• 締切済み
  • すぐに回答を!

所有権の時効取得について

土地を勝手に畑にされ、なにもいわずに20年間そのままにしておくと、「所有権の時効取得」が成立し、他人の物になってしまうと聞きました。 もうすでに20年以上が過ぎましたがほんとうでしょうか? 父が所有し2件の家が使っており1件の家は草取りの代わりに使用を認めており、もう1件は最近使用者が分かりまだ話ができてませんが使われ方が、「所有権の時効取得」が成立しているような使い方です。 すぐに使う予定はありませんが、こちらもほったらかしにしてたので、どのように所有権の主張をしたらよいのでしょうか?ただうちの土地ですと言えばいいのでしょうか?お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2402
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3

前者の設問は、どうも、隣の人がまちがえて、筆界を超えて耕作してしているのではなく、全部の土地を耕作しているという前提のようです。とすると過去になにか土地を占有権原を取得しているはずです。この場合、返還請求してみるとわかりますが、ぶしつけに返してくださいとも言いにくいでしょう。直接使用している「わけ」を聞いてみることです。法律的には、所有権に基づく返還請求では、相手方は、占有正権原(使用貸借とか、真っ向から否定してもらったから私のものだとかもありえます。)を主張立証しなければならないことになっています。不動産については、占有者の適法推定は働かないのです。借りていると答えたらみつけもの、永久に所有権を取得することはできません。テクニックとしては、それなら正式に貸付契約を交わしましょうということで、将来の返還の合意がある契約書にします。弁護士に相談してください。うまくすれば賃料の合意もとれましょう。「もらった」と答えたら贈与ですから、なにかその人と親戚関係か恩義のある方です。なければ、嘘です。全くの不法占拠です。時効取得は困難なはずですが。買ったと答えた場合、売買の契約書を見せてもらってください。なぜ登記していないのかその事情をきいてみてください。売買代金払っていないのでは?いくらなんでもこの場合は、不法占拠と同じとおもうのですが。固定資産税はだれが、しはらっているのかしらぺて見ることです。 「父が所有し2軒の家が建っている」とは? 土地は父の所有ということ、それとも土地も家も父の所有ですか。文脈からすると後者のようですが、借家人には、土地の所有権どころか、家の所有権も永久に取得できません。家の所有名義が他人で土地が父の名義なら借地契約があるはずですから、それなら土地については、借地人は永久に所有権は取得できません。占有取得の起点である開始の時の占有権原で時効取得の有無が決まってまいります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

確かに取得時効に該当するかと思いますが 時効の効果は時効の期間によって当然に発生するものではありません。 不動産の場合は、相手側が何も言って来ていない場合 登記簿上は仮に100年経っても貴方のお父様の土地です。 当然ながら、固定資産税の支払いはお父様が行います。 また相続発生時には相続対象財産となります。 原則して、時効の利益を受けるもの(今回の場合は不動産を取得するもの) が「時効の利益を受けます」(土地を私のものにします)と 貴方のお父様に対して意思表示(援用)することが必要です。 通常は相手側が裁判所を通じて 「時効取得を原因として、所有権を移転せよ」と訴訟を起こします。 これに対してお父様は「あくまでも土地を貸しただけなので認めない」などと 異議の申立を行い、その後は通常の裁判となります。 その土地を、どのような経緯で、いつから利用していた(させていた)のかなど 各要件についてお互いが証明するなどし最終的には裁判所の判決を取らなければ なりません。 現在が、お父様が最初に土地を使用させてから、20年未満であれば 内容証明郵便等により「この土地は私の土地です」と通知されるなり 相手側に「この土地はAさん(お父様)の土地である」と認めてもらえば 良い(時効の中断になる)のですが・・  現在20年以上が経過しているのですよね。。。? このような場合、相手に対して突然に内容証明郵便等を送ると いらぬ「やぶ蛇」になる可能性があります。 相手側がその郵便を持って弁護士等に相談に行かれたりすると 「時効取得でできる」等とアドバイスを受けてしまうことになりかねません。 そのため、ひとつの方法として お相手と現在でも連絡が取れるのであれば・・ 「そろそろ、相続のことを考えててね」 「息子(娘)の残してやれるのは、この土地くらいしかないから」 「ワシが死んだ後に、お互いの家族が困ってもいけないから」などと 理由をつくって、相手の方に今のうちに賃貸借契約を締結したい旨を 伝えてみてはどうでしょうか。 なお、その際契約書の内容はあまり厳しくなくても構いません。 賃貸借契約の締結=その土地がお父様の土地であるこをを 認めさせることが目的とります。 賃料は月額○万円とかではなく、年額○万円にしておき 支払方法はお盆や年末に半年分~1年分をまとめ払いにされるなど 相手側にとって有利な「ゆるい」内容にされておくと、すんなりと了承して もらえるかもしれません。 この方法で法的にどの程度まで効力があるのかはわかりませんが 万が一将来争いになった際、なにもないよりかはマシだと思います。 これ以上の詳しいことは弁護士さん等法律の専門家に一度 ご相談になることをお勧めします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 とりあえず今年度いっぱいで明け渡してくれるようにお願いしたところ口約束ですが空けてもらえることになりましたので後はすんなり事が運ぶのを祈るだけです。 こんな法律がありとは知らず勉強になりました。

  • 回答No.1
noname#52086
noname#52086

本当の事です。 20年ほっとくのなら、所有権を放棄したと見なす。という法律です。 下記のURLをご参照ください。 20年の時効取得が完成してるなら、もう「うちの土地」ではありません。 時効取得を防ぐ手立ては・・・・ 時効取得が完成していても、登記される前に売却してしまえばその買主には時効取得を主張できません。

参考URL:
http://www.shinenet.ne.jp/~kikuchi/q-a/tonarikinjyo/rinti-index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 時効取得について

    Aの土地を悪意のBが20年間勝手に占有して時効取得者となり、時効完成後AがCに土地を譲渡した場合、先に登記を得たほうが所有権を主張できるということになってますが、時効完成後AがCに譲り渡した後、Bの時効取得による所有権移転登記を求める給付判決は請求しても棄却されるから、結局、先も後も関係なく、Bは負けるということになる気がするのですが、間違ってるでしょうか?

  • 時効取得

    時効取得  不動産でも、  知らずに、10年以上使用占有していれば、  知っていても、20年以上使用占有していれば、  元の所有者Aに対して時効になり、使用占有していたBは、取得を主張できると言うことになっています。  しかし、元の所有者Aが、所有権を示す、公的な証拠を示して、所有権を主張されて使用占有している人Bが、不動産を返還する場合もあるでしょう。 ●(Q01) このように時効を経過しても、返還した場合は、時効取得は、無くなる事になるのでしょうか? ●(Q02) 元の所有者が、所有権を回復し何年か経過した後、以前の使用占有者Bが、所有権を譲ったもののよく考えて見たら、時効取得が成立するのだ。知らなかったのだ。  と言って、Bが、Aに対して所有権の回復を争い、所有権を回復獲得することが出来るのでしょうか?  一般には、第三者に対する所有権は、登記簿によって、所有者を明示しているので、いかに、Bが、時効取得したと主張しても、登記簿が、元の所有者Aのままであると、元の所有者が出てきたときには、争いになります。 ●(Q03) また、平穏無事に使用占有を継続していたかを公的に証明しなければならず、これの取得には、公的な証明を持って、登記も、時効取得の目的で、名義変更する必要があるのでしょうか? ●(Q04)つまり、20年で時効取得できると言っても現実には、登記によって、所有権を変更しない限り時効取得は、獲得できないと解釈すべきものなのでしょうか? ●(Q05)あるいは、登記の所有者と無関係に時効取得は、完成するのでしょうか?  時効取得といっても、他人の不動産だけを使用占有するのではなく、自分の不動産があり、それに隣接する他人の土地を使用占有する場合が多いです。 ●(Q06) 時効取得の時効取得の登記がないまま、使用占有していたBが、Aの不動産の使用占有を停止して、どこかに引越ししてしまった場合、他の不動産を購入して、転居し今は、空き家になってしまった場合、空き家になったことを知ったAは、所有権を回復して、使用占有を開始した場合、Bは、時効取得を主張できるのでしょうか? ●(Q07) 時効取得の時効取得の登記がないまま、Bが、以前、使用占有していた不動産は、Aが、回復し、使用占有していても、時効取得によって、Bのものであるから、使用占有するなと主張できるのでしょうか? ●(Q08) 時効取得の時効取得の登記がないので、Aは、Bに対して、不法な使用占有に対して、損害賠償と過去に逆戻った無断使用の地代などの使用料、損害金などを主張できるのでしょうか?  たとえ一つだけでも、お知りのことがありましたらよろしく教授方お願いします。  敬具

  • 時効取得の実際について知りたい。

    土地の時効取得について、民法を少々学んだだけですが善意の10年、悪意の20年の所有で時効取得する。少々おおざっぱではありますが、実際に時効取得で土地を取得して所有権の移転登記も終了したAさんがいると仮定した場合に所有権を得るまでどのような手続きを経てたどりつくものなのでしょうか?こんな疑問を提示されて全くこたえられませんでした。教えてください。

  • 所有権はどっち「銀行(債権者)と時効取得者」に帰属

    取得時効完成(平成19年2月)後、私がA土地抵当(例えば平成23年1月)、時効取得相手が所有権移転できますか?または民法177条登記がないと第3者に抵抗できない、所有権は銀行(債権者)に帰属? 私はA土地(400m2)の所有者、現在所有権に関して裁判中、相手はA土地の200m2時効取得したい、もし私が負けたら、相手は200m2を所有権を取得と裁判費用を請求。例えば私はA土地以外の資産がない、無職。A土地は私に抵当され、銀行に借金、相手が時効取得で所有権移転できますか?裁判費用を支払わないなら、余計な200m2を競売に出すできますか?例えば13年期間の抵当の場合は、相手はこの銀行を訴えないなら、この時効取得が10年経て債権消滅ですか?A土地が抵当された場合では、銀行(抵当権利者)と裁判の相手(時効取得権利者)はどっちが所有権取得の優先者ですか?

  • 時効取得に関して

    私の所有地に隣地所有者が越境して家を建てていることが 測量士さんの調査で判明しました。 隣地所有者が故意に境界杭を壊してしまっていたために 気が付かずに、年月が相当経っていました。 こちらからクレームをつけましたが、隣人は時効取得を 主張して話が進みません。 現状は (1)隣人は時効を主張するも、分筆申請、土地の所有権移転を希望してお らず、『単に現状のまま使用できれば結構!』と主張するのみです。  ※時効取得の登記なども一切しておりません。  ※先日、同意の上、境界杭だけは新設したにも拘らず、再度その杭を   撤去されました。 そこで、質問ですが ア)隣人の不法行為でも時効取得は成立してしまうのか? イ)私が他の人に敷地を売却してしまった場合(2重売買のようにな   る?)には、隣人から損害賠償を請求されて敗訴するのか? ウ)私から損害賠償請求できるのか?(勝てるのか?) よろしくお願いいたします。

  • 時効取得について

    家で所有している土地に20年以上、 別の人が住み続け、(現在も固定資産税は家で払っており、上にたっているたてものはその人の名義に変更している)、 その土地のかわりに、別の土地を渡し、明け渡しをせまりましたが、明け渡してくれませんでした。 また元の所有者がなくなり、相続の件がでたときに、 土地を贈与すると伝えたところ、拒否されました。 そして、今頃になり時効取得といわれたのです。 時効取得は成立するのでしょうか。また、成立するのなら、相続のときに支払った相続税、固定資産税は請求できますか。 仕事場として、無家賃で土地を使われていたのですが、立ち退きをした後、産業廃棄物等の処分を 私どもでしたのですが、それも請求できるでしょうか。

  • 土地の時効取得の件

    25年前父名義の土地に家を建てましたが、亡くなるまでは毎年地代分として固定資産税相当額を父に払い続けてきましたが、その父が亡くなったので、その土地を自分名義にしたいと思っていますが、この場合時効取得による所有権移転登記が出来るのでしょうか?  今日まで遺産分割協議は調っていません。 時効取得が成立するのはどのような場合でしょうか。

  • 「公道」が時効取得で所有権移行が可能な条件について>>

    「公道」が時効取得で所有権移行が可能な条件について>> 公道とは、文字があらわすとおり私道でない国道・県道・市町村道をいい、「官道」という別称もあるようです。 その公道が登記簿上で「昭和○○年・時効取得」と記載された個人所有の宅地があるのに気付きました。 1)公道を「時効取得」で我がものにすることが出来ますか。出来る条件があれば教えてください。 2)隣地を購入したことで気付いたのですが、当時の登記申請書に添付された地積測量図に書き込まれている公道があれば至便な購入土地です。現状は袋地になっていて反対側の公道に接面が2m以下で、現状では新築不可になっています。公道を復元させる対抗措置を講じることができますか。

  • 時効取得にかかる税金

    時効取得にかかる税金  32年前に父が亡くなり不動産を相続久し、26年以上前に他県へ移住した兄がいます。  その後私が家に入り、固定資産税をこちらで負担してきました。家屋敷については贈与と言う形で所有権を移転しました。しかし農地(田畑)に関しては、耕作していないという事で農地法の規制があって、所有権を移転するには〈時効取得〉による手続きしかなく現在、その方法で進んでいます。  もし〈時効取得による所有権移転〉が可能となった場合、税法上どの様に処理され、双方にどの様な税金が掛かるのかを教えてください。

  • 時効と所有権に関する問題ですが…

    AがBから甲土地を購入したところ、Cが時効により甲土地の所有権を取得した旨主張している場合、取得時効の進行中にBA間で売買契約及び所有権移転登記がなされ、その後に時効が完成しているときには、Cは登記がなくてもAに対して所有権を主張できる。 上記は、これで正しいそうなのですが、なぜ正しいのか分かりません。 売買契約が成立して、登記までしてしまったら、Aのものになるような気がするのですが…。 現地でCが所有の意思をもって占有し、ABは書類レベルで売った買ったとやっていたら、Cの主張が通るものなのでしょうか?