• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国鉄民営化による鉄道公安の廃止は良かったと思いますか?

旧日本国有鉄道は自社に公安組織を持ち、 鉄道公安職員や専務車掌、駅長、助役は、 特別司法警察職員として警察権を行使できました。 そのため、旧国鉄は警察に頼らずとも、 自社で駅構内や列車内の犯罪を検挙できました。 しかし、国鉄分割民営化の際、 民間企業であるJRグループの社員に 司法警察権を与えるのは適切ではないとされ、 鉄道公安職員は警察に事実上ほぼ吸収され、 専務車掌や駅長、助役は司法警察権を失いました。 現在のJRグループ各社は、犯罪の疑いがある際には、 警察に対応を依頼することになります。 皆さんはこれについてどう思いますか? 鉄道公安制度は廃止されて良かったと思いますか? それとも鉄道公安制度の廃止を残念に思いますか? 【回答例】 私は鉄道公安制度は廃止されて良かったと思います。 痴漢冤罪や痴漢でっち上げが問題になっている現在、 駅長や車掌が警察権を持っていた場合、 冤罪の被害が深刻化する可能性がさらに高まります。 現在では女性の不正な主張を基に駅員が警察を呼んでも、 警察が到着するまでは時間があるため、 警察官も簡単には男性側を逮捕できず、 任意同行となる可能性が高いと思われます。 (任意同行に応じる義務はない。) しかし、旧国鉄の鉄道公安制度のもとでは、 国鉄当局が司法警察権を保有しているため、 即座に逮捕が成立してしまう可能性が高いと思われます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数589
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

そうでしたか、鉄道公安官がいなくなったことは知りませんでした。 ですが、車内犯罪は相変わらずありますね。 サンダーバードの事件は卑劣でした。 移動距離が長い場合の車内犯罪だと、犯人が途中駅で逃げてしまってそのままになってしまうケースが出てこないでしょうか? そういう抑止から考えて、(司法警察職員まででないにしても)一定の特別権限を与えてもいいような気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >そういう抑止から考えて、(司法警察職員まででないにしても)一定の特別権限を与えてもいいような気がします。 JRに与えるならば、私鉄にも与えなければいけないでしょうね。 今では同じ民間企業ですからね。

関連するQ&A

  • 旧国鉄時代の痴漢取り締まりは警察の担当ではなかった?

    本日から5日間、首都圏のJR9路線にて、 警察による痴漢の集中的取り締まりが行われるようです。 さて、現在のJRになる前の旧国鉄時代においては、 誰が痴漢の取り締まりを行っていたのでしょうか? 鉄道公安職員や駅長、助役、専務車掌などの、 司法警察権を持つ国鉄職員が取り締まっていたのでしょうか? それとも、現在と同様に警察が行っていたのでしょうか?

  • 旧国鉄は事件発生時も110番しなかったのは本当!?

    旧国鉄は事件発生時も110番しなかったというのは本当てすか? 今のJRは些細な事件でもすぐに110番通報しますが、 旧国鉄時代は初動対応では警察は呼ばずに、 司法警察権を持った鉄道公安職員や 車掌・駅長・助役が 捕まった犯人の取り調べを行ってから、 警察に引致していたのでしょうか?

  • 国鉄民営化と駅員への暴行件数の関係について

    旧国鉄が民営化してから、 法的に摘発されない駅係員への暴行は 民営化前よりも増えたのでしょうか? もしも増えたとすれば、 鉄道公安制度の廃止はその一因となっているのでしょうか? 旧国鉄は一部の職員が司法警察権を有し、 鉄道施設内や列車内における犯罪を 自社で取り締っていました。 しかし、民営化後のJR各社は、 自社で犯罪を取り締まることができず、 社外組織である警察の出動を要請しなければなりません。 手続きの煩雑化により、 駅係員への暴行が摘発されにくくなったという 客観的データはあるのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • Ja97KG
  • ベストアンサー率26% (222/840)

痴漢冤罪の時は大抵警察呼ばれた時は 私人逮捕の形がとられていますよ 旧国鉄の鉄道公安官は基本的に現行犯逮捕しか扱いませんでした 新幹線等では警備要員としてガードマンの同乗をさせるケースがあるようですがガードマンには司法警察権ありませんから 実質何も出来ません 車掌には司法警察権残ってませんでしたっけ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

現在のJRの車掌に司法警察権はありません。 旧国鉄の専務車掌は司法警察権を有していました。 日本では、民間人が司法警察権を持つのは 適切ではないと考えられているようです。 (外国では民間人が警察権を持つ場合もあります。) 現在の日本で司法警察権を行使できる民間人は、 民間大型船に乗務する船長や一部船員のみです。 これは例外中の例外ですね。

  • 回答No.2

>国鉄民営化による鉄道公安の廃止は良かったと思いますか? でも鉄道警察隊はあるよ。 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/sikumi/kunrei/chiiki_pdf/chisou/015.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

投稿ありがとうございました。

質問者からの補足

鉄道警察隊は、JRとは別の組織です。 旧鉄道公安は国鉄の自社組織でした。 また、鉄道公安職員とは別に、旧国鉄では、 駅員や車掌が司法警察権を持っていたことが、 今のJRとの大きな違いです。

関連するQ&A

  • 国鉄民営化後のJR駅長は逮捕や取り調べができない?!

    旧国鉄の駅長は特別司法警察警察職員に指定されており、 国鉄構内においてスリ犯などを逮捕したり、 逮捕した被疑者を取り調べることができました。 しかし、1987年の国鉄分割民営化によって、 旧国鉄からJRグループ各社へ事業が継承された際、 駅長は司法警察権を失ったと聞きました。 【1】 現在のJR駅長は、一般市民と全く同じ私人なのでしょうか? 【2】 現在のJR駅長は、現行犯を捕らえても私人逮捕に過ぎず、 警察や検察への引き渡しを伴わなければ、 逮捕が成立しないのでしょうか? 【3】 現在のJR駅長は、かつての国鉄駅長とは異なり、 現行犯で捕まえた被疑者を駅長室で取り調べたりすると、 逮捕監禁罪に問われてしまうのでしょうか? 刑事訴訟法に詳しい方からの解説をお待ちしております。

  • 旧国鉄を利用したことのある方へ:国鉄時代の思い出を教えて!

    私は1980年代の初頭に生まれながら、 たったの一度も旧国鉄を利用することのないまま、 1987年4月の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 元は「日本国有鉄道」という一つの巨大企業だったものの、 分割民営化した現在では、同じJRでも各地域会社ごとに、 ホーム等の雰囲気や風景に差が出てきています。 例えば、駅名表示板に使われている色も各社で異なるし、 旅客6社のうちでJR東日本の駅ホーム売店だけ、 「キヨスク」を「キオスク」に名称変更しています。 そして、戦後の旧国鉄は公社(公共企業体)であり、 国の官庁組織を離れた法人組織であったにも関わらず、 司法警察権を持つ職員がいました。 (駅長、助役、専務車掌、鉄道公安職員など。) 民間会社となった現在では、自社独自の警察機能はなくなり、 私鉄の場合と同様に各都道府県警が警察活動をしています。 このように、旧国鉄は現在のJRと異なる点がありました。 不本意ながら実際には旧国鉄を利用したことのない私のために、 現在のJRでは見られない風景について色々と教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 【国鉄最後の一年】思い出を教えてください。

    当方、1980年代初頭に生まれながら、 一度も旧国鉄を利用しないまま、 1987年4月の国鉄分割民営化を迎えました。 分割民営化直前の巨大公社はが運営する鉄道は、 どんな様子だったのでしょうか? 思い出を教えてください。 YouTubeでこんな映像を見つけました。 http://www.youtube.com/watch?v=Pap4z4WcmDk      *** 鉄道公安室(旧国鉄の公社内警察組織)や、 鉄道公安職員(司法警察権のあった旧国鉄職員) に関する情報は特に歓迎です。 (民営化で廃止) ※民営化後に、鉄道公安室の代わりに創設された 現在の鉄道警察隊は、都道府県警察の一組織。 旧国鉄時代は、余程の大きな事件でもなければ、 一般の警察官が来ることはなく、 社内の鉄道公安室・鉄道公安職員が動いていたが、 現在では、110番しても鉄警隊が来る事などあまりなく、 所轄の警察署から警察官が来ることがほとんど。 (例・東京駅だと警視庁丸の内警察署)

  • 【民営化25年】国鉄時代の思い出を教えてください!

    当方は、1980年代初頭に生まれながら、 一度も旧日本国有鉄道を利用することなく、 五歳だった1987年4月1日に、 国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 とても悔やまれます。 今年2012年4月1日、JRは発足25周年(四半世紀)を迎えます。 そこで旧国鉄(公社)時代の思い出を聞かせてください。 (1949年6月1日~1987年3月31日) 【1】 現在の駅の雰囲気との違いを教えてください。 (特に、東京駅、新宿駅、札幌駅、名古屋駅、新大阪駅。) 【2】 特に、鉄道公安室関連の思い出は歓迎です。 公共企業体職員(ほぼ国家公務員と同等)という身分であった 旧日本国有鉄道の職員の一部は、 司法警察権を持っていました。 (鉄道公安職員、駅長、助役、専務車掌など。) 現在のようにイチイチ警察を呼ばなくても、 自分達で国鉄敷地内の犯罪を検挙できました。 ※柔道の達人であった当方の旧友のオジサンは、 駅で因縁を付けてきた暴力団連中をフルボッコにして、 傷害容疑で鉄道公安室にパクられた。w (その後、警視庁へ引致された・・・。) 【3】 国鉄時代のキヨスクの思い出も歓迎です。 (当時は国鉄外郭団体の鉄道弘済会が直営。) どんなお店でしたか? ※分割民営化した現在では、キヨスクもJRと同様に分社化し、 同じ東京駅でも、 東海道新幹線(JR東海)の店は「キヨスク」、 他の新幹線と在来線(JR東日本)の店は「キオスク」と、 名前がバラバラになっている。 JR東日本傘下のKIOSKは、 2007年に原語読みに近い「キオスク」に変更したが、 JR東海傘下の東海キヨスクは、「キヨスク」のまま。 東海キヨスクは、自社のマスコットキャラ、 「キヨ子ちゃん」「キヨ美ちゃん」がいるので、 今さら「キオスク」には変更出来ないだろうな・・・。 (≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)

  • 公社民営化-民間人が司法権を持てない理由は?

    平成19年10月の郵政民営化に伴い、 郵政監察制度が廃止となりました。 民間人が司法権限を行使できないのは、 一体なぜなのでしょうか?   ***** <1> 特別司法警察職員について 警察や検察以外に司法権限を持つ者として、 各専門分野において司法警察権を行使できる 『特別司法警察職員』が存在するが、 それらは、船長などの船舶乗務員を除き、 全て公務員やそれに順ずる身分の者である。 <2> 公社の民営化に当たって 国の組織から独立した機関である公社も、 社内に特別司法警察職員を抱えていたが、 民営化によって司法警察権を失っている。 A,国鉄民営化 鉄道公安組織が廃止された。 当該組織は事実上、機能的にも人員的にも、 ほぼ警察組織へ吸収される形となった。 B,郵政民営化 郵政監察制度が廃止された。 郵政犯罪の取り締まりが警察の業務となり、 旧郵政監察官は司法警察権を失った。 【質問事項】 民間会社となったJR各社やJPグループ各社に、 司法警察権を与えるのが適当でないとされるのは、 どのような理由によるものなのでしょうか? 学問的な観点から説明をお願い申し上げます。 詳しいご解説をお待ちしております。

  • 鉄道公安職員、国鉄バス車内での事件も捜査できた??

    今のJRが国鉄だった時代に鉄道公安職員という 警察官に準ずる権利を持った職員がいたようです。 国鉄敷地内で発生した事件などについて捜査の上で 裁判所に対しての令状請求も可能だったようですが、 国鉄の分割民営化に伴い民間会社が司法権限をもつのは、 適切ではないという理由で廃止されたと聞いております。 さてこの鉄道公安職員ですが、 当時の国鉄バスの中で起こった事件に関しても 司法権限をもっていたででしょうか? 詳しい方教えてください。

  • 刑訴法における「引き渡し」と「引致」の違いについて

    刑事訴訟法法における「引き渡し」と「引致」の違いは何ですか? 旧日本国有鉄道の鉄道公安職員や駅長・助役・車掌による現行犯逮捕は、 常人逮捕・私人による現行犯人逮捕とは何が違ったのでしょうか?

  • 郵政監査制度、鉄道公安職員の廃止についてどう思いますか

    現役郵政関係職の方、郵便ファンの方へ質問です。 (鉄道ファンや、その他の意見もどうぞ。) 20年前の国鉄民営化で、鉄道公安職員が廃止されましたが、 今回の民営化で郵政監察室も司法警察権がなくなりました。 公社が独自に行っていた、取締りが警察の業務に吸収されました。 民間人が司法権限を持つのは適当ではない、という考えのようです。 【1】 これについて皆さんはどう思いますか? 専門知識は求めません。現行法上における可否も考えなくて結構です。 賛成か反対か、意見をお願いします。 存在しても、実際には悪質なものしか検挙しないのかも知れませんが、 特権を持っていた方が、それだけで内部監視能力が強く、 廃止しないほうが、効率良く事件を予防できると、私は思います。 別に、身分が民間人だからって、どうってことないような気がします。 廃止により、監視能力が薄れるデメリットの方が大きいと思います。 確か、船長さんは唯一民間人でも、船内で警察権があったと思いますが、 私は飛行機のパイロットにも警察権を持たせて欲しいと思ってます。 一時期、パイロットに拳銃を持たせるという議論もあったようですが、 我が日本国の国益を守る上では、私は必要だと考えています。 【2】 民間人が、専門分野で犯罪取締り権限を持つことについて、どう思いますか? 現行法上でも、可否は考えなくて結構です。 賛成、反対だけでもどうぞ。 ※建前上は、現行犯であれば民間人でも逮捕できますが、 正当防衛と同様、民間人にとっては事実上“カラ規定”に近いのか、 民間警備員や警備会社は、犯人に怪我をさせるのが怖くて、 犯人逮捕をためらうという、世界的に稀な珍現象が戦後日本では起きているとか。 (西洋人あたりに笑われているかも知れませんね・・。)

  • なぜNHKは私人逮捕を「逮捕」と表現しないのか?

    なぜNHKは私人(常人)逮捕を「逮捕」と表現しないのでしょうか? 私人による現行犯逮捕は「取り押さえ」と表現されています。 警備員が取り押さえ→警察が逮捕、というように。 郵政民営化前は郵政監察官がいましたが、 郵政監察官が逮捕状を請求した事例では、 「日本郵政公社は、◯◯の疑いで△△を逮捕した。」 と報道していました。 旧国鉄の一部駅長・助役・車掌等は司法警察権を持っていましたが、 旧国鉄時代は、駅長・助役・車掌等に【現行犯逮捕】された場合、 「日本国有鉄道が逮捕した」と報道していたのでしょうか?

  • 国鉄民営化で現行犯に遠慮がちになったか確認したい

    以前にこのような質問をしました。 http://okwave.jp/qa/q5288149.html 国鉄時代の駅長は司法警察権が与えられていました。 しかし民営化後にJRの駅長は民間人で権限がないため、 逮捕監禁罪に問われるのを恐れ、現行犯を見つけても、 関わらずにすぐ警察を呼ぶようになった という指摘がありました。 そのような「官尊民卑」な事実が本当にあるかどうか、 確かめてみたいのですが、方法が思い浮かびません。 やはり元国鉄職員を探して話を聞くしかないでしょうか? ジャーナリストではない個人が、 JR(会社)に取材を申し込んでも、 応じてくれるでしょうか? かえってスパイ扱いされ警戒されやしないか不安です。 当方は日本の法律の不透明な部分について、 (権力者に都合のいい事後解釈ができるように  あえて不透明にしているようにも見える。) 各種質問サイトでも質問しており、 中にはYahoo!ニュースで何度か紹介されたものもあります。 (一番上の記事) http://okwave.jp/qa/q3328265.html http://okwave.jp/qa/q3835423.html http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1468850034 http://www.hou-nattoku.com/qa/qa0000004850.html これらの記事は上位で検索に引っかかります。 鉄道会社に面倒臭がられるならとにかく、 上記リンクのような質問をいっぱい書いている私が、 実名を出してジャーナリストまがいのことをしたら、 (別に違法なことはしていないが、内容が官僚批判的なので、) 国家機関(公安など)にまで 「注意人物」としてマークされやしないか、 やや心配です。 大丈夫でしょうか?

専門家に質問してみよう