• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

センター 古文 動詞の活用

センターの古文を解くのに動詞の活用形を覚える必要はありますか? おしえてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数850
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 古典文法の学習を初めて間もない方でしょうか。  動詞も活用形は6つしかありませんから覚えてしまいましょう……じゃないですね。  きっと動詞の活用の種類とパターンを覚えて、活用の種類と活用形がきちんと区別できるようになっておく必要があるかどうかということでしょう。  必要はあります。必須です。  たとえば、2004年度センター試験(本試験の国語I・II)の第3問の問二は、次のような設問です。  波線部a~fの「る」に対する文法的説明として正しいものを、次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。解答番号は[23]   (1) a、eは、いずれも断定の助動詞の一部である。   (2) b、dは、いずれも完了・存続の助動詞である。   (3) c、fは、いずれも動詞の活用語尾である。   (4) a、eは、いずれも伝聞・推定の助動詞の一部である。   (5) b、dは、いずれも動詞の活用語尾である。  (3)・(5)の選択肢の是非を検討するには、波線部が本当に動詞の活用語尾かどうかを判断できないとだめですね。  また、(2)の完了・存続の助動詞というのは「たり」と「り」が該当しますが、これらは動詞のラ行変格活用(あり・をり・はべり・いまそがり)と同じパターンの活用をします。  この他にも助動詞「る」「らる」(以上はラ行)、「す」「さす」(この二つはサ行)、「しむ」(マ行)、「つ」(タ行)は、それぞれの行の動詞の下二段活用と同じパターンの活用をするなど、用言(動詞、形容詞、形容動詞)の活用がマスターできていれば、改めて助動詞の活用を覚える必要がないものが多くあります。(詳しくはお手持ちの古典文法のテキストをご覧ください。)  助動詞は古文解釈において非常に大きな役割を果たす分野です。  助動詞マスターのためにも、するにはの活用がマスターできているかが大きくものをいいます。  今の内に動詞(9種類)だけでなく、用言の活用(合わせて13種類)が自由自在に出来るよう練習しておいてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 活用しない動詞「およすく」について

    古語の「およすく」または「およずく」は、活用しない動詞ということのようですが、活用があるから動詞なのではないでしょうか? なぜ動詞に分類されるのですか? こちらは理系の人間で、古文は全くの素人ですので、よろしくお願いします。

  • 形容動詞の判別の仕方と活用(古文)

    今中3なのですが、学校で古文の形容動詞について習いました。ナリ活用やタリ活用のことです。しかし、例えば「夕暮れのいたう霞みたるにまぎれて」の”霞みたる”や、「いと白うあてに痩せたれど」の”痩せたれ”を形容動詞のタリ活用と混同してしまうのです。先生は”霞みたる”で一語ではなく”霞み”で動詞の四段活用、”痩せたれ”ではなく”痩せ”で下二段活用だといっていました。”堂々たり”などの形容動詞との分かりやすい判別の仕方を教えてください。(あと、なぜそう判別できるのかも)

  • 動詞・形容詞・形容動詞 活用

    こんにちは. 古文の動詞・形容詞・形容動詞活用の仕方でわからない問題がありました.解説よろしくお願い致します. (1)「をさなけれ」ば→形容動詞のク活用でしょうか. (2)「見つけ」て→ 動詞の終止形がわからず困りました. (3)「豊かに」→形容動詞のナリ活用 なら-なり,に-なり-なる-なれ-なれ (4)「大きに」→どうやればよいのかわかりませんでした。 どうぞ,よろしくおねがいいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#148751
noname#148751

ある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ringox
  • ベストアンサー率27% (66/238)

必須ですし武器になりますので今のうちに是非覚えていきましょう。 基本は3つ。四段、上下二段。 四段は今とほとんど同じで覚える必要はありません。上下二段も今のものに「ウの段」が入った感じです。 そのほかは、「上下一段、か・さ・な・ら変」(重ならへん?傘なら変?) か変は、「来」だけ。さ変は「す」だけ。で、今との違いに目を向ければよく覚えられます。な変は「死ぬ、往ぬ」だけ。で四段との違いに目を向けるだけでいい。 ら変は「あり、をり、はべり、いまそかり」だけ。で終止形が四段と違うだけ。 最後に、上下一段は、今と同じ活用で覚えることはない。ただし「蹴る」は下一段活用に注意。 覚え方は、「き・み・に・い(ゐ)ひ・ける(君に言ひける)」 きる、みる、にる、いる、ゐる、ひる だけが上一段 ける だけが下一段 今の動詞と比較して違いに目を向ければ、覚えていけます。 では、がんばって。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 古文の助動詞の覚え方

    古文の助動詞ってたくさんあるじゃないですか?みなさんはどのようにして覚えましたか?活用はなんとなく口に出したらいけるんですが、意味とか接続になってくると何がなんだかわかりません。 古文の助動詞を身に付ける実践的な方法を教えてください。次のテストやばそうです!! 特に意味とその訳と接続を中心に教えてほしいです。

  • 古文の動詞活用形の分布について(連用形が多い理由)

    古文の文章では(江戸含まず)動詞の活用形の分布に偏りがあるのですが、連用形が一番多い理由をどなたか教えていただけませんか???

  • 古文の助動詞。

    古文の助動詞にはこの助動詞は連用形の後につくというふうにそれぞれ決まっているようですがその活用形というのはどうやって区別していけばいいのでしょうか。 けりだと連体形の後につくようですが (けら)|○|けり|ける|けれ|○というような活用形があるようです。連体形の後にしかつかないのにこのような活用形があるのはおかしいと思うのですがどういう意味なのでしょう? 分かりにくくてすみません。

  • 古文文法での動詞の活用の種類の見分け方について

    古文文法での動詞の活用の種類の見分け方についての質問です。教えていただけるととても助かります。 四段活用、上二段活用、下二段活用は「+ズ」をつけてア段+ズ、イ段+ズ、エ段+ズとして判断すると習いましたが、「受く」などの動詞は「受く」+ズで「受けず」となってすんなりと下二段活用だと分かるのですが、 たとえば、「降る」+ズなら、「降らず」でも「降りず」でもいいような気がして見分けようがありません。(「降らず」の方がすんなりいくような気がして、四段活用にすると、答えは上二段活用でした。) こういう「+ズ」をしても見分けにくい動詞はどのようにして見分ければよいのでしょうか?(覚えるしかないのなら、覚えるリストみたいなものを教えていただけるとありがたいです。)

  • 古文の尊敬の助動詞「す」の活用について

    古文の尊敬の助動詞「す」の活用について教えてください。 文法書では、活用は、せ、せ、す、する、すれ、せよとなっていますが、 「退かせ給ふ。」という場合における助動詞「す」の活用も、せ、せ、す、する、すれ、せよと活用するのですか。 給ふが付いた形で未然形から命令形まで教えてください。 もし、せ、せ、す、する、すれ、せよと活用しない場合は、その理由を教えてください。

  • 古文のこの短文の活用形など教えてください

    この古文の活用形教えて下さい(面倒ですが) お礼500枚です。 今は昔、大隅守なる人、国の政をしたため行ひたまふあひだ、郡司のしどけなかりければ、「召しにやりて戒めん。」と言ひて、先々かやうにしどけなきことありけるには、罪に任せて重く軽く戒むることありければ、ひとたびにあらず、たびたびしどけなきことあれば、重く戒めんとて召すなりけり。 この古文の動詞と形容詞と形容動詞と助動詞の何行何活用なのか(助動詞は意思や推定などの意味も教えて下さい)教えて下さい。 とても面倒かと思いますがよろしくお願いします。

  • 古文の「みおこす」という動詞の活用について

    四段活用、上二段活用、下二段活用は「ず」をつけて区別しますが 「みおこす」という動詞の場合 みおこさ(a)ず みおこせ(e)ず と二通り考えてしまいます。 それに参考書には 「できない」という意味の「ず」ではないほうを選ぶ と書かれているのですが 「みおこす」の場合、下二段活用なので 「みおこせず」になりますが、これだと「できない」という意味の「ず」になってしまうと思います。 こういう動詞は一つ一つ暗記していくしかないですか? このような動詞の活用を見分ける方法などはあるのでしょうか?

  • 古文のこと何ですが

    古文はここでよかったんでしょうか? 古文で「為(す)」というサ行変格活用の動詞がありますが、どうしても命令形の形がわかりません。已然形と同じく「すれ」でいいんでしょうか? もうひとつありまして、基本形の形はわかりませんが、「すれ」という動詞はそれぞれどのように活用するのでしょうか?「為」と同じように活用してみたら、変な感じになってしまい違いました・・・。

  • 高校の古文 活用形とか覚える理由

    高校の古文 活用形とか覚える理由 高1で国公立大学を目指しているものですが、 古文のついての質問です。 学校からもらった副教材の表紙に文語動詞活用表や、文語形容詞、 活用表などがのっていました。 そこで質問です。 1、文語動詞活用表に、聞くの活用形が載っていて。 順に、か、き、く、く、け、け、と書いてあります。 このようなものが、他にも、泳ぐや隠す、住む、などの活用 のっていますが、このようなものを暗記しろといわれましたが、 暗記してどうなるんですか? 古文を訳すときにどのように役立ちますか? 2、1、のほかに文語助動詞活用表というのもありました。 る、の場合、未然形から順にれ、れ、るる、るれ、○とかいて ありましたが、同じ暗記しろとのことですが、 なぜですか? たとえば、浦島太郎から引用しましたが、 をのこありけり という文があり、ありはラ変の連用形と書いてありましたが、 これがわかって何になるんですか 他にも。浦島太郎と申してという文では、 申しがサ変の連用形とわかって何になるですか できれば 例文とともに、教えてください。

  • センター古文の勉強法

    高3で国立理系をめざしています。 古文はセンターだけなのですが、 どう勉強していったらわかりません。 とりあえず、マドンナ 古文と単語230を セット購入しましたが、少し不安があります。 活用とか助動詞とかもぜんぜん覚えられてないので かなり壊滅的です。 その覚え方とかもありませんでしょうか?