• 締切済み
  • すぐに回答を!

呼吸に関わる酵素について

こんにちは。 酵素に関わる酵素について質問があります。 グルコースからピルビン酸を生成する『解糖系』では、水素が奪われる脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)が作用しています。 また、ピルビン酸から乳酸を生成する『乳酸発酵』では、逆に先の解糖系で奪われた水素が享受されて乳酸になります。 ここで疑問なのですが、 (1)解糖系で水素を奪った脱水素酵素がそのまま作用して乳酸発酵に与かっているのでしょうか? (2)そうであればこの際の水素を渡すという反応は酵素反応なのでしょうか? (3)さらに、その場合の酵素は何と呼んでいるのでしょうか?(具体的な酵素名でなく、「加水分解酵素」のような一般名でもかまいません。) 前文に間違いがあればその部分の指摘を含め、補酵素との関連など解決につながる回答をいただけると助かります。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数451
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • suiran2
  • ベストアンサー率55% (1516/2748)

下記URLが参考になりましたなら… ○代謝マップ http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/glyclysis.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

酵素の名前がなかなかわからず苦心しています。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ピルビン酸デヒドロゲナーゼが「デヒドロ」なのはなぜ

    ピルビン酸デヒドロゲナーゼや分枝α-ケト酸デヒドロゲナーゼは、 脱炭酸反応をおこなうのに デヒドロゲナーゼ(脱水素酵素)と名前がついているのはなぜなのでしょうか?

  • 呼吸の解糖系について

    高校生物の内容です。 解糖系の補酵素で、脱水素酵素のはたらきで2NAD+が水素イオンと電子を受け取って2NADHと2H+になると書いてあるのですが、どうしてこのような形になるのでしょうか? わからなくて困っています。よろしくお願いいたします。

  • 酵素について

    脱水素酵素はデヒドロゲナーゼでは、脱炭酸酵素はなんというのでしょうか?あと、NAD+の還元型は必ずNADH2の形になるのでしょうか? 教えてください。お願いします。

  • ~酵素と~ーゼの関係について

    脱水素酵素=デヒドロゲナーゼで、合成酵素=シンターゼであるようなのですが、これらは例えばグルタミン酸脱水素酵素=グルタミン酸デヒドロゲナーゼ、アルギニノコハク酸合成酵素=アルギニノコハク酸シンターゼのように言い換えてもまったく問題ないのでしょうか? また、この~酵素と~ーゼの日本訳と英訳の対応関係が書いてあるホームページなどを知っていたら教えてもらえませんか?

  • ピルビン酸から乳酸への反応について

    お願いします(>_<) いま生化学の実習をしているのですが、課題がでていて、本やネットで調べたのですがわかりませんでした。 もしかしたらすごく基本的なことかもしれませんが、よろしくお願いします(>_<) 「ピルビン酸から乳酸への還元反応は自発的に進行するか否か」 「乳酸デヒドロゲナーゼは上の反応が自発的に進行するか否かにどのように関与するか」 「もし乳酸デヒドロゲナーゼが存在しないと解糖系の流量はどう影響されるか」 の三つについて100字以内で答えよ という問題ですm(__)m LDHは酵素なので、反応速度を上げるだけで、LDHがなくても反応は進むのかなぁとは考えてみたのですが… すごく悩んでいます(;_;) わかる方いらっしゃいましたら回答よろしくお願いします。

  • 生物IIの解糖系のしくみについて教えてください。

    生物IIの参考書を読んでいたのですが、解糖系の説明のところがよく分かりません。 (1)なぜグルコースからフルクトース二リン酸になる時に、(2×)ATPが消費されて(2×)ADPになっているのでしょうか?ADPからATPが作られることは理解できるのですが…  そして、そのフルクトース二リン酸から(2×)ピルビン酸になる時に、なぜ4×ADPが4×ATPになっているのでしょうか?どこから「4」という数字が出てきたのか分かりません。 (2)「ATPは解糖系でしか作られていないのに、なぜピルビン酸をエタノールや乳酸に変えるのか」という説明の中に、デヒドロゲナーゼ(脱水素酵素)が水素をうばう過程があると書いてありますが、なぜ水素がうばわれるのでしょうか?  あと、4つの水素がうばわれると書かれていますがなぜ4つなのでしょうか? (3) (2)の続きで、「もし解糖系だけが進むとNADが不足してしまうので、NADH2の水素をピルビン酸に還元して、NADを再生させる」と書かれていますが、なぜNADH2の水素をピルビン酸に還元するとNADを再生することができるのでしょうか?どういう意味なのか分かりません。  学校で生物IIの授業がなく、自学自習しているのですが分からないところがたくさんあり困っています。  基礎的な質問ばかりで申し訳ありませんが、生物に詳しい方できるだけ詳しく教えていただけると嬉しいです。

  • 酵素反応について

    補酵素の酵素反応での働きを証明するためには、具体的にはどのような実験があるのでしょうか。 特に乳酸脱水素酵素について知りたいです。 教えてください。お願いします。

  • 解糖系について

    解糖系→クエン酸回路→電子伝達系の解糖系について 解糖系は細胞質にあると思うのですが、その内の酵素の一つであるピルビン酸デヒドロゲナーゼはミトコンドリアに存在するのですか?それとも細胞質に存在してますか?

  • 酵素反応の進み方(S型リンゴ酸)

    フマル酸ヒトラーゼにより生成するリンゴ酸はすべてS型である。このことは酵素反応がどのように進んでいることを示しているのか説明しないさい。 という問題なのですがこれはS型リンゴ酸が生成するような分極した反応中間体とのみこの酵素が結合し酵素反応が進んでいるという具合でよろしいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 酵素について教えてください。

    酵素反応の阻害実験を行い、リン酸緩衝液3ml、NADH2(3.5もl/l)「1.0ml、ウシ心臓由来LDH  以上の混合液にピルビン酸とシュウ酸を加えた時の阻害反応も観察しました。ここでわからないことがあるのですが、ピルビン酸とシュウ酸の阻害反応は、競争阻害でしょうか?非競争阻害でしょうか?おしえてください。おねがいします。