• 締切済み
  • 暇なときにでも

国土法の許可、届出

宅建の試験勉強をしています。 信託契約は許可、届出が必要な場合と不要な場合がありますが、その区別がわかりません。 また、信託契約そのものもわかりません。 信託契約というのは、担保をとってお金を貸す事で、土地の所有権を信託銀行に移転させてお金をかしたときは、許可または届出は不要。 信託銀行自信の土地を売ったときは許可または届出が必要ということでしょうか? 「許可または届出を要する一定の取引は権利性、対価性、契約性、すべての要件をみたししたものであること」ということは理解できます。

noname#48
noname#48

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数609
  • ありがとう数12

みんなの回答

  • 回答No.1
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 土地信託とは、土地所有者が信託銀行に土地を信託し、信託銀行が信託契約の定めに従って所要資金の調達、建物の建設、建物の賃貸および保守、テナントの募集・管理などを行い、その成果を信託配当として土地所有者(委託者兼受益者)に交付するものです。  土地信託には大きく分けて賃貸型土地信託と処分型土地信託があります。 賃貸型土地信託とは、信託財産である土地の上に建物を建設し、長期間にわたり不動産の賃貸事業を行う信託をいいます。  信託終了時には現状のまま信託財産が受益者に交付されます. 処分型土地信託とは、信託財産である土地の上に分譲マンションの建設等を行ったうえで、土地・建物等を売却するものです.  国土法による許可・届出は土地に関する権利(所有権・地上権・賃借権)の移転・設定、対価があること、契約であることに限られますので、賃貸型の場合は「信託」は土地に関する権利の設定に該当しない(法文の三権利に限定)ので、あたりませんが、処分型の場合は、売却が伴ないますので、必要です.  参考 http://www.wakayamanet.or.jp/iwanaru/taken/htmtxt/hotxt1.htm

参考URL:
http://www.shintaku-kyokai.or.jp/9-9m.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました。 そんな世界があったのですね。 全然知りませんでした。 有り難うございました。

関連するQ&A

  • 銀行と信託銀行の違い

    銀行と信託銀行の違い 銀行と信託銀行の違いについて、小さな質問が3つあります。(わかる質問にだけ答えて頂いても構いません) 1) 銀行(普通銀行)は銀行業務を、信託銀行は「銀行業務+信託業務」を行えると複数のサイトで習いました。しかし、「信託銀行は銀行業務も出来る」のでしたら、たとえば「三菱東京UFJ銀行」を「三菱東京信託銀行」に吸収して、一つの金融機関にした方が経営の合理化というか、効率が良くないですか?殆どのメガバンクグループは普通銀行と信託銀行を分けていますが、なぜでしょうか? と言いますのも、ここ10数年の間に次々と銀行が統合し、メガバンクが誕生したのは、銀行が不良債権などを何とか処理する為に『経営の合理化』を図った結果の一つだと聞いています。しかし、それなら「普通銀行と信託銀行を統合したら、より一層『経営の合理化』が図れるのではないか?」と考えてしまいます。 2) 信託銀行は普通銀行と違い貸付信託が出来ると、複数のソースで読みました。ただ、貸付信託とは「受託者たる信託銀行が多数の委託者から金銭を集め,主として貸付や手形割引の方法で企業に長期資金として供給し,利益を委託者に分配する制度」(goo国語辞典)です。委託者(預金者)から集めたお金を企業に長期的に貸付や手形割引の方法で供給し、利益を委託者に(利息と言う形で)分配するのは普通銀行もやってませんか?というか、それは普通銀行の主業務のような・・・ 3) q532030の回答内で「信託とは、お金などの財産を託して運用・管理を任せるということです。所有権は信託銀行に移りますので、そこが預金などとことなります。」「通常の銀行と異なり信託銀行は富裕層を対象にしてます。」とあります。しかし、最近の信託銀行は”富裕層らしい額”を預け入れなくとも口座維持手数料などが掛からない場合が多く、また「所有権は信託銀行に移る」といっても、信託銀行での預金は元本保証な上、ビッグも貸付信託もペイオフ対象だったりで、預金者に取っては普通銀行との違いが無い気がします。法規上・書類上は所有権が信託銀行に移るとしても、普通の預金者にとっては実質普通銀行と違いがないので、これは事実上の形式論だと考えてもよろしいでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 市有地を購入する場合の所有権移転登記と抵当権設定登記について

    市有地を購入する場合の所有権移転登記と抵当権設定登記について 詳しい方教えてください。 今度市有地を購入することになり、市との契約も済ませました。 土地の購入代金に充てるため、購入する土地を担保として銀行から融資を受ける予定です。 土地の所有権は、契約上市が入金を確認した時点で移転します。 所有権移転後、所有権移転登記を市が行うのですが 銀行から「抵当権設定登記も所有権移転登記と一緒にできないか」と聞かれました。 抵当権設定登記と所有権移転登記を同時に申請することはできるのでしょうか。 また一方の当事者が市の場合も可能でしょうか。

  • 信託銀行でのお仕事

    「信託銀行と銀行の違い」については過去に多くの質問が挙がっているのですが、実際に信託銀行の社員の方がどのようなお仕事をされているかについてはあまり記述がありません。 そこで信託銀行の業務を具体的に教えて欲しいのです。 特に不動産・株式業務・遺言の処理関連を中心にお願いしたいです。 また、私は大学時代、宅建を取得し、 司法書士受験生の経験を経て会社法や不動産登記についても勉強しており、この知識を仕事で役立てないかと考えているのですが、 信託銀行ではこのような知識は必要とされるのでしょうか? 何とも漠然とした質問となってしまい申し訳ありません。 将来のことなので、真剣に悩んでおります。 どうぞよろしくお願いします。

  • 農地法許可がないと物権変動しないの判例。

    農地売買契約した後12年目で買主が亡くなった、農地法第5条条件付所有権移転仮登記権はそのまま、5条許可届出も出さなかった(いわゆる無許可)、仮登記債権はすでに時効消滅した。 買主の長男は契約代金を納付したの理由で所有権があると主張、許可がないと所有権の主張は認められないの判例はありますか?

  • 銀行と信託銀行のちがい

    失礼致します。 就職活動中の大学3年生の者です。現在金融業界に興味を持ち、銀行、証券会社等の会社説明会に参加させて頂いたのですが、残念ながら信託銀行の説明会がいつも予約が取れずに参加させて頂く事が出来ませんでした。 その為HPを見る等を勉強したのですが、銀行の法人営業と信託銀行の法人営業のちがい、更に大きく言うならそもそも銀行と信託銀行の違いを明確にできずにいます。私の勉強不足が一番の原因なのですが、この2つを明確に区別して理解できない事には自分にとってどっちがより合うのかの判断が出来ません。 そこで (1)銀行と信託銀行の法人営業の違い (2)そもそもの銀行と信託銀行の違い この2つについてお教え願いたいと思います。 御鞭撻の程宜しくお願い致します。

  • 信託銀行で土地売却

    信託銀行を通じて土地を売却したいと考えております。 中央三井、みずほ、三菱UFJ、住友の4行以外に個人の不動産売買の仲介や売却を請け負う信託銀行はございますか。

  • 住宅ローンは信託銀行と普通銀行のどちらが良いか?

    土地があるので家かアパートを建てようと思うのですが。人に信託銀行を使った方が良いと言われましたが、ローンの金利をざっと見ると普通の銀行の方が安い気がしました。実際のところ信託と普通のどちらを利用した方が良いのでしょうか?

  • 死因贈与契約(公正証書)を撤回したい

    以下の内容で死因贈与契約の公正証書が作成されています。  ・Aの死亡と同時にAの土地の所有権がBに移転すると定め、無償でBに贈与すると約した。  ・AはBが始期付所有権移転の仮登記ををする旨の合意をした。  ・契約の履行執行者としてC(司法書士)を指定した。  ・負担条項は記載されていない。 上記公正証書作成以降に遺言書が作成され信託銀行に預託されています。 遺言にBに関する記述はなく、相続者としてD、Eを指名しています。 AとBは血縁関係がなく、Bは法定相続人に該当しません。   (注) Aの夫は2年前に死亡 Bは死亡した夫の連れ子 養子縁組はない。        A(84歳)は死因贈与契約を撤回し、売却し、有料老人ホーム入居の資金としたい。 死因贈与契約の公正証書を無効とするには? 始期付所有権移転の仮登記を抹消するには? どうするのが最善でしょうか?

  • 相続について

    40代男性です。 今年6月父親が他界しました。 詳細は省略します。 相続整理を任せるのは、弁護士がいいか、信託銀行がいいか……。 弁護士は、顧問契約を結んでいるので、そちらに頼んだが 母親の付き合いのある信託銀行に頼めば、安くなると その銀行マンは言うのです。 これは私見ですが、銀行マンは、安く手続きをして…… 高い金融商品を買わせることができる。 弁護士は、高額な(615600円)着手金を支払うが 顧問契約を継続する。 どちらに頼めばよいか? 弁護士も信託銀行も、それぞれの立場でものを言います。 皆さんはどう考えますか? お知らせください。

  • 農地転用の届出と登記について

    市街化区域で農地を買い、住宅を建てる場合の質問です。 農地転用(農地法5条)の届出書に住宅建築のためと記入しました。 さて所有権移転登記についてですが、農地転用の届出(農地法5条)の受理証がないと登記ができないと聞きました。そして地目が農地のままで司法書士は所有権の移転登記をし、家が建つときに土地家屋調査士が地目の変更(農地→宅地)を行なうとも聞きました。 もし以上が事実とすれば届出は単に所有者が変わる旨(農地法第3条第1項)だけを届け出て司法書士が登記をし、所有者が変わって住宅を建てる時におもむろに農地転用の届出(農地法4条)をして土地家屋調査士が登記をしてもよいと思います。 もちろん2度手間であるのは承知です。 ちょっと回りくどくなりましたが、要するに農地法5条の届出は2度手間を避けるためだけに存在すると理解していいのでしょうか? よろしくお願いします。