• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

関係代名詞

たびたびすみません。 よろしくお願いいたします。 次の文を訳してみたので添削お願いいたします。 I have noticed that there is a very strange occupation which may be translated into English " housework helper". 私は、英語で「家事手伝い者」と訳せるだろうとても変な職業があることに気づいた。 関係代名詞がとても苦手ですが よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数81
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。4/4のご質問ではお返事を有難うございました。 ご質問にある和訳で全く問題ありません。文法的にもほぼ完璧です。あとはこなれた日本語にする意訳のテクニックだけです。 1.have noticedは継続用法の現在完了になっていますから、「気づいた」という過去のニュアンスよりも「(以前から)気づいていた」の方がいいでしょう。 2.ここではnoticeの目的語となるthat節が長すぎますから、that以降は付加的に付け加えるような訳にした方がいいでしょう。 例: 「ずっと気づいていたことだが、~」 →「ずっと気になっていたのだが、~」 3.which節内で、sayではなくtranslateという動詞がわざわざ使われている意図を汲み取ります。つまり、話し手の国には存在しない職業を「敢えて翻訳すれば」、といった正確な言い回しへの微妙さが伝わるような訳にします。 例: 「敢えて英語にすれば~となるような」 →「英訳すればさしずめ~とでも言えそうな」 4." housework helper"はNo.1の回答にもある通り、敢えて“ ”に囲まれていることを考慮すると、その語をそのまま残して"housework helper"と和訳しても結構です。 ちなみに日本語に和訳するなら「家事手伝い」「ホームヘルパー」でいいでしょう。 5.以上を踏まえて訳例は (意訳)「ずっと気になっていたのだが、英訳すればさしずめ"housework helper"とでも言えそうな、非常に風変わりな職種があるのだ」 ぐらいになります。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 また1つとっても勉強になりました!!

関連するQ&A

  • 分詞の形容詞用法ではなく分詞構文になる理由

    某参考書の文ですが、 Among young girls in Japan I have noticed that there is a very strange occupation which may be translated into English "housework helper." At first I thought this term was used for hired helpers, but now I know that it means "young women who stay home, doing housework, until they get married." と言うものの中の、 doing housework ですが、 参考書の解説は、 「stay home」にかかる分詞構文。 とあったのですが、 私はyoung womenにかかる分詞の形容詞用法と解釈しました。 分詞構文と解釈される理由は何でしょうか?

  • 関係代名詞の問題なのですが

    関係代名詞の問題なのですが ●You may use any dictionary that I have, but don't use the one which is on my desk. ●What we must do now is to study very hard for the future. この二つの英文の訳がよく分かりません… 詳しい方教えてくださいm(_ _)m

  • 関係代名詞?関係副詞?

    The lack of a strong gravitational pull has caused the water the may have had to leak out into space over the 4.6 billion years that it has been in existence. (高校新演習長文II, 出版社不明, p38, 下線部A) 最後の部分である,that it has been in existence は関係代名詞なのでしょうか? 関係代名詞であるとしたら,補語が欠けているということなのでしょうか? 関係副詞のような気もするのですが,thatの部分をwhenに書き換えられないように思われます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

Gです。 こちらも私なりに書いて見ますね。 I have noticedと言う表現は、気がついていた、と言う「継続用法」的な意味合いと、気がついた、と言う「完了用法」的な意味合いと、気がついたことがある、と言う「経験用法」的な意味合いが出せる表現で、どの用法なのかを判断する必要があります。 気がついた、と言う完了用法とするのであればその判断方法が必要ですね。 その方法を知れば、自分でも訳す事が出来るようになるわけで私が完了用法だから「気がついた」です、と言ってもその場限りになってしまい、使える文法知識を得ることにはならないわけです。 文脈なのです。 文脈が作者の伝えたいフィーリングを状況付けているのが文脈と言う形で出てくるわけです。 その文脈とは前後する文章でもあるしまたその文章そのままと言うことも含んでいます。 よって、ここにかかれていない前後する文章を参照して、適切な用法を選び、それを訳出してください。 ただ日本語に訳す時に気をつけなければならない事があります。 それは動詞の訳し方として、動作を示す訳と「その動作によって作り出された結果である状態を示す訳」をする必要が出てくるのですね。 例えば、knowと言う単語は、知ると知っているの二つの意味合いがありますね。 知ったから知っている、と言う事ですね。 rememberも覚える、覚えている、と言う二つの意味合いがあるわけですが、これも覚えたから覚えている、と言う幅の広い意味を持っているわけです。 そして、have noticedも「気がついた」から「気がついていた」わけですね。 この表現の用法が意味合いを出しているわけではない、と言う事なのです。 I have notice there is xxxxと言う表現は、気がついていた、と言う意味合いと、気がついた,と言ういかにも過去形であるような意味合いも「出せる」のですね。 ここに学校で習う英語の理解力向上への教えの弱点が出てくるのです。 知っていましたか? 現在完了の「経験用法」って、結局は「過去のことだ」と思いませんか? I have been to Tokyo.東京へ行ったことがある、と訳しますが、結局は「行った」のですね。 I have noticedも「気がついた」のです。 ですから過去形的に訳した方がいいときもあるわけです。 逆に継続用法なのでは、今も継続している、と言うフィーリングなので、日本語に直す時にはいかにも現在形で表現した方がいいときも出てくるわけです。 I have known him for a long time. 長い間彼を知っています、と訳す事もしますね。 気がついた、と訳した方がつじつまが合うのであればそうするべきで、気がついていた、と訳した方があっているのであればそうするべきだ、と言うことになるわけです。 ただ、その文章なり文脈をフルに理解しておく必要はありますので、今回もこの判断が出来にくいと感じましたら、もしかしたらその判断が間違っているかもしれないと感じましたら、その前後する文章をここに乗せてください。 そこから適切なフィーリングを感じ取ってみますので。 次がstrangeと言う単語です。 ここでは、訳すとか言っているので、「変わった」「面白い(楽しくさせると言う意味ではなく)」「意外性に飛んだ」と言うフィーリングとして受け取る事が出来るわけです。 ここで、訳せる、と言う表現がなければ、変な、ではちょっと波長がずれているのではないかと感じます。 ここも、前後する文章からどちらがぴったりしているかを決めてください。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Gさんっありがとうございます☆ まだまだ未熟ですが、もっと頑張ります。

  • 回答No.1

ほぼ、問題ないと思いますが "英語で"と言ってるものを日本語にわざわざ訳すと 「日本語の家事手伝いを英語で言うと家事手伝い」みたいな変な訳になるので "ハウスワークヘルパー",あるいは"housework helper"のまんまでいいような気もします。 わざわざ翻訳する手間も省けますw 試験ではどちらでもたぶんokです(私の経験上) 私の場合、若干意訳っぽいですが 「私は、英語で言うなら、さながら"ハウスワークヘルパー"とでもいう大変奇妙な職業があることに気付いた」 でしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 とても参考になりました☆☆

関連するQ&A

  • 関係代名詞に関する質問になります。

    「昨年の5月に (あなたの) ご自宅に滞在しましたミカです。」と手紙に書く場合、 “I'm Mika who stayed at your home in last May.”と作成しましたが、 この文では、関係代名詞を使った表現がふさわしいでしょうか。 適切な表現がありましたら、教えて頂きたいです。 また、参考書に 「who, whom, which の代わりにthatを使う」 「目的格の関係代名詞(whom, which) は省略かthatを使用」 会話では特にその傾向が強いとあります。 目上の方との会話で、省略やthatを用いてもよいでしょうか。 今回の手紙でも、“I'm Mika that stayed at your home in last May.”としてもよいかなとも思っております。 よろしくお願い致します。

  • 関係代名詞asについてですが・・・・。

    関係代名詞asについてですが、下記のように参考書に書かれておりました。 (1)先行詞に such / the same / が付いた時に使う (2)主節の内容を先行詞にする 時に使う 下記英文は(2)にあたると思うのですが、疑問があります。 ★He is very careful, as his work shows. 関係代名詞のasの後ろは不完全な文になると思いますが、上記英文  as his work shows. は、 shows の後は very careful になるのでしょうか?。  そうなると、文法上 his work(S)  shows(V他)  very careful(O)で宜しいのでしょうか? どうも納得ができません・・。 どのような構造になっているのか、教えてください(涙) ちなみに、 ★She was from Kyoto, as I knew from her accent. ですが、as以下の  I knew from her accent. ですが  as I knew from( Kyoto )   Kyotoを先行している というのは理解できました・・・ 詳しい方、どうぞ宜しくお願い致します。

  • 関係代名詞 最後です。。

    関係代名詞 最後です。。 関係代名詞。、今回が最後です。 1~3は関係代名詞のwhichの非制限用法?4,5は関係副詞です。だったと思います。 問題と考えた答を書きますので、解説と答をお願いします。。 問題 1 英語に直しなさい。 1.彼女は結婚して2人の子持ちなのだが、それには驚いた。 考え:I was surprised at, which she had a two children. コメント:なんか、合ってそうです。 2.賢明な人は過ちを糧とするが、愚かなものは決してそうはしない。(wiseを使って)(失敗から利益を得る)と考える。 考え:The wise man get a profit ・・・ コメント:意味がわかりません。あ、あとこの問題はprofitを必ず使います。 3.おそらくそんなことはないだろうけど、もし明日雨が降れば、体育大会は中止となります。 考え:If may not rain,which the school day will cancel. コメント:これって、関係代名詞使う必要がありますか? 4.7月は香港特別行政区が成立した月です。 考え:The july of the month when the built HKSAR. コメント:HKSAR(香港特別行政区) わかんないです。 5.戦争がない日がすぐにやってくることを望んでます。 考え:I wish there is no war. コメント:わかんないです。。wishだから仮定法?でも、関係副詞だしな。。。 ここまででいったんきります。教えてください!お願いします。

  • 英語の関係代名詞がわかりません。

    英語で質問です。 Philosophy introduced a new element to the relationship with external opinion, what one might visualize as a box into which all public perception、whether positive or negative, would first have to be directed in order to be assessed, (哲学は外部の意見との関係に、新たな要素を導入した。それは一個の箱をイメージしたもので、一般大衆の認識は、肯定的なものであれ否定的なものであれ、評価を下すために、まずそのはこの中に、導かねばならず、 ) what one might visualize as a box into which all public perception would first have to be directed in order to be assessed, into which の関係代名詞の先行詞は、Boxだと思うのですが、この関係代名詞の文章を二文にすると、 どうなるのでしょうか? お願いします。

  • 英語の関係代名詞について

    英語が堪能な方教えて下さい。 関係代名詞で間にwhichなどが入りますが、文頭の次に入るときと文章の中間に入るときがありますが違いはなんでしょうか? 私は瞬間英作文をしていますが、いつも訳すときに迷ってしまいます。 教えて下さいお願いします。 例 (文の中間) Do you know the song (which) she sings every day. (文頭の次) The movie (which) I saw last night was very interesting.

  • 関係代名詞と関係副詞について

    こんばんは。 関係代名詞と関係副詞。 どれがそれでどうだとか基本は多分分かっていると思うのですが、 時々2つがごっちゃになってしまいます。 (1)We came to the point (    ) the road parted into two. 答えはwhereですが、私はwhichにしていしまいました。 (2)This is the restaurant (   ) I have long wanted to visit. 今度は逆にwhichなのにwhereって・・・ 2つをどう見分けて空欄補充(他の場合もそうですが)したらいいのでしょうか。 克服・攻略方法がありましたらお願いします。 また上記の英文に対する解説も待っています。

  • 前置詞の目的語となる関係代名詞について

    Examples of analyses for which information may be submitted include the following. という文章があります。 この場合の関係代名詞「which」は前置詞「for」の目的語だと思うのですが、もしこの文を2つに分けた場合、 (1) Examples of analyses include the following. (2) Information may be submitted for them (examples of analyses). となるとすれば、submitに続く前置詞は「to」でなくてよいのでしょうか? submit for という使い方は一般的なのでしょうか? 辞書を調べたのですが、載っていなかったので、もし教えていただけたら助かります。 根本的に解釈が間違っていたら申し訳ございませんが、合わせてお答えいただけたら幸いです。 それでは宜しくお願い致します。

  • 関係代名詞について質問です。

    次の各文の()に適当な関係代名詞(that以外)を入れなさい。 1,I have a doll () is prettier than yours. 2,Dick has some friends () can ski very well. 3,Mary is a kind girl () everyone likes. 4,The boy () is playing the violin is my brother. 5,I met a girl () hair was very long. 6,The language () is spoken there is French. 7,Do you have a friend () mother is a teacher? 8,That is the church () we go to every Sunday. 9,A girl () name was Betty told me the way to the hospital. 10,The student () can speak English best is Mr,Tanaka. 11,I have a big English dictionary () was made in America. 12,You can see some children () are running around,can't you? 13,This is the letter () I wrote last night. 14,I know some students () can speak French well. 15,Ther record () she bought yesterday was very interesting. という問題があり私は、 1,which 2,who 3,who 4,whose 5,whose 6,which 7,whom 8,which 9,whose 10,who 11,which 12,who 13,which 14,who 15,which だと思ったのですが、合っているでしょうか。 解る方、宜しくお願い致します。

  • 関係代名詞の後の前置詞のlikeについてなんですが・・・

    英語の問題を解いていて、 "Japan is very different from what it wsa like ten years ago." (=日本は十年前とはだいぶ違っている。) という文なんですが、 what~(←関係代名詞だと思います)like~(←前置詞だと思います)のlikeの意味がよくわかりません。 解説を読んだところ、whatがlikeの目的語になっているらしくて ますますわかりません。 what he was で過去の彼ということはわかるんですが・・・ likeの意味はなんなのか そしてなぜwhatがlikeの目的語になるのか 文法的に解説お願いします。

  • 関係代名詞のwhatとwhichについて

    以下の英文についてお尋ねします。 The value of ☆what you have to sell does not necessarily increase when the market expands, and it may decrease. (訳)売るべきものの価値は市場が拡大したからといって必ずしも増えるものではなく、価値が減少するかもしれない。 文中にある関係代名詞のwhatについて教えてください。 何故whichではいけないのでしょうか。 解説によると、「The value of...と直前に前置詞ofがあるので、~you have to sellのまとまりが、名詞節のなるようにする。形容詞節を導く関係代名詞whichを入れても先行詞がなく不適。」と書かれています。 確かに、先行詞がないから、というのには頷けるのですが、"of which"という言い方もあるような気がするのですが…。 この問題は、☆whatの部分が空欄になっていて、4つの選択肢から正しいものを選ぶ問題です。 その選択肢というのが、 1 which 2 what 3 where 4 how だったのですが、私は1を選んでしまいました…。 この分野がかなり知識に乏しいので、解りやすく説明してくださると本当に助かります(:_;) 何卒、よろしくお願いいたします。