• 締切済み

おススメ小説を教えてください!

東直己さんのススキノ探偵<俺>シリーズ、畝原シリーズ、 石田衣良さんの池袋ウエストゲートパークシリーズ 柴田よしきさんのハナちゃんシリーズなどが好きなのですが、 他に本を開拓したいと思っています。 おススメの本や作家さんがいたら教えてください。 ・ジャンルはハードボイルド系統 (あまり難しいと読めませんが…) ・主人公は探偵とか刑事とか便利屋とか ・主人公は男性 ・できれば一人称 よろしくお願いします!

みんなの回答

  • futugou
  • ベストアンサー率0% (0/4)
回答No.2

こんにちは、私のお勧め小説は    『 野獣死すべし 』  著者 大藪春彦     アンチヒーロー物ですが、主人公 伊達邦彦のキャラクターが面白く   1本のアクション映画を観終わった感覚になります。   伊達を主人公にした続編もお勧めです。   ただ、著者の文章が最近の作家に比べ、かなり雑ですが、   そんなこと苦にならないぐらいの面白さです。   

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • shin0620
  • ベストアンサー率35% (47/133)
回答No.1

ぴったりの小説があります。 大沢在昌『新宿鮫』シリーズです。 国家公務員I種試験合格のキャリア警察官ながら、上層部に睨まれ、 新宿警察署生活安全課で一匹狼で捜査する刑事の鮫島警部。 シリーズ中、対公安警察が舞台の『氷舞』が一番好きです。 氏の作品はよく取材された上の作品、とってつけたような警察小説とは一線を画します。 ぜひどうぞ!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • おすすめの探偵小説(サスペンス小説)ありませんか

    石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」,大沢在昌「アルバイト探偵」のような小説を探しています。(探偵小説とかサスペンス小説と言っていいんでしょうか?) ジャンルや雰囲気が上手く表現できず申し訳ないのですが,軽い感じの行動派の探偵が活躍するような小説です。(巧妙なトリック解いたりする必要はないです) 日本人作家で,シリーズ化されていて,できればホロリとさせられるものがいいです。 ちなみに大沢在昌「新宿鮫」や原尞「探偵沢崎シリーズ」は若干重いかなと感じました。(嫌いというわけではないのですが)

  • 柴田よしきのオススメ作品。

    柴田よしきのオススメ作品。 お世話になります。猫探偵正太郎シリーズの大ファンとなってしまった私ですが 柴田よしきさんの他の作品を全く読んだ事がないことに最近気付きました。 作風である独創的なストーリーによる読者の引き込み方はもちろんなのですが、 私は正太郎の一人称における話の展開が非常に好みで、 作中での桜川ひとみとの掛け合いには始終頬を綻ばせてしまいました。 一人称で話を進めるタイプの物語の中では正太郎シリーズを頂点に推す私に、 そんな正太郎シリーズに勝るとも劣らない柴田よしきさんの作品があれば 是非教えていただきたいと思い、今回こちらに投稿させて致しました。 SF、サスペンス、ホラーとジャンルは一切問いませんが、 その作品が読み切りで既に文庫化されているもののみをお願い致します。

  • 洒落たノワール・ハードボイルド小説を読みたいです

    お洒落なノワールorハードボイルド小説を探しています。 石田衣良さんの「ルージュ・ノワール 赤・黒 池袋ウエストゲートパーク外伝 」をとても面白く読み、こういったお洒落な雰囲気のあるノワールもしくはハードボイルド的な小説があったら読みたいと思っているので、何かおすすめして下さる方がいたら教えてください。 とりあえず、池袋ウエストゲートパーク本編は読んでみようと思っています

  • 「探偵はバーにいる」シリーズ冒頭で「ハミへ」とは?

    東直己さんのススキノ探偵「探偵はバーにいる」シリーズで冒頭に「ハミへ」という言葉がついているのですが、 あれはどういう意味でしょうか?ご存知の方があれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 石田衣良先生「池袋ウエストゲートパーク」

    石田衣良先生の「池袋ウエストゲートパーク」シリーズは、今でも続いていますか?? シリーズ3作目までは読んだことがあるのですが、それ以来手をつけていないので分かりません。 番外編も出ているようですが、すでに完結しているということなのでしょうか。 ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 二度読みしてしまう小説 教えてください。

    最近読む本がなくなってきて困っています。 いい小説家のかたを新規開拓したいと思ってるので、 二度読みしてしまうような面白い小説教えてください。 おねがいいたします。 ちなみにもう読み済みの方は 石田衣良、伊坂幸太郎、江國香織、恩田陸、白石一文、吉田修一、藤堂シズコ、角田光代、川上弘美、浅田次郎、東野圭吾などです。 あと、ミステリーは少し苦手です。

  • 作品数の多い探偵・刑事もののシリーズ

    ・浅見光彦シリーズ(内田康夫) ・宮之原警部シリーズ(木谷恭介) ・浦上伸介シリーズ(津村秀介) あたりが好きでよく読んでいます。 上記のように作品数が50以上ある推理小説・探偵(刑事)小説を教えていただけませんか。 作品数は多くありませんが,池袋ウエストゲートパーク(石田衣良),安積班シリーズ(今野敏)も好きです。

  • 石田衣良の本

    石田衣良の『東京ウエストゲートパーク』のサイン本を売ろうと考えています。 しかし、ブックオフだと安値で叩かれそうですし、かといって神保町の古本屋だと扱ってくれる店が少なさそう……。 という訳で、こういったタイプの本を適正に評価してくれる店を探しているのですが、どなたか良いところを知っていたら教えて頂けると助かります。 よろしくお願いします。

  • 池袋ウエストゲートパーク 石田衣良・・・

    石田衣良の「池袋シリーズ」って完結してませんよね? 質問ですが、「反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパークV(?)」って いつごろに文庫化するのか、情報知りませんか??? 些細なことでも良いので、そこら辺の情報をお待ちしております。

  • 本の出版順を知るには・・・

    本の出版順を知るには・・・ 最近、続きものの本を読んでいます。しかしどれが最初で次がどれで…というのがイマイチわかりづらく、後出版の本を先に読んでしまい、内容が理解できずということがあります。 例えば、石田衣良の池袋ウェストゲートパーク系、椎名誠の雑魚釣り隊系、有川浩の図書館戦争系…など。 どこか作者別に順番やシリーズ物の系統がわかるようなところはないでしょうか?