• 締切済み
  • 暇なときにでも

なぜ株価が下がると企業は困るの?

ものすごく初歩的な質問で恐縮です。 最近株価が下がり気味で、主要企業のトップが集まって会議してましたね。 株って、企業がお金を集める為に発行するんですよね? 例えば1万株発行して、市場に出して全部売って現金を得たとするじゃないですか。 そしたらその株が上がろうが下がろうが、企業には関係無い話だと思うのですが。。 下がったら買収されやすくなるから皆困ってるんですか? それなら買い占められても経営に支障を及ぼさない範囲で市場に出せばいいと思うのです。 私の考えは間違っているんだと思います。みんな大変だ、って言ってるのですから。 でも何故大変なのか判りません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数605
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

>それなら買い占められても経営に支障を及ぼさない範囲で市場に出せばいい 上場時に流通株式数の下限が決まっています。 また、株価は信用基準ですから、金が借りられない、顧客が契約してくれないなどの弊害があります。そうすると業績が悪くなって、業績下方修正→株価下落→業績悪化→株価下落の悪循環です。また企業年金の運用なども含めて他社の株をもっているケースも多いので、市場全体が下がると損失が出ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 株価が下がればお金が借りれない、ってありますけど いま1000円の株も企業もあれば三菱自動車みたいに130円の企業もありますよね。 株価100円台の企業も大量に存続出来ているのですから、お金借りれてるって事ですよね。 う~ん。よく判りません。

関連するQ&A

  • 株価と企業

    すごく初歩的な質問で申し訳ないのですが教えて下さい。 質問1 企業が株式場上で資金調達する場合、上場時の「初値」が50円だとするとその企業に入ってくる資金は「50円×発行株数」ですよね? 質問2 その後市場で 投資家Aは5000円(100株*50円)で購入した株を投資家Bに10000円(100株*100円)で売りました。このときの差額5000円は投資家Aに入ったのであって企業には入っていないですよね。 つまり上場したら株は市場間での取引になり企業にお金が入ってくるのは「初値」の分だけ。 だとすれば株価が下がっても企業は損をしないように思うのですがどうなのでしょうか? 質問3 また株価が上がっても企業にお金が入って来るわけではないのにどうして、企業が大きくなるのでしょうか?

  • 株価って何でそんなに大事なの?

    完全にしろーとの質問で恐縮なんですが、世の経営者は何であんなに株価に神経質なのでしょうか?すでに発行した株価が上がろうが下がろうが会社に実際に入ってくるお金が増えたり減ったりしないような気がするんですが。 新規に株券を発行して増資をしようとしている企業なら市場株価が高いといっぱいお金が入ってくるんで株価が重要なのはが分かるんですけど。 むしろ市場株価が高いと配当をいっぱい払わないといけないんじゃないでしょうか? たとえばこのモデルはどうでしょう? 「自己資本比率100%、無借金経営の一部上場企業で、いかなる方法の増資もおこなう意思がない場合、市場株価が5000円の場合と50円の場合で経営に与える影響の違いを述べよ」

  • 株価が下がると、なぜ企業が危険な状態になるといわれるのでしょうか?

    株価が下落すると、その会社の価値が下がることと同じ意味であり正常な運営がなされない危険な状態に陥りやすいというのは理解できます。 しかし、それがなぜなのかわかりません。 例えば株価が、企業が銀行等より資金を調達する際の信頼の指標として使われている場合、株価が下がり資金を借り入れにくくなるというなら理解できます。 しかし企業が株を発行する場合、資金を調達する目的で行われるため、その発行された株券が投資家に買われ企業が自由に使用できるお金が手に入った段階で、その「株券を発行した」という役割を全うするのではないでしょうか。 つまり、企業が手にするお金はその株券をいくらで発行したかという過去の時点での価値に基づき、現在その価値が下がったとしても企業が株券発行により手にできる金額は過去に発行したときの金額であるため、現在の株券の価値が下がったとしてもすでにお金を手にしてしまっている以上あまり影響を受けないような気がします。 今後、発行する株券があるとすれば、それは下落した価格での発行となり受け取れる金額が株価が高かったときよりも少なくなり、資金調達が苦しくなることは想像できます。 どなたか、このあたりの事情に詳しい方がおられましたら、「なぜ株価が下がると企業の正常な運営に支障をきたすのか」、教えていただきたくお願いします。

  • 回答No.1

株価は人気投票みたいなもの。 株が安い→業績が悪い、不祥事を起こした、倒産しそう、もうこれ以上業績が伸びることは無い・・・と思われ、実際に社会的信用が下がり、販売低迷、高い金利でしか資金を調達できなくなるなど弊害が発生。 株が高い・・・上の逆。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 銀行もお金を貸さないと儲けが出ないから、どの株も下がれば結局 同じ事だと思うのですが。。 むずかしいですね

関連するQ&A

  • 株価が上がるとどうなるのですか?

    企業は株を発行した後は、株価が上がっても下がっても、お金をもらえるわけではないので、発行後は自社の株価が上がろうと下がろうと、どうでもいいような気がするのですが、なぜ企業は自社の株価を上げようとするのでしょうか?

  • 株価が上がることによる企業のメリットって何でしょうか?

    恥ずかしい質問ですみません。 株を発行した時にその株を買ってくれた人からお金が入ってくるのは分かります。でも、その後の売り買いでは、企業にお金は入ってこないんですよね。なんで株価が上がることを企業は歓迎するのですか? 株価があがると配当も上げざるを得ない雰囲気になりそうだし・・・自分の持ち株を簡単に放出しないと思うので株の売却益目当てとも思いにくいし・・・ 初心者本にはそこまで書いてないので、妙に気になるのです。 教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

  • 企業にとって株価が下がると何が良くないんですか?

    大変初歩的な質問で恐縮です。 タイトルの通り、株価が下がると、企業にとって何が良くないか御教え頂けないでしょうか。 株主にとっては、企業価値(株価)が下がると株主が受けられる共益権と自益権の価値が目減りし、さらに市場でのその株に対する売り買いにも影響するのでよくない、というのはなんとなく解ります。 では、企業にとってはどうなのでしょうか。 答えは上の株主の問題と結びついている気もしますが、どうもうまく言葉にできません。 経済に明るい先輩方、不勉強な自分に分かりやすくお教えください。 よろしくお願い致します。

  • 株価が下がると企業側には・・・

    新聞で、A会社の株価が下がっていると言う記事をよく見ます。この場合、企業にとって何が不都合なのですか?株価が下がっている為に、配当が出来なくなり総会で突っ込まれるとか 新たな増資が出来なくなるとか その他に何がありますか? 素人考えで、株は客に"売った"時点で客側もリスクを背負って購入している訳ですから株価が落ちようと企業側にはあまりリスクの無い事だとは思うのですが…それなりにお金は入って来ている訳ですし。 素人にも分かりやすくお教え下さい m(^-^;)/**

  • 株価が下がると企業は資金調達がしにくくなる理由は

    今朝のテレビで、株価が下がると企業は資金調達がむずかしくなるので 株価維持のために、派遣切りなどを行うという説明がありました。 株は上場するときなど、自社株を売るときに企業はお金を手に入れるものだと 思っていました。 市場にでてしまった株の価値の上下によって資金が調達できるという メカニズムがわかりません。 わかりやすく教えていただけないでしょうか。

  • 中小企業の株価 上場って何?

    日本には星の数ほど多く株式会社があります。だけど、上場している株式会社は極僅かで、数%と聞いたことがあります。殆どの株式会社は、上場していない、しかも、資本金の少ない中小企業だと聞きました。(記憶違いかもしれない) んで、株価ってあるじゃん。これは上場した株式会社だけの概念ですか? トヨタとかドコモには株価があって、毎日変動しているんでしょう。トヨタの株は野村證券に売っていて、1株千円で百株買うのであれば、十万円を差し出して、昔は紙の株券を百枚受け取るのでしょう。(今は完全に電子化されてるみたいですが) でも、上場してない株式会社は星の数くらい多くあって、株式会社なんだから株式を発行してますよね?その株式を誰かが買っていて、ソイツを株主と言いますよね?上場してないのに、どうやって株買うの? 株で儲ける方法は、株価の安い時に株買って、株価の高い時に株を売れば良いと思います。中小企業の株の売買も、こうやれば株主は儲かるの?中小企業にも株価はあるの? 株式会社を経営するには多額の資金を要しますが、銀行から借りるのでは?上場してれば株主を募って株を売っても良いのでしょうが、中小企業からすると上場は高いハードルみたいで、株よりも銀行ですよね?株式を全く発行してない株式会社も多いのでは?それを株式会社と呼ぶのはイマイチですけど。 上場とは、株式市場(例えば野村證券)に株式が売り出される事である。株価とは、上場した株式の時価。正しい?

  • 株の上下が企業に与える影響

    たまにナニワ金融道のようなマネーマンガなど読んでいたら、 "自社株が下がって大変!"といったコメントが見えます。 株の上下が企業に与える影響について疑問です。 一度、株式が発行市場から、流通市場に出てしまうと、会社の手 にしている資本は、もう決定済みであり、会社そのものに影響が 無い様に見えます。株価の下落を嫌う理由が分りません。 初歩的な質問ですが、どなたかご存知ありませんでしょうか。 (たしかに増資の際はデメリットだとは思うのですが。。マンガで 株価下落を嫌っているのは、もっと深い理由がある様に思います。) また、発行市場(IPO)の株が売れ残ったりした場合、どういった 扱いになるのでしょうか。発行しないとか?株価を修正して発行 などの扱いになるのでしょうか。

  • 上場企業にとって株価が下がることは好ましくない?

     上場企業は、株価を維持・上昇させるために努力していますが、なぜなのでしょうか?  買収対策としては、安定株主に保有させておけばいいと思いますが、それほど単純ではないのでしょうか?  また、自社株買いをして上場廃止にする場合には、株価が低い方がコストがかからないと思われます。  勘違いがあれば、ご指摘下されば幸いです。

  • 上場企業の株価に関する質問です。

    経営の乗っ取りやら買収やらを避ける判断『だけ』の為に、 発行済みの自社株の時価の低下が懸念されるのでしょうか?

  • 株価値下がりのデメリットについて

    初歩的な質問ですみません。 上場企業にとって日常レベルでの自社の株価値下がりで何かデメリットがあるのでしょうか? 被買収のリスクということはあると思いますが、それは別にして日常レベルでのデメリットを教えて下さい。 利益を出してきちんと配当をしていれば、自社株が市場でいくらで売買されても関係ないように思うんですが。