締切済み

ポットの電源を抜き忘れました

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5372558
  • 閲覧数639
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 32% (31/95)

こんばんわ。
どうしても気になってしまったので質問させてください。

今日、職場で使っているポットの電源を抜き忘れてきました。
お湯の残量も定かではなく、明日・明後日と仕事は休みで職場には誰も居ません。


このままでも大丈夫でしょうか?
それとも抜きに行ったほうがいいのか…。



情けない話ですがよろしくお願いします。

回答 (全7件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 21% (1275/6017)

>国産大手メーカーの物であれば、空焚き防止機能などが付いていますので、かなり安心は出来ます。

うちのは象印でした (^_^;
通電状態でした

溶けるまではいってなかったですけどね
3年前の製品です
お礼コメント
ayana-hi

お礼率 32% (31/95)

こんな情けない質問にご回答いただきました皆様、本当にありがとうございます。

結局ずっと気になっていたので今日、事務所へ行ってきました。

ポットの中はほぼ空に近い状態で結構やばかったかなと思いました。

今後気をつけるように心がけます。

本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2009-10-17 23:11:26
感謝経済、優待交換9月20日スタート
  • 回答No.6

ベストアンサー率 35% (471/1334)

基本的には大丈夫でしょう。
まず、適温で保温する機能が正常で水が1/5以上入っていれば休み明けも熱々のお湯がふつうに残っているはずです。

もし、水がなくなってしまった場合は空炊き防止が働いて加熱を止めるようになっています。

さらにそれでも加熱が止まらずに異常な高温になると温度ヒューズが溶断して通電しなくなります。(温度ヒューズが溶断したら修理しないと再使用はできない。単にヒューズ交換では駄目で原因を突き止めないと火災につながる)


ポットが壊れていない限りは適温か空炊き防止になっているはずです。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 33% (5529/16688)

他カテゴリのカテゴリマスター
国産大手メーカーの物であれば、空焚き防止機能などが付いていますので、かなり安心は出来ます。

輸入品の安いものや、国内メーカーのブランドは付いてるけど、中国製品にマークだけつけて売っているようなものの場合、安全装置は付いているはずですので、火災にまでは繋がらないにしても、熱で変形している可能性もあります。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 19% (701/3520)

もしお湯(水)が蒸発しきって空焚きになったとしても、一定温度を超えると電源が切れる仕組みが組み込まれているのでまずだいじょうぶでしょう
でも絶対でもありません

私ならわざわざ抜きには行かないでしょう
絶対ではないものの、危険は極微小なので
  • 回答No.3

ベストアンサー率 21% (23/106)

最近の温度設定機能付きの製品であれば大丈夫でしょう
海外製の場合は心配ですが
心配しているより抜きにいった方が精神衛生上良いかと思います
ついでに遊びにでも行けば?
  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (1275/6017)

かしこいポットなら大丈夫です。

アホなポットだと危険です。
 以前使っていた某有名メーカーのポットですが、保温してて湯温が下がると湯を沸かしてくれます。

沸かしてくれるのはいいのですが、蒸気が出てその分湯が少なくなり
そしてまた保温、しばらくして湯の温度が下がると沸騰して蒸気が出て、湯が少なくなり

翌朝見たら、湯は無いわ、ポットは熱いままだわ、と。

抜きに行ったほーがいいですね。
  • 回答No.1

ポット自体は、空焚き防止・サーもがついていますから
大丈夫と思いますが、念のため抜いたほうがよいでしょう。
事務所のあるところに、警備の人はいませんか?
防災等のため、マスターキーを持っているはずですから
連絡がつければ、やってもらえると思います。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
壊れた!動かない!あなたはどう解決した?体験や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ