• ベストアンサー
  • 困ってます

完了形を使った時制の一致と時制のズレを明確にする副詞句や副詞節

He found the watch which he had lose the day before. 参考書からの引用です。 この文はthe day beforeという副詞句がloseを修飾していて、過去完了を使わずとも時制のズレが確認出来ると思うのですが、参考書の解答にはこの形の文章のみ正解とされていました。 何故このように過去完了形を用いるのでしょうか?過去形では間違いなのですか? 他にも、 I had not gone a mile before I felt tired. 私は1マイルも行かないうちに疲れを感じた。 これもbeforeという接続詞が副詞節を作りgoを修飾しているのと思うのですが、何故過去完了形を用い、過去形を使ってはいけないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>何故このように過去完了形を用いるのでしょうか?過去形では間違いなのですか? ○ 【原則】、【応用】、【例外】の3段階で理解することが必要です。 【原則】(高校レベル)  ある過去の時点よりも以前のことを表す場合には、過去完了形を用います。特に、その過去の時点と関係がないものを「大過去」と呼びます。  (1) I lost the book I 【had bought】 the day before. ※ 学校や大学受験においては、この原則を知っているかどうかが問われる問題が多いと思います。まずは、基本をしっかり押さえておきましょう。 【応用】(実践レベル)  実際には前後関係が明らかな場合には「過去形」で「過去完了」の代用をさせることもあります。  (2) I lost the book I 【bought】 the day before. ※ 「lost」と「bought」は全く関係のない「行為」であり、しかも「the day bofore」という副詞句のおかげで「bought」が「lost」より前のことだと分かりますので、「had bought」を使わなくても良いのです。 ※ ただし、「過去完了形」がすべて「過去形」で代用できるわけではありません。 【例外】(専門家レベル)  2つの出来事(行為)に関連性がある場合には、過去完了形の代わりに過去形を用いることはできません。特に「完了」、「経験」、「継続」の意味が表されている場合には「過去形」にしないほうが良いでしょう。  (3) I gave Tom the book I 【had just finished】 reading.(完了)  (4) I gave Tom the book I 【had read】 many times.(経験)  (5) I gave Tom the book he 【had wanted】 for a long time.(継続) ※ (3)~(5)はすべて後半の「行為」があったからこそ前半の「行為」が行なわれたという関連性があります。このような場合には、「過去完了形」で表すべきことを単純に「過去形」で代用させることはできません。 ○ さて、お尋ねの英文です。次の(6)と(7)の英文の用法は似ているようで、実は少し異なっています。  (6) I lost the book I (had) 【bought】 the day bofore.  (7) I found the book I 【had lost】 the day before. ※ (6)では「bought」と「lost」には何の関係もありません。「本を買ったから、その本を失くした」というつながりは非論理的であり、認めることはできません。 ※ しかし、(7)には「had lost」したからこそ「found」したという関連性が含まれています。「本を失くしたという行為」があるから、その結果「その本を探すという行為」が当然行なわれ、その結果「見つけたという行為」につながったと考えられます。「had lost」は、いわば「結果」とも呼ぶべき過去完了の用法です。 ※ 以上のことから、(6)では「had bought」を「bought」にすることができると結論づけることができますが、(7)では「had lost」を「lost」とするには抵抗感が生じてしまうと言わざるを得ません。 ※ お尋ねの英文が掲載されている問題集が提示された「had lost」を用いた英文のみを正解としているのは、上記のような理由があるのではないかと思います。 ○ 「過去完了形」の代用として「過去形」を用いることにはいろいろな条件が伴うために、中級レベルの学習者にとってはかなりハードルが高いものになります。 ○ 「過去形による過去完了形の代用」はNative speakerが書いた英文を理解するためには知っておいて役に立つ知識ですが、日本人が自分で使うことは難しいものです。 ○ 大学受験を目的とした学習であれば、【原則】をしっかり理解することに主眼を置いた学習で良いのではないでしょうか。 ○ しかし、英語を専門的に学習するご希望をお持ちでしたら、【応用】だけでなく【例外】のレベルまで到達することを目標に置かれると良いのではないかと思います。 ○ より深いご理解のご参考になれば・・・。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご回答有り難うございました。 大学受験合格を目的としてはいますが、その後も英語を使い続けたいので、有難いご回答でした。何より、モヤモヤしていたものが晴れて、より一層勉強に打ち込むことが出来そうです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

こんにちは。 過去完了は、現在完了と同じく、文法的に強制されることは余りありません。つまり、ここでも、過去完了でなければ文法的に間違いになると言うことではありません。 1.He found the watch which he had lost the day before. は、He found the watch which he had lost までの文脈で、過去完了が選択されています。つまり、「見つける」ためには、見つける以前に「なくして」いなければいけないからです。これを、He found the watch which he lost the day before.としても、間違えだと言うネィティブは少ないでしょう。ただ、「なくしてすぐに見つけたのね」のような印象を与えてしまうと言うことです。 2.I had not gone a mile before I felt tired. こちらも、I did not go a mile before...でもOKです。ただこれも、文脈上、「一マイルさえ行っていなかった」と言うような完了していないと言う感覚を出すためにhad goneが選ばれているだけのことです。 一般的に、完了形は一種の意味の強めの役割を果たしていると思います。時制的に、つまり、時間の流れを論理的に表すために、どうしてもそうしなければいけないと言うことは、多分、あまりないように考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 過去完了

    http://odn.okwave.jp/qa4142240.html He found the watch which he had lost the day before. I had not gone a mile before I felt tired. 過去形はダメで過去完了というこの2つの文ですが、単純に物事の発生順序が問題になっているということで説明してよいでしょうか。もう一つ、、過去完了でないと絶対ダメですか。 よろしくお願いします。

  • 未来完了形と副詞節の時制について

    I am going up to Tokyo when I will have gone through this examination. という文の誤りを訂正する問題について分からなくなってしまいました。初歩的な質問で恥ずかしいのですが教えてください。 時と条件を表す副詞節を用いた文では、 主節(現在形)→副詞節(現在形) 主節(未来形・未来完了形)→副詞節(現在形) 主節(過去形・過去完了形)→副詞節(現在形) となると覚えたので、 主節「I am going up to Tokyo」が現在形なので副詞節は「when I go through this examination.」と思ったのですが、 正しい答は「I am going up to Tokyo when I have gone through this examination.」でした。 なぜ副詞節が現在完了形になるのでしょうか? また、「上京する」ことも「試験に合格する」ことも未来の事なのになぜ I am going up to~と現在形で書かれているのでしょうか?

  • 時制の一致について。(英語)

    英訳を頼まれてやってみたのですが、時制の一致のことで考え込んでしまいました。 どなたか教えていただけたら嬉しいです。 内容ですが・・・ 「彼がゆきちゃんを愛していることや、とても心優しい人だというのが良くわかりました。」 というのを英訳してみました。 I felt that he loved Yuki very much and he had a gentle heart. 時制の一致で、後ろの動詞も過去形にしてみたのですすが、「愛している」と「心優しい人だ」というのは現在のことでもあるので、現在完了で書いたほうがいいのでしょうか? その場合 (1)I felt that he has loved Yuki very much and he has had a gentle heart. (2)I felt that he had loved Yuki very much and he had had a gentle heart. (1)と(2)のどちらが正しいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 分詞構文について

    分詞構文について 下記のように、書き換えることができますか? (1) I hadn’t gone a mile before I felt tired.  =Not having gone a mile, I felt tired. (2) Bob shut up before Chris got mad at him.  =Bob shut up, Chris getting mad at him.

  • 副詞節を伴う仮定法過去のif節内の時制の一致は?

    "If I were asked how I felt when I happened to read his novel, I could compare it to love at first sight." 「たまたま彼の小説を読んだ時どう思ったのかと聞かれれば、それは恋愛の一目惚れにたとえることができますね。」 上の文は仮定法過去で発生の可能性が少ない未来の事象の仮定とその結論を述べています。 ここで、if節そのものは未来(現在でもよいですが)の仮定ですが、if節内の2つの副詞節は過去の事実を言っています。 このif節内の副詞節"how I felt when I happened to read his novel"の時制は、 仮定法過去を示すif節メイン部"If I were asked"の仮定法時制に一致しているのではなく単純過去ですか? 仮定法過去や、仮定法過去完了のif節内にある副詞節の時制は仮定法の時制に関係なく、単にその副詞節が表す時制を言えば良いのですか?

  • 過去完了 と 関係副詞について

    初めに、過去完了について宜しくお願いします。 テキストの中で、下記のような例文が載っていました。 "Amy had just gotten home when I phoned. she had been at her mother's. "   "but - Amy wasn't at home when I phoned. she was at her mother's" Amy hadn't been at home when I phoned, she'd beem at her mother's とは言えないのでしょうか、それとも過去形でも過去完了でも大丈夫なのでしょうか? When Amy had gotten there , he was at the party とは言えますか? 関係副詞について。 she went to the school on the day when it was demolished. と例文にがありました。まず、これの先行詞はon the dayなんでしょうか? 関係副詞は前置詞+関係代名詞と覚えてきたんですが、このwhen には on the day which でも言い換え可能ですか?

  • 時制の一致?

    ある問題集で、 On coming home, he told his wife that he ( ) a very productive talk with his sales dealers that day. の(  )に入るのが (a) has , (b)had, (c)has had, (d)had had の選択肢のうち、(b)had が正解とありました。 理由は時制の一致ということですが、(d)had had と過去完了にするのが正解のような気がするのですが。 よろしくお願いいたします。

  • 過去完了時制と過去完了進行時制との違いについて

    はじめまして、minaikiikiと申します。質問ですが、 「私は、その日働いていなかった。」を英語にすると、 I had not worked at that day. それとも、 I had not been working at that day. のどちらが正しいのでしょうか? または、どちらとも正しくないでしょうか? 正解と、過去完了時制と過去完了進行時制との違いについて、わかりやすい例などで少し説明していただけないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 等位節と副詞節の違い

    こんにちは 将来教員希望で英語を基礎からやりなおして節の勉強をしていました その時に説明の仕方が分からない物に出会いました それは等位節と副詞節の違いです 等位節の説明には「独立した二つ以上の節が接続詞で結びついて一つの文になる」とあり、一方副詞節では「動詞を修飾し、副詞の働きをする」とあります そこで例文をみてみると、 等位ではHe was tired,but he did not give upとあり、副詞では、We will leave when he comes backとあります この二つの例文をみてもいまいちピンときません この二つの違いを丁寧に教えるにはどうすればよろしいですか?

  • 完了時制の是非について

    I went to America three times when I was young. の文でなぜ過去完了のhad goneにならないかわかりません。three timesがあるので「経験」になるのではないでしょうか。またwhen節がなければ、had goneは、可能でしょうか?。もちろん I lived in Tokyo for three yeaes when I was young の場合は「継続」ですが、過去時制が基本なので「期間を示す語」と 「期間の終わりを示す語」が必要なのでこの例文は問題なにのはわかります。ただ「経験」の完了形を作る時は、過去時制が基本の時に「回数を示す語」以外に何らかの条件があるのでしょうか。 I have gone to America three times は間違いではないと先生に言われましたがこれは現在時制が基本なので、納得いきます。詳しい方解説お願いいたします。