• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

判例を見て欲しい

民事裁判のことなのですが、 裁判官に過去の判例を見て欲しいと思っています。 裁判所のほうでも、当該事件に関係する過去の判例は必要であれば見るだろうと推測されますが、やはり見てくれているかどうかは不安です。 そこで判例を見て欲しいと思うわけですが、 ネットで検索した上で判決まるまるプリントアウトして提出する、一部に付き提出する、攻撃防御の必要に応じてそのつど提出する、判例でなくて、新聞の記事を提出するなどいろいろなバリエーションがありそうですが、いろいろ教えてください。 事件名だけ指摘して、判例の中身は裁判官に見てもらうというのが、郵送のコストも抑えられていいと思いますがいかがでしょう。 よろしくおねがい致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数70
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 No.1の方の言われるように、自己の事件であれば、単純に、訴訟における主張の中で、判例の存在と、それに対する自己の解釈、本件における関係を指摘すればよいでしょう。  特に、特定の判例を見てほしいなら、明示的に主張すべきでしょう。なぜなら、判例といっても解釈に揺れがあり、またそこに示された基準に対する当てはめにも幅があるからです。さらに、不法行為における過失割合の認定を争うときなどは、自己に有利な裁判例を指摘するのとしないのでは、主張の説得力が明らかに違います。そして、そのような裁判例はマイナーなことも多く、裁判官も知らない、気が付かない場合も少なくないでしょう。  具体的には、答弁書に以下のように記述すればよいでしょう。  e.g.1 最高裁判所昭和XX年XX月XX日大法廷決定も「・・・・・・・」とし、○○はXXであることを肯定している。しかるに本件では・・・  e.g.2 ○○の場合においてXXであると認めた裁判例もあり(東京地裁昭和XX年XX月XX日・判例時報XXXX号XX頁)、本件は△△の場合であるから・・・  e.g.3 この場合が、○○にあたらないのは、XXに関する平成XX年の判例も認めるところである。  必要部分の引用・要約をすれば十分です。全文の添付などしては、それこそ「釈迦に説法」であり、「そんなもん持ってるよ」と印象を悪くされかねないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 判例の取寄せ

    市販の判例集や、裁判所、弁護士会などのウェブサイトに掲載されない判例を見たい場合、 判決裁判所に行く以外に判例を見ることが出来る方法はないのでしょうか? できれば、判決文のコピーをFAXや郵送、メールで取寄せたいのですが…。 よろしくお願いします。

  • いろんな裁判のケースでの判例を知りたい

     いろんな事件での刑事・民事裁判における判例を知りたいのですが、そのような事が閲覧ができるサイトはありませんか?

  • (民事)裁判官の職務行為を違法として国家賠償を求めるための要件

    「民事裁判が確定した後に当該事件を担当した裁判官の職務行為を違法として国家賠償を求めるための要件」に関する判例は、判例時報No.1136号 昭和60年2月1日号に載っていますが、この外に表題に関する判例がありましたら是非教えて下さい。必要に迫られておりますので、お願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

 判例を見てもらいたいなら、準備書面のなかで2番の人が書いているようなふうに指摘したうえで、判例時報・判例タイムズの該当記事をコピーして添付すればいいでしょう。  そうすれば、裁判官がわざわざ資料室まで行く手間が省けて、非常に良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 ご意見参考にいたします。

  • 回答No.1
noname#8251

あなたがかかわる裁判に関して担当判事に判例を送り付けたいということなんでしょうか。個人的には「喧嘩を売っている」としか思えませんけど。まあ冗談はさておきもしあなたがかかわる裁判でのことならば裁判の中で例示していけばいいわけですし裁判官と直接なにかをするなんてやっちゃいけないと思いますよ。(その辺りの法律はすっかり失念)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 裁判官が嘘をついからどうなる

    民事裁判ですが、裁判官が嘘をついて判決を操作したら、どんな罪になりますか。民事事件ですか、刑事事件になりますか。それとも裁判官の裁量の範囲となりますか。ご存知の方教えてください、よろしくお願いします。

  • 判例は裁判官に示すべき?

    過去の判例をインターネットを使って簡単に閲覧することができますが、いざ裁判になったときは、判例情報を裁判官に見せるべきなのでしょうか? 余計なお世話と思われると骨折り損のくたびれもうけという事になると思います。 判例の参照は裁判所が勝手にやってくれるからやらなくてもいいんでしょうか? 手短にかこの事件を紹介したりとかはだめでしょうか。 よろしくおねがいします。

  • 裁判での判例の提示の必要性

    教えてください。 裁判では 法律の第何条とか言ったり、たぶん 提出する書面でも第何条とか書いたりするんだろうと思うのですが。 そうでしょうか? そうしないといけないのですか? 判例?法律?など具体的に上げないと、言ったり書かないと裁判官は分からないから、 提示したり書いたりした方が有利になるのでしょうか? 裁判官はなにも言わなくても独自に調べて、 惑わされずに判決を出すと思っていたのですが。 よろしくお願いします。

  • 中間判決の有無を決めるのは誰?

    民事裁判で長期化している事件は、途中で中間判決が出されているものがたまにありますが、中間判決の有無は裁判官が職権で決めるのですか?それとも当事者が申請したものに対して裁判官が認めるのでしょうか? ご存知の方教えて下さい。

  • 民事裁判における「攻撃又は防御の方法」とは何かについて質問です

    民事裁判における「攻撃又は防御の方法」とは何かについて質問です 私は民事裁判の被告です。 裁判所が送付した進行予定表では、以下のようになっておりました。 (1)      裁判所が指定した期日までに原告準備書面提出 (2)約一ヵ月後 裁判所が指定した期日までに被告準備書面提出 (3)約一ヵ月後 裁判所が指定した期日に第一回口頭弁論期日 そしてこの裁判は原則として第一回口頭弁論期日で終わり、第二回口頭弁論期日は 設けられない予定のものでした。 (1)(2)までは原告被告とも期日を満たし、問題なく進行しました。 ところが第一回口頭弁論期日の1週間弱前に原告が原告第二準備書面を裁判所と当方に送ってきました。 これに対して質問です。 原告の第二準備書面の却下を求める申立は可能でしょうか? 条文を調べると (審理の計画が定められている場合の攻撃防御方法の却下) 第157条の2 第147条の3第3項又は第156条の2(第170条第5項において準用する場合を含む。)の規定により特定の事項についての攻撃又は防御の方法を提出すべき期間が定められている場合において、当事者がその期間の経過後に提出した攻撃又は防御の方法については、これにより審理の計画に従った訴訟手続の進行に著しい支障を生ずるおそれがあると認めたときは、裁判所は、申立てにより又は職権で、却下の決定をすることができる。ただし、その当事者がその期間内に当該攻撃又は防御の方法を提出することができなかったことについて相当の理由があることを疎明したときは、この限りでない。 となっており、定められた期間の経過後に提出した「攻撃又は防御の方法」の却下を求めることが可能となっております。 「攻撃又は防御の方法」とは何かについて、条文を調べると (準備書面) 第161条  口頭弁論は、書面で準備しなければならない。 2 準備書面には、次に掲げる事項を記載する。 1.攻撃又は防御の方法 2.相手方の請求及び攻撃又は防御の方法に対する陳述 となっております。 Q1. 原告第二準備書面に記載された内容が、被告第二準備書面に対する反論のみであると「相手方の請求及び攻撃又は防御の方法に対する陳述」となり、原告第二準備書面は「攻撃又は防御の方法」には当らないのでしょうか? そうであれば、原告第二準備書面の却下を求めることは無理ということでしょうか? Q.2 そもそも「攻撃又は防御の方法」とは何かについても教えてくれると嬉しいです。 かなり調べたのですが、分からないので教えてくれると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 判例を逸脱した判決を裁判官は下せるのですか?

    質問させていただきます。 裁判官は判決の際、以前の判例を調べて、適切な量刑(刑事事件)を下したり、賠償額を命じたりすると思いますが、検察や弁護側が提示する量刑や基準を大きく逸脱する判決は、自身の判断でだせるのでしょうか? 例・・・検察が懲役10年の量刑を求刑している事件で、裁判官は死刑が相当として、死刑の判決を出す。 例・・・弁護側が心神耗弱であったとして懲役5年の主張に対して、被告は心神喪失であるとして無罪を言い渡す。 等々 下級審であればおそらく抗告・上告すると思いますがそれを分かった上で法律の定める範囲であれば裁判官の判断で判決を下せるのでしょうか? 変な判決を出す裁判官として弾劾されたりするのでしょうか? 参考のご意見をお願いいたします。

  • ネットや雑誌で公開されない判例の調査方法

    原告、被告名がわかれば裁判所の事件課で事件番号を調べて閲覧申請すれば判決文を読めることはわかります。 しかし、新聞報道などで原告、被告双方の名前もわからない場合、事件番号を調べたり、判決文を読むにはどうすればいいのでしょうか? 新聞報道では主に次のことが書かれているようです。 ・判決日 ・裁判所名 ・裁判長の名前 ・大雑把な事件概要と判決内容 なお、次のケースは除外します ・裁判所がホームページで判決を公開した場合 ・原告、被告などがホームページで公開した場合 ・ユニ著作権センターなどインターネットで公開される場合 ・判例時報などで紹介された場合 ※一言で言うと、公開されない判例の調べ方という事です。 ご存知の方、よろしくおねがいいたします。

  • 裁判の判決全文を閲覧したいのですが

    3年ほど前の民事の裁判の判決文の閲覧について教えてください。 ネット上で少し調べて、裁判のあった裁判所に行けば閲覧できるとまでは分かったのですが、まだ分からないことがあります。なお、裁判所のHPの判例検索では出てきませんでした。 1、分かっていることは、被害者(=原告名でよろしいでしょうか?)、判決日、裁判所、くらいです。 2、事件番号が分からないと駄目でしょうか?その場合、事件番号はどのようにして調べればよいでしょう? よろしくお願いします。

  • 民事裁判の再審

    民事裁判の再審について。 大学の授業で 法律に関する勉強をしているのですが、民事裁判の再審条件に 四 判決に関与した裁判官が事件について職務に関する罪を犯したこと。 五 刑事上罰すべき他人の行為により、自白をするに至ったこと又は判決に影響を及ぼすべき攻撃若しくは防御の方法を提出することを妨げられたこと。 六 判決の証拠となった文書その他の物件が偽造又は変造されたものであったこと。 七 証人、鑑定人、通訳人又は宣誓した当事者若しくは法定代理人の虚偽の陳述が判決の証拠となったこと。 八 判決の基礎となった民事若しくは刑事の判決その他の裁判又は行政処分が後の裁判又は行政処分により変更されたこと。 九 判決に影響を及ぼすべき重要な事項について判断の遺脱があったこと。 十 不服の申立てに係る判決が前に確定した判決と抵触すること。 前項第四号から第七号までに掲げる事由がある場合においては、罰すべき行為について、有罪の判決若しくは過料の裁判が確定したとき、又は証拠がないという理由以外の理由により有罪の確定判決若しくは過料の確定裁判を得ることができないときに限り再審の訴えを提起することができる。 この「又は証拠がないという理由以外の理由により有罪の確定判決若しくは過料の確定裁判を得ることができないときに限り」 の部分がよくわかりません。 これってどういう時なのでしょうか。

  • 裁判と制度について

    裁判と制度について 裁判について疑問に思ったことがあるのでいくつか質問したいことがあるのですが、 1、裁判を行う際、三審まで行うのは、片側が裁判の判決に不満が会った場合のみ行われるものなのでしょうか?一審で終わることもあるものなのでしょうか? 2、以前一度裁判で無罪になった人はその事件で二度と罪に問われないと聞いたことがあるのですが、これは同じ事件で別の罪で起訴されることもないことになるのでしょうか? 3、日本の裁判員制度では、一つの裁判所での判決は、三日間で行われるのが普通みたいですけど、3日間でない場合もあるのでしょうか? 4、裁判員制度は、欧米の陪審員制度に似ていると聞いたことがあるのですが、違う点は、陪審員制度では、裁判官が判決に関与しない点みたいなことを聞いたことがあるのですが、この理解であっているのでしょうか? 5、通常、刑事裁判、民事裁判では、それぞれの裁判所によって違うのかもしれませんが、だいたい裁判を行うことを決めてからどのくらい時間がかかるものなのでしょうか?また、費用の相場なども教えてもらいたいです。 6、また、刑事裁判は検察が、民事裁判は原告が訴えを起こすのが普通だと思いますが、他の場合もあったりするのでしょうか? たくさんの質問で申し訳ありませんが、わかる方回答よろしくお願いします。