• 締切済み
  • 困ってます

兼務役員の給与が出なくなっての退職理由は?

兼務役員で給与を支給されていた身分です。 5月分の給与が払えないと言われ、尚かつ会社都合の離職票も出せないと言われました。 給与明細には、役員報酬を記載されていません。 全て給与になっています。 社長の言い分としては、「君は会社側の人間なので、経営責任がある。そういう人には会社都合での離職票は出せない」と言われました。 仕方がないので、「給与未払いのため、退職する」という退職届を提出しました。 3月末で退職したヒラ社員も給与の未払いや遅配で退職し、離職票が自己都合だったので、職安で異議を申し立てましたが、社長が認めないので未だ待機中です。 職安には確認していないのですが、この場合、やはり会社都合の離職票は出ないのでしょうか? なんとも納得がいかないのですが...。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数960
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
  • qptako
  • ベストアンサー率85% (6/7)

NO.1の者です。 すみません。質問内容とずれた回答になってました。 改めますと、「兼務役員=従業員性が高い」ということになりますから、「経営側の人間だから会社都合ではだせない」という理由は成り立たないと思われます。 ただ、失業保険受給の際の条件としては、もし『賃金(退職手当を除く)の額の3分の1を超える額が2か月以上遅延したために退職』したのであれば『会社都合で解雇』の場合と同じはずですので、ご検討ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

qptakoさま 詳しい説明をありがとうございました。 ハローワークで確認したところ1年以上の失業保険を納付していた事がわかりました。 また、連続して2か月以上全額遅配もあります。 これを証明できればなんとか特定受給者になるかもしれないと言われ、 それを証明する書類を作成しているところです。 (給与は現金で手渡しだったので、証明する必要があります) なので、なぜ会社都合の離職票が出せないと言われているのか、根拠が無くなっているのに、社長や契約している税理士までがそのように言います。 ただ、ハローワークでは会社都合の離職票を強要することはできないとも言われており、そんなものなのか....と失望しています。 特定受給者の確定をしてもらえるようにこれから動いてみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 給与遅配での退職の際、退職願は必要?

    半年にわたる給与の遅配を理由に退職を申し出ました。 離職票の退職理由に「給与遅配の為」と記載してもらえるとの了承も得ました。 会社都合と同じ扱いになるわけですが、この場合でも退職願もしくは退職届は必要なのでしょうか? 提出を求められたら書けばいいかと思ったのですが、退職願もしくは退職届を出してしまうと自己都合扱いにされてしまうとの話も聞いたりするのですがそうなのでしょうか?

  • 兼務役員の未払い給与について教えてください。

    タイトルの件について質問させてください。 先月、私が勤めていた会社が破産してしまい、3カ月分以上の給与が未払いのままになってしまいました。 会社の登記上は人数が足らないという理由で私が取締役になっていましたが実質的にはある部署の責任者という役職についていました。 そのため雇用保険には兼務役員として加入しており破産開始後離職票等が届いた際にもハローワークからの兼務役員承認済との記載があった為未払い給与は債権として認められ、労働者福祉機構の立替払い制度が適用されるものと考えており、破産管財人もそのように処理を進めてくれていたようなのですが、ある日 一人の元社員から感情的に「仮にも役員だった者の未払い給与を債権として認めるのは納得できない。」との連絡があったようでその他の元社員数名に事情聴取を行うと言われてしまいました。私が取締役として優遇されていたような事実はありませんし、経営にも携わることはありませんでした。 給与の3カ月分は金額的にもかなり大きく、もしこのまま支給されないということになると生活ができない状態になってしまいます。 一般的にこのようなケースでは今後どのように処理が進められていくものなのでしょうか? どなたかアドバイス、ご意見をいただけませんでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 使用人兼務役員の給与について

    よろしくお願いいたします。 僕は、役員に対する給与の解釈について 役員報酬=定期同額=事前確定届出以外の賞与は損金不算入 と解釈しています。 使用人兼務役員に対する給与は、役員報酬とは異なるのでしょうか? 定期同額でなくてよいのか、賞与はどうなるのか、 いまいちよく分かっていません。 謄本では、取締役とある役員にも、使用人兼務役員として 扱えるのでしょうか? この場合、 ・役員報酬で処理するべきなのか ・給料で処理するべきなのか ・賞与は損金算入できるのか ・科目内訳書(役員報酬)に記載すべきなのか すみません、どなたか教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1
  • qptako
  • ベストアンサー率85% (6/7)

ご参考になれば。  まず、兼務役員であるということであれば、報酬の50%以上が従業員性に基づく賃金であり、その部分に対しては雇用保険の被保険者としての資格があり、雇用保険料が控除されていたという事実があったはずです(法律通りに処理されていればですが)。 また、事実給与として支払われていたようですので、会社側もその認識があったと思われます。    したがいまして、本来は離職票をうけとり、一般の社員と同様に失業保険の手続きをとることが可能です。  もし、会社が給与明細上「給与」として支払っていたにもかかわらず、兼務役員としての雇用保険手続きを怠っており、雇用保険の被保険者資格をおもちでなかった場合、2年までは遡って手続きをすることができます。  もし、在職中の雇用保険の加入状況が不明ということであれば、一度ハローワークでご確認されたほうがよいかと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

qptakoさま 回答をありがとうございました。 その後ハローワークで一年以上の雇用保険加入が確認できました。 また、退職届けを提出した3週間後に会社から発行された離職票は「自己都合」になっていましたが、給与遅配や未払いなどを証明することができたので、「特別受給資格者」として即日認定されました。 会社側も会社都合にすると「会社に傷がつく」ということで離職票発行を渋っていた部分がありますが、こういう形で認定されるのだとわかりました。 同時にやめた他の兼務役員にも知らせようと思います。 専門家の方のアドバイス、とても心強く読ませていただきました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 兼務役員の雇用保険について

    閲覧、ありがとうございます。 さて、首題の件ですが、当社において数名の方が、兼務役員として、勤務されています。つまり、従業員としての給与と、取締役としての役員報酬の合算額を以て、兼務役員の所得とされているわけです。 よって、従業員としての給与部分については、雇用保険の加入が認められるのですが、この時条件として、従業員給与>役員報酬となっていないといけないと、いわれました。これは、決まり事なんでしょうがないと理解できるのですが、お一人だけ、従業員給与=役員報酬の方が、おられまして、この方については、兼務役員になられた時から、雇用保険料を、会社、個人ともに、払ってきました。(平成10年1月~)ところが、職安の方に、兼務役員の届けをしていなかったので、従業員給与=役員報酬では、雇用保険に加入できない事が解らないまま、現在に至っています。 状況説明が長くなりましたが、質問として、 1.これまで雇用保険料を掛けてきているので、これまでの期間を通算する事は不可能なのか?(通算させる方法はないのか?) 2.不可能であれば、掛けてきた保険料は、返却してもらう方法はないのか? という事になります。 2.については、労働基準監督署に行けば、2年分は、返ってくるという事で、手続きはしようと思っていますが、保険料が、返ってくる・こないより、1.の通算してほしいというのが本当のところです。 兼務役員になられた時(平成10年1月)に、役員報酬額と、従業員給与の額を決めた時、たぶん、社労士の先生のアドバイスをもらっていると思うのですが、その当時は、50:50でも加入できたのでしょうか・・・この時は、前任者が対応しているので、この辺りのいきさつがよく解らないんです。 ご存じの方、アドバイスを・・

  • 給与遅配による退職は会社都合で退職可能ですか?

    感情的になりたいのですが、グっとこらえて筋を通して退職を考えています。 転職して半年になりますが半年で給与遅延が4回ありました。 4・5・6月分と3ヶ月連続で給与遅延になっており、とりあえず4月5月分は、遅延にはなったもの全額頂きました。 6月末に支払われるものはまだもらっておりません。 ネットで調べると、このようなケースは会社都合で退職可能と書いていました。会社都合で退職する手続きをいろいろ調べたのですが 離職票の退職理由に「給与遅配のため」と書いてくれればハロワで会社都合扱いで失業保険等手配してもらえると書いていましたが会社都合退職は企業に不利益があるので、そう簡単にはしてくれなさそうとのこと。 仮に、離職票の退職理由欄に「自己都合のため」と記載されても、給与遅延で辞めたとはっきり証拠を提出して主張すれば、会社都合に変更できるとも知りました。 今、僕が悩んでいるはこの証拠についてです。文章が稚拙なため箇条書きで失礼します。 (1)雇用契約時の給与払いは銀行振り込みなので給料日通りに支払われる場合は銀行に振り込まれます。 (2)給与遅配が発生した場合→現金手渡し。その時の給与明細の支給日の欄には本来の給与日が記載されている。 (3)今、僕が提出できる証拠→給与振込み通帳と、給料明細を持っていき 明細の支給日に通帳に記帳されていない。 上記、(3)は証拠として認めてくれるものなのでしょうか。。 他の銀行の通帳に振り込まれてるんじゃないの?というありもしない疑いをかけられたりしてややこしいことになって、泣き寝入りするようなことはないかどうか。それが不安です。 もう1つ 退職願を出してしまえば、その時点で自己都合になってしまうとどこかに書いてましたがそれは本当なのでしょうか? じゃあ、どうやって退職すればいいの?という疑問もあります。 その他、こういう証拠の提出方法もありましたらアドバイスいただけましたら嬉しいです。 このような状況なので私は会社都合で辞めることが今回の目的です。

  • 兼務役員から役員へ就任した場合の変更

    宜しくお願い致します。 中小企業で総務をしています。今まで兼務役員だった2名が役員となり、給与の支給が変更されることになりました。 <3月までの給与支給> 基本給 \398,000 / 役員報酬 \290,000 <4月からの給与支給> 基本給 \0 / 役員報酬 \900,000 労働者から兼務役員になる、という事例は沢山あったのですが、兼務役員から役員、という事例がみつからず、何をどうしたらいいのか判らず困っています。 4月の給与からは雇用保険は徴収しないのでしょうか。また今まで加入していた雇用保険の資格はどうなってしまうのでしょうか。

  • 離職票の退職理由

    上記について、会社側は自己都合としていますが、会社都合と思われるとき離職者記入欄に記入した場合、職安から調査等の連絡が双方にあるのでしょうか?また離職票の交付が遅くなるとか(会社を経由して職安にもちこまれる)あるのでしょうか?

  • 使用人兼務役員に支給する退職金

    表題の件について教えてください。 使用人兼務役員が純然たる役員に昇格した場合には、実際に退職していないにもかかわらず、退職金の打切り支給によって当該金額が退職金(受給者からみたら退職所得)としてみなすことができるということは理解しています。 では逆に、使用人兼務役員が純然たる従業員となった場合に、その役員であった部分に対し支給される退職金相当額は、退職金(受給者からみたら退職所得)として処理することができるのでしょうか? 前提条件によって回答がかわると思いますので、今回想定している前提を記載しておきます。 (1)使用人→兼務役員→使用人で、現在も会社にいる (2)報酬部分と給与部分は明確に区分されていない(全額が給与扱い) (3)使用人から兼務役員、兼務役員から使用人に変わったときに著しい給与の変動はない(ほとんど変わっていない) (4)使用人から兼務役員になったときに退職金の支給はない ちなみに、当社ではいろいろな書籍等を調べた結果、退職金ではない(=役員賞与)という判断をしようと思っているのですが、実際に同様の内容を経験された方やご存知の方がいましたら、この場合にはどう処理していたのかをお伺いしたいと思い、投稿しました。 ご教授の程、よろしくお願いします。

  • 離職票の退職理由について

    離職票の退職理由が、”会社都合の勧奨退職”(事業縮小のため)となっています。でも、実際は、”会社都合の解雇”(一般解雇)です。事業は、縮小していません。この違いによって、離職者は、有利、不利がありますか?

  • 会社の都合で退職理由を書かれたとき

    友人の話しです。 彼ともう一人の売上だけでやっていたような零細企業で20数年頑張っていたのですが、今年7月から会社から給与が支払われなくなり、9月で会社を辞めました。 もう一人の人も同じ状況でやはり9月で会社を辞めました。 給与を支払わない会社がもちろん悪いのですが、会社の運営も随分厳しいようで、銀行の融資も受けられないようです。じきに倒産するかもしれません。 で、友人なのですが、給与未払いを理由に退職し、離職票を会社から受取ると「自己都合退職」と書かれてしまったというのです。 三ヶ月も給与を支払わないのですから当然、会社とは色々交渉もしてきたとそうです。なのに、それを理由に退職すると、会社の都合で退職理由を書いてきたそうです。 労働監督局へも足を運んだそうですが、職業安定所での失業保険給付の扱いは会社の書いた退職理由を鵜呑みにするのでしょうか?それとも、会社へ調査して、正当な理由で取扱うのでしょうか? もし、会社の都合を鵜呑みにするのなら、こういった給与未払いのようなケースでは会社は辞めてはいけないのでしょうか? ちなみに友人はその会社の社員役員です。社長一家は会長も息子の社長も自分の給与は取っているそうです。

  • 兼務役員の給料の未払いについて

    私は某ソフトウェア中小企業で兼務役員として在籍しています。 実際の業務は、ほぼ従業員として仕事をしています。 会社経営悪化の為、今年(2011年)の5月から10月までの給料が未払いとなっています。 (※5~10月の間、6月と7月は給料の一部を貰いましたが、その他の月は未払いです) 現在は僅かながら売上が挙がってきているようですが、社長は銀行からの借入金返済や滞納している社会保険の支払いに手一杯でいつから給料が支払われるか分からない状況です。 今後、給料の支払いが行われないようなら退職しようと思っていますが、この場合未払い給料を受け取ることができるのでしょうか? また、未払い給料を請求する場合はどのような対応をしたらよいでしょうか? ----- 社長は「役員の給料は役員報酬なので赤字だと貰えない」と言っています。 ただ、この期間私は休業扱いで雇用調整助成金を受け取っているので、私の給料は労働者の給料として扱われているはずです。 それなのに「役員だから給料は払えない」というのはおかしくありませんか? -----

  • 退職届と離職票の退職理由は同じでないと駄目。

    退職届と離職票の退職理由は同じでないと駄目でしょうか。 退職届は一身上の都合と記入。 離職票の記入の仕方として、労働者の判断によるものの 労働者の個人的な事情による離職(一身上の都合、転職希望等)チェックして理由は会社都合と出来ますか?

  • 退職理由について…

     11月末を以って、会社を退職しました。 今、新しく履歴書と職務経歴書を書いているのですが、 退職理由(一身上の都合によりとか、会社倒産の為とか)を どう書けばいいのか分からず悩んでいます。 私から退職願を出したり、仕事上のミスや、交通機関の遅れ以外の遅刻などはありませんでした。 ただ家族経営の人員の少ない会社で、経営陣と社員の仲は芳しくありませんでした。 私の前に、先輩や同僚など私以外の全員が退職してしまい(自己都合の人が多かったですが、恐らく解雇の人も居ます)その直後に、社長の親族のひとりに 「営業職が居ないし、辞めて欲しい(私は内勤のデザイン職でしたので、会社の経営に大きく関わる仕事を受け持つ営業職が居ないのに、補佐的なデザイン職はいらない、というニュアンスだと思います)」 「ここを辞め、もっと自分に合った会社を探しなさい」 等言われ、即日に退職となりました。 私自身、長くその会社に留まるつもりはありませんでしたので、 腹が立ちましたが、受け入れました。その際に 「あなたもこの会社が肌に合わなかったでしょうから、離職票には、“自己都合”とした。その代わり、急な話なので、12月分の給与だけは同額出す」 と言われました。 それは困る と言いましたが、もう決まった事だから としか言われませんでした。 私はやっぱり、 「自己都合により退職」または「一身上の都合により退職」になりますよね。 しかし、仕事を急に辞める意思はなかったわけだし、ある日突然クビを言い渡されたので、出来れば 「会社都合により退職」としたいところです。 前述のように、会社は既に「自己都合」と書いた離職票を作っていますので、もし私が「会社都合」と書いた場合、履歴書を提出する会社への虚偽申告となりますでしょうか。 また「会社都合」「自己都合」「一身上の理由」などの他にも、 履歴書を提出する企業に対して、少しでも心象の良い言い回しがあれば、アドバイス頂きたいです。 長々と済みません。宜しくお願いします。