• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

◇電磁波と音波の波長と周波数について

 最近、レーザー光と電動歯ブラシを使う機会があり、疑問に思ったので質問します。  レーザー光を発射する機械であれば、例えば775nmの波長のエネルギーを出力するエネルギーの振動数は、それが電磁波のエネルギーであるとすれば1秒間に30万km進むから 30万km÷775nm≒387GHzとなります。しかし、音波のエネルギーとして考えると340メートル÷775nm≒439MHzとなります。おそらく前者だと思いますが。  又、1分間に2万回振動する電動歯ブラシは、1秒間に約333回振動するので333Hzです。  そのとき、そのエネルギーを音波として考えると340m÷3333≒1で、波長は約1メートルの長さになると思いますが、振動させるエネルギーを電磁波として考えれば、光を始めとする電磁波は1秒間に約30万km進むと思いますので、30万km÷333≒900km の波長となると思います。  どちらなんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1300
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 >>>どちらなんでしょうか? 電磁波のエネルギー、波長は、電磁波として考える。 音波のエネルギー、波長は、音波として考える。 ということになります。 電磁波(レーザー光など)を音波のエネルギーとして考えるためには、 電磁波を音波に変換して考えなければいけません。 たとえば、電磁波を集光して、電源なしのゲルマニウムラジオのアンテナに当てる、などです。 変換してから、初めて、 音速 ÷ 音波の波長 = 音の振動数 という考え方になるのです。 逆に、音のエネルギーを電磁波のエネルギーとして考えるためには、 音を電磁波に変換して考えなければいけません。 たとえば、音を反射などで集めて、それをマイクロフォンに入れて、 増幅しないで電気信号として取り出し、 それをさらに電磁波に変換する、などです。 なお、上記の「変換」は、現実には効率100%にはできないと思いますので、 イメージとしてとらえてください。 以上、ご参考になりましたら幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 「科学」のカテゴリのほうの投稿は異なるカテゴリへの重複投稿であるという理由により運営者側によって締め切られらため、そちらについてはポイント付与ができません.  回答ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

自分でラジオ波メス、電気メスと書いているのに、なぜ音波だと思うのか不思議です。 ネットで調べると、電気メス(ラジオ波メス)は刃先で発生するアーク放電によるジュール熱で対象物を焼ききるようです。 つまり電流を流すと発熱する「ジュールの法則」です。 ※超音波メスというのが有るようですが、これは超音波で刃先を高速振動させると思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E3%83%A1%E3%82%B9 http://www.dental-plaza.com/gakujitu/magazine/contents/dm108/108_010-015.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 えーと、なんかいろいろ考えたけど、結局音波と言われるエネルギーと電磁波といわれるエネルギーは根本的に違うものなんですね。  例えば、発電機のように回転、往復運動を、コイルなどによって発生させるエネルギーを電磁波(精神エネルギー)と言い、逆にモーターのように電磁波と言われるエネルギーを磁石やコイルなどによって発生させるエネルギーを音波(物理エネルギー)と言うんですね。  そう考えれば、太陽光は、回転往復運動によって生じるはずで、それはつまり惑星の回転運動や、人間を始めとする動植物の物理的活動そのものから生じるのでしょう。逆に、惑星の自転、公転や動植物の活動エネルギーは、太陽光や、人間を始めとする意識体の想念や、意識活動から生じるのでしょう。  ああ、跳び過ぎましたか。

質問者からの補足

 言葉の解釈は置いとくとして、熱の発生する振動数は何Hzから何Hzまでなんでしょうか。  光の発生する振動数は、波長に変換すると約400nmから約800nmですよね.  この質問自体があってますか?  つまり、振動数によって音波にも、電磁波にもなるが、その境界はどこにあるのでしょうか。

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

常識的に考えれば「レーザー光を発射する機械」から出るエネルギーは光 (つまり電磁波) のエネルギーと解釈するものだと思うんだが.... それをなんで「音波のエネルギーとして」考えるんだろう. むしろそこに興味があるなぁ.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 話は反れますが、例えば太陽光が反射してある物質が赤く見えるとき、それは赤い波長の光を反射しているからだと認識しています。  では、青く見える、つまり青い光を反射している物質とは、何が違うのでしょうか。  それは「色素」の違いだ、と言う人もいますが、ピンときません。  結局、表面の凹凸、あるいは表面の凹凸に見られるような物質の固有振動数?共振周波数?波動?とも言うべき様なものが、色の違いの要因なのではないかと思うのですが、どう思いますか?もしこれを見たら回答願います

質問者からの補足

 高周波メス(ラジオ波メス)は4MHz、電気メスは500kHzであり、一方ではレーザー(メス?)は775nmで、炭酸ガス(CO2)レーザーは10600nmの波長であるとネットに書いてあったのですが、前者は音波のエネルギーであり、後者は電磁波のエネルギーを用いている、という解釈でよいのでしょうか。  音波のエネルギーと電磁波のエネルギーの両者が実際に物理的に物質を焼き切る道具として使用されているという事で、根本的には何がちがうんでしょうかねぇ.

  • 回答No.2

音は空気の振動、電波は電界と磁界の変化で根本的に違います。 20KHzの信号をスピーカから出せば音であり、アンテナから輻射すればVLFの電波になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 実際に振動している電動歯ブラシの方は音波のエネルギーを使用していると考え、光として出力されているレーザーのほうは電磁波として考えればよいわけですね。  ところで、高周波メス(ラジオ波メス)は4MHz、電気メスは500kHzであり、一方ではレーザー(メス?)は775nmで、炭酸ガス(CO2)レーザーは10600nmの波長であるとネットに書いてあったのですが、前者は音波のエネルギーであり、後者は電磁波のエネルギーを用いている、という解釈でよいのでしょうか。

質問者からの補足

 「この回答へのお礼」の補足訂正です。  レーザーメスは775nm というのは、正確にはアレキサンドライトレーザーの波長のことです。

関連するQ&A

  • ◇音波と電磁波の周波数と波長について

     最近、レーザー光と電動歯ブラシを使う機会があり、疑問に思ったので質問します。  レーザー光を発射する機械であれば、例えば775nmの波長のエネルギーを出力するエネルギーの振動数は、それが電磁波のエネルギーであるとすれば1秒間に30万km進むから 30万km÷775nm≒387GHzとなります。しかし、音波のエネルギーとして考えると340メートル÷775nm≒439MHzとなります。おそらく前者だと思いますが。  又、1分間に2万回振動する電動歯ブラシは、1秒間に約333回振動するので333Hzです。  そのとき、そのエネルギーを音波として考えると340m÷333≒1で、波長は約1メートルの長さになると思いますが、振動させるエネルギーを電磁波として考えれば、光を始めとする電磁波は1秒間に約30万km進むと思いますので、30万km÷333≒900km の波長となると思います。  どちらなんでしょうか?

  • 誘電体に電磁波を通した時の波長の変化について

    誘電体に電磁波を通した時の波長の変化について教えてください。 誘電率短波長効果とうものがあるらしく、誘電体を電磁波が通過すると電磁波の波長は短くなるそうなのですが、どうしてそうなるのかを解説していただけないでしょうか? 誘電体に電磁波を通すと電磁波のエネルギーが吸収された分振動数は小さくなり波長は長くなると思っていたのですが… 波長が長くなるのか短くなるのか、どうしてそういえるのか専門家や詳しい方教えていただけないでしょうか。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 音波が水中に入ると波長や、振動数は変わる??

    波の公式 [ v= fλ ] がなりたつと聞いたのですが 水中に音波が入るとvが1400m/sに変わりますよね? その時に振動数f、波長λは変化するのでしょうか?? 実際に色等は変わってないような気がするのですが、、、 もしよろしければ回答お願いします(__)☆

  • 光(電磁波)のエネルギーはE=hc/λ=hν

    光(電磁波)のエネルギーはE=hc/λ=hν という飛び飛びの値をとりますが、振動数が1hz/s の電磁波(波長はc)ならE=hですよね。 そんな光(電磁波)が検出可能か?は別として... この場合「振幅」がどんなに大きくてもE=hですか? 電磁波なので発信源から距離に逆二乗則の電界 強度が(振幅依存のエネルギー?)あると思うので すが...どう考えればよいのか?

  • 波長と振動数

    化学の問題です。 計算してみてもどうも答えが合いません。。。問題は 波数=2,00×10^6cm^-1の光子の波長と振動数を求めよ。です。 λ=1/波数 を使うかと思ったんですがどうもできません。。。 答えは5.00nm、6.00×10^16s^-1です。 5.00という数字はどうやったら出てくるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 波長と輝度から光エネルギーを算出可能ですか?

    眼前39cmに設置された液晶ディスプレイから発せられる等輝度(100cd/m2)の青(473nm)、赤(612nm)、緑(544nm)の単色光と白(peak 544nm)の光エネルギー(light energy)を計算することは可能ですか???E=hv=hc/λ。h : プランク定数 E : エネルギー ν : 振動数 c : 光の速さ λ : 波長から求めることはできますか???

  • 光(電磁波)の波長の倍数と上限

    光(電磁波)の波長の倍数と上限 今、光の基本波長c=30万km(近似値)を一本の 弦と見た場合その半分、そのまた半分、また半分. ...限りなく半分の波長にそれぞれ音でいうところ の倍音(ハーモニクス)が現れ飛び飛びの大きなエ ネルギーが現れる気がしますが... 光(電磁波)でも λ=1/2c、1/4c...以降限りなく のところにそのような傾向があるものですか? また波長λがhまで短くなるとE=hc/λからE=cとなり ますが、hが素量であればそれ以上の光のエネルギ ーは無し(上限)ですか?

  • 光のドップラー効果と光の波長について

    音のドップラー効果の場合、音源が動くと音源前方では波長が短くなり 音源後方では波長は長くなり、その波長は音の振動数が一定なら音波が 進んでも変わりません。 しかし星からの光の赤方偏移は、空間の膨張によって起こっているわけですので、 動く音源から音波が広がるような波面の動きとは全く異なると思います。 地球から距離が遠いほど空間の膨張スピードが大きいと考えられているので、 私の予想では、星から出たばかりの光の波長は長く(つまり赤方偏移の度合いが大きく)、 地球に近づくほど短くなると思うのですが、あっていますでしょうか? そう考えると、ちょっと疑問が出てきてしまいます。 光の速さをc、地球から星が遠ざかる速さをv、D線の振動数をf0、赤方偏移した D線の振動数をfとすると、ドップラー効果の公式によって次の関係が得られる かと思います。 f={c/c+v}f0 ※高校のある問題集でこの式を求めさせるものがありました。 ※ウィキペディアでは違う式になっています。 しかし星から出た光の波長や振動数が地球に近づくにつれて徐々に変化すると 仮定すると、この式のfはいったいどの位置での振動数になるのかと思ってしまいます。 地球に届いたときの振動数なのか、星を出発した直後の振動数なのか… そもそも星から光が出てから地球に光が到達するまで、空間の膨張は刻々と変化 しているわけで、本当にこの式が正しいのかと疑問に思ってしまいます。 また、式は地球から遠ざかる速さを用いていますが、これも納得いきません。 刻々と変わる空間の膨張スピードを用いるのならわかりますけど。 どうかご回答よろしくお願いいたします。

  • 音波の問題が解けません

    「静止している観測者の前に振動数がf0の音源が静止しており,さらにその前方に移動できる壁がある.この壁が速さvで観測者に近づいてくるとき次の問いに答えよ.ただし,音速をVとする. (1)壁による反射音の振動数はいくらに聞こえるか. (2)このとき観測されるうなりは毎秒何回か?」 という問題が分かりません. (1)まず,音源から発生する音波の波長をλとすると,λ*f0=V  反射音が観測者に近づく速さはV+v 観測者が聞く周波数をf1とすると  λ*f1=V+v  f1=f0(V+v)/V  だと思いました.  ですが解答には(V+v)f0/(V-v)  とあります.どうすればいいのですか? (2)(1)ができないので,できません.

  • 超音波の出力について

    私は、アキレス腱のリハビリで超音波を当てる治療をしたことがあったのですが、 美容用の超音波器具でも代用できるのかなと思い質問しました。 たしか、リハでは、 W/cm2 ( →面積)で出力が表示されていたんですが、美容用は、だいたい、「 1秒間に100万回の振動数 」とかいて あるのですが、どれくらいの出力かは、ここからわかるのでしょうか? 教えてください。