• 締切
  • 困ってます

日本政策金融公庫からの追加融資について

  • 質問No.5304789
  • 閲覧数3204
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 58% (10/17)

現在設立3年の株式会社代表をやっています。
法人立ち上げ前に当時の国民生活金融公庫より個人として300万円の融資を受け、返済はここ1、2年は毎回のように遅れております。
会社としては、都市銀行と信金から保証協会付きの融資を受けており、今まで一度も遅延はありません。(2000万円程度)
今回取引先企業の倒産に伴い、当社の資金繰りが一時的に非常に厳しい状況になってしまいました。
政策金融公庫で取引先企業倒産に伴う、融資制度があるのですが、私の様な状況でも追加融資(法人としては初回ですが)の見込みはあるものでしょうか?
同様の経験がある方も少ないとは思うのですが、知恵をいただけたらと思います。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/2)

very_linkさんは開業前に借りた融資が毎月のように遅れているとのことですが、日本政策金融公庫は返済の実績や状況についてはかなり厳しく見ていますので、法人での借り入れの際にも印象はそれなりに悪くなるものと思います。

しかしながら、保証協会付融資については過去の遅れがないとのことですので、今回の追加融資も保証協会付融資または制度融資で手当てされてはいかがでしょうか?

おそらくvery_linkさんが日本政策金融公庫を利用したいという理由は、保証協会付融資の残額が大きいことを気にしてのことだと推察されるのですが、もし、要件がみたせるのならセーフティネット融資を利用できる可能性があるかと思います。

仮に、取引先企業が国による指定業者リストに入っているのならばセーフティネット融資の「1号申請」を、そうでないにしてもvery_linkさんが指定業種に属する事業を行っており、最近3か月間の平均売上高等が前年同期比マイナス3%以上落ち込んでいるなら「5号申請」による申し込みができます。

また、この融資は原則、それまでの融資とは別枠で対応できるので、この点についても使いやすいのではないかと思います。

このセーフティネット制度については、以下のサイトを参考にしてください。
http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_gaiyou.htm
http://www.shikin.net/1.safty%20net.html

資金繰りが厳しいからといって、安易にノンバンクに手を出すと後々、非常に厳しいことになります。

最近では、在庫や売掛金を担保に融資するところも増えてきていますので、これらについても検討してみてはいかがでしょうか?

厳しい状況だとは思いますが、がんばってください。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ