• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

意味がつかめないです

意味のつかめない文章があるので教えてください。 1. What is worth doing at all is worth doing well. 特にat allがわかりません。 2. I fell asleep reading. I remember other things I was doing before reading, but it's all a blur. itは何を指しているんでしょうか。 3. My hair is in need of a conditioning due to the excessively dry weather and that should leave me most relaxed. 「ものすごく乾燥した気候のせいで私の髪はコンディショニングが必要」まではわかるのですが、thatより後がわかりません。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数315
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

アメリカに35年ほど住んでいる者です。 私なりに説明しますね。 1)これは、少しでも、という意味なんですね。 worth doing wellは頑張る価値がある、という事なんですね。 2)はっきり言って、私には、間違った言い方をしているように思えます。 つまり、もしこれが、I know I was doing something before I fell asleep, but it's all a blur.という事であれば、皆さんの理解で言いと思いますが、ここでは、I remember other thingsとかいていながら、本を読みながらうとうとしてしまうまではほかのことをしていたのを覚えている、といっていながら、a blurだという、それでは、rememberしていないのではないか、という感じを私は持ちます。 3)も私には、変な英語のように感じます。 (つまり、非英語圏の人が書いた英語) 失礼な言い方とは思いますが(ごめんなさい)私にはどうしても、皆さんがお書きになった、意味あいは、「そう解釈するべきだろう」のレベルなんですね。 つまり、本当は意味が良く通らないけど、こういいたかったんだろう、もしくは、もっと失礼な言い方で恐縮ですが、このような日本文にしないと、おかしくなってしまう、と思っておられるからだと思います。 もっと失礼な言い方をすると、この英文にこじつけさせられている、のではないのでしょうか。 代用する文章(リンスをするという事)がないわけですから、thatを使う事は出来ないのですね。 皆さんの理解がこれを書いた人が持っているフィーリングなのであれば、and the conditioned hair should leave me most relaxed.となるはずなんですね。 でも、このままですと、リンスしていない髪の毛が私をリラックスさせてくれるだろう、となってしまうんですね。 これだと、これを書いた人はちょっと性格がおかしいんじゃないの?となるので、これじゃないはずだ、と決めているのではないだろうか。 また、leaveの代わりに、make me most relaxedの方がアメリカ人には分かり易いのではないかな。 もしくは、that should leave me most unrelaxedとすれば、意味がばっちり通りますね。 これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも回答ありがとうございます。アメリカ人が書いた文なので、間違った英語かもなんて思ってもみませんでした。ここで質問させていただいてよかったです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • wierdo
  • ベストアンサー率31% (67/212)

1.は「いやしくも価値あることなら立派にやるだけの価値はある。」と一般的にされています。 2.と3.はGさんの過激なコメントの通り、正しい英語ではありません。よって文章の正しい解釈は無理でしょう。推測だけなら、 2.本を読みながら寝てしまった。読書する前に何かをしていたけど、はっきり覚えていない。 3.乾燥しているので、髪をコンディショニングした方が良さそう。そうすればサッパリするだろうし。relaxがくせもので意味不明です。 出所は?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2・3はアメリカ人が書いた文なので、間違った英語かもなんて思ってもみませんでした。私も内容を推測するしかできなかったので質問させていただきました。謎が解けてよかったです。ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • d-y
  • ベストアンサー率46% (1528/3312)

1)だけ 「やる価値があると少しでも思うなら、中途半端なやり方じゃなくって、しっかり、きっちりやりなさい」という意味の決まり文句らしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

  • 回答No.2

grofsさん、こんにちは。 >1. What is worth doing at all is worth doing well. 特にat allがわかりません。 at all は、少しでも、少しも、仮にも、という意味ですね。 「少しでもやる価値があることは、上手にやってみる価値がある」 「仮にもやってみる価値があることは、うまくやってみるべきだろう」 みたいな意味になると思います。 >2. I fell asleep reading. I remember other things I was doing before reading, but it's all a blur. itは何を指しているんでしょうか。 この場合のit は、「other things I was doing before」 「(私が思い出したところの)前にやっていたこと」をさすと思います。 「読書しながら、うとうとしてて、読書する前に何かやっていたことを思い出したが、 それはみんなあいまいだった・・・」 みたいな感じだと思います。 何をやっていたか、はっきり思い出せないんでしょうね。 >3. My hair is in need of a conditioning due to the excessively dry weather and that should leave me most relaxed. 「ものすごく乾燥した気候のせいで私の髪はコンディショニングが必要」まではわかるのですが、thatより後がわかりません。 that は、「髪の毛をコンディショニングすること」だと思います。 「コンディショニングすることは、私を素晴らしくリラックスさせるであろう」 というような感じでしょうか。 leave me alone で、私を一人にさせる leave me relaxed で、私をリラックスさせた状態にする ということで、 「髪の毛のコンディショニングは、私を最高にリラックスさせてくれるだろう」 と訳してもいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

  • 回答No.1

こんにちは。 >1. What is worth doing at all is worth doing well. 「at all」はここでは、「とにかく」ぐらいのニュアンスです。従って、「とにかくやってみる価値のあることは、上手にやってみる価値がある」と言う意味です。 >2. I fell asleep reading. I remember other things I was doing before reading, but it's all a blur. ここの「It」は「読書をする前にしていたこと」をさしていると思われます。従って、正確にはItではなく、Theyを使うべきところでしょう。意味は「本を読んでいたら寝てしまった。本を読む前にしていたことは覚えているが、すべてぼんやりしている」ぐらいでしょうか。 >3. My hair is in need of a conditioning due to the excessively dry weather and that should leave me most relaxed. 「that」以降は、それ(髪をコンディショニングすること)は私を、すごくリラックスさせてくれるだろう、という感じですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • at allの訳し方

    僕の持っている文法の本に、 Whatever is worth doing at all is worth doing well. という文章が載っています。 おおよその訳は分かるのですが、at allの訳し方が分かりません。 ジーニアスで引いてみても、否定・条件・疑問のときの使われ方しか載っていませんでした。 どなたか、この場合のat allについて説明していただけないでしょうか。

  • is と something,および worth とのつながりについて

    まず, This book is worth reading.「この本は読む価値がある」という英文は, It is worth while reading this book. とも言え, read this book「本を読む」という関係が成り立っています。 この応用で, We all have something worth saying. という文では,something は have の目的語で, worth saying が後ろから something を修飾していると考えられます。 あるいは,something (that is) worth saying のように, 主格の関係代名詞 that と is を補って考えることもできます。 結局,something worth saying で「言う価値のある何か」「言う価値のある事」という意味になり, 「私たちはみな,言う価値のある事を持っている」となり, say something という関係が成り立っていると言えます。 では,次の文はどうでしょう。 This story is something worth reading each day. (1) 上と同様,something worth reading each day で, 「毎日でも読む価値のある事」という意味になり, 「この話は,毎日でも読む価値のあるものです」 となる。 (2) This book is worth reading. と同じような This story is worth reading each day. に something が入りこんで This story is something worth reading each day. となったものである。 This story is well worth reading each day.「~する価値は十分ある」の well が something になっただけである。something には副詞的に「やや」「かなり」という用法があるので, This story is (something) worth reading each day. で 「この話は,毎日でも読む価値が(やや,かなり)ある」となる。 (1) にしても,日本語としては「もの」が入っているだけで,大きな違いはないとは思いますが,文の構造としてはどちらが的確でしょうか。 違いとしては,This story is の is はworth につながっていくものか, This story is something で,SVC として,いったん確定し,something に worth 以下がかかっているのか,という点です。  私は,something worth doing という形はよく用いられ, ~ have something worth saying も ~ is something worth reading も something や worth の使い方に違いは感じられず, (2) の考え方が思いつかなかったのですが,いかがでしょうか。 (2) だとして,something についての考え方や訳し方で別のものがあればお示しください。

  • 意味を教えてください

    (1) Don’t get pregnant while you hate your job, you’ll be so hormonal and emotional, and pregnancy is supposed to be a happy time; (2) Get pregnant while you’re at this job and milk it for all it’s worth; milk it for all it’s worthの意味を教えてください。よろしくお願いします

  • worthの使い方がわかりません

    「この本は読む価値がある」 (1)It is worth reading this book. (2)This book is worth reading. (1)では「この本」を「読むこと」が価値があるのですよね. しかし(2)は,「この本」は「読まれる」価値があるのですよね. This book is worth being read. 「この本は読まれる価値がある.⇒この本は読む価値がある.」 なぜ(2)はThis book is worth reading.でいいのでしょうか?

  • 知らないうちに

    知らないうちに、気が付かないうちに = before you knew it で覚えていたのですが、 米国の人に、「You use easy English for me, before you know it.」と言ったら、 通じませんでした。「自分で気が付かないうちに、簡単な英語を使っているんだよ」って言いたかったのですが、何が悪かったのでしょうか。 "before I knew it" means that you were busy doing something else, and without you noticing something happens example: I was eating candy while watching a movie, and before I knew it I ate ALL the candy in the box と丁寧に説明してくれたのですが、 I was planning to study English all night, but I fell asleep before I knew it. はOkayだというので、この場合の busy doing something else って何?って聞いたら、 before I knew itの説明は難しすぎる、と言って止まってしまいました。 (hmm sorry, I guess '"before I knew it" is hard to explain haha) ついでに、英辞郎にある、 知らないうちにそれをやっていた。 I did that before I knew it. はおかしいと言っていました。。。 (you can't use it like that)

  • 辞書例文解釈 for all A be worth

    They’ll exploit it for all it is worth. この文章なのですが、 They’ll exploit it for all it will be worth. としても文法的に大丈夫なのかわからないです。 その際のニュアンスの違いは、 前者の方が、発話時点において話者が判断している、利用するものの価値の全て。 後者の方が、 彼らがそれを利用する際における時点での 価値の全て。 この違いが正しいのか自信がないです。 解説宜しくお願いします。 ≪Random house 辞書≫ for all one is worth ⦅話⦆ 持てる力を振り絞って,懸命に; 最大限に He ran for all he was worth. 彼は全速力で走った They’ll exploit it for all it is worth. 彼らはそれを十二分に利用するだろう.

  • Without air conditioning, it is unl

    Without air conditioning, it is unlikely that people would have moved to the South.... 生徒が持ってきた文なのですが,構造が今一分かりません。 without air conditioningは仮定法過去完了又は過去(現在と過去のことを表しているので,仮定法で意味は現在完了っていう言い方でも良いのでしょうか?) it is unlikely that・・・は帰結節だと思うのですが, it would be unlikely that people have moved to the South...とはならないのでしょうか?

  • 速単の一部です

    Reading is fundamental to success in life. It's that simple. itはreadingを指していて、このthatは強調で合ってますか? 読書はとても単純だ。

  • このthat is it.はどういう意味ですか?

    If we have a dress code at all, it should state that students cannot wear clothes with insulting words on them. But, that is it. I'm sure that whether there is a dress code or not, my friends will wear what they know is fine and appropriate in school. (2008年、センター試験より) 制服の必要性を語っている文の一説ですが、that is it.の解釈が不明です。 ある、サイトには、But, that is it.で「しかし、それはそうだが」と和訳されています。 しかし、小生は、「しかし、それが問題なのだ」が正しい解釈ではないかと思案しています。 ご助力下さいませ。 よろしくお願いいたします。 http://www11.plala.or.jp/kaisyu/center/2008/summary2.html

  • It is worth -ingについて

    いつもお世話になっております^^ ええとずばり質問は It is worth visiting the British museum. のような文章での itが形式主語であるのかということです。 この手の構文をまとめると以下のようになります. [形式主語(?)] ○It is worth visiting the British museum. ×It is worth to visit the British museum. ○It is worth while visiting the British museum. ○It is worth while to visit the book. [目的語→主語] ○The British museum is worth visiting. ×The British museum is worth to visit/ to be visited. まず後半の目的語→主語の解釈では worthを前置詞と考えれば worth visitingで訪れる価値があるでO.K.となり. worth to←は前置詞が2個重なるので不適格であろうと思います. ところで疑問に思うのは上のほうでして 下のworth whileは不定詞でも動名詞でもとっています。 これはwhileが名詞なのでworth while(worth spending time)で形容詞要素と判断して,あとはto/動名詞の形式主語構文でこれは納得できます。ジーニアス大辞典にはwhileが省略と考えられるらしきことがかかれていましたが。そうであればto不定詞が使えないことに矛盾しているような気がしますし、なによりも、worth 名詞(a visit)のように使えることからさらに形式主語とう説明は変であると思います。 とすると、worth visitingというのは 形式主語ではなくて、worth whileは形式主語であろうが、worth -ingについては別物であって、itは非人称なのではないかと私は思ってしまいます。 worthは元々は形容詞ということ(OEDは形容詞分類)ということを考えれば (worth doing)でひとかたまりということになるかと思います。 となれば、それを無理やり分離してitをdoingだと捕らえるのは若干無理があるような気がしてなりませぬ。 このへんの歴史的経緯をご存知の専門家の方や、それを学習されて知っていらっしゃる英語の研究者の方がおられましたら、是非ご教授頂きたいなぁと思っております。 最後に私の質問をまとめると Itは形式主語なのかどうなのか?教えてくださいということです。 歴史に基づく経緯が知りたいです。 現代のネイティブの感覚がどうであるかは興味がありません、それが質問ですのでよろしくお願い致します。