• ベストアンサー
  • 困ってます

BindのSlaveサーバの構築について

BindのSlaveサーバの構築の手順について教えてください。 1.マスターのサーバのゾーンを作って、スレーブのサーバのnamed.confに ゾーンの設定をslaveでしておけば終わりでしょうか。 それともSlaveでもゾーンファイルを作成する必要があるでしょうか? 2.リフレッシュ時間を待たずに強制的にゾーン転送を行うには マスターとスレーブの両方をreloadする必要があるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • Linux系OS
  • 回答数1
  • 閲覧数232
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • OKwebb
  • ベストアンサー率44% (92/208)

1.スレーブサーバの設定は使いたい機能とかで変わってきますが、 基本ドメインの正引き、逆引きのファイルは必要ありません。 ゾーン転送でもってきますから。 2.サービスの再起動又はリロードはマスタのみでOKです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 also-notifyを追加したところうまくいきました。

関連するQ&A

  • Bindで強制的にゾーン転送がしたいです。

    ゾーン転送を強制的にしようとしているのですが どうもうまくいきません。 masterとslaveの設定をして、masters句でmasterを指定しています。 notify yesとし、シリアル値を変えてmasterやslaveのサーバで /etc/init.d/named reloadとして/var/log/messagesをながめています。 reloadでゾーン転送って行われるでしょうか? またreloadはマスター側で実行すればよいでしょうか?

  • DNS BIND 構築

    環境:centos 参考文献:http://linux.kororo.jp/cont/server/bind.php DNSにするサーバIP:192.168.0.30 ※構成図は上記のサイトと同じです。 会社でDNSサーバを構築することになり、先ずは自宅で構築と健闘してます。 ~これまで行ったこと~ 1.yum -y install bind bind-chroot caching-nameserver 2.diceインストール 3.dyndns取得 4.設定完了後、# service named start 実行し失敗。 エラー内容は以下です。 named 設定でエラー: : zone localhost/IN: loaded serial 2009092201 zone 0.0.127.in-addr.arpa/IN: loaded serial 2009092201 zone blogsite.org/IN: loaded serial 2009092201 zone 0.168.192.in-addr.arpa/IN: loading master file 0.168.192.in-addr.arpa.zone: file not found _default/0.168.192.in-addr.arpa/IN: file not found ■変更したファイル /etc/named.confの設定 正引き参照ゾーン 逆引き参照ゾーン ループバック正引き参照ゾーン ループバック逆引き参照ゾーン 手順は冒頭のサイト通り行いました。 ここが怪しいぞという箇所がありましたら、ご教授頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • DNSサーバーの構築に際して

    DNSサーバーの構築で使用するZONEファイルの書き方での質問です。 RedHat でDNAサーバーを構築しております 現在、zoneファイルの記述方法が間違っているらしくエラーがでて DNSサーバーが動作できません。 マスター・ゾーンサーバとスレーブ・ゾーンサーバ間でやりとりする際に 使用するので記述されている部分においてunknown RR type になってしまってて、 どういう変更すればいいのでしょうか? //参考にしているZONEファイルの記載サイト http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind902/bind902b.html

  • BINDスレーブについて

    こんばんわ。 BINDのスレーブで質問させて頂きます。 環境がゴチャゴチャしてますので、分かりづらいかも知れませんが。。。 PCが複数ありますが、 固定IPが一つです。 なので、全PC全て同じIPになってます。 windowsでファイルメーカーを使ってまして、 任意のポートを空けてます。 ポート開放はスタートアップツールから、 ファイルメーカーを使ってるPCのプライベートIPを指定して、 ポートを指定と言う感じでポート開放出来てます。 しかし、 fedoraでBINDのスレーブを立てて、 fedoraのIPを指定して53を同じように空けても、 ポートが開かない状態です。 80など色々したり、 他のPCのポートを空けようとしても開かない状態です。 ファイルメーカーを使ってるPCだけが、 ポート空けるとしっかりと開くような状態なのですが、 固定IPが一つだと違うPCのポートを空けようとした時に、 開かないと言う事でしょうか? また、BINDの方の設定ですが・・・ レジストラには プライマリサーバIPでns.hogehoge.net セカンダリサーバIPでns1.hogehoge.net で登録済みです。 nslookup ns.hogehoge.net プライマリサーバIP nslookup ns1.hogehoge.net セカンダリサーバIP が表示されます。 プライマリサーバはデータセンターにあります。 プライマリの方のzoneの内容が下記ですが、間違いはないでしょうか? ;$ORIGIN hogehoge.net. $TTL 300 @ IN SOA hogehoge.net. root.hogehoge.net. ( 2008080601 ; Serial 300 100 604800 300 ) ; hogehoge.net. IN NS ns.hogehoge.net. IN NS ns1.hogehoge.net. hogehoge.net. IN MX 10 mail.hogehoge.net. ns1.d-server.net. IN MX 20 mail01.hogehoge.net ns.hogehoge.net. IN A プライマリサーバIP ns1.hogehoge.net. IN A セカンダリサーバIP mail.hogehoge.net. IN A プライマリサーバIP mail01.hogehoge.net. IN A セカンダリサーバIP www.hogehoge.net. IN CNAME mail.hogehoge.net. プライマリのnamed.confには下記を追加してます。 allow-query{ mynetwork; プライマリサーバIP; }; forwarders{ セカンダリサーバIP; プライマリサーバIP; }; セカンダリサーバのnamed.confには、 allow-query{ localhost; プライマリサーバIP; }; // hogehoge.net zone "hogehoge.net" { type slave; file "slaves/hogehoge.net.zone.bak"; masters{プライマリーサーバIP; }; transfer-source{プライマリーサーバIP; }; allow-query{any; }; }; 大丈夫でしょうか? プライマリーサーバのmessagesログ Aug 3 05:26:06 localhost named[7057]: client 69.162.74.234#55649: query 'hogehoge.net/ANY/IN' denied Aug 3 05:26:06 localhost named[7057]: client 69.162.74.234#55649: query 'hogehoge.net/SOA/IN' denied Aug 3 05:26:07 localhost named[7057]: client 69.162.74.234#55649: query 'ns.hogehoge.net/A/IN' denied Aug 3 05:26:07 localhost named[7057]: client 69.162.74.234#55649: query 'ns1.hogehoge.net/MX/IN' denied Aug 3 05:26:07 localhost named[7057]: client などが出てたりします。

  • BINDについて

    Soralis7でnamed.confにzoneでforward設定をしてみましたがエラーが 発生して設定できません。Solaris9のBIND9.3.0の機器では、同じ設定は 出来ました。BINDのバージョンが、8.1.2である為に出来ないのでしょうか? 環境 Solaris7 BIND8.1.2 named.confに追加した設定  zone "ドメイン名" in {  type forward;   forward only;   forwarders { 10.10.10.10; };  }; エラー内容 Nov 5 23:59:16 rh62 named[791]: /etc/named.conf:32: syntax error near forward Nov 5 23:59:16 rh62 named[791]: no type specified for zone 'ドメイン名' Nov 5 23:59:16 rh62 named[791]: zone 'ドメイン名' did not validate, skipping Nov 5 23:59:16 rh62 named[791]: /etc/named.conf:34: syntax error near '}'

  • DNS・ゾーン転送について

    宜しくお願いします。 masterのnamed.confファイルに allow-transfer { ***.**.***.***; ← IPアドレス };slave に転送する設定を加えました。 masterのゾーン情報などが、slaveサーバに転送されるのは どれくらいの時間がかかるものでしょうか。 また、masterのnamed.conf中の // ***.com zone "***.com" { type master; file "master/***.com"; }; の記述もslaveのnamed.confに転送され記述されることになりますでしょうか。 それとも、slaveのnamed.confに // ***.com zone "***.com" { type slave; masters { ***.***.***.***; }; ← マスターのIPアドレス file "slave/***.com"; }; と人の手で追記設定がいるのでしょうか。 ご回答、何卒宜しくお願い致します

  • Cent OS 4のBIND

    Cent OS 4でyumを使いBINDをインストールすると 基本となる情報の入ったnamed.confやゾーンファイルが あるとインストールマニュアルにはありますが 行った結果named.confだけはありましたが(最低限の情報しか入ってない) ゾーンファイルに至ってはルートのnamed.caにあたるファイルさえも ありませんでした。 これって何か特別な手順を踏まなくてはインストールされないのですか?

  • BIND9.3.4スレーブ側でfailed while receiving responses: REFUSED

    セカンダリDNS(CentOS5.3+bind9.3.4)を再構築しているのですが、マスターからゾーン転送を受ける際に「failed while receiving responses: REFUSED」となってしまう。今まではCentOS4.7+bind9.2.4でセカンダリを構築していて問題はなかったのですが・・・。 この再構築ではコンテンツのみでキャッシュは構築しない仕様です。 また、マスタおよびセカンダリのIPアドレスに変更はありません。 # yum install bind bind-chroot # vi /var/named/chroot/etc/named.conf options { directory "/var/named"; // the default dump-file "data/cache_dump.db"; statistics-file "data/named_stats.txt"; memstatistics-file "data/named_mem_stats.txt"; allow-query { any; }; recursion no; version ""; }; zone "example.com" { type slave; masters { 10.1.1.186; }; file "slaves/example.com.bak"; }; # /etc/init.d/named start messegeログは以下の通りです named[8818]: starting BIND 9.3.4-P1 -u named -t /var/named/chroot named[8818]: found 1 CPU, using 1 worker thread named[8818]: loading configuration from '/etc/named.conf' named[8818]: listening on IPv4 interface lo, 127.0.0.1#53 named[8818]: listening on IPv4 interface eth1, 192.168.255.187#53 named[8818]: listening on IPv4 interface eth0, 10.1.1.187#53 named[8818]: command channel listening on 127.0.0.1#953 named[8818]: command channel listening on ::1#953 named[8818]: running named[8818]: zone example.com/IN: Transfer started. named[8818]: transfer of 'example.com/IN' from 10.1.1.186#53: connected using 10.1.1.187#46819 named[8818]: transfer of 'example.com/IN' from 10.1.1.186#53: failed while receiving responses: REFUSED named[8818]: transfer of 'example.com/IN' from 10.1.1.186#53: end of transfer というようになってしまいます。その他動作チェックしたのが以下の通りです。 #ps -aux | grep named named 9051 0.0 0.6 38312 2904 ? Ssl 15:01 0:00 /usr/sbin/named -u named -t /var/named/chroot #netstat -an | grep :53 tcp 0 0 10.1.1.187:53 0.0.0.0:* LISTEN tcp 0 0 192.168.255.187:53 0.0.0.0:* LISTEN tcp 0 0 127.0.0.1:53 0.0.0.0:* LISTEN udp 0 0 10.1.1.187:53 0.0.0.0:* udp 0 0 192.168.255.187:53 0.0.0.0:* udp 0 0 127.0.0.1:53 0.0.0.0:* #chgrp named /var/namedも実行してみたが変わらずです。 また再インストールも試みましたがダメでした。 心当たりのある方、ご教授願います。

  • CentOS7によるサーバーの構築

    ■環境 VPS : Serverman@VPS パッケージ : シンプルセット サーバーOS : CentOS7(64bit) クライアントOS : windows8.1 ■参考サイト [SERVERSMAN@VPS]エントリープランからサーバーを構築する(4)~BINDをインストールしてDNSサーバー化する~ http://mani-lab.com/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/serversmanvps%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%92%E6%A7%8B%E7%AF%89%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%884/ ■内容 勉強のためServerMman@VPSのサービスを使用し、上記のサイトの手順に従いながらサーバーの構築作業を行っていたところ、 # yum -y install bind caching-nameserver bind-chroot のコマンドまでは成功し、次に # cp /var/named/chroot/etc/named.caching-nameserver.conf /var/named/chroot/etc/named.conf を実行したのですが、コピー元の「named.caching-nameserver.conf」が指定のディレクトリに存在していないようで、失敗してしまいます。 「named.caching-nameserver.conf」のファイルが存在しない原因が分かりません。どこかの手順が間違っていたのでしょうか。 始めたばかりでサーバーやLinuxの知識が全く無いので、ざっくりとした質問になってしまい申し訳ありません。

  • 【確認】BINDで何もエラー見られず反映されない

    こんばんわ。 少し確認なのですが・・・ BINDを設定して、 ネームサーバホスト登録を済ませてので、 whoisでネームサーバをするとIPが引ける状態です。 テストに一つ、 zoneファイルを追加して、 named.confにzoneを追加しました。 リスタートさせたりしてもエラーは特に見られません。 Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: starting BIND 9.3.4-P1 -u named -t /var/named/chroot Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: found 2 CPUs, using 2 worker threads Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: loading configuration from '/etc/named.conf' Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: listening on IPv6 interface lo, ::1#53 Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: listening on IPv4 interface lo, 127.0.0.1#53 Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: command channel listening on 127.0.0.1#953 Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: command channel listening on ::1#953Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: zone ***-***.jp/IN: loaded serial 2009021320 Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: running Feb 13 11:25:25 ns2 named[2717]: zone ***-***.jp/IN: sending notifies (serial 2009021320) # dig @127.0.0.1 ***-***.jp ※127.0.0.1の部分はネームサーバに変更しても下記と同じ内容が得られます。 ;; QUESTION SECTION: ;***-***.jp. IN A ;; ANSWER SECTION: ***-***.jp. 3600 IN A プライマリIP ;; AUTHORITY SECTION: ***-***.jp 3600 IN NS プライマリネーム. ***-***.jp 3600 IN NS スレーブDNS. ;; ADDITIONAL SECTION: スレーブDNS. 143783 IN A スレーブIP ;; Query time: 0 msec ;; SERVER: 127.0.0.1#53(127.0.0.1) ;; WHEN: Fri Feb 13 19:29:02 2009 ;; MSG SIZE rcvd: 112 BINDの設定してから半日位経過しております。 zoneファイルは$TTL 3600 未だドメインでWhoisしてもIPが引けません・・・ 暫く待つといいのですか? その他確認事項はありますでしょうか?