• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

お勧めのファンタジー小説

面白いファンタジー小説を探しています。 この分野にはあまり詳しいとはいえないので、お勧めやこれは読んどいたほうが良いといった名作を教えてほしいです。 海外の作家の作品でもかまいません。(翻訳されてる作品でお願いします) 以下の作品は今まで読んで面白いなぁと思ったものなので、できればこういった系統の作品を紹介していただければ幸いです。 よろしくお願いします。 ・十二国記 [小野不由美] ・皇国の守護者 [佐藤大輔] ・銀河英雄伝説 [田中芳樹] ・アルスラーン戦記 [田中芳樹] ・デルフィニア戦記 [茅田砂胡] ・魔法戦士リウイ [水野良] ・ロードス島シリーズ [水野良] ・スターシップ・オペレーターズ[水野良] ・クリスタニアシリーズ ・ソード・ワールドシリーズ ・ハリー・ポッターシリーズ [JKローリング]

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数507
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

かなり読んでらっしゃるじゃないですか。 *西の善き魔女 荻原規子 コミック、TVアニメにもなっている長編です。ファンタジーかと思ったら実はSF?かも。 ほかに荻原規子のでは、児童文学に分類されるかもしれませんが、 *空色勾玉 *白鳥異伝 *薄紅天女 もいいです。日本古代史ファンタジーといった感じです。 *ナルニア国のシリーズ C.S.ルイス 「ライオンと魔女」 「カスピアン王子のつのぶえ」 「朝びらき丸 東の海へ」 「銀のいす」 「馬と少年」 「魔術師のおい」 「さいごの戦い」 映画になってるのです。私は中学生のころ夢中になって読みました。ナルニア国の住人たちがとても良いです。お勧めです。 *ライラの冒険シリーズ 第1部「黄金の羅針盤」 第2部「神秘の短剣」 第3部「琥珀の望遠鏡」 こちらも映画化されたもの。黄金の羅針盤が今回映画化された分です。ストーリーはこの巻が一番ジェットコースターのように面白いですが、全体として意外性があって、面白かったですよ。 *ネバー・エンディング・ストーリー(はてしない物語) ミヒャエル・エンデ これも映画化されたもの。 *グイン・サーガ 栗本薫 既に100巻超えてますが、まだ完結してません; *魔法使いハウルと火の悪魔(ハウルの動く城シリーズ) ダイアナ・ウィン・ジョーンズ アニメ映画とはかなり違います。女性大活躍。 *火星年代記 レイ・ブラッドベリ SFではありますが、大変詩的でファンタジックです。 読んだことはないのですが、ほかにとても有名なのとしては *指輪物語 J・R・R・トールキン *ダレン・シャン ダレン・シャン *ゲド戦記 アーシュラ・K・ル=グウィン ル=グウィンは、「闇の左手」もファンタジックなSFでお勧め。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 海外の作品は、映画とか映像になっているものが多いですけど、ああいった世界観は結構好きなので原作の方も読んでみようかなぁと思います。 グイン・サーガは、ちょっと読んだんですけど巻数が多いので、先のことを考えてしまってなかなか読みが進まないんですよね。

関連するQ&A

  • 田中芳樹さんの「薬師寺涼子の怪奇事件簿」について

     田中芳樹さんの「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズを読まれた方、感想をお願いします。  田中芳樹さんが「銀河英雄伝説」や「アルスラーン戦記」の作者だということは知っていましたが、「薬師寺涼子の怪奇事件簿」というシリーズも書いていることを最近知りました。私はミステリーが好きなので読んでみたいと思うのですが、これがミステリーかも分からないので読んだ方に情報を教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

  • アルスラーン戦記:やっぱり皆死ぬのかな?(予想)

    田中芳樹作の「アルスラーン戦記」の新刊がようやく出ました(私の地元ではまだ入荷してないので読んでないですが)。 ところで、作者は「銀河英雄伝説」などで登場人物を片っ端から殺してしまったことから「皆殺しの田中」の異名(?)を持つそうですが、やっぱり「アルスラーン戦記」でも「最終的にはみんな死んでしまうのかなあ」と今から心配しています・・・ もう長いこと他の田中芳樹作品を読んでいないので最近の傾向は分からないのですが、皆さんの予想はどうでしょうか? 個人的にはこの作品で言うと、エラムやアルフリードあたりは生き残るかな?って思いますが、ダリューンやナルサスなんかは最終巻ぐらいでもれなく死んでしまいそうで・・・ 作者の最近の傾向なども踏まえて、皆さんの予想をお聞かせください。 (特に根拠無く「予想」でいいです)

  • 田中芳樹さんが大好きな私にお勧め名本は??

    田中芳樹さんが大好きな私にお勧め名本は?? 私は田中芳樹さんの小説が大好きで、この方の小説は何度も何度も読み返して読んでいます。 実際に存在してるかのような細かい描写、政治や社会に対する皮肉や言い回しが独特で、読み始めた時は新鮮でした!!(特にアルスラーン戦記、銀河英雄伝、創竜伝は愛読) あまりに好きすぎて、この方以外の作者さんの本はあまり読んだことがありません。 さすがに他の作者さんの本も読んでみたいなぁと思うのですが、どれが面白い本なのかわかりません;; あらすじ読んでも、面白いか判断できませんし・・・。 近くに図書館もなく、試しに買った本が面白くなかったらお金がもったいないですし…。 この頃、無性に本が読みたいのでお願いします!! どなたか「田中芳樹さんが好きならこの本はどう?」という(すみませんがラノベ以外で;;)本をお勧めしてください!!

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

指輪物語を書いたJ.R.R.トールキンの 農夫ジャイルズの冒険―トールキン小品集 面白いです。トールキンが指輪書き終わったあとに書いたユーモア・ファンタジーです。なかなか笑わせてくれますが、クライマックスとオチがさわやかなので、指輪つらかったら、これはいいと思います。 小説ではありませんがゲドかいたアーシュラ・K・グウィンの 夜の言葉―ファンタジー・SF論 (岩波現代文庫) は、ジブリのご威光で絶版だったのが復刊しました。小説ではないですが、一読すると、グウィンの世界を回ってきた気分になれます。 修道士カドフェルシリーズは、12世紀の十字軍体験があり薬草の知識がある修道士が事件に巻き込まれて、難儀する話ですが、これもいいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • kaze100
  • ベストアンサー率20% (35/173)

海外のファンタジーで有名どころ タニス・リー 「闇の公子」など マイケル・ムアコック 「エルリックサーガ」他。エターナルチャンピオンシリーズ。 ピアズ・アンソニー 「魔法の国ザンス」シリーズ どれもハヤカワFT. 日本のファンタジー小説とは雰囲気が全然違うので一読をお薦めします。 海外ファンタジー読んでみたいならハヤカワ文庫FTを手にとってみるといいかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

上橋菜穂子の「精霊の守り人」シリーズ(参考 URL) とても女性の書いた物とは思えない、しっかりとしたプロットや戦い等の「男の世界」の描写でびっくりしました。そういう意味でも、内容的にも強くお薦めします。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/守り人シリーズ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

「ダレン・シャン」がお薦めです! 私が今まで読んだファンタジーの中では一番面白かったです。 ハリー・ポッターが大好きだったんですが、この作品を読んでからはお薦めを聞かれたら必ず「ダレン・シャン」と答えるようになりました。 漫画化もされていますが、原作の方が断然良いです。 http://www.shogakukan.co.jp/darren/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • mshr1962
  • ベストアンサー率39% (7417/18947)

■宇宙が舞台なら 野田昌宏「銀河乞食軍団」 野尻抱介「クレギオン」 鷹見一幸「でたまか」 庄司卓「宇宙戦艦ヤマモトヨーコ」 斉藤英一郎「ハイスピード・ジェシー」「怪盗T・T」 安芸一穂「オペレーションMM」「サイドワインダー」「フェアリーエクスプレス」 嵩峰龍二「ソルジャー・クイーン」 ■ロボットがでるもの 水月郁見「護樹騎士団物語」 今野敏「宇宙海兵隊ギガース」 千葉暁「聖刻1092」 大鳥博士「バトルテック・戦士たちの邂逅」 ■異世界が舞台の剣と魔法のファンタジー 神江京「放浪王ガルディス」 南房秀久「月蝕記列伝」 ひかわ玲子「女戦士エフェラ&ジーラ」 麻城ゆう「月光界シリーズ」 伊東麻紀「宝剣物語」 前田珠子「破妖の剣」 神坂一「スレイヤーズ」 秋田禎信「魔術師オーフェン」 ■現代・近未来が舞台のファンタジー 鎌池和馬「とある魔術の禁書目録」 三田誠「レンタルマギカ」 長谷敏司「円環少女」 丘野ゆうじ「星魔バスター」 飛沢磨利子「隣界ハンター」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 知らない作品が多いので、本屋でちょっとづつ読んでお気に入りを探してみたいと思います。

  • 回答No.1

わお!私の好きなファンタジー小説と思いっきりかぶってます!! それなら・・・絶対これです!! 風の大陸 竹河聖著 かなりの長編ですが、ようやく完結しました。全28巻・・・最近愛蔵版も出たようです。かなり高額ですが・・・ ちょっと古いものなので、古本屋さんでも十分手に入ります! 十二国記もようやく最近、新章が発表されましたね・・・(^^;) お気に入りのシリーズが見つかりますように!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 お気に入りがかぶっているmitiminaさんのお勧めでしたら、絶対楽しめそうです。 次に読んでみたいと思います。

関連するQ&A

  • 田中芳樹さんはなんであんなに遅筆なんですか?

    田中芳樹さんの本のファンです。 最近田中芳樹さんの本のペースが遅すぎませんか? 1,2年に1回出る創竜伝はまだいいほうで、 アルスラーン戦記は3年に1冊、タイタニアに至ってはもう捨て置かれてしまってるようです。 なにか他のお仕事が増えたのでしょうか? 新作を楽しみに待っているのですが、長すぎて疲れてます。。

  • お薦めの小説を…

    教えて下さいまし。この5年で読んだ本は 1.ロイス・マクマスター・ビジョルドの 戦士志願からチャリオンまで。ほぼ全シリーズ 2.茅田砂胡のデルフィニア戦記から クラッシュ・ブレイズまで、ほぼ 全シリーズ 3.D・ウェーバーの紅の勇者シリーズ 4.レーモンド・E.フィーストの リフトウォー・サーガ 5.ジョージ・R・R・マーティンの 氷と炎の歌シリーズ。 などが特にお気に入りでした。 随分と昔ですが銀英伝やタイタニア戦記や アルスラーン戦記など田中芳樹さんの本も 結構読みましたが…この人最後まで書かないことや 途中で止まったままなので苦手でした。 なので、そこそこ翻訳されてるか 適度に続いてるか完結されてると 嬉しいです。宜しくお願いします。

  • ベルガリアード物語のようなオススメファンタジー小説を教えてください。

    タイトルのとおりです。 エディングス作品のような会話を楽しめるファンタジー小説を探しています。 砕けた言い方をすると、キャラクター性が強く読みやすいファンタジー小説、といったところでしょうか。 ムアコックやR・Rマーティンのような重厚な世界観も好きですが、今回は除外ということでお願いします。 海外、国内、ラノベ等の区切りは特に気にはなりませんので、オモシロイと思うものがあれば、何でも紹介していただけると助かります。 以下既読作品・・・ ■エディングス作品 ■ムアコックのサーガ系列 ■R・Rマーティンの氷と炎の歌 ■リフト・ウォーサーガ ■魔法の国ザンス ■ハリーポッターシリーズ ■ドラゴンランスシリーズ ■水野良およびグループSNK ■スレイヤーズ ■魔術師オーフェン ■フォーチュンクエスト ■十二国記 ■ばいばいアース ■レイン 過去ログを読むに、 「彩雲国物語」「アルスラーン戦記」「守り人シリーズ」あたりが気になっています。 他にもカッパノベルズ?等で、最近やたらとライトノベルちっくなファンタジーが増えてきていますが、そのあたりはどうでしょうか? 質問が広範囲になってしまいましたが、よろしくおねがいします。

  • アルスラーン戦記の旧と新の違い

    毎度お世話になります。 たまたま本屋で田中芳樹先生のアルスラーン戦記を見かけとりあえず5冊読破致しました。この本を最初に読んだのは10年以上前で当時も大変面白く読んだものでした。しかし記憶が曖昧なのも事実あり、新アルスラーン戦記では加筆部分があるそうですがどの部分かわかりませんでした。どこを加筆したかを教えてください。また旧では10巻(新では5巻)で完結されていたのでしょうか。悪筆ですが教えてください。

  • 大量殺人

    シリーズ全部で何人とかではなく、一瞬で大量の死者という形で最大の死者数を出した作家とは誰でしょうか? 高千穂遙氏か田中芳樹氏あたりだと思うのですが。

  • 巻数の多いシリーズ物を探しています。

    読むのが割りと速いので、シリーズ物で巻数が多い本を探しています。ジャンル問わずに読むのですが、 その中でもファンタジー系や歴史物が好みです。 けっこう数は読んでいるので、最近、行き詰まっています。何か これ!というお勧めな本を教えてください。 よろしくお願いします。 (一部、読んだ物をリストアップしておきました) かなり面白かったもの ・前田珠子さんの全作品 ・茅田砂胡の「デルフィニア戦記」 ・栗本薫の「グインサーガ」 ・森崎朝香「花嫁シリーズ」 ・田中芳樹「アルスラーン戦記」「創竜伝」「銀河英雄伝」 ・菊地秀行「吸血鬼ハンターDシリーズ」 ・神坂一 「スレイヤーズシリーズ」 ・渡瀬 草一郎『空の鐘の響く惑星で』 推理物 ・赤川次郎 「三毛猫ホームズ」シリーズ  ・和久峻三 「赤かぶ検事」シリーズ まあまあだったもの ・ひかわ玲子「女戦士エフェラ&ジリオラ」 ・秋田禎信 「魔術士オーフェン」シリーズ ・麻城ゆう 「月光界シリーズ」 いまいちだったもの ・西尾維新 「戯れ言シリーズ」 ・麻城ゆう 「月光界シリーズ」 ・高野和  「七姫物語」 補足 なお、上記以外にもけっこう読んでいるので お勧めしてもらった中でかぶった本があったら すみません。

  • 新書版→文庫版になる時の間隔ってどのくらい?

    最近、田中芳樹先生の「アルスラーン戦記」の文庫を買いました(光文社の方です)。 でも現在、5巻までしか出てないのですね。 カッパノベルズの方では13巻まで出ていて、5月には最新刊も出るそうですが、文庫版の方がイラスト的に好みだし、もう文庫版の方を買ってしまいましたので、6巻以降は新書版に、というのもなぁ…と新書版を買うのを躊躇しています。 そこで出版関係に詳しい方に質問なのですが、こういう形で出版する(例えば今回のような新書版→文庫版)際、どのくらいの間隔があるものなのですか?

  • アルスラーン戦記が好きな私にお勧めの本教えて下さい

    わたしは田中芳樹先生の本が好きで詳しい時代考証や戦術、思想、陰謀など詳しく描かれており何度も読みました。 とくにアルスラーン戦記のアルスラーンが最初よりも考え方や行動が成長しとてもわくわくします。 他にも上橋菜穂子先生の精霊の守り人のチャグムもバルサの力を借りながら大人になる様子に本を読むのが止まりませんでした。 アルスラーンやチャグムのように周りの思惑に巻き込まれ壁にぶつかりながらも成長する男主人公本はないでしょうか?みなさんのお勧めの本を教えて下さい!! (でも、主人公が修行してパッピーエンド!!みたいな話はちょっと・・・;;あと女性が主人公だと恋愛話になって都合のいい展開になりそうなので男性の主人公でお願いします。)

  • オススメの社会派ライトノベルを教えて下さい。

    『ライトノベル☆めった斬り!』では、ライトノベルであることのチェックポイントとして、社会的なテーマ、メッセージ性の欠如(p15)、というのが挙げられています。そこであえて、社会性のあるライトノベル、社会派ライトノベルのオススメを教えて頂けないでしょうか。その作品がどのようなテーマを扱っているのかも含めて、よろしくお願いします。 なお、『銀河英雄伝説』(田中芳樹)、『創竜伝』(田中芳樹)、『十二国記』(小野不由美)、『ザンヤルマの剣士』(麻生俊平)、『蓬莱学園』(新城十馬〔新城カズマ〕)、『タクティカル・ジャッジメント』(師走トオル)、『総理大臣のえる!』(あすか正太)、『氷菓』(米澤穂信)、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』(桜庭一樹)は除く、でお願いします。

  • 表現のうまい文章の小説を教えて!

    最近、どの小説を読んでいても、説明文でうんざりさせられてしまいます。 それなら詩とか俳句とかを読め!といわれそうですが、違うのです。 広告のキャッチフレーズ集とか、グルメな表現文の本などを読んでからというもの、小説の説明描写は想像がいちいち断ち切られて、何が言いたいのかわからないうちに物語にも心が離れてしまうのです。 ただ当たり前のことを、気持ちよく感じさせてほしいのです。ファンタジーでも、ドキドキさせてくれるなら読みたいです(でもミヒャエル・エンデとかハリー・ポッターとかまるでダメ。かろうじてロードス島)。 今までで、表現が良かったと思う小説の作家は、田中芳樹と吉本ばななです。 一人称の小説やブログは読みやすいですが、そういう意味ではなく、一行一行をじっくり味わえる文章を読みたいです。 よろしくお願いいたします。