• ベストアンサー
  • 困ってます

損害賠償について

原告が、被告(A社、B社、C社)の3社を相手どって、総額3000万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしたとします。 裁判の結果、原告の請求が100%認められた場合、A社、B社、C社の、それぞれが支払う額は、裁判所が決定するのでしょうか? (たとえば、A社500万、B社1000万、C社1500万、というように) また、裁判所が決定するとして、B社の支払い能力がなかった場合、原告は、2000万円のみで泣き寝入りするしかないのでしょうか? 法律について、私はまったく素人です。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数188
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>原告が請求する額を裁判所が認めるか否か、ということですね。 そうです。 ですから、普通は「ABCは連帯して支払え」と裁判所に求めるわけです。 これが認められたならば、誰から幾ら取ろうと債権者の勝ってです。 その場合、普通はABCと相談して支払います。 ところが現実には、損害賠償請求だから「私は支払う筋合いない」と、A又はB又はCが答弁するのが普通です。 そこで裁判所は最終的に、例えば「Aには責任ない」と云うような判決となって、「連帯して支払え」とはならないのです。 結局は、私は「裁判所は勝手なことはしない。」と云いましたが、誰がどの程度の責任があるかは裁判官が判断しますので、バラバラな金額になる場合もあります。 私の「裁判所は勝手なことはしない。」と云うのは、例えば、原告がAに「1000万円支払え」と求めているのに、裁判所が「2000万円支払え」と云うようなことはしない、と云うことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご親切にありがとうございました。 「誰がどの程度の責任があるかは裁判官が判断しますので、バラバラな金額になる場合もあります」 とのこと。 さらに理解が深まりました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 損害賠償請求について

    今月、初回の口頭弁論があります。 損害賠償の額は300万円位です。 被告は否認します。 損害賠償請求の民事訴訟はだいたい何ヶ月程度かかるのでしょうか。 どなたか詳しい方、教えて下さい。

  • 損害賠償請求金について(助けて下さい)

    損害賠償請求金について(助けて下さい) 私は原告と言う立場でフランチャイズ事業に関する民事訴訟を起こし、結果として、被告人に対して保護義務違反(債務不履行)に基づく解除に伴う損害賠償(原状回復)として、支払いの判決をとる事ができました。 高裁でも同様の判決をとる事ができましたが、相手側は支払いに応じようとしません。それどころか、被告側がは消息不明、またフランチャイズ会社の存在自体も不明となっております。諦めきれず、今までの裁判の資料を読み返している時に、被告人の居住地が明記されている陳述書が出てきました。勿論、電話をして見ましたが、登録されておりませんでした。取り返すべく、何か良い方法はないでしょうか? ちなみに、30位の加盟店があるのですが、皆さんも泣き寝入りです。 宜しく、ご教示頂きたく、宜しくお願いもうしあげます。

  • 民事訴訟(損害賠償請求訴訟等)の被告の弁護士費用

    民事訴訟(損害賠償請求訴訟等の金銭に関係する)の被告となった場合の弁護士費用は原告と同じと考えて良いのでしょうか? (確か、訴訟額の何割かだったと思います。)

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

No.2の者です。 > 原告は連帯責任と分割責任のどちらかを選べるんですね。 すみません、私のことばが適切でなかったのだと思いますが、誤解なさっているかもしれないと思い、追加投稿いたします。 原告が選べるのは確かにそうなのですけれども、選んだとおりの判決が下されるとは限りません。すなわち、責任の性質上連帯責任にならないものについては、原告が連帯責任を求めたとしても、それは法律上認められない請求となりますから、連帯責任を認める判決が下されることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「責任の性質上連帯責任にならないもの」もあるわけですね。 おかげさまで理解が深まりました。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.3

この問題は、原告の請求の趣旨によって違ってきます。 例えば、請求の趣旨が「被告らは連帯して、原告に対して金3000万円支払え」との判決を求める。 として、裁判所が認めれば、Aに全額請求してもいいしBやCに請求してかまいません。 でも、例えば「Aは原告に対して金500万円、Bは原告に対して金1000万円、Cは原告に対して金1500万円」支払え。 と云うような請求にして、裁判所がそれを認めれば、その通りに(それに限定して)請求することになります。 裁判所は勝手なことはしないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 分割責任を請求する場合、金額は裁判所が決めるのではなくて、 原告が請求する額を裁判所が認めるか否か、ということですね。 さらによく分かりました。 どうもありがとうございます。

  • 回答No.2
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

請求内容の性質によります。 連帯責任となる場合には、原告が連帯責任を求める旨を主張することにより裁判所はその旨を宣言し、実際の請求段階(執行段階)においてはいずれからも満額を支払うよう請求できます。 この場合、支払能力のある者に対して請求すれば良いため、いずれかに支払能力がある限り、「泣き寝入り」にはなりません。 他方、分割責任となる場合には、裁判所はそれぞれの負担部分を宣言し、実際の請求段階(執行段階)においては、それぞれに対して仮に満額を請求しようとしたとしても、各社は負担部分までしか支払義務を負いません。 この場合、支払能力の無い者に対する請求は、事実上「泣き寝入り」となるおそれがあります。また、その会社が破産をしてしまうと、その会社は消滅するため、取締役等に損害賠償請求をしない限り、法律上「泣き寝入り」となってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 原告は連帯責任と分割責任のどちらかを選べるんですね。 とてもよく理解できました。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

原告は、通常は連帯して支払いを求めます。一番確実に取れる。 判決もだいたいその通りとなるようです。 原則、原告は、誰にでも全額請求できる。 abc社間で、責任に応じて、精算することになる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくありがとうございます。 分かりやすいご回答で感謝いたします。 すみませんが、重ねてお尋ねします。 「abc社間で、責任に応じて、精算することになる」 とのことですが、 「責任に応じた額」は裁判所が決めるのではなくて、 abc社間で話し合うことになるんですね? その話し合いに際しては、もう裁判所はタッチしないのでしょうか?

関連するQ&A

  • 訴訟中に被告が損害賠償金を供託した場合

    民事訴訟の当事者(原告)です。 第2回口頭弁論が終わりましたが、次回の公判までに被告が損害賠償金の 全額を弁済する意思を表した場合、若しくは供託した場合原告の訴えはどうなりますか? 請求の趣旨が無くなるので、判決は出ませんでしょうか?その場合の訴訟の流れについて 教えて下さい。お願い致します。

  • 損害賠償について

    *先に断っておきますが当事者ではありません。 AさんがBさんにケガを追わせ、Aさんを相手取ってBさんが民事訴訟を起こしたとします。 裁判の結果、損害賠償額が決まり、毎月○○円、Aから支払ってもらう段取りが決まりました。 しかしBさんの気が変わり、まだ半分ばかり受け取り額が残っていますが、相手に「もう結構です」と伝えることにしました。 そこで質問なのですが、この場合、どのような手続きを経て、「損害賠償の受け取りの放棄」に至るのでしょうか。教えていただけると幸いです。

  • 家裁でも損害賠償訴訟は出来るのですか?

    いつもお世話になります。 今友人が離婚裁判をやっています。(妻側、原告) 原告、被告双方の尋問が終わり、そろそろ結審と言うところで被告側から、原告の不法行為に対する訴訟が同じ家庭裁判所に起こされたそうです。(損害賠償請求のみ) 単純な疑問として (1)損害賠償等も家裁で扱うのですか? (2)今進んでいる裁判との関係は今後どうなっていくのでしょうか?    ただでさえ時間がかかって困っているようなのですがさらに延々と続く事になるのでしょうか? (3)別訴訟だと聞きましたが、関連のある問題は原告の意志にかかわらずに併合されて一色単になるのでしょうか? 以上3点、よろしくお願いいたします。

  • 損害賠償を求める民事訴訟について教えてください

    損害賠償を求める民事訴訟に勝訴した後の制度上の質問です。 以前に新聞を読んでいると、「損害賠償を求める民事訴訟で勝訴しても、 加害者が支払わない場合、国が強制的に取り立てる仕組みがない。」と 記述してありました。 私は、民事訴訟で勝訴し、損害賠償請求権があるのなら、相手の財産を 差し押さえして強制的に支払わせることができると思っていました。 このような考えは間違っているのでしょうか。 回答の程、よろしくお願いいたします。

  • 損害賠償金について

    民事裁判で、損害賠償請求をして、 勝訴した場合、被告に支払い義務が発生するのですが、 返済能力がない場合、原告は何もできないのですか? また、返済能力があるのに、支払ってもらえない場合、 どこに訴えたらいいのでしょう?

  • 民事訴訟で確定した損害賠償金の回収の仕方について

    仮にAという被告が民事訴訟で1,000万円の損害賠償の判決を下されたとしますよね? その1,000万円って誰が回収するんですか? まさか告訴した人が、自分で回収するんじゃないですよね? また、もしAさんが1,000万円(全ての資産合わせて)もってなかった場合はどうなるんですか?

  • 損害賠償

    私は飲食店を経営しています。 従業員についてなのですが、数ヶ月前から売り上げを改竄して金銭を くすねています。注文伝票を書かず、その売り上げを持ち帰ったり、 店の両替金自体から金銭を取ったりしています(総額100万円位)。 来週から隠しカメラを設置して証拠を掴もうと思っています。 このまま、クビにするのも悔しいので内容証明で実家充て(両親と同居)に請求しようと思います。 たた、「そんなの知りません」「何かの間違えじゃ」などで惚けられるのが大半だと思います。 そこで民事と刑事の手続きを考えていますが、 どうような項目になるのでしょうか。 私は今まで民事も刑事も体験しています。 民事訴訟→損害賠償請求/訴額100万円。甲号証としてビデオテープや売り上げ伝票など。 刑事告訴→窃盗罪??? 民事訴訟は上記でOKですか? 刑事については少し分かりません アドバイスをお願いします

  • 亡くなった人に対する損害賠償・・・何のため?

    亡くなった人に対する損害賠償を請求する訴訟がよく行われますが、 何のために原告は被告に対して訴えを起こすのでしょうか? 「損害賠償」と書くので損害を賠償する、つまり亡くなった人に対して今までかかったお金や本来なくなった人が得ることができるお金を取り戻すために訴訟を起こしているように感じます。 それとも今後このようなことを起こさないためにお金でしっかり反省してもらうことが目的なのでしょうか?皆さんは何のために亡くなった人に対して訴えを起こすのだと考えますか? ご意見もしくは私に教えてください。よろしくお願いします。

  • 損害賠償請求権とは?

    街区内の管理組合の規約違反により、知人宅は、被害を受けたので、組合理事長に対して異議の申立てと改善を求めました。ところが、組合総会の議事にもあげてもらえなかったので、組合員としての権利を侵害されたとして,組合費の支払いを止め、組合理事長に対して,異議申立てについて総会で話合いができれば組合費は支払うと言い続けました。 しかし、話合いの場も設けてもらえず、組合費の未納に対して、知人は提訴されました。もちろん、知人は、組合に対して、損害賠償権を主張し、損害と慰謝料を請求しました。 裁判所は、知人の陳述書をみてから、尋問を行うかどうか決めたいとし、知人は陳述書を提出。 裁判所は、「詳細な陳述書に対して、原告は反論があれば反論するように」と述べたが,原告は、反論の必要はないと述べ、尋問は行われないことになりました。 その後、知人は上申書を提出しました。その内容は,原告は法第65条に違反することを付け加え、今後、住民同士の争いがないよう、公平な審議を求める内容です。 この上申書に対して、裁判所は、準備書面とすると述べ、次回が判決期日になりました。 上申書を準備書面にするとは、どのような意味があるのでしょう? 民事訴訟で和解の打診もないまま判決となるのは、被告が敗訴するということでしょうか? 知人と同じ、街区に住む近隣の私は、組合理事長の無責任さを感じておりますので、訴訟の結果がすごく気になります。 知人は提訴された訴訟の中で、損害賠償請求権を主張し,、損害金と慰謝料を示していますが、それは、損害金等を請求したことになるのですか? 訴訟のことはよく解りません。回答をよろしくお願いいたします。

  • 特別清算と損害賠償請求訴訟について

    ――― 特殊なケースですが、 特別清算の開始が決定した会社に対して、債権者以外の第三者(会社の不正行為による被害者)が民事訴訟で損害賠償を求める裁判を起こした時、原告は特別清算における清算人で、清算人は管財人と同じ役割をするのでしょうか? 特別清算が絡む会社に損害賠償請求訴訟が起こされたときの流れについて教えて下さい。 それともやはり、特別清算になるくらいの清算会社には訴訟を起こすことはないのでしょうか。

専門家に質問してみよう