• 締切済み
  • 困ってます

テスターの故障

kaiseのKF-1というテスターを使用していますが 先日、DCAの測定時にレンジを間違いヒューズを飛ばしてしまいました。 ヒューズとついでにバッテリーも交換し、DCV、ACV、DCA、BATの測定は問題なくできるようになりましたが、Ωの測定だけができません。 0ADJを設定するためにショートさせても針は∞から動きません。 ADJつまみをどちらに回しても反応がありません。 あとどこをチェックすれば良いんでしょうか? 詳しい方教えてください。

  • LTC
  • お礼率64% (16/25)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2466
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.6
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

補正抵抗が切れたようですね 部品数は知れているので天眼鏡で丹念に見れば発見できるかもしれません 針で突いたくらいの焼痕が見つかるかもしれません 0点調整用の可変抵抗が悪くなっているかもしれません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 虫眼鏡はもっていませんので、 新しいテスターを買いましたらみなさんに教えて頂いた所を チェックして原因個所を突き止めてみたいと思います。

  • 回答No.5

唯一、内蔵電池のエネルギーを外部に流して導通性を測る機能、電圧の途絶える部分を特定し修理して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 新しいテスターを買いましたら教えて頂いた所を チェックしてみたいと思います。 原因個所を突き止めてみたいと思います。

  • 回答No.4

今日今日から考えると、0ADJのボリュームが焼け切れたのでしょうね。 このボリュームの耐ワット性能など非常に小さい物ですから。 ボリュームの変化をテスターで確認されてみるしかないでしょう。 ただ、この手のボリュームは、手に入らないですので、自分での修理も難しいでしょう。 ボリュームは、既製品だけではなく、カスタム品と言うものが比較的安く比較的少量(千個単位)などから作れますので、カスタムを使っていることが多い物です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 新しいテスターを買いましたら教えて頂いた所を チェックしてみたいと思います。 原因個所を突き止めてみたいと思います。

  • 回答No.3
  • oobasan
  • ベストアンサー率28% (139/496)

テスターに限らず安全のためにプリント基板を細くしてヒューズの代わりに使っている場合があります。基盤を虫眼鏡などで眺めるとわかる場合があります。 あと、Ω:抵抗の測定には電池と直列に必ず抵抗がいくつか通るようになっています。もう一つテスターがあれば悪いところも探せるのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 新しいテスターを買いましたら教えて頂いた所を チェックしてみたいと思います。 原因個所を突き止めてみたいと思います。

  • 回答No.2

アナログテスターの場合、Ωレンジのみバッテリーを使用しています。 ですので、念のためバッテリーの極性確認と別の新品バッテリーへの交換を試してみると良いかと思います。 ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 交換したバッテリーは新品です。 念のため別のものと交換してテストをしています。 極性に関しては習慣で指差確認をしています。 ケアレスミスにつながる要因は何度も確認して排除しています。 究極の修理法としての「叩く」もやってみましたが 何ら反応が見られません。

  • 回答No.1
  • Cupper
  • ベストアンサー率32% (2123/6444)

基盤上の抵抗器などが焼けていると思います 切れたヒューズが真っ黒になっていたのであれば、 間違いなく基板上の素子にダメージが発生しています 修理を考えるよりも買い直したほうが良いかもしれません 電気回路に詳しい人なら回路図などなくとも基板上の配線と素子の規格を読むことで ある程度の修理が可能ですが、素人さんでは   【 ま ず 無 理 で す 】 修理代で 2,000円 くらい掛かるのであれば、新品を買い直したほうが早く済みます (定価で2,300円) また、修理に出しても結局は新品交換という形で返ってくると思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答、ありがとうございます。 ヒューズは黒くなっていたりショートしたような痕跡はありません。 回路等は目視した限りでは焦げたりしていません。 買い換えも候補に入っています。 どの回路もしくは素子が壊れるとこういう現象が起きるのか 知りたいので質問してます。 修理をしたいなどと一言も書いてないにもかかわらず 丁寧に   【まず無理です】  と回答していただき 感謝の言葉も見つかりません。

関連するQ&A

  • KIT-8D(テスター)の各レンジについて

    SANWAのテスター、KIT-8DのDCmA、DCV、ACV、Ω、Batteryにおける各レンジの最小目盛を全て教えて下さい。

  • テスタの目盛りの読み方

    電圧、電流の目盛りの読み方についてですが、 ACV12Vの目盛りと、V、Aの目盛りがあります。このACV12Vという目盛りは交流12V専用の目盛りなのでしょうか。 というのは、ACV12Vの目盛りと、V、Aの目盛りには若干のズレがあり、測定レンジで120Vレンジとした場合、ACV12Vの目盛りを10倍してよいのかどうかが気になっています。 もし、ACV12vがこのレンジ専用の目盛りだとした場合、120Vレンジの場合はどのようにして目盛りを読むのでしょうか。またDCV12Vレンジとした場合は60Vの目盛りを5分の1にするなどして測定することになるのでしょうか。

  • テスターの仕組みについて

    電圧、電流、抵抗を測定する際のテスター(デジタル)の仕組みを教えて下さい。また、測定レンジの間違いで起こる現象についてもご教授下さい。 仕組みで知りたい内容は、例えば電圧測定の際に測定端子にテスターをあててもショートしない理由などです。(当たり前かも知れませんが、導通レンジだとショートしますよね??) レンジの間違いで起こる現象については、下記のような場合だとどうなるのかが知りたいです。 ・DCレンジに合わせて、交流を測定した場合。 ・ACレンジに合わせて、直流を測定した場合。 ・コンセントに電流測定のレンジでテスターをあてた場合。 ・コンセントに導通レンジでテスターをあてた場合。  ※レンジの間違いで回路がショートした場合、ブレーカーは落ちるのでしょうか? 初歩的な質問ですが、テスターの仕組みや、間違った測定をした際に起こる現象を知っていれば、安心して測定が出来ると思ったので、質問しました。その他、測定時に気をつけなければいけない事もあれば教えて下さい。宜しくお願いします。 ○テスターについての分かりやすい書籍ってないのでしょうか??

  • 安物の電気テスターを購入してテストしてみました。

    安物の電気テスターを購入してテストしてみました。 DCV20にセットして乾電池をはかったら1.5Vと表示されたのですが、 ACV200でコンセントに差し込んでも0~0.1のメモリが表示されるだけです。 ちなみにコードは黒-com 赤-VΩmAのところに差し込んでいます。 コレはテスターが壊れているのでしょうか? それとも計り方、セット方法がまちがっているのでしょうか?

  • テスターで、計測するのですが、上手く行ません。

    先日R2011T様と、nonlinia様、に使い方を教えて頂き(誠に有難う御座いました。お陰で理論面は理解できたのですが)、下記やってみたのですが、上手く行きません。 下記テスターで、いろいろ計測するのですが、上手く行きません。どこが悪いか是非ご指導ください。御願い致します。 http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l100149334 (1) 100Vの家庭電源を計る。(ACVの200で。100を表示で100Vありと認識)している。これは誤りででしょうか??? (2) 乾電池(1.5X2本)をテスタで計ると、「DCVの200Mで、3.8Vから3.6Vを表示し、 これが、電圧Vと了解しているが、いいでしょうか?? その他のDCVで、2000M,20,200、1000の単位は、すべて、「0表示」です。 この単位の意味は、最大限と言う意味だと聞いたのですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか??是非御教えください。 「DVAは、200ע、200ע、20M,200M」は、すべて「0表示」です。 この単位の意味は、最大限と言う意味だと聞いたのですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか??是非御教えください。 (3) 車の電源は、「バッテリのカバーで覆われている金属のところが、プラス。」「バッテリのカバーで覆われていない金属のところが、マイナス。」との認識で、「テスター先の針を、赤線の針をプラス側、黒線の針をマイナス側に接続して、計測したが。(これで、OKでしょうか??反対につないでもまったく、0表示です)上記(2)のDCVもDCAも、すべて、「0表示」です。これらのはかり方が悪いのか???どうすれば、12Vとか5アンペアー等が表示されるのか??また、例えばシガーから電源を取って、それがプラスかマイナスの電流電圧があるのか??? 是非お教えください。 この件、何回も計ったところ、「DCVの200m単位で、最高一時的に、「0.7」を表示。通常で、「0.3」を表示した。これは、本来は、DCVの20の単位で、「12」表示されるべきものと思われますが、是非ご指導ください。 (4) ポリマー電池2セル(MAX8.4V)の充電器(IMAX B4)の電圧と電流について、 http://store.shopping.yahoo.co.jp/rc-yumekukan/no-imaxb4p-ac.html AA電流:この充電器から出ている「赤と黒の線(ACアダプターの入電の反対側)」の赤の線を充電器から外し、それに、テスターを通過させる(上記の赤の線とテスターの赤の針先を接触させ、テスターの黒の針先を充電器の赤の出口(メスの充電器の本体の赤色の穴)に差し込んだが、充電期間中にも関わらず。まったくテスターは動かなかった。これは、問題のように思うのですが、ご指導御願い致します。 BB。電圧は。その上から、赤の線にテスターの赤い針を接触させ。黒の線にテスターの黒の針を接触させ。 それで計測したが。DCVで、200Mで、(0.1から0.4)となる。 これは、間違いのように思うのですが、是非ご指導御願い致します。 (5) このテスターのオメガ(抵抗)???200から2000Kまであるのですが、どのような事をすれば、計測できるかお教えください。御願い致します。どうかくれぐれも宜しくお願い致します。

  • テスターでの導通検査

    テスターでの導通検査をする場合、抵抗レンジでするわけですが、通常、抵抗を測定する場合、レンジを変えるときは、0Ω調整をするわけですが、導通だけを見る場合も、レンジを変えたとき、0Ω調整をしなければならないのでしょうか。 回答頂けると幸いです。よろしくお願いします。

  • テスターの使い方

    電池の電圧測定について教えて下さい。満充電で5Vくらいのリチウムイオン電池なのですが、テスターを電圧測定(MAX20Vレンジ)に切り替えて両極に端子をあてたら電池が壊れたりショートしたりしますか? 電圧が低いと思って、上記のやり方で測ったら4.3Vしかありませんでした。仕方がないので再度充電して再測定したら0.9Vしあありませんでした。さらに充電したら電池が温まるようになったので、中でショートでもしてしまったのだと思います。でも、自分で単3のENELOOPや100均の充電池をたくさん使っていてさんざん電圧を測定していますが、その同じテスターで同じ方法で測定して今回のような経験はありません。 なんせ中学の技術家庭科で習った知識しかありませんので困惑しています。その時に電流測定だけは気をつけろと習った覚えがあります。しかし実際には電池の電圧測定以外したことがありませんので、テスターは生まれてこの方電圧測定(MAX20Vレンジ)しか使った事がありません。

  • テスターでのA測定について

    テスターでのA測定について 現在!小規模なソーラー発電の実験をしております! 扱っているのはDC12V 10A 程の容量です/ そこで、テスターでW数を出す為のアンペアの測定をしたいのですが A測定にはテスターを直に当てて電流がテスター内に流れ込むのはダメと言う事で 抵抗を掛けようと言う訳ですが/ 実際に何W 何Ω の抵抗を挟めば良いのか解りません テスターは大アンペアを考えてサンワのCD731aを購入しました。 測定レンジは400・4000μA と 40・400mA 間にFUSEDの表記がアリ あと、4・20Aのレンジがあります。 試しに12V 5W の電球を+のバッテリーターミナルとテスターの間に挟みましたが点灯しません 直列が原因なのか? 実際はテスター内に電流が流れ込んでいないのか?です。 ●取り敢えず適切だと思われる抵抗の種類とW数Ω数を教えて頂きたいです。  音声ボリュームの様な可変抵抗があれば便利なのでしょうかね?

  • テスターの仕組み

    テスターの仕組みや構造原理を教えていただけないでしょうか? 設備の電圧を測定しようとしたときに、誤って電源をONしたまま「抵抗」のレンジでテスターをあててしまい工場で大トラブルを起こしてしまいました。今後このようなことが無いように初心者向けマニュアルを作成したいと思っています。 ・電源ON状態で抵抗を測定するとなぜショートするのか? ・なぜテスターで抵抗や電圧を測定できるのか?(本で勉強中ですがが、ホイートストンブリッジ回路ついうのが使われているのでしょうか?) について教えていただけないでしょうか?

  • テスタで断線チェックを行うため 抵抗を測定 ヒュ…

    テスタで断線チェックを行うため 抵抗を測定 ヒューズが飛びました。 SANWAのアナログテスタを使って、抵抗測定で断線チェックを行うとしました。 最も大きなレンジにして +と-コードの端子を接触させた所 テスタ内部の管ヒューズが飛びました。(管ヒューズ:250V 0.6A) 使い方が悪いのでしょうか