• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

判例は裁判官に示すべき?

過去の判例をインターネットを使って簡単に閲覧することができますが、いざ裁判になったときは、判例情報を裁判官に見せるべきなのでしょうか? 余計なお世話と思われると骨折り損のくたびれもうけという事になると思います。 判例の参照は裁判所が勝手にやってくれるからやらなくてもいいんでしょうか? 手短にかこの事件を紹介したりとかはだめでしょうか。 よろしくおねがいします。

noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数244
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 判例の引用は、弁護士が代理人となっている裁判でもよく行われていることです。  引用は、自らの主張を具体的に説得力を持たせるものとして有意であると共に、裁判官といえどすべての判例を熟知している訳では無いことから喚起するという意味でも有意です(とはいえ、通常、素人はおろか、個人経営程度の弁護士の知識・情報収集力はたかが知れており、指摘されて始めて判例を知るということはめったないでしょうが)。  「余計なお世話と思われる」ことは無いのですが、判例の射程距離というものがあり、引用がピントはずれであったり、場合によっては解釈を誤って反対の事例を持ち出してしまうという危険が無いとは言い切れません(ネット上での情報では具体的事例が正確に判読できないことが、まま、あります)。その意味で「骨折り損のくたびれもうけ」になる可能性は否定できません。  ただし、引用するしないは別として、当事者としては、裁判を遂行するにあたっては過去の関連する判例を知らないよりは知っていた方が良いということは言えるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

一部誤文がありました。 失礼しました。 もう一度書き直します。 ありがとうございました。 正直、裁判所からは嫌がられるのかなと少し心配しましたが、 大変勉強になりました。

関連するQ&A

  • 判例を見て欲しい

    民事裁判のことなのですが、 裁判官に過去の判例を見て欲しいと思っています。 裁判所のほうでも、当該事件に関係する過去の判例は必要であれば見るだろうと推測されますが、やはり見てくれているかどうかは不安です。 そこで判例を見て欲しいと思うわけですが、 ネットで検索した上で判決まるまるプリントアウトして提出する、一部に付き提出する、攻撃防御の必要に応じてそのつど提出する、判例でなくて、新聞の記事を提出するなどいろいろなバリエーションがありそうですが、いろいろ教えてください。 事件名だけ指摘して、判例の中身は裁判官に見てもらうというのが、郵送のコストも抑えられていいと思いますがいかがでしょう。 よろしくおねがい致します。

  • ネットや雑誌で公開されない判例の調査方法

    原告、被告名がわかれば裁判所の事件課で事件番号を調べて閲覧申請すれば判決文を読めることはわかります。 しかし、新聞報道などで原告、被告双方の名前もわからない場合、事件番号を調べたり、判決文を読むにはどうすればいいのでしょうか? 新聞報道では主に次のことが書かれているようです。 ・判決日 ・裁判所名 ・裁判長の名前 ・大雑把な事件概要と判決内容 なお、次のケースは除外します ・裁判所がホームページで判決を公開した場合 ・原告、被告などがホームページで公開した場合 ・ユニ著作権センターなどインターネットで公開される場合 ・判例時報などで紹介された場合 ※一言で言うと、公開されない判例の調べ方という事です。 ご存知の方、よろしくおねがいいたします。

  • 特別裁判所の裁判官は誰??

    特別裁判所を調べると、 特殊の身分を持つ人または特定の種類の事件についてのみ裁判権を有する裁判所、と書いてありますが、その裁判官は誰ですか? 例えば、行政裁判所といったら、裁かれる対象は分かりますが、 裁く裁判官は誰でしょうか? 一般裁判官だけど、特に行政を専門にしている人ですか? それとも、行政の管理職だけど、この事件については 裁判官として裁定を下す人ですか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

自身の主張に説得力を持たせて正当性を訴えるために過去の判例を示すことは一般的に行われていることです。 下級審の判例では効果は疑わしい場合もありますが、下級新の判例では全てダメというわけではなく、一般的・普遍的通用力が認められる程度の客観性がある場合(例えば、下級審であっても同様事件については異なる判断が存在しないなど)には効果がある場合が多いでしょう。そういった判例でなければ、「個別事例に過ぎない」と見なされる可能性もあり、#1の方が言われるように無駄に終わる可能性はあります。 裁判官は個々に独立していますから、基本的には個々の裁判官が当該事件にどういった心証を抱いたのかによって結論が導かれます(自由心証主義)。しかし、その一方で「法の下の平等」という原則がありますから、同様事例では同様の判断を下すことが裁判官の職責でもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 正直、裁判所からは嫌がられるのかなと少し心配したが、 大変勉強になりました。

関連するQ&A

  • 裁判官はどうやってきめるのですか?

    以前からずっと疑問に思っているのですが、裁判にもいろいろあるとおもうのです。例えば今度のライブドアとフジテレビの仮処分のような難しい経済の問題があるでしょうし、あるいは殺人のような刑事事件もあるでしょう。裁判所にその案件が持ち込まれたとき、担当の裁判官はどうやってきまるのですか?単に順番で決まるのでしょうか。

  • 裁判所の判例につぃて

    裁判所のある事件の詳細(個人情報などではなく事件の内容など)が知りたいのですが、裁判所に行けば判例は見せていただけるのでしょうか? 最高裁判所のHPには判例が載っていたりしているので見せていただけるのかなと思い・・・・。 どうなんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 裁判官訴えるのに同じ裁判所に提訴は変 ?

    ネット投稿を見ますと、民事事件で弁護士や一般人が裁判官を訴えていますが、裁判所で同僚の裁判官が訴えられた裁判官を裁くのは可笑しいと思います。これまでは第三者機関がなかったので、やむを得なかったと思いますが、今は裁判員制度がありますから公平な裁判をする為には、裁判員が参加して裁くべきではないのでしょうか。法律的なこともあるのでしょうが疑問に思います、皆さんのご意見を聞かせて下さい。

  • いろんな裁判のケースでの判例を知りたい

     いろんな事件での刑事・民事裁判における判例を知りたいのですが、そのような事が閲覧ができるサイトはありませんか?

  • 裁判官の裁判

    裁判官も人の子だと考えたら、裁判官自身な にかの、事件や、事故に合われて、裁判所に 訴えを起こすと言う事はあるのでしょうか? また、ありましたら、詳しい情報が載ってい るサイトを教えてください。お願いします。

  • 裁判官を説得するための記載

    訴状には必要記載事項に加えて、裁判官を説得するための記載を書いたり、参考材料を添付したりしたほうがいいのでしょうか? たとえば、いじめに対する損害賠償請求事件だとすると、 いじめの違法性(憲法何条違反だとか)、過去の参照すべき判例や事件、請求している慰謝料が妥当な額であるとする根拠などなどいろいろ付け加えることになると思いますが。 そうした記載等はないほうがいいんでしょうか。 よろしくおねがいします。

  • 緊急で探している判例があります

    緊急でこの二つの判例を用意できる、又は掲載されてる無料サイトが分かる人いませんか?(どちらも判例時報掲載) ベルシステム24新株発行差止仮処分申立事件 忠実屋・いなげや新株発行差止仮処分申立事件 東京地決平成16年7月30日判例時報1874号143項(ベルシステム24新株発行差止仮処分申立事件) 東京地決平成1年7月25日判例時報1317号28項(忠実屋・いなげや新株発行差止仮処分申立事件) http://www.courts.go.jp/ 一応裁判所のHPなどで判例検索をしてみたのですがまだみつかっていません これからも探しますが何か情報ありましたらよろしくおねがいします

  • 最高裁判所判例集の見方

    最高裁判所判例集に掲載している判例の一審・二審をみたいと思っているのですが、どうやって探せば、早いでしょうか? 本(昔のもの。昭和前半ぐらい)をみると、第一審 ○○地方裁判所、第二審 ○○高等裁判所 という形で載っていますが、これだけで、探すしかないのでしょうか? 例えば、第二審を見たければ、○○高等裁判所の裁判があっただろうと思われる時期から事件名で探すということになるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 卒業論文で必要な判例について

    現在卒業論文作成中の文系大学4年生(法律系ではない)です。 新書で「東海大付属病院事件」の判例を見つけました。この新書からその判例の概要やまとめを引用するのは孫引きになってしまうので避けたいです。裁判所HPの「裁判例情報」の箇所でも見つかりませんでした。このような場合どうすればよいか教えて下さい。御手数ですがよろしくお願いいたします。

  • 裁判判例より弁護士を探す

    よろしくお願い致します。 以前、控訴についてご相談させて頂いた時に、弁護士を探す方法の一つとして、好みの判例からその案件を担当した弁護士を探してみるというアドバイスを頂きました。 今、裁判所のHPで判例を読みながら、いくつか自分の問題と似た事例がありまして、担当された弁護士さんを探してみたいと思いましたが、裁判所のHPでは事件番号 、事件名、裁判年月日、裁判所名などしか知ることはできません。 どのようにすればその事件を担当した弁護士さん(本人訴訟もあるかもしれませんが)を知ることはできますか? また、控訴の為に新たに弁護士を探す時のアドバイスなどありましたら、お聞かせいただけると嬉しいです。 ご存知の方、宜しくお願いします。