解決済み

キャッチャーを座らせる/立たせるの違い

  • 暇なときにでも
  • 質問No.462921
  • 閲覧数620
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 93% (1060/1128)

プロ野球のキャンプが始まりましたが、投手の練習で「捕手を立たせたまま」とか「今日は捕手を座らせてピッチングを…」なんて報道されていますね。
捕手を立たせるのと座らせるのとでは練習にどんな違いがあるのでしょう。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 100% (1/1)

私は、今までずっと投手をしてきました。なので、多分あっているとおもいます。多分というのは、野球については色々な理論が唱えられているからです。
ピッチングというものは、当然体に負担がかかってきます。とくに、肩、肘には大きな負担がかかります。ピッチングで低めにしっかりとした球を投げることは、考えている以上に難しいものなのです。それは、低めに投げるときには、全身を使ってしっかりとしたフォームで投げなければ良い球がいかないからです。そのため、当然体にかかる負荷も多くなっていきます。プロは、オフシーズンの間は主に体作りを行っていますので、シーズン中のような技術的な練習はあまりしていません。そのため、にまずは捕手を立たせて投げることで感覚を取り戻し、体を慣らしてていくのです。
お礼コメント
atsusaki

お礼率 93% (1060/1128)

gloveさんありがとうございます。
ピッチングで低めにしっかりとした球を投げることは考えている以上に難しいものだということ、よく分かりました。
投稿日時 - 2003-02-04 20:00:21
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 16% (1/6)

捕手を立たせたままでっていうのは「軽くキャッチボール程度」ってことです。当然オフに休んでいたわけですから、忘れていた感覚や投球ホームを思い出すのです。捕手を立たせて胸の高さに投げたり、時には低くしたり。でもまだカーブなどは投げません。キャッチャーを座らせてピッチングをする時は、仕上げの段階です。 またこの時期におもいっきり投げるという行為は、肩を壊す原因にもなります。だからこの時期は軽くピッチングをして、感覚をつかみなおすのです。
お礼コメント
atsusaki

お礼率 93% (1060/1128)

kauzさんありがとうございます。
よく分かりました。
投稿日時 - 2003-02-04 20:01:19
  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (1198/4585)

 キャッチボールに近い(肩ならし)か、実戦(マジ投)に近いか・・・じゃないんですか。

 私はそうと思ってました。
お礼コメント
atsusaki

お礼率 93% (1060/1128)

hikki-hikkiさんありがとうございます。
なるほど、肩ならしがキャッチャーを立たせる場合ですか。
投稿日時 - 2003-02-04 19:59:09
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ