• ベストアンサー
  • 困ってます

所有代名詞「それのもの」は・・・?

英語の人称代名詞の格変化の表を見ていつも思っていたのですが、「it」の所有代名詞の所がいつもダッシュ線や「なし」と表記されています。なぜないのでしょうか? 話の流れで犬をそれ(it)と言って、その犬の所有する首輪を言うとき「それ(犬)のもの(首輪)」と言う時ってないですか?どうして一般的に表記がないことになっているのかわかりません。みんな疑問に思わなかったのかなと不思議です。 しかしウィズダム英和の「its」を調べると 2(まれ)[単複両扱い]それのもの(its one(s)の意だが、単数をさすことが多い) とありました。「its」で、それのもの(単数)、それのものら(複数)、を表すってことでしょうか。 まれの用法だから通常はなしと表では表記されている、ということでしょうか。でも使うときってさっきの例のように結構あると思うのですが・・・。 またウィズダム英和でtheirsは「彼(女)らのもの」のほかに「それらのもの」の意味も書いてあり、 their+名詞の代用;名詞が単数なら単数、複数なら複数扱い とありました。ということは「それらのものら」の意味もあるのでしょう。「it」の所有代名詞がなぜ表記されていないのかも含め、その辺のことをよく知っておられる方がいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

Gです。 >この理解で過不足があればまた助言をいただければ幸いです。 ちょっと私の説明不足だったかもしれませんね。 (its valueのitsのいわゆる所有格の事ではなく、mineと同じitsと言う所有代名詞のことを言っているのですよね) >結局はNO2さんが仰るように「人格のないものに所有権を認める」ということがおかしいというのが原点でしょうか。 と言うことなのかもしれません。 そう考えると分かりやすいと思います。 >the bowl is theirsの例でもいくら犬でも、それらのもの、というとなにか冷たい感じがしますね。捨て猫や野良犬などに対しては使うかもしれませんが・・・。 ここに私の説明力不足があったみたいです。 theyには私が言う人称と非人称がありますね。 彼・彼女の複数形として人称と「それ」の複数形としての非人称の使い方があるわけです。 そして、their dishと言う表現には、私には、「彼ら」のボウル、と言っているフィーリングを感じます。 「それらの」ではなく。 つまり犬をhe/sheと呼ぶ「人称的表現」ですね。 そのフィーリングからのtheirsですね。 日本語の「うちの子は」と飼っている犬の事をさしていると言う感じかな。 それほどでもないかな。 (ご存知かもしれませんが、擬人化表現とは私は言いたくありません。) しかし、itsにはその人称的フィーリングがないのですね。 人間とか動物では、I, You, He, Sheしかないわけです。 itは物称なわけです。 ものである限り、それのもの、と言う表現は「生きているものと物体との違い」をあからさまに出した日本語と英語表現だとも言えますね。 生きていなきゃ所有は出来ない、と言う事ですね。 ですから、itsと物称の方のtheirsは非常に使いにくいと言うことになるわけです。 The dish is itsとは言わないわけですね。 その犬をhe/sheと呼ぶフィーリングがあれば当然、the dish is his/hersとなるわけで、the dish is theirsとなるわけです。 しかし前後する表現で野その犬をitと言う表現をしていたら、もちろん、his/hersとは表現しないわけですが、itsとは言わずにthe dish is for the dogその犬のさ、と言う表現になってしまうわけです。 is dog'sと言う表現は学校文法ではOKなんでしょうが使いにくい表現ですね。 つまり所有のフィーリングではなく、~のためのもの、と言うfor the dogであり、所有はあくまでも飼い主のものであると言いたげな表現になるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。 「the bowl is theirs」の"theirs"は擬人化ではなかったんですね。動物への立派は人称としての言い方だったんですね。 >ものである限り、それのもの、と言う表現は「生きているものと物体との違い」をあからさまに出した日本語と英語表現だとも言えますね。 生きていなきゃ所有は出来ない、と言う事ですね。 ですから、itsと物称の方のtheirsは非常に使いにくいと言うことになるわけです。 「それのもの」を物体の所有格の表現と見る以上、使いにくい、ということですね。 何回かよく読んで理解できたと思います。とても参考になりました。ありがとうございました。(^o^)/

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

 急いでいない質問のようなので、ゆっくりと回答させていただきます。まず、文法書の説明にこだわらないで欲しいと言うことです。編集者によって「これはまれな用法だから、挙げる必要はなし」と考えて、表記されないこともあることに気づいてください。  しかし、現実には使われているのに、挙げないのはおかしいと思われてもしかたがありませんね? じつは、どういう名詞が取り上げられているかという観点に気をつけるべきなのです。たとえば、「首輪」という名詞だと「具体的なもの」というように感じられますね。具体的なものなら、「数えられます」が、形のないものだと「数えることが出来ない」から、ただ、「それ」と指示するしかないはずです。  たとえば、天候を言うのに、「It is ...」ということに気をつけて欲しいのです。天候は「数えることは出来ない」ものだから、ただ、空を指すか、話し手のいる場(環境)を指していうしかないものでしょう。また、「状況」も同じように、ただ、「それ」というしかないものです。  同じ天候でも、「雨もあり、雷もあり、空は暗くなる」というような「複数の状況」であれば、それは「複数」になるわけで、対象によって変わるようなものです。つまり、時点によって変わるようなものには、「そのもの」というような「所有」を使いにくいわけです。  たとえば、犬ならずっと「犬」であるのに、天候がおなじ「晴れ」であるとは言えない、あるときは「雨」であるかもしれないし、「雪」であるかもしれないように、固定した形をしていないものには、「所有」という性格を与えるのは不自然であると感じられるようです。  このように、名詞が具体的なものであるか? (犬、猫、机など) 天候、状況などのような抽象的なものには、「所有代名詞」は使えないという説明があればよかったかもしれませんね。  ちなみに、古英語の人称の区別を挙げると、  he (彼、男性) she (彼女、女性) hit (赤ちゃん、中性)  つまり、古い時代の英語には、3個の「性」があって、具体的なもの以外は、すべて「中性」に分類されていました。そして、「hit」の「h」が抜けたのが、現代英語の「it」です。はっきりした形をしていないから、ただ、「それ」と指示するしかないものに、はっきりした「所有形」はないと感じられたのかもしれません。  以上は参考までの話と考えてください。詳しくは、古英語文法書を読んでいただけば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。古英語文法書というものも読んでみたいとは思いますが、読むとますます混乱しそうなので今はやめとこうと思います。もっと実力がついたらそのときは・・・にしたいと思います。大変参考になるご意見ありがとうございました。

  • 回答No.3

Gです。 こんにちは!! LAから書いています。 その犬が花子と言う名前でShe is 3 years old.と犬なのにSheとするのはOKですね。 It is 3 years oldといっても決しておかしくないですね。 首輪を示して、It(首輪)is hersといってもIt is 3 years old.とitと言っていながらIt (首輪)is itsとは言いませんね。 The collar is itsとも言いませんね。 しかし、That is its collar.とは言いますね。 しかし、花子と太郎と言う犬がいて二匹一緒に食べられる一つのお皿を指してThe bowl is theirsとは言いますね。 彼らのもの、です、ですね。 面白いところに気がついたと思います。 itの所有格としての表現はあるけど所有動名詞としてのitsと言う表現は無い、と言うことに気がついたのですね。 英語は言葉ですね。 言葉であると言うこと同じ人間がコミュニケーションに使う道具だと言う事ですね。 英語も言葉、日本語も言葉、と言う理解がちゃんと出来上がっていると結構日本人もアメリカ人も同じようなコミュニケーションでのフィーリング拡張が同じだなと感じることがあり、これを理解すると、「なぜ」の質問がすなわち日本語では?と言う「納得」につながるものなのです。 俺・俺の・俺に・俺のもの、変化ですね。 お前・お前の・お前に、お前のもの、 彼・彼の・彼に・彼のもの 彼女・彼女の・彼女に・・彼女のもの 俺たち・俺たちの・俺たちに・俺たちのもの 彼ら・彼らの・彼らに・彼らのもの となりますね。 そして、the bowl is theirsは「彼らのもの」ですね。 theyの持つ「それら」ではないですね。 それを踏まえると、 それ・それの・それに、までは良いとして、それのもの、とは言いませんね。 つまり、日本語でも、それ・それらに対する所有代名詞的表現がないのです。  つまり、格と言うものを作った「文法」では説明が出来ないものなのですね。 しかし使える文法・応用できる文法としての学校文法では(半分)正しい専門用語を作ったのです。 それが人称代名詞の「人称」と言う部分なのですね。 つまり、人称代名詞は一人称、二人称、そして三人称の一部だけを人称代名詞とし、itを非人称ないし物代名詞と、文法学者さんたちのお得意な分類をして置けばよかったのです。 そうする事で英語ではitとtheyの一部は人称の名前がイメージする人を示さず使い方も違うとすればよかったと言うことなのですね。 it/theyが同じ扱いをされると誤解されるような教え方をしてきたから余計に擬人化などと言うおかしな説明も出てきてしまうわけです。 必要以上の文法専門用語は必要ないとする私からの回答でした。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。久しぶりにGanbatteruyoさんから回答いただき、うれしく思います。しょっちゅう質問するのは回答者さんたちに申し訳なく思うので自主勉もがんばってます。 自分なりにまとめると、 人称代名詞(擬人化含む)と非人称ないし物代名詞に分けることでハッキリする。日本語でも「それのもの」という言葉は存在していてもまず使う表現ではない。英語でも「its(それのもの[単複あり]),theirs(それらのもの)[単複あり]」という一応の言葉はあってもまず使わない。結局はNO2さんが仰るように「人格のないものに所有権を認める」ということがおかしいというのが原点でしょうか。 the bowl is theirsの例でもいくら犬でも、それらのもの、というとなにか冷たい感じがしますね。捨て猫や野良犬などに対しては使うかもしれませんが・・・。 というわけで言葉上では存在するが「まれにしか使わない言い方」というウィズダムの通りでいいのでしょう。 この理解で過不足があればまた助言をいただければ幸いです。

  • 回答No.2

その英語辞書にあるように本来itの所有代名詞も そこにあってしかるべきものなのです。 形式的な用法はあなたのあげているdogの場合ですが、 まれな例であるのは理由があります。 形式的にはあっても実際の文で使いやすいでしょう か。人格のないものに所有権を認めるのはおかしな ことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

簡潔明瞭な理由で解説していただき納得しうるものでした。とても参考になりました。ありがとうございました!

  • 回答No.1

うーん、私が中学生の時(20年ほど前)は it-its-itと覚えましたが、変わったのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • it の所有代名詞について

    I my me mine の各変化における it について質問です。 it its it / it の所有代名詞は空白または斜線となっていますが、 なぜit には所有代名詞がないのでしょうか? it の所有代名詞を表したい時はどう表現すれば良いのでしょうか? 教えてください。 お願いします。

  • 英語の文章中で、名詞の単数と複数の両方の可能性を、くどくならないようにカッコを使って表示する場合

    英語の文章中で、語尾が『-ty』で終る名詞(例えば、『formality』)の単数形の可能性のみならず、 複数形の可能性も表したくて、 カッコを使って『formalit(ies)』(単複共通部分(複数形の語尾))と表記したところ、 『これでは、この名詞の単数形が分からない』と上司に言われて、 『formality(ies)』(単数形(複数形の語尾))と表記する様に言われました。 この表記方法だと、どこからどこまでが単数形と複数形の共通部分なのかが分かりにくくなってしまうので、私としては納得がいきません。 どなたか、この様な場合(名詞の単複両方の可能性を表しつつ、それでいてくどくないようにする)の表記方法について、教えて下さい。 初歩的な質問ですが、何卒宜しく御願いします。 (『name』(単)と『name(s)』(単複両方)の様に、 比較的単純なケースであれば、こんなには悩まなかったのですが……)。

  • 所有代名詞の修飾

    it is virtually my fault. という言い方がありますが、文法的にはどのようになっているのでしょうか。 faultは名詞 myは所有代名詞 virtuallyは副詞ですので、 my faultは形容詞的なものになるのかとおもいますが、 所有代名詞は形容詞とかんがえるのでしょうか? すなわち  my ..... を修飾するものは副詞ということになりますか? 細かいことですみませんが、ちょっときになっていたもので、よろしくお願いいたします。

  • 指示代名詞について

    こんばんは☆ちょっと、基礎的な質問で申し訳ないのですが、thatは直前の文のthe+前出名詞を指し、itは直前の文の単数名詞、theyは複数名詞を指すということで合っていますでしょうか?

  • 名詞の単数・複数・冠詞はどうするの?

    わたしは米国の大学に通っていていまライティングで非常に困ってます。 基本的な文法に。特に名詞がらみで。 1、名詞の単数・複数をどう考えるのか?the 付けたときに複数にしてよいのか?theirとか複数形の所有格をつけたらSをつけるのか? 2、冠詞をつけない名詞。物質名詞、概念的な名詞だけじゃない場合で複数になると、冠詞がなくなる場合があったり、形容詞がついたりすると冠詞なしの場合があるような気がします。ここ件は特に混乱しています。 3、many,a lot of とかがつくと、動詞が複数扱いですけど、ときどき単数扱いの場合があります。 お尋ねしたいことはいっぱいあるのですが、(何か良いグラマーのサイトがありましたらご紹介ください)グラマー詳しい方よろしくお教えください。 宿題のエッセイがいつもDで返ってきて(「おまえは子供か?」って言われてます)、このままだと大変なことになります、チューターにも教えてもらってるんですけど。ひとによって言うことが違ってしまって。ちょっとブチ切れそうです。ごめんなさい。

  • 普通名詞と集合名詞について

    trouserっていう単語がありますが、これは普通名詞なのでしょうか?ネットでいろいろ調べたのですが、以下分かったことは・・・ pair ofなどが付く時は、trousersとして可算名詞扱い・・・(1) 片方だけを指す場合には単数形になることもある・・・(2) 通例複数形である・・・(3) そこで(1)について考えるとtrousersは不可算名詞として扱うこともある、とも理解できそうな書き方です。でもそうなら普通名詞でなく何になるのでしょう?(普通名詞はすべて数えられる名詞と理解しています) 集合名詞の何か?集合名詞の理解がまだしっかりしてないからそう思うのかもしれません。sが付く、付かないで普通名詞が集合名詞に変わったりすることはないと思いますが・・・。 ちなみに私の文法書では集合名詞は数えられるの部類に分けてありますが、集合名詞でも A・・・単数・複数の両方に扱うのは・・・可算名詞(familyなど) B・・・常に複数に扱う・・・・・・・・・可算名詞(peopleなど) C・・・常に単数に扱う・・・・・・・・・不可算名詞(furnitureなど) という理解をしていますが合ってますか? また数えられる名詞の単数形には、必ずa、anかそれに代わる修飾語(my、thisなど)をつける・・・(4)、とあったのですが、 People say that she will go on the stage next year という例文がありました。Bについては例外である、ということなのでしょうか?Aでも単数形を複数扱いだと(4)の例外でしょうか? そして、shoeについてはtrouserと同じ部類の名詞と考えていいのでしょうか。でも辞典(ジーニアス)ではshoeはC名詞と記してありますが、trouserはC名詞ともU名詞とも記されてありません。この違いは一体何なのでしょう? たくさん質問してすみません。わかりやすくご解説いただける方、回答よろしくお願いします。

  • ドイツ語 人称代名詞と不定冠詞類・所有

    ドイツ語独学者です。 人称代名詞の2格と不定冠詞類:所有との関係が分かりません。 Gibst du mir deine Telefonnummer? のdeineは不定冠詞類:所有deinの女性4格だということは分かります。 でも人称代名詞2人称親称・単数duの2格deinerはどのように使うのかが分かりません。 どなたか例を示して教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • a (large) number of + 数えられる名詞

    お願いします a (large) number of + 数えられる名詞(複数形) が主語になった場合、 主語は常に複数であると考えていいんでしょうか? ひとつのユニットとして捉えて単数扱いになるときもあるんでしょうか? (単数扱いの例文は見つけられませんでした)

  • 集合名詞 army は単数扱い? 複数扱い?

    集合名詞 army は単数扱い? 複数扱い? 集合名詞 armyについては、policeのように常に複数扱いになる、という 文法書を見掛ける一方で、単数扱いとなっている文章も見掛けることがあり 混乱しています。 The army was forced to retreat. armyは、ひとまとまりの集合を表す場合は単数扱い、個々の構成員を強調する場合は複数扱い、というような 単数扱いと複数扱いの両方の用い方のある単語と考えるべきなのしょうか? 細かい質問で申し訳ありませんが、 回答をお願いします。

  • 集合名詞

    集合名詞がいまいち分かりません I hear that over 70 percent of the world's mail is witten in English. 人まとまりと考える場合は単数扱い、一つ一つに重点を置く場合は複数と載っていたのですが、 上の文の場合は複数扱いすることはできないのでしょうか? こういう場合は単数、複数と言う分かりやすい例文がありましたら、 どうか教えてください。 よろしくお願いします。