• ベストアンサー
  • 困ってます

国の教育ローン・使い道

  • 質問No.5185253
  • 閲覧数1751
  • ありがとう数32
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
国の教育ローンの使い道について、
学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)
受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)
教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生 の国民年金保険料など
となっていたのですが、引越し費用など他の使い道では何がありますか?できるだけたくさん教えてください!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 76% (1060/1383)

日本政策金融公庫が国民生活金融公庫だった時代に、『国の教育ローン』を担当したことがあります。

『国の教育ローン』を申し込む際の、資金使途の証拠書類というか、資金使途として認められる費用のことですよね。
昔は、「入学資金」については、入学許可証や合格通知があれば、明細は不要…という時代もあったんですけれど、今は厳しくなっていますから大変ですね。

ご質問者さまが申し込まれるのは、「入学資金」でしょうか、「在学費用」でしょうか?
どちらにしても、「今後1年間に必要となる費用」しか借りられませんから、今度高校へ入学するのに、2年生の時にある修学旅行の費用を含める…というようなことはできませんし。
(2年目以降に必要になる費用は、2年目以降にしか申込できないことになっています。)

別の資金使途のものまでを『国の教育ローン』で借りてしまおう…と(目的外利用を)考えなければ、進学者が「思いつくもの」が全てだと思います。

例えあれこれ領収書をつけて申し込んでも、「あれは不可、これは不可」となって、融資額が申込額より減額になることもあります。

私も担当していた時に、いくつかの申請について、国民生活金融公庫(現・日本政策金融公庫)に確認をしましたが、実際に認められるような「資金使途」って、そんなになかったです。

高校ならば「制服購入代」はOKでしたよ。でも、大学や専門学校など、いくら裸で通学はできないからと言っても、洋服代は認められなかったですね(笑)

パソコン購入費が認められているから、パソコンならばなんでもOKかと思っていたら、学校で指定されたものを、学校を通して購入するのでなければ認められない…とか、結構不自由だった記憶があります。

自動車通学が認められているので、自動車通学用の車のガソリン代…も不可でした

音大に進学するのでピアノを…というのも認められなかったと記憶しています。

ご質問者さまが思いつかれるものを、「これは認められるでしょうか?」という形ならば、現担当者にでも確認できますけれど…。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ