• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

酸化還元電位と標準酸化還元電位の違いについて教えて下さい。

どなたか酸化還元電位と標準酸化還元電位の違いについて教えて下さい。 片方が分かればもう片方も算出出来るものなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数616
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

ネルンストの式をご覧下さい。これが全てです。↓ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%BC%8F (この例↑ではpHについて言及していますが、無視して下さい。また活量は無限希釈時には濃度にほぼ一致します。) さらにa_Red/a_Ox=1の時E=E^0になりますが、E^0は当該電極と標準水素電極との電位差です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1617/3275)

おしい... No.1> E^0は当該電極と標準水素電極との電位差です。 E0をSHEから測る物理的理由は皆無です.他の電極を基準にとっても,物理的には何の問題もありません.基準点はまったく任意に標準水素電極にすると「約束した」にすぎないので. 正しくは「E0は,通常は標準水素電極との電位差として,データブック等に載っています.」 もっとも,有機溶媒中の有機物なんかは,Fc/Fc+ を基準にデータを整理するのが進められてますね.SHE からの値に換算するのがいろいろと難しいからですが.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酸化還元電位について

    酸化還元電位について教えてください。 標準酸化還元電位というのが出てきました。 これはどのように決まるのですか? 計算式があるのですが難しくてわかりませんでした。

  • 標準酸化還元電位について教えてください

    先程、酸解離定数について質問した者です。もう一問だけ、よろしくお願いします。 標準酸化還元電位についての定義がわかりません。ネットで探した結果、以下のような文章を見つけたのですが、標準酸化還元電位の説明として適当でしょうか? また、標準酸化還元電位と酸化還元電位は同じなのでしょうか? ご回答のほう、よろしくお願いします。 酸化とは物質が電子を失う過程をいい、還元とは物質が電子を得る過程をいうが、この反応は可逆的に発生する。 酸化還元系に溶液に侵されない白金電極と比較電極を入れると、電極の表面と溶液の間に電位が発生する。これを酸化還元電位といい、下記の式で表される。   Eh=Eo+((2.303RT)/nF)([Ox]/[Red])      [Ox]:酸化物の活量  [Red]:還元物の活量  R:ガス定数      F:ファラディー定数   T:絶対温度        Eo:固有定数 Ehは、電気化学での基準となる水素電極を基準とした値だが、水素電極は構成が複雑で実用的でないため、酸化還元電位は比較電極を基準として測定し、水素電極基準に換算してEhを求める。 酸化還元電位は上式から分かるように、酸化物と還元物の比により定まるので、比が一定であれば濃度に関係なく同じEhを示す。また、酸化物の比率が高いとプラス側に、還元物の比率が高いとマイナス側に電位が変動する。

  • 酸化還元電位の求め方

    標準酸化還元電位から実際の酸化還元電位を求めたいのですが,参考書には例題として, Ag+ + e- = Ag において,Ag+が濃度XXmol/lの場合などの金属の酸化還元電位が紹介されています.この場合,Ag自体は活量1でかまわないので簡単ですが,たとえば, SiF6 2- + 4e- = Si + 6F- などの場合,仕込みのF-濃度が分かっても,SiF6 2-の濃度が不明なので酸化還元電位を求めることができないと思うのですが,どうすれば良いのでしょうか? お教え頂ければと思います.非常に困っているのですが,何か勘違いしておりましたらすみませんが,ご指摘ください. 宜しくお願いします.

  • 標準酸化還元電位について教えてください。

    先程、酸解離定数について質問した者です。もう一問だけ、よろしくお願いします。 標準酸化還元電位についての定義がわかりません。ネットで探した結果、以下のような文章を見つけたのですが、標準酸化還元電位の説明として適当でしょうか? また、標準酸化還元電位と酸化還元電位は同じなのでしょうか? ご回答のほう、よろしくお願いします。 酸化とは物質が電子を失う過程をいい、還元とは物質が電子を得る過程をいうが、この反応は可逆的に発生する。 酸化還元系に溶液に侵されない白金電極と比較電極を入れると、電極の表面と溶液の間に電位が発生する。これを酸化還元電位といい、下記の式で表される。   Eh=Eo+((2.303RT)/nF)([Ox]/[Red])      [Ox]:酸化物の活量  [Red]:還元物の活量  R:ガス定数      F:ファラディー定数   T:絶対温度        Eo:固有定数 Ehは、電気化学での基準となる水素電極を基準とした値だが、水素電極は構成が複雑で実用的でないため、酸化還元電位は比較電極を基準として測定し、水素電極基準に換算してEhを求める。 酸化還元電位は上式から分かるように、酸化物と還元物の比により定まるので、比が一定であれば濃度に関係なく同じEhを示す。また、酸化物の比率が高いとプラス側に、還元物の比率が高いとマイナス側に電位が変動する。

  • 標準酸化還元電位E。について教えてください。

    標準酸化還元電位について質問します。 例えば、 FAD+ 2H+ + 2e- → FADH2(E。=-0.06V)――(1式) シトクロームC-Fe3+ + e- → シトクロームC-Fe2+               (E。=+0.25V)――(2式) *ここでは、pH=7.0における標準酸化還元電位をE。と表しました(Eの右下はゼロのつもりです。) 上記の2本の半反応式(還元反応として表したものです)をたし合わせて、酸化還元の化学式を作る場合、 電子の数合わせのために、係数を2倍にして 2シトクロームC-Fe3+ + 2e- → 2シトクロームC-Fe2+ としますが、この際、酸化還元電位の値は、 両辺を2倍したこの式においても、+0.25Vの値を そのまま用いて良いのでしょうか? この2本の式から、酸化還元反応の化学式を 作ると、 FADH2 + 2シトクロームC-Fe3+ → FAD + 2H+ + 2シトクロームC-Fe2+ となると思います。ここで、自由エネルギー変化を ネルンストの式(自由エネルギー変化と酸化還元電位との関係)   ΔG=-nFΔE (n:反応で移動する電子数 、F:ファラデー定数23.063kcal/V 、ΔE:電子供与体と電子受容体の酸化還元電位の差) によって、自由エネルギー変化ΔGを求める場合、 ΔG=-2×23.063×(0.25-(-0.06))= ~ と計算したのですが、この計算において、 2式の酸化還元電位は、上のように0.25をそのまま用いて 良いのでしょうか? 初学者のためこのような質問になってしまいましたが、 回答よろしくお願いします。

  • 標準電極電位 酸化還元電位

    標準電極電位と酸化還元電位は同じものですか?

  • 標準酸化還元電位について

    H23の公害防止管理者試験において、以下のような問題が出題されています。 (ア)~(ウ)の酸化還元系について、標準酸化還元電位(V)を高い順に並べるとどうなるか (=は両矢印としてください) (ア)MnO4- + 8H+ + 5e- = Mn2+ + 4H2O (酸性) (イ)Fe3+ + e- = Fe2+ (ウ)O3+ + 2H+ + 2e- = O2 + H2O 答えは(ア)1.51 V、(イ)0.75 V、(ウ)2.07Vのため、ウ>ア>イとなっています。 この答えはどのように導けばいいのでしょうか? 試験中に資料など見れればいいですが、そんなことはできませんし、ある程度の酸化還元電位は覚えておけ、ということになるのでしょうか。あるいは覚えなくてもこの答えを導くことができるのでしょうか。 一応大学で酸化還元電位については学んだのですが、お恥ずかしい話この分野については苦手にしており、ご教授願えればと思う次第です。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 標準酸化還元電位

    ネルンストの式に従って、標準酸化還元電位を求めたいのですが、一つの金属につき、式が複数あるので、どれを使えばいいのかわかりません。 どれを代入すればいいのでしょうか?

  • 酸化還元電位

    燃料電池の電極触媒の酸化還元電位を測定するといったときに酸化還元電位とはその電極触媒を燃料電池の用いたときに実際に取り出せる起電力のことなのでしょうか?お願いします。

  • 酸化還元電位を上げる方法を教えてください

    ヒドラジン およびアンモニアが入った水溶液の酸化還元電位を上げたいのですが 良い手段がありましたら教えてください。 溶液はRuを湿式にて還元するために アルカリ性にして還元しようとしましたが うまく行か無かった溶液です。 中身は 塩化アンモニウム、ナトリウム塩です。 アンモニアと水酸化ナトリウムにて調整しています。 溶液はpHは12,酸化還元電位はー700mV程度。 おそらく酸化還元電位を+400mV程度上げなければいけないと思いますが 次亜塩素酸ナトリウムなどでは容易に酸化還元電位が挙がりません、のが現状です。 酸化還元電位が+400mV以上にあがれば還元されやすい状況になり回収が出来ると 思われます。 酸化還元電位を上げる方法をお教え頂ければと思います。 宜しくお願い致します