• 締切済み
  • 暇なときにでも

星のささやきについて

子供の頃に読んだ絵本の題名が思い出せません 30年近く前の記憶ですが 海外の絵本を和訳したものだったように思います。 それと、内容の一部に 星のささやきを聞くことが出来る場所が 世界中にただ一つだけあって、 そこはソビエト(当時)の外れにある何とか地方・・・ という記述があったように思います。 曖昧な記憶ですが、どなたかご存じの片は居りませんでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数76
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • cdama
  • ベストアンサー率0% (0/0)

検索したところ絵本のことはわかりませんでしたが 「星のささやき」という言葉はシベリア東部 サハ共和国 ヤクート(ヤクーツク)で使われているようです。

参考URL:
http://archive.mag2.com/0000070285/20050202170000000.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 30年ぐらい前に購入したミニ絵本について教えて下さい

    30年ぐらい前に母が買ってきた(多分名古屋の丸善で)ミニ絵本を、再び購入したくて探しています。海外の本で日本語に訳されていて、手のひらサイズでいろんな話があり、家にもたくさんありました。 その中でも覚えているのが、ブタが主人公で「いやだいやだ」というような題名でした。ストーリーは、何を言われてもブタが反抗して「いやだいやだ」というものでした。 それ以上の記憶は残念ながらないのですが、このミニ絵本シリーズの事を何かご存知であったら教えていただけますか。

  • ねずみのしっぽとたまごの絵本のタイトルを教えてください。

    30年ほど前に息子に読んだ絵本です。全体に暗い色調で、ねずみのしっぽがリアルに書かれていたように思います。そのしっぽをたまご(多分ニワトリの)に巻きつけて盗んでいきます。私の記憶ではそのたまごに巻きついたしっぽだけなのですが、知人の云うには、そのたまごは腐っていたのだそうです。 そんな絵本の題名をどなたか教えていただけませんでしょうか?

  • 星のささやき

    北海道の内陸の方できこえるという 謎の現象 星のささやきをご存知な方いらっしゃいますか? 聞いたはなしなので詳しくはわかりませんが、星がぱちぱち音をたてるらしいです。詳しく知ってる人、なぜそういう現象がおこるかわかる人がいましたら教えてください!

  • 昭和47~48年生まれの人が・・・

    幼稚園の頃にあった本で、たしかタイトルが『七色の種・不思議な種・虹色の種』のどれか〈全然違うかも)で、水色のカバーだった様な・・?種を埋めて育ててると、花が金色の星で、そこから空に虹が架って・・みたいなストーリーの絵本です。25年も前に読んだっきりなので記憶も曖昧ですがもう一度読みたいのです。作者も題名も分からないので、ぜひご存知の方教えて下さい。

  • 「宇宙の7人きょうだい」という大昔の絵本

    「宇宙の7人きょうだい」という絵本を、30年くらい昔、小学校の図書室で読んだ記憶があります。横型の絵本で、その時既にボロかったので描かれたのはもっと昔でしょう。絵は日本人離れした綺麗な絵でした。星の子供たち7人が(子供が星なんです、人間じゃなかったと思う)旅をするのですが、次々脱落者が出て、目的地(?)に着けたのは一人だけだった、というような内容でした。 高校生の頃、それを読んだという友達に会ったことがありますので、存在したのは間違いありません。 購入につながる情報ならベストですが、あまりに大昔のものなのでムリかもしれません。「自分も読んだ」というお話でもいいです。

  • 昔、読んだ絵本の題名がわからなくて困っています。

    30年ぐらい前に読んだ絵本で子供に読んであげたいけど、題名がわからないため、図書館でさがせなくて困っています、 内容は以下の感じです。 1・主人公は保育園児の男の子(1人か2人) 2・悪さして保育園の押入れに入れられる 3・押入れの壁に道を見つけて冒険がはじまる 4・最後に押入れのなかで寝ているところを見つかる こんな断片的な記憶ですみませんがよろしくお願いします。

  • 「月」が主人公の絵本を探してます

    1960年代後半頃に読んだ絵本を探しています。 主人公(子供です)は兄弟達とともに宇宙を旅して、太陽系にやってきます。 次々と星(惑星)に出会うのですが、そのたびに兄弟の幾人かはそこで満足してとらわれてしまい、その惑星の衛星になってしまいます。天王星かどこかでは、既にその星の衛星である子供がみんな寝ていて、 「ねててまっすぐ。ねててまっすぐ。」と言いますと、兄弟のひとりがそれに参加して寝てしまいます。 そういうことを続けて最後に、一人だけになってしまうのですが、神様(か何か)が主人公の前に、金色に輝く星と、銀色に輝く星と、青く輝く星を示して、どこに行きたいか聞きます。主人公は青い星を選び、もちろんそこは地球で、主人公は月になるのです。 翻訳じゃないかと思うのですが、ずっと気になっている本です。わりあい大判だったように記憶してます。題名、作者ともに忘れてしまいました。何か手がかりを持っておられるかたありましたら、宜しくお願いします。

  • ロシア語で「星のささやき」

    北海道やロシアなど、寒い地域で息が凍る現象を、ロシアでは「星のささやき」と呼ぶ、ということを聞きました。 それを、ロシア語ではどうやって書くのですか? 知っている方がいらっしゃれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 幼いころ読んでいた絵本(全集)の情報が知りたいです。

    私が幼いころ愛読していた絵本が離散状態になってしまい再度収集したく思っています。その絵本にまつわる情報を教えて頂けたら幸いです。 その絵本に関して憶えていることと言えば、 (1)背表紙がピンクのものとブルーのものとで、カテゴリーが分けられてある絵本でした。それぞれの本は20Pなかったと思います。1セット10冊ほどでまとめられ全集に近い作りでだったと思います。表・裏表紙は白が基調になっていました。 (2)1980年代前半に読んでいました。なので、そのあたりに出版された絵本ではないでしょうか。 (3)絵が非常に描写的で美しかった。 (4)憶えているストーリーは、 ・料理を作る(チョコレートソース)など。 ・海で遊ぶ、砂のお城を作る。 ・森で木を使用して手作りで小さな家を作ってみんな で一晩泊まる。 ・プールで遊ぶお話。登場人物の水着が可愛い! (5)憶えているストーリーに出てくる主人公は、たぶん海外のヨーロッパの幼い子達が主人公でした。 以上です。 具体的な記憶がなくて申し訳ありません。。 また収集したいと考えています。 出版社・本の題名・価格等存知の方は教えてください。 ごうぞよろしくお願いします。

  • 高知県中村市のユースホステル

    30年以上前の事ですが、神戸から四国地方へバイクでツーリングに行きました。各地のユースホステルを利用させてもらいましたが、 その途中で、現在は四万十市となっている、中村市内のお寺が経営されていたユースに宿泊しました。 前の道路から2~30段ほどの階段を登って敷地になっていたと記憶しています。 当日の宿泊者は私1人だけで、広い本堂にポツンと一つ布団を敷いてもらって寝たのが印象に残っています。風呂は初めて入る五右衛門風呂でした。 そのお寺の名前、所在地を知りたいのですが、現在の日本ユースホステル協会の加盟リストに入っておりません。ご存知のかたはお教えください。