標があった方が良いと思うのですが、私としては生活に支障がない分を貯金に回したい気持ちがあります。結婚する前にできるだけ貯金をしておきたいというのもあります。 積立貯金した分は窓口に行かないとおろせないし、簡単に崩したくはないのですが… みなさんは、どのように貯金額を決めていますか? 参考にさせて下さい。

  • 生命保険について

    昨年の11月にあいおい生命と東京海上日動のあんしん生命に 主人と私は加入しました。 子供の積み立ても込で月に34000円ほど・・。 しかし、上の娘に教育費がかかることから今になった支払いが厳しくなってきました。 加入する前は県民共済とライフ共済に加入していました。掛け金も安く助かりますが 死亡保障が安かったです。 死亡のことよりやはり今の教育費が必要でまた新たに考えています。 いろいろローンもあり、生活も厳しいのでまた県民共済に戻ろうかと考えています。 主人も私も今年37歳になります。 ローンはすべてあと1年半ぐらいで終わります。 一度解約し、掛け金の安い県民共済などにしてまたローンもおわった1年半後に考え直すべきか、今の保険を厳しくても続けるべきか悩んでいます。 ネットで検索してもいろいろありすぎて悩んでいます。 県民共済だけでは心配でしょうか? 解約するなら子供の積み立ては解約せずに私たちの生命保険の部分だけ解約しようかと思っています。

  • 若い夫婦2人の生命保険は医療保障重視?

    結婚するにあたり、生命保険の加入を考えています。 (今までは彼がJA共済、私が貯蓄型のに入っていました。それぞれの親が選んだものです) 私も貯蓄型の保険に入ろうと思っていたら、自分の親から 「今の時代は掛け捨ての方が良い」と言われたので、県民共済(神奈川県)を考えています。 子供がまだいないので(数年先にと考えています)死亡保障よりも 医療保障を充実させるべき、三大疾病はまだつけなくてもいいかな・・・と漠然と思うことはありますが、 CMなどでは“入院1日1万円!”と言っているのをよく耳にします。 県民共済の補償は1日5000円と書いてあるので、足りないのではないかと心配です。(彼も私も今のところは健康) また、県民共済は60歳から補償が減るみたいなので、それも心配です。 掛け金の低さはとても魅力的なのですが・・・。 まだ子供のいないご夫婦はどんな保険に入っていますか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

個人年金、保険も貯蓄性のものが多いですね。 繰り上げ返済預金も5万もされて、 食費の15000円とは脱帽です。 無駄はないと思いますよ。 ボーナスはありますよね? それをどのぐらい、貯蓄できるかに よってかなり違うと思いますが。  >主人は会社から一日4000円を食事代として給与とは別に貰っている 恵まれていますね。それでご主人様のお小遣いが計上 されてないのですか? 家計診断のサイトもありますので、貼っておきますね。 よければ利用して下さい。

参考URL:
http://allabout.co.jp/finance/gl/1546/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が遅くなり大変申し訳ありません。 ボーナスが無いんですよ(泣)あっても夏が10万、冬が20万位です。 ある時は、夏は全額貯金、冬はお正月費用で10万使って残りの10万は貯金しています。 主人には、会社から貰う食事代ですべて賄ってもらっているので、家計からのお小遣いの出費は無いです。すごく助かっています。 たまに、洋服を買ったりすることはありますが、ほんとにたまにで、仕事用の服くらいです。 家計診断のサイト、教えていただいてありがとうございました。 大変参考になりました。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

何のために家計診断をするのでしょうか? まず、それが重要です。 また、月々で計算するのではなく、年額で計算してください。 例えば、県民共済の月6,000円、年間72,000円……ではないはずです。 共済には、割戻金があり、20%としても、14,400円が戻ってくるはずです。 それは、どこに消えたのでしょうか? 携帯電話はお使いではないのでしょうか? 年額が決まったら、キャッシュフロー表を作成してください。 キャッシュフロー表とは、未来の家計簿、予算表みたいなものです。 http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2 http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm お子様の学費が不明の場合には…… http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/006/07120312/003.htm http://www.shiruporuto.jp/finance/tokei/stat/pdf/data04.pdf http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/index.html#education を参考にしてください。 まずは、キャッシュフロー表で今後のマネープランを立案してください。 そうすれば、いつまでに、いくら必要なのか、わかります。 いくら必要なのかわかれば、貯蓄に目的が生まれます。 そうすれば、自然に貯蓄できます。 他人が「○○を節約しよう」「この出費が多い」と言っても役に立ちません。 1万円を節約しなければならないとき…… 光熱費、衣服費、食費、電話……どれを節約するのか、それは個人の価値観です。 食費を減らしても、衣服費は減らせない、 まはた、その逆…… どれが正解ということはないのです。 問題は、貯蓄をしなければならないと自覚することです。 自覚すれが、節約できます。 また、昔ながらの方法…… 先に貯蓄して、残りを出費項目ごとに封筒に分けておく という原始的な方法も有効です。 封筒の中身が減ってくれば、イヤでも節約します。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなってしまって大変申し訳ありません。 携帯電話は、会社からの支給ですので、個人的にお金はかかっていません。 共済の割戻金はありますが、それは貯金されています。その家計は単純に毎月の支出で計算しています。 家計診断の理由ですか? 文中にもありますが、我が家の家計は健全かどうか、第三者の意見が知りたかったのです。 特別な知識なんて要りません。 世間話でいいのです。「うちはこの位ですよ」とか「これが高いですね」とか。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 保険料2000円の県民共済をやめるべきか否か。

    保険料2000円の県民共済をやめるべきか否か。 主人が新しく生命保険と医療保険に入りました。 それまでは2000円の県民共済と傷害保険くらいでいいかな?程度に考えていましたが、子供ができたことで、改めて考え、新しく生保と医療保険に入りました。 ファイ(フィ?)ナンシャルプランナーのかたには、補佐的な感じで継続でもいいのでは?と言われましたが、私の中では掛け捨ての県民共済に2000円払うのもなぁ~と段々疑問が出て来ました。 そこで、ほかに2000円を使うとしたら、なにがいいでしょうか? 積立?投資?普通預金? なにがいいでしょうか?アドバイスおねがいします!

  • 主婦の医療保険と生命保険について

    現在専業主婦してます。 自分の保険について悩んでます。 アドバイスなど頂けたら嬉しいです。 主婦の場合、生命保険っていらないものですか? 現在、小さい子供二人いるので、もし私が死んだら自分のお葬式代と、ほんの10万でも20万でもいいから子供の貯金に残してあげたいなぁ…っと思っていて、生命保険を検討してます。 (現在は医療保険にしか入ってません) 県民共済に入院保証も死亡保証もセットになった保険があるのですが、県民共済は甲状腺機能障害がある場合には保険に加入できないとしっかり書かれてました…。 2年前から甲状腺機能亢進症なので、県民共済には入れません…。 病状は軽くて、薬を一日おきに一錠飲んで、定期的に受診しているだけで、入院や手術ってレベルではないですが。 甲状腺機能亢進症でも入れる保険(持病がある人用ではなく普通の保険)で、さらに医療保険と生命保険がセットになった、お手軽な保険ってありませんか? 月の支払いを4000円以下にしたいのですが…。

  • 保険の切り替えについて。

    転職もあり家計の見直しを考えています。 現在夫婦(共に36歳)で共に終身保険に入っています。 夫15500円/月・妻12500円/月の支払いです。 生存給付金等もあるのでそれ程高額ではないと思いますが、 これから火災保険や子供の生命保険等の加入も考えると、 掛け金の安い「県民共済」への切り替えを検討しています。 「県民共済」ですと全ての保険合わせても1万円/月で 対応できます。何か問題はあるものでしょうか? 「県民共済」だけでは不安なものなのでしょうか? どなたか良いアドバイスをお願いします。

  • 家計診断お願いいたします。

    夫39歳(全国転勤・金融関係) 妻39歳(専業主婦) 子供2人(小学生) 年収8,000,000円(手取年収5,800,000円) 月収480,000円(手取月収320,000円/家賃、駐車場、税金、社会保障差引後) ボーナス2,000,000円(手取・年間) 生活費70,000円(食費雑費) 電気4000円 ガス9000円 水道5000円 新聞4000円 子供習事13000円 通信費9000円(携帯2台・PC) 小学校10000円 毎月貯金100,000~150,000円の間 夫こずかい30,000~40,000円 1年間の貯蓄額約280万円(手取り収入の約48%は貯蓄へ) 貯蓄額約4000万円弱 夫婦ともに経済観念がある程度しっかりしているかと思うので、 継続的に貯蓄は増えてきている。 考えなければいけないこととして、 (1)生命保険は夫婦ともに県民共済をかけているくらいです。 年齢も重ねてきた為、生命保険を考える必要性を感じている。 (2)全ての貯蓄は定期性預金のみ。故に多少のリスクを抱えた 金融商品の必要性も感じている。 (3)家計全体として改善すべき点はないか。 安定した収入基盤を元に万が一に備えた生命保険へのアドバイスと 安全な資産運用術をお教え頂きたい。

  • 家計診断お願いします!

    子一人の3人家族です。貯金が2万弱しかできません。アドバイスお願いします!! 手取り31万 住宅ローン 86000 光熱費 35000 夫 車保険 13000 生命保険 11060 私 車保険 8150 生命保険 5600 携帯2台 20000 食費 35000 日用品&ベビ 10000 ガソリン 20000 レジャー&美容 20000 学資保険5000 車税&車検2台 (毎月積立貯金) 17200 固定資産税 (毎月積立貯金) 10000

  • 突然母子家庭になったので保険加入を考えています

    ずっと健康でいた主人が突然心筋梗塞で亡くなりました。 健康でいたことや、利益も十分出ていなかったため、生命保険は県民共済しかかけておらず、自営業の店の処理等にほとんど消えてしまいました。 学資保険も加入していませんでした。 今頃失敗したと悔やんでも仕方がありません。 これから子どもたちのために自分に生命保険をかけておこうと思います。 子供は小学生と保育園児の2人です。 私がサラリーマンだったので住宅ローンは私名義で1500万あります。 マイカーローンもまだあるし、保育料だけでも月3万五千円は必要で、さすがに心細い思いをしているので、できるだけ保険料は押さえたいと思います。 私の仕事は安定はしておりますが、所得額は400万円です。 県民共済は金額の割に保障があって気に入っております。 これ以外に死亡保障の保険に加入すればいいのではないかと思うのですが、甘いでしょうか? またおすすめの保険があったら教えてください。

  • 県民共済と生命保険会社は、情報交換しているのでしょうか?

    県民共済と生命保険会社は、情報交換しているのでしょうか? とある生命保険会社が、 「Aさんの死亡保障は、最大でも6000万円が妥当。これ以上だとモラルリスクが高くなるので、契約できない」 と判断したとします。 仮にAさんが、すでに死亡保障500万の県民共済に入っていて、 とある生命保険会社の、「死亡保障6000万コース」に加入しようとしたとします。 この時、 ・Aさんが県民共済に加入しているという情報は、保険会社は照会しているので、契約できない。または低い死亡保障で契約する事になる。 ・保険会社には分からないけど、法律的には、保険会社に申告しないと詐欺罪になる。 ・詐欺罪にはならないが、受け取る時に判明して減額される。 ・6000万円を超えると、相続税が掛かるので、そこで判明して、受取保険額を減らされる。 という事になるのでしょうか? もし知っている方がいたら、教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 家計診断お願いします。

    家計診断おねがいします。 収入 夫 月20万+ボーナス35万×2  妻 専業主婦(妊娠中) 5月に子供が生まれるので月に1万くらい支出が増えそうなんですが どこか節約できるとこはないですかね。やはり貯金の6万から5万にすべきでしょうか? あと3年後くらいにマイホームを買いたいのですがどのくらいの価格なら可能ですかね? 現在貯金は350万くらいです。 支出 家賃 45000 駐車場 7000                食費 20000 光熱費(電気、ガス、水道) 15000 ネット 4000 携帯(2台) 10000 お小遣い 夫10000 妻10000 生命医療保険 11000 ガソリン3000 貯金 60000 積立(車検、保険) 5000 ボーナス全額貯金

  • 県民共済の制度について<自殺の場合>

    婚約者の父親が自殺しました。借金をかなり残してます。 残った家族で返済するつもりなのですが、生命保険金が下りるかどうか不安です。 (諸事情はカテゴリ違いですので、割愛いたします) 県民共済の生命保険に加入しておりました。年齢は50代前半です。 一般的な生保では、自殺の場合は病死と同様とみなされるのですよね?県民共済も同様でしょうか?

  • 生命保険の加入

    27歳の主婦です。4ヶ月前に出産し、子供の事も考え生命保険を検討中です。 主人は29歳で月々の収入も少なく、ボーナスもありません。私も今年中には復帰予定ですが、今後状況によって辞める可能性もあります。 夫婦それぞれ県民共済に加入しており、主人だけご両親が18歳から掛けているガンだけのアメリカンファミリーにそのまま入っています。 初めは定期付き終身保険を検討していましたが、更新の時期に定期部分を削りたい場合や転換したい時、かなり骨が折れる作業か必要なイメージがあるのです。 というのも子供が大きくなればそんなに保障はいらないので、お葬式代だけあればいいんじゃないのかな、、と思っています、、。 もし主人に何かあった場合、死亡保障はまだ子供も1人なので先15年位は1000万から1500万くらいで十分に思えます。加入している県民共済のコースでは死亡保障がその額にはならないのでもうひとつ医療の定期保険に入って死亡保障をプラスし見直ししていくのが良いのかな?と思っています。 そんな折某生命保険会社ではガンになったら生涯保険料はいただきませんなんていうのを見ると、やっぱり定期付き終身保険の方が良いのかな、、など迷ってしまいます。 主人の場合アメリカンファミリーもありますから定期付き終身保険に今からはいるなら解約した方が良さそうですし、解約せずそのままならそのような商品が良いのでしょうか、、。