• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

給与とは別に小額の報酬があって、医療費控除も行う場合の確定申告

平成18年分の医療費控除の還付を受けるために各種申告関連書類を作成しています。ところが以下について調べましたがよくわかりませんでした。おわかりになる方、教えていただけないでしょうか。 【状況】 ・平成18年分の医療費控除の還付を受けたい(年収が200万円を超え、年間医療費が10万円を超えております) ・給与所得者であるため平成18年分の給与所得の源泉徴収票を会社より入手している ・平成18年に支払った生計を一つにする者全員分の病院・薬局・ドラッグストアなどが発行した領収書をまとめ、既に「医療費の明細書」に記入している(入院など治療費が多かったため45万円超・・・すなわち35万円超が医療費控除の対象) ・書類を整理していて見つかった、平成18年に依頼を受けて行った講演の報酬(特に契約などはなく、種別:報酬、支払金額:44,502円、源泉徴収税額:4,450円)と書かれた「平成18年分給与所得の源泉徴収票」がある 【質問】 1.報酬は20万円以下なので申告不要なのではないかとは思うのですが、還付申告する際に一緒に提出する必要はありますか。医療費控除の対象金額が35万円超で、給与所得の方の源泉徴収税額が20万円弱なので、願わくば報酬の源泉徴収税額を含めると還付金額が増えたりするのではないかという素人考えもあっての質問です。 2.報酬を還付申告するのに含める必要がある場合、確定申告書Aの第一表の記入の方法ですが・・・、 (1)「収入金額等」の欄のなかの「給与」には、給与所得者として会社からもらった源泉徴収票に書かれている「支払金額」を書くことになると思いますが、報酬については「雑」のなかの「その他」の欄に、報酬との方の源泉徴収票に書かれている「支払金額」を書き込むことになりますか。 (2)「所得金額」の欄のなかの「給与」には、給与所得者として会社からもらった源泉徴収票に書かれている「給与所得控除後の金額」を書くと思いますが、報酬については「給与所得控除後の金額」の欄に記入がありませんが、「雑」の欄にはどのような数字を入れれば良いのでしょうか。「支払金額」の欄の金額-「源泉徴収税額」の欄の金額で良いのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数724
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7826)

No.2です。 >「記入します」ではなく「記入すればいい」と書かれていますが、「給与」以外にも書き方があるというニュアンスで受け止めたのですが、考えすぎでしょうか。 そのとおり考えすぎです。 書きたければ詳しく書いても問題はないでしょう、ということです。 より詳しく「給与(報酬)」と記入したっていいでしょうし、別にそんなにきっちりしなくてもいいでしょう、ということです。 要は、何の所得かわかればいいんです。 個人的には重要な事項ではないと思っています。 源泉徴収額が間違っていなければ問題ないと思います。 >源泉徴収票の種別の欄には報酬と書かれているのに、所得の種類には該当しないのでしょうか。こういう点が税金に関してはよくわかりません。 「種別」と「所得の種類」は違います。 「所得の種類」は参考のサイト「所得税のしくみ」の「所得金額の計算」のところに書かれていますので見てください。 「種別」はその「給与所得」をより詳しく表記しているものです。 ですので、会社の源泉徴収票の種別は「給与・賞与」となっていませんか。 「所得の種類」に「賞与」はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ずっとフォローして頂き有難うございます。 > 「給与」以外にも書き方があるというニュアンスで受け止めたのですが、考えすぎでしょうか。 考えすぎだったんですね。失礼しました。 > より詳しく「給与(報酬)」と記入したっていいでしょうし、別にそんなにきっちりしなくてもいいでしょう・・・ 前提として、源泉徴収票にしても、申告書にしても、国の機関である税務署に提出するものですから、きっちりしないといけないという風に考えてしまいます。 例えば、民間企業である銀行ですら、提出書類に訂正する際は必ず訂正印が必要ですが、先日会社から届いた源泉徴収票が平成19年分の用紙を使い、平成20年分として発行するために、ゴム印で「20」と書かれたものを押しているだけであったので、訂正印もなく「これで使えるの?」と自然と思ってしまいました。記入されている内容に基づき源泉徴収税額などが決まる重要な書類だと思うので、訂正印がなくても使えると会社の担当者から聞いて大変驚きました。 > 個人的には重要な事項ではないと思っています。源泉徴収額が間違っていなければ問題ないと思います。 おっしゃる通り、つまるところはそうだと当方も思いますが、提出先は公的機関ですから、当方としては気になりますよね。結構田舎に住んでいるため、税務署まで行こうと思うと半日仕事になりますし、せっかく全部揃えて行ったのに、そういう訂正とかでやり直しなどが必要になったら面倒なので、事前にお聞きした次第です。 > 「種別」と「所得の種類」は違います・・・ 普通の感覚で、同じ種類に関することなので、同じと考えてしまいます。ちょっとしたことをもっとわかりやすくしてくれたら、わからない者にとってわざわざ確認する必要もないことになると思うのですが・・・。 > 「種別」はその「給与所得」をより詳しく表記しているものです。 ですので、会社の源泉徴収票の種別は「給与・賞与」となっていませんか・・・ そうなんですね。会社からもらった源泉徴収票には「給与」とだけ書かれています。過去のものには「給与等」と書かれていたものもありました。 詳しく教えて頂きよくわかりました。本当に有難うございました。

関連するQ&A

  • 外交員報酬をもらっています。確定申告は?

    先日源泉徴収票をもらいました。 よくある「18年度分 給与所得の源泉徴収票」と 「18年度分 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」 というものです。区分は「外交員報酬」となっています。 「18年度分 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払金額は128,082円、源泉徴収税額12,802円です。 この場合確定申告する必要はあるのでしょうか? 20万以下で、特に必要経費で何も買ってませんが、源泉徴収票が2枚あると確定申告する必要があるって聞きました。(勘違いかもしれませんが) 他に住宅ローンの控除で初めて確定申告するのですが、源泉徴収票2枚とも一緒に提出したほうがいいですか?それとも意味ないから給与所得の源泉徴収票のみでいいですか? よろしくご教授下さい。

  • 確定申告医療費控除について

    年収1,246,720 所得金額596,720 所得控除の合計額468,617 源泉徴収額6,400 医療費控除は年収が200万円以下なら所得金額の5%差し引けばいいときき、申告をしようと思ったのですが・・・ 今年の医療費51,050 所得金額596,720の5%=29,836 医療費控除51,050-29,836=21,214 申告書20の欄が468,617+21,214=489,831 21欄が596,720-489,831=106,000 22欄の21に対する税額というのは、10%でいいのでしょうか? とすると、10,600 33欄はその他差し引くのはないので10,600 申告納税額は10,600-5,200=5,400 となるのですが、この場合還付されるのではなく逆に納めないといけないですか? ならば医療費控除はしないほうがいいですよね? 無知で申し訳ありません 詳しい方教えてくださると有難いです

  • 確定申告のわからない点を教えていただけますか?

    会社に所属していますが、一応自由業です。 曜日ごとに同じ会社でも、所在地が違います。 いつも申告は「還付申告」です。今年は忙しかった為今やっと 申告しようと考えています。 「源泉徴収票」が曜日ごとの分として6枚届きます。 いつもは特に問題なく書かれてあるのは・・・。 種別が「報酬」ということで 「支払金額」と「源泉徴収税額」のみです。 したがって、仕事での「必要経費」を計算して、生命保険、国民年金 などの、控除される額など書き込み、スムーズに提出してきました。 今回は、ある1つの曜日の仕事の種別が「給与・賞与」 となっている為、源泉徴収票に書かれてある項目が、その1枚 のみ、変わっています。 1「支払金額」2「給与所得控除後の金額」3「所得控除の額の合計額」 4「源泉徴収税額」・・の4つ書かれてあります。 つまり、いつもの収入額を記入する欄とは別に、その分は「給与所得」 ということになるのですよね・・・? 税務署から送られてきている書類には、既に基礎控除として380000 円が印刷されています。(いつもそうだったと思います) 今回のその1枚に書かれてある(上記でも書いた)3「所得控除額の合計金額」の部分にも 380000円と書かれてあります。 これは、基礎控除のことなのでしょうか? また、2「給与所得控除後の金額」の意味もあまりわからないし・・。 4「源泉徴収税額」の金額も、他の5枚はいつものように「1割くらい」 ですが、この紙での4の額は 25%くらいになっています。 どこに、何を書いたらよいか判らないし、イマイチこの1枚の「源泉徴収票」のみ違うので、頭が混乱しています!! 自分が頭が悪いのかもしれませんが、是非アドバイスお願い致します。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7826)

No.2です。 >たとえ、正式な契約書を交わしていなくても給与所得になるのでしょうか。 そのとおりです。 >「所得の種類」には「給与」と記入するのでしょうか、それとも「報酬」と記入するのでしょうか。 「給与」と記入すればいいでしょう。 「所得の種類」に「報酬」という項目はありません。 >各地の税務署の対応も一昔前に比べれば納税者に優しくなったと思います。 私もそう思います。 >それでもまだまだ誰にでもわかりやすい説明や資料などがあるかというと、そうではないと思います。 下記のサイトは、国税庁のものですが税一般について比較的わかりやすく書かれています。 参考までに… http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/h20/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

追加の回答有難うございます。 > 「給与」と記入すればいいでしょう。 了解しました。「記入します」ではなく「記入すればいい」と書かれていますが、「給与」以外にも書き方があるというニュアンスで受け止めたのですが、考えすぎでしょうか。 > 「所得の種類」に「報酬」という項目はありません。 源泉徴収票の種別の欄には報酬と書かれているのに、所得の種類には該当しないのでしょうか。こういう点が税金に関してはよくわかりません。 > 下記のサイトは、国税庁のものですが税一般について比較的わかりやすく書かれています。参考までに… 確かにこの冊子はわかりやすいですね。有難うございます。 最後までフォロー頂き本当に有難うございました。お陰で無事医療費控除の還付申告が出来そうです。

  • 回答No.3
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7826)

No.2です。 >もらった収入の性質ではなくて、発行された書類の様式によって収入の分類が決まるということなのでしょうか。 いいえ。 収入の性質です。 講演料などの報酬であっても、雇用に類似する労務契約関係にもとづいたものと解釈される場合の報酬は給与所得となります。 これは、講演の依頼先が税務署に確認をし、「種別」を「報酬」とした「給与所得の源泉徴収票」を発行しているものと思われます。 一般人の講演の講師料は「給与」としてみることが多いと思われます。 >報酬もいれた収入が210万円の収入だとすれば、給与所得控除後の「所得」は129万円です。この所得が200万円未満なら・・・ >どういう計算をしたら給与所得控除後の所得が算出されるのかがわからないので、せっかくご説明頂きましたが、よくわかりませんでした。 2,100,000÷4(千円未満切捨て)×2.8-180,000=1,290,000 です。 >国税庁の速算表… あくまでも速算表ですので、正確な給与所得金額は 会社の給料と講演料の合計が 3,600,000円~ 6,599,999円なら 収入額÷4(千円未満切捨て)×3.2-540,000 6,600,000円~ 9,999,999円なら  収入額×0.9-1,200,000 の計算式から所得額が出ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のフォロー・レス有難うございます。 > 収入の性質です。講演料などの報酬であっても、雇用に類似する労務契約関係にもとづいたものと解釈される場合の報酬は給与所得となります。 【ご確認】 たとえ、正式な契約書を交わしていなくても給与所得になるのでしょうか。給与所得として申告書に記入を始めました。 【新しい質問】 所得税の確定申告書Aの第二表の左側にある「所得の内訳」にこの報酬の分を書き入れようと思うのですが、「所得の種類」には「給与」と記入するのでしょうか、それとも「報酬」と記入するのでしょうか。 > 2,100,000÷4(千円未満切捨て)×2.8-180,000=1,290,000です。 > 正確な給与所得金額は・・・ 国税庁のHPで「所得税法別表第五」の表を見つけ、ほぼ申告書と医療費の明細への記入を終えることが出来ています。有難うございます。 ところで、各地の税務署の対応も一昔前に比べれば納税者に優しくなったと思います。それでもまだまだ誰にでもわかりやすい説明や資料などがあるかというと、そうではないと思います。1997年だったと思いますが、当時のクリントン米国大統領がアメリカの課税庁であるIRS(内国歳入庁)をもっと親しみやすい政府機関にしようと改革法に署名をしましたが、その後随分と納税者に優しくなっております。日本の国税庁や各地の税務署もそれに追随しておりますが、HPにある内容一つを取っても未だにお役所仕事という感が色濃く残っており、もっと柔軟に改革が進むこと願いたいと思っています。

  • 回答No.2
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7826)

>1.報酬は20万円以下なので申告不要なのではないかとは思うのですが、還付申告する際に一緒に提出する必要はありますか。医療費控除の対象金額が35万円超で、給与所得の方の源泉徴収税額が20万円弱なので、願わくば報酬の源泉徴収税額を含めると還付金額が増えたりするのではないかという素人考えもあっての質問です。 貴方の場合、「平成18年分給与所得の源泉徴収票」ということですので、講演の「報酬」は「給与所得」ですね。 10%も源泉徴収されているのですから、確定申告すれば医療費控除なくても所得税戻ってきます。(貴方の年収なら税率は5%です) また、貴方の年収なら、かかった医療費は10万以下でも控除されます。 報酬もいれた収入が210万円の収入だとすれば、給与所得控除後の「所得」は129万円です。 この所得が200万円未満なら、10万円ではなく、その所得の5%を超えた場合に医療費控除が受けられます。 「所得」が129万円なら医療費からその5%64500円引いた分(保険金などから補てんされる金額が0円なら)が控除額です。 ただし、医療費は貴方が払ったということでないと控除できません。 扶養家族の分ならそういうことがいえるでしょうが、そうでなければ「生計を一にしている」からといって、家族全員分すべてを合計していいということはありません。 貴方が払った金額が45万円なら、そこから10万円ではなく「所得」の5%を引いた分が医療費控除の対象です。 参考 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/h20/pdf/d-1.pdf >(1)「収入金額等」の欄のなかの「給与」には、給与所得者として会社からもらった源泉徴収票に書かれている「支払金額」を書くことになると思いますが、報酬については「雑」のなかの「その他」の欄に、報酬との方の源泉徴収票に書かれている「支払金額」を書き込むことになりますか。 貴方の「報酬」は給与所得ですので、「給与」の欄に会社の分と両方の支払金額の合計額を記入します。 >(2)「所得金額」の欄のなかの「給与」には、給与所得者として会社からもらった源泉徴収票に書かれている「給与所得控除後の金額」を書くと思いますが、報酬については「給与所得控除後の金額」の欄に記入がありませんが、「雑」の欄にはどのような数字を入れれば良いのでしょうか。「支払金額」の欄の金額-「源泉徴収税額」の欄の金額で良いのでしょうか。 いいえ。 会社の給料と講演の報酬の支払金額を合計した年収に対する給与所得控除額を引いた金額です。 参考 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 > 貴方の場合、「平成18年分給与所得の源泉徴収票」ということですので、講演の「報酬」は「給与所得」ですね。 「給与所得」ということで、了解しました。しかし結局のところ、もらった収入の性質ではなくて、発行された書類の様式によって収入の分類が決まるということなのでしょうか。 > 10%も源泉徴収されているのですから、確定申告すれば医療費控除なくても所得税戻ってきます。(貴方の年収なら税率は5%です) 質問の【状況】のなかに書いている「年収が200万円を超え」は200万円をわずかに超えているという意味ではありません。200万円超えは、500万円でも1,000万円という意味にも取れます(もちろんそんな高額年収を得てはいません)。年収が200万円以上なので、要件にある年収200万円のラインを例に取り上げて書いただけなんです。所得税額の表から計算すると、当方の年収のところでは5%にはならないと思います。 > また、貴方の年収なら、かかった医療費は10万以下でも控除されます。 当方の場合、「医療費の明細書」の「控除額の計算」のところの「F」の欄が、元々の給与の年収から10万円になることがわかっております。 > 報酬もいれた収入が210万円の収入だとすれば、給与所得控除後の「所得」は129万円です。この所得が200万円未満なら・・・ どういう計算をしたら給与所得控除後の所得が算出されるのかがわからないので、せっかくご説明頂きましたが、よくわかりませんでした。 > ただし、医療費は貴方が払ったということでないと控除できません。 扶養家族の分なら・・・ 過去10年以上(うち直近ではここ5年連続で)当方は医療費控除に伴う確定申告を自分でしておりますが、今回は初めて給与のほかに報酬があったので計算の仕方がわからずお聞きしました。対象は当方の家族4人で、うち3人は扶養家族、収入があるのは当方のみです。支払いは全て当方がこれまで給与として稼いできた収入から行われております。 > 貴方の「報酬」は給与所得ですので、「給与」の欄に会社の分と両方の支払金額の合計額を記入します。 単純に合算すれば良いということですね。有難うございます。 > 会社の給料と講演の報酬の支払金額を合計した年収に対する給与所得控除額を引いた金額です。 国税庁の速算表を参考に計算してみます。有難うございます。

  • 回答No.1

>生計を一つにする者全員分の病院・薬局・ドラッグストアなどが発行した領収書をまとめ… 税法に、そんなことをしても良いとは書いてありません。 そもそも、医療費控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受ける権利を持っているだけです。 妻が払ったものを夫が申告するなどのことは、原則としてできません。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。 妻の預金から振り替えられているような場合は、夫にはまったく関係ありません。 >1.報酬は20万円以下なので申告不要なのではないかとは… 年末調整だけで済ますなら、20万以下の所得はだまっていてかまいませんが、他の要因により確定申告をする場合は、20万以下もすべて申告しなければなりません。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm >願わくば報酬の源泉徴収税額を含めると還付金額が増えたりするのではないかという素人考えもあっての… 医療費控除対象の 35万円に税率を掛けた分が返ってくるだけです。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm ただ、報酬からの源泉徴収は一般に 10%ですから、合計所得金額に対する税率が 5%の場合に限り、還付額は増えることになります。 >報酬との方の源泉徴収票に書かれている「支払金額」を書き込… 「源泉徴収票」が発行されているなら、税法上の給与です。 本業の源泉徴収票と、単純に足し算して給与欄に書き込みます。 >報酬については「給与所得控除後の金額」の欄に記入がありませんが… 「源泉徴収票」でなく『支払調書』 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100038-2.pdf をもらっているなら、給与ではありませんから、給与所得控除は関係なく、「給与所得控除後の金額」の欄などあるわけありません。 >「雑」の欄にはどのような数字を入れれば良いのでしょうか… 「源泉徴収票」なのか『支払調書』なのかの見極めが先です。 『支払調書』で間違いなければ、 >「支払金額」の欄の金額-「源泉徴収税額」の欄の金額で良いの… 源泉税を引く前の数字。 源泉税は、本業分と合算して (○30)。 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/01a.pdf 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答感謝致します。 >> 平成18年に支払った生計を一つにする者全員分の・・・ 大変申し訳ありませんが、当方の書き方が悪かったのでしょうか。当方は質問のなかの【状況】の箇所に「妻が払った」とは書いておりませんし、リンク先にも要件の一つに「(1)納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること」とあり、そういう意味で書きました。「全員」とは当方、妻、子供達のことで、このうち収入があるのは当方のみです。 > 年末調整だけで済ますなら、20万以下の所得は・・・ 質問の【状況】のなかに書いております様に、対象年は「平成18年」で、年末調整は出来ないと思います。医療費控除の税金還付のため確定申告しますので20万円以下でも申告義務があり、35万円×税率の還付であることも了解です。 > ただ、報酬からの源泉徴収は一般に10%ですから・・・ 質問のなかの【状況】に書いておりますように、当方の年収は200万円超で、「合計所得金額」に対する所得税税率はリンク先にありますように10%以上になると思います。 > 「源泉徴収票」が発行されているなら・・・ 「支払調書」が別にあることも知っておりますが、質問のなかの【状況】に書いておりますように、今回は種別の欄に「報酬」と書かれている「平成18年分給与所得者の源泉徴収票」の用紙が送られてきています。 ただわからないのが、ネット上では「源泉徴収票の様式でもらっていれば給与」、当方が質問の【状況】に書いている様に「特に契約などはしていない場合は報酬」と書かれている方もおられる点です。 >> 「雑」の欄にはどのような数字を入れれば良いのでしょうか… 種別に報酬を書かれた源泉徴収票の用紙を使って送ってきておりますが、雑所得の場合はご説明いただいた通りで了解しました。 > 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 皆さんの様に賢い方々と違い、当方は知識も断片的で、散々事前に「国税庁のタックスアンサー」などを良く読んで調べても理解出来なかったのでこちらで質問をさせて頂いています。

関連するQ&A

  • 確定申告はしなくてもいいのでしょうか?

    勤労学生としてアルバイトをしていました。 そのアルバイト先から源泉徴収票を貰ったのですが、 源泉徴収税額が0円となっていました。 所得税が引かれている月も何回かあり、 還付されるものとばかり思っていましたので 確定申告をするつもりだったのですが、 源泉徴収額が0円となっているってことは 還付はないってことなのですよね? 色々と調べたのですがイマイチよく分かりません… 確定申告しなくてもよいのでしょうか? ちなみに 支払金額は1279961円 給与所得控除後の金額は629961円 所得控除額の合計額は650000円と書かれていました。 そして アルバイトは休んでいたため、 12月分の給与は頂いていません。 1月分の給与では年末調整欄が0円でした。 源泉徴収票の給与所得控除後の金額欄に数字が入力されていたので 年末調整はされているようなのですが、 この場合、去年に引かれた分の所得税は還ってはこないのでしょうか。 初歩的な質問でしたらすみません。 お解りになられる方教えてください。

  • 小額の報酬の確定申告について

    素人なのでどなたかご教授ください。 私はサラリーマンで給与所得があるわけですが、市から請け負っている仕事の報酬が18年度に5万円弱ありました。5万円弱の報酬に対しては源泉徴収がありましたが、年末に源泉徴収票も発行されなかったため年末調整はしませんでした。そして、19年度の住民税の税額決定書通知書が自宅に届いたときには給与収入の欄に、その5万円弱の報酬も加算された額になっていました。(会社からの給与と市からの報酬が合算された額が給与欄にありました。) その合算額に対して住民税が計算されているのですが、実はその5万円弱の報酬を受け取るのに、交通費やその仕事に使った薬品代などが結構かかっているのです。そこで報酬分に関しては給与分と切り離して経費を差し引いて申告したいのですが、そのようなことは可能なのでしょうか?それによって住民税の減税額がたとえ100円であっても構わないので、そういった申告が可能かどうか教えていただければ幸いです。もし可能ならば、領収書のない交通費はどうやって金額を計算するべきでしょうか?乱筆失礼いたします。

  • 確定申告での疑問です!教えていただけますか?

    同じ会社内で・・色々な仕事の種類があるため 毎年確定申告をする際に「源泉徴収票」が数枚届きます。 そのうちの1枚が給与所得の為、勤務に伴う「必要経費」的要素を持つ 「給与所得控除額」が差し引かれますよね? したがって・・「源泉徴収額」はかなり減ると思うんです。 他の「給与所得」ではない「報酬」という形できているものの 「源泉徴収票」の徴収額はおよそ1割くらいです。 その分の「必要経費」は内訳表に書きいつも提出しています。 しかし、今回の「給与所得の源泉徴収票」の「所得控除の合計額」が 「0円」になっていて、源泉徴収額がほぼ1割・・他のものと同じ形に感じられます。 全くわからないので・・ここまで書いたこと自体がおかしい書き方でしたら申しわけないのですが・・。 その1枚だけの「給与所得」のなかでかなり必要経費的に使っている 額が実際にあるのですが・・この部分においては、「必要経費」として 書き込めないため・・なぜか不思議でなりません! ちなみに金額の例を挙げるとすると・・。 ◆種別・・給与・賞与 ◆支払金額・・2400000円 ◆給与所得控除後の金額・・0円 ◆所得控除の額の合計額・・0円 ◆源泉徴収額・・210000円 ◆(摘要)・・・年調未済 こんな感じでかかれてあります!(金額は例ですが・・) これでよいのでしょうか??・・」というより全くわからないのです。 どなたか、是非アドバイスを(説明を)お願い致します。 ちなみに・・他の数枚は還付申告ですよね?? いつもこの時期に申告するので・・よろしくお願い致します!!

  • 確定申告の仕方を教えてください。

    平成18年(去年)にちょっとしたバイトをし、2カ所からお給料を受けました。 一カ所は源泉徴収票があり、給与 支払金額12500円 所得控除合計額が380,000円 です。 もう一カ所は源泉徴収票はなく支払調書として 区分は報酬 細目は謝礼 支払金額39,900円  源泉徴収税額 3,990円です。 確定申告はどのようにすればよいのでしょうか? 税に関してまったく無知ですが、支払わなければいけない物はきちんと払っておきたいのです。よろしくお願いします。

  • 確定申告について教えてください

    こんにちは。 会社を退社し副業もやっていたので確定申告をしようとおもうのですが教えてください! 所得控除額の合計額と給与所得控除後の金額が0なのですがこれだと還付金はないんでしょうか? わかりやすく書いてみます! 源泉徴収票に 支払額3,437,548 給与所得控除後の金額 0 所得控除後の合計額 0 源泉徴収税額 7,7601 社会保険料等の金額 473,450 この詳細だと還付金は0なのでしょうか?

  • 確定申告について教えてください

    色々自分で調べていたのですが、混乱してきたので質問させていただくことにしました。 無知でお恥ずかしい限りですが、よろしくお願い致します。 私は3月末日で退職し、1月から3月まで給与所得がありました。 5月に結婚し、夫の扶養に入りました。 現在、手元に「14年分の給与所得源泉徴収票」と、同年分の「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」があります。 退職金に関しては、在職時に申告書を提出してるので、確定申告の必要はないと判断しているのですが、 「給与所得源泉徴収票」の「支払金額」欄に、98万円弱の金額が印字され、 「給与所得控除後の金額」と「所得控除の額の合計額」はそれぞれ0円、 「源泉徴収税額」は4万円ほど印字されています。 これを見る限り、「支払金額」は103万円以下なので、確定申告すれば徴収された4万円程度が戻ってくるということでしょうか? その際、念のため退職金の源泉徴収票も持参した方が良いのでしょうか? また、現在は夫の扶養に入っていると前述しましたが、 このことは確定申告する際に何か関係してきますか? まったくトンチンカンな内容もあるかと思いますが、 よろしくお願いします・・・m(_ _)m

  • 確定申告の源泉徴収税額について

    昨年途中会社を退職し、本年に始めて確定申告をするものですが、申告書の第二表の源泉徴収税額の部分で?なのですが 昨年までいた会社から源泉徴収票が送られてきたのですが 支払金額と源泉徴収税額、社会保険料等の金額には金額が記載されていて、 給与所得控除後の金額と所得控除の額の合計は空欄。 多分、年末調整をしていないから? 給与所得控除後の金額が空欄だったため、確定申告の手引きにある給与所得の表を参考に、給与所得金額と源泉徴収額を割り出したのですが。 その割り出した源泉徴収額と送られてきた給与所得の源泉徴収票の源泉徴収税額とが同じではありません。 (そういうものなのかもしれませんが) この場合、申告書の第二表の源泉徴収額はどちらを転記するのでしょうか? どなたか教えていただけませんでしょうか。

  • 報酬と給与の確定申告

    報酬としての収入が約75万、給与収入が42万位あります。 両方とも源泉徴収されています。 確定申告の仕方、扶養のことについて教えてください。 報酬収入は事業所得になりますよね? 明細が無くても65万は必要経費として差引く事ができるのでしょうか? もしそうであれば、10万が所得金額になり、  給与所得は65万に満たないので所得は0円になり、 扶養に入る事ができて、所得税も還付されるのでしょうか? あと、事業所得の確定申告は給与所得の確定申告用紙と別々に作成するのですか? 報酬としての給与は初めてなので 困っています。 よろしくおねがいします。

  • 外交員報酬と確定申告について

    はじめて質問します。 私会社員で、会社から給与所得の源泉徴収票と別に外交員報酬の支払調書をもらいました。去年は両方をもって確定申告しましたところ税の還付金がありました。 今年同僚とこの事について話していたところ税務署や市役所は外交員報酬については把握しておらず、確定申告することによって収入を把握され、次年度から税額が上がってしまい、しないほうがいいとのことでした。 市役所にそれとなくと尋ねたところ実際外交員報酬分については把握していないので、確定申告が必要とのことでした。 同僚の言うように申告することによって還付される金額よりも次年度以降税額が上がってしまい収入的にみると減少してしまうんでしょうか?逆に申告しないことにより申告もれなどで追徴課税などが発生してしまうんでしょうか? ちなみに報酬金額348552円、源泉徴収税額34850円とかいてあります。 今年も確定申告の時期がきており悩んでます。稚拙な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

  • 確定申告

    確定申告の際に、 給与所得なら『給与所得の源泉徴収票』がありますが、 報酬・料金の場合は何で報酬額や源泉徴収額を証明するのでしょう?