• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

一流の料理人とタバコについて

先日、何かのテレビで、全国の一流の寿司職人の仕事裏を紹介 するような番組があって、それで、その職人さんは、一流の寿司職人の 意地をかけて、寿司を握っていましたが、プライベートではタバコを吸って いました。それから、近所にかなり流行ってるカフェ・レストランがあるのですが、そこのシェフが裏でタバコを吸ってました。 僕自身、タバコを吸うような料理人は、プロとしては失格だし、それ以前にプロとしての自覚もプライドもない人間だと思ってます。 しかしながら、日本に、タバコを吸わない料理人なんて圧倒的に少数なんじゃないでしょうか? きっと、海外でも同じような現状だとは思います。 それに、舌先で味あわう微妙な味つけの変化にまでいちいち気を配り料理を食べる人もいなし、タバコを吸おうと吸わないと、結局は素人さんには美味しい料理には 違いはないなら別に良いんじゃなか、そんな意見でこのトピは相殺されてしまうかもしれませんが・・・。 しかし、それでも、やはり一流とか三流に関わらず、料理人にとって、タバコは絶対的なタブーという意識は最低限持って欲しい、少なくとも僕はそう思ってます. さて、みなさんはどう思われますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数6551
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

こんにちは。 専門家としたのは銀座でフレンチのコックをしているからです。 勿論、私は非喫煙家ですが、昔からこの物議がかもしだされているので、 一度タバコを口に含んでみました。(肺には入れずにくゆらすだけです。) やはり半日口の中がタバコの匂いで一杯でした。(敢えて歯磨きをしなかった) これじゃあ、人様に出す微妙な味付けをする料理は出来ませんね。 自分の為の料理なら結構ですが、料理を提供し、お金という見返りを頂く以前 に、いくら嗜好品とはいえ、ここまで自己の味覚を損ねるものを嗜好するのは プロ失格です。それにタバコを持っていた指まで匂いが気になりましたよ。 これで、肉の掃除(余計な脂、筋等をとり除く作業)や、魚をおろしたら、 もう最悪ですね。 やはり、料理人にタバコはご法度ですな。 私が客なら、店のマネージャーに注意して退店します。 決して気取ってる訳ではなく、客として気に障る物を無理して最後まで 付き合うことはないと考えているからです。 ですから私も、細心の注意を払ってお客様に出す料理と向き合ってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 料理人はなぜ自分で料理して食べない?

    憶測になってしまうので、料理人(料理のプロ、シェフ)にお聞きします。 遠方からも多くの客が訪れる、ある知られたイタリアンシェフが、自宅でふつうの料理を食べるんだそうです。 料理人は腕は一流、味も一流ですが、なぜ自分で作った料理を食べないのでしょうか? 簡単にいってしまうと自分のために作った料理はおいしいと思わないとも思いますが、もっと料理人の心の奥底をお聞きしたいのです。 店で余ったもので調理すればコスト0、食費も浮きます。 よろしくお願いします。

  • 料理人にタバコは厳禁といいますが

    料理人にタバコは厳禁といいますが 例えば,喫煙すると味覚が鈍くなる。食材に臭いが移る。等々料理人にタバコは厳禁といいますが 天才天ぷら職人と言われる「早乙女哲哉」さんは喫煙者です。テレビで吸っているところを見ましたから間違いないです。しかもその時「山本益博」氏も出ていました。 料理人にタバコは厳禁 というのはマチガイですか?

  • タバコを吸う料理人についてどう思いますか?

    某漫画などではタバコを吸うと味覚や嗅覚が落ちるといいますが、一流、有名料理人(パティシエ)と呼ばれる方の中にもタバコを吸う方がいます。こういう方たちの味覚や嗅覚は吸っても優れているということなのでしょうか?あと、どのカテゴリーで質問すればいいのか分からなかったので、「ここじゃないの」というのもあればお願いします

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • Zz_zZ
  • ベストアンサー率44% (756/1695)

(名人)道場六三郎は(吸うのか吸わないのか)知りません。 (鉄人)陳健一は、たばこを吸います。(NHK で見ました。) (凡人)周兄弟は(多分吸うでしょうが)知りません。 「たばこ」に関して五月蝿く言われ出したのは、つい最近 のことですから、陳健一の父親(神様?)が吸っていたとし ても不思議は有りません。 たばこを吸っている料理人が作っても、美味しい料理は出 来ます。たばこを吸わなければ、美味しい料理が出来る、 とは限らないのと同じです。 しかしながら、たとえ(名人や)鉄人であっても、たばこを 吸う人は尊敬は出来ませんし、しません。(上記など。) 客に少しでも美味しい料理を出そうという気持ちが感じら れないのが理由です。(こうした考えは、最近の価値基準 です。昔は、客も料理人も無関心であったろうと想像しま す。)  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

僕もタバコを昔は吸っていました。 今まで吸っていた環境からすわなくなってタバコのにおいってこんなにするものなのかと思いました。 最近はタバコを吸ってきた人がとおっただけでタバコのにおいに気づきます。 少し話しはずれますが前にラーメン屋で食べているときにすごく香水の強い女の人が入ってきてスープの味が香水の味に変わるようでした。 今ではそうですが、タバコを吸っていたころはあまり気にならなかっでしょう。 やはり味覚と嗅覚はとても親密なものだと思います。 そう考えるとタバコを吸う料理人は僕もよくても2流だと思います。外国にはタバコ吸うソムリエがいるとききますが、そのソムリエがタバコを吸わなければもっと腕が洗練されるでしょう。一流の料理人は料理に人生をかけていると人だと思います。 しかし、世の中には生きるためだけ(金を稼ぐためだけ)に料理をしている人もいると思います。そうゆう人たちの料理を食べる人達(僕を含む)がいる限り、料理人全員がタバコを吸わないというのまだ無理でしょう。

参考URL:
http://www.melma.com/bungaku/readers/56.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • Eivis
  • ベストアンサー率29% (1122/3749)

10年前位からタバコは吸いませんが、例えば一日5~10本以上吸わない限り舌先の感覚が鈍るほど味覚は衰えないと思います。 ただそれとは関係なくお茶などと同様、香りの移ろい易い弱い材料が多い「和食関係」ではナマモノを扱う板前さんには あまりタバコを吸っていただきたくないと勝手ながら注文をつけたいですネ。 私の懇意にしている中華料理の第一人者も、あれだけ強い香辛料を使いながらも「タバコの香りはよくない」と言っております。 ただ私は生粋の嫌煙者ではないので、パイプやシガーを含むタバコ文化は、例え植民地的前世紀の負の遺産だと言われても その存在は認めますし、食前・食後のアルコールも含めたトータルな文化に貢献していたことは認めるべきだと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

「海原雄山」なら、「こんな料理人の作るモノは食べるに値しない!!!」と席を立つところですね。 ベートーベンが耳を悪くして作曲した、というぐらいだから、味覚に悪影響があるからといって美味いものが作れないわけではないと思います。とくに、寿司なんか、「微妙な味付け」するわけじゃないしね。 しかし、料理人の姿勢として、本当に美味いものを追求する気構えに欠けているのは確かでしょう。 海外(欧米)では、タバコ吸いって、人から評価されてませんよ。意志が弱いことを表明しているようなものだから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうござます。 実は料理とタバコというのは、昔「美味しんぼ」を観て影響を受けたことから 取り上げました。あのマンガを読んでいらい、他のマンガに出てくる料理人で、タバコを吸う料理人を見てもこいつは料理人失格だ、という気持ちになってしまいます。 さて、タバコを吸っても確かに美味い、料理はできるでしょう。 僕の父はヘビースモーカーではないですが、けっこうタバコを吸うは方です。 それでも、作る料理をまずいとは思いません。 ようするに、美味いにもマズイにも程度があると思うし、一概に喫煙者の料理がマズイとは思いません。しかし、歳を重ね経験を積むごとに、自分の料理を洗練せsていくとはできないのではないかと思います。

  • 回答No.4
  • yosa
  • ベストアンサー率16% (28/170)

たばこを吸うと味覚がおかしくなる=料理が下手 では無いと思うので、別にいいのではないでしょうか?。 私は、料理人のたばこは全然OKだとおもいます。それより、まだ食事してる人が周りにいるのに、たばこを吸う人がゆるせない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうがざいました。 料理人にとって舌は命、そう呼ばれているのはやはり伊達ではないと 思います。 どんなにレシピ通りに調理し、いかに食欲をそそる盛りつけができたとしても、 やはり、結局、最後に物言うのは舌の味覚でどう判断できるか、だと思います。 でなければ、料理はただの小手先だけの器用な人だけの芸術に成り下がってしまうでしょう。 タバコを吸い、味覚を鈍らせるということは美味しい物をより美味しく食べたい、という好奇心や探求心まで自分で潰してるのも同じです。

  • 回答No.3
  • n-gumo
  • ベストアンサー率0% (0/7)

こんにちは。 愛煙家の料理人の認識について、私も疑うところがあります。 それはyoudaiさんのおっしゃるような味覚もそうですが 手に染み付いたやにのにおいです。 一服した後にさっと手を洗っただけで料理に取り掛かる。 あの手で生の食材を触るとは、なんて無神経なんだろうと思いますね。 youdaiさんの質問に対する解答とズレるかも知れませんが ちょっと言いたかったもので 失礼いたしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 確かにそうですよね。 食材に触れる時点で、御客さんに失礼とい意識がない、というのは、プロ意識はさておき、常識の範疇の問題だと思います。

  • 回答No.2

タバコを習慣的に吸うと、舌の感覚が普通は鈍ります(経験者)。 でも、中にはまったく影響ない人もいるようで、タバコをやめてもまったく変化なし、という人も実際にいました。 私自身も、作っている人が喫煙者だと、「あれ?」って思いますけど、実際に料理が上手であれば、すごい舌の持ち主なのかな、と思うしか解釈のしようがありません・・・不思議。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 なるほど、世の中にはいくらタバコを吸っても肺がんにはならない人がいるように、味覚も衰えない人っているんですね。 しかし、僕が問題にしてるのは、味覚云々とかではなく、プロとして自覚を持つ料理人としての気構えとして、喫煙はいかがなものか、ということを取り上げたっただけです。

  • 回答No.1
  • kanten
  • ベストアンサー率27% (479/1747)

どうも!超嫌煙家です! 料理食べてるそばでタバコ吸われるととても不愉快です。 おいしいものもおいしく食べることができません。 世の喫煙者たちはそれがなぜわかんないのだろうか・・・悲しい。 私も失格だと思います。また灰皿を設置している店も 料理をおいしくたべさせる気がないのだな。と思ってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 僕がよくいく店なんかは、あまり灰皿を置いてる店は少なく、隣の喫煙者のせいで 気分を害したような経験はあまりありません。 しかし、ファミレスくらい大きな店舗で喫煙席と日喫煙者の席を分けるようなスペースがあるところはいいですが、小さな店舗で少しでも多く客を入れようとすれば、やはり、喫煙者と分け隔てなく灰皿を置くしかないかもしれませんね。

関連するQ&A

  • 料理人のほとんどが男なのはなぜ?

    シェフや板前さんなど料理のジャンルに関係なく、プロの料理人ってほとんど男の人ですよね。 どうしてですか? 力がいるからでしょうか? 女の人がプロの料理人になるのは大変なのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 転職

    現在22歳の男ですが、今、第2の人生について考えています。前職はアニメーターという仕事をしていました。しかし事情により今はやめています。 さて、これから仕事をするわけですが、私はサラリーマンになる気はあまりなく、職人の世界の仕事に就きたいと思っています。 22歳から寿司職人になる、もしくは料理人になるというのは遅すぎるでしょうか?

  • 寿司職人の権威付けの伝統について

    お世話になります。 最近、寿司屋と寿司職人について調べているのですが、どうやら大きく分けて以下の3つに分類されるようです。 1.銀座などの高級寿司店 2.中級寿司(チェーン店など) 3.回転寿司 4.特急電車寿司 1.と2.はいずれもカウンターがあり、職人さんが客の希望を聞きながら握るものです。 3.の回転寿司でも、最近はあまり寿司を回転させず、職人が都度客のリクエストで握るものが増えているようです。つまり2.と3.の境界が薄れています。 最近登場したのが、4.で、くら寿司、元気寿司などで採用されています。タッチパネルを押すと特急電車の皿で目の前に運ばれてくるものです。いかに安く、早く提供するかが極限まで考えられています。 そこで知ったのですが、1.のような客単価が1万円を超える、カウンターしかない高級店も相当数あるということでした。そこでは、寿司そのものよりもの接待や、職人さんとの社交などの「場」としての意味もあることを知りました。 1.と4.ではアプローチが全く違い、面白いなと思いました。 ====================================== 前置きが長くなってしまいましたが、以下の投稿で気になる書き込みがありました。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13164166688 Q.寿司職人って米の上に魚載せてるだけなのにどうして職人って言われるんですか? A.それは寿司職人の目的が『寿司を同じように握ること』ではなく『寿司を握れると認められる存在になること』だからです。 「寿司を握れると認められる存在」とは・・・? ここでいう「同じように握ること」、というのは特急電車寿司のアプローチで、「握れると認められる」というのは高級店のアプローチと思います。 一流のカリスマ料理人というのはどの業界にもいますが、その場合、客は料理そのものというより「その人に会いに行く」「その人の店で食べる」ということに価値を見出していると思います。 そうした意味での「認められる存在」、つまり「権威」ということでしょうか? 「寿司職人はなんで偉そうなのか」という質問もたまに見かけます。これは確かに実体験として感じた人もいるかもしれません。 もしこの「偉そう」というのが、「一流(=権威)を目指すためのメンタリティだ」という説明であれば、個人的には納得できますが・・・ ただしもちろん全員がなれるわけではありません。2.や3.のような場所で働いている寿司職人さんも多いですが、やはり50代以上の職人さんには、まだそのような伝統が根付いているように感じられます 若い40代以下の職人さんですと、あまりそういった権威付けは感じられず、お客さんと積極的にコミュニケーションを取っているようです。そしてそういった人に限って握りも上手いです。 現在は寿司がグローバル化し上の4.のような新形態もどんどん発明されています。これからも進化していくでしょう。いっぽう、1.のような高級店は今後も継続するでしょうが、やはり上位10%程度です。 今後、多数を占める2.や3.において就業している職人さんは、どう変化していくのでしょうか? 私見で結構ですので、お気軽なご意見を頂けましたら幸いです。

  • 「生魚を切る」だけの料理になぜそんなに差が出るんですか?

    普通のシェフの場合、例えば調味料の加減や、火加減、その他、 料理のテクニックなど微妙な差があって、一流シェフから三流シェフまでいます。 しかし、刺身だとか寿司の場合、単純に考えたら、魚を切ってそのまま出したり(刺身)、 シャリの上にぽこっと乗せるだけ(寿司)なのに、なんであんなに一流から三流までの 激しい差があるんでしょうか。 よくネタのよしあしとか聞きますが、それならすごくいいお魚が手に入ったとして、 それを普通の主婦が包丁で切っても、一流シェフが切っても同じような気がするんですけど…。 銀座の超一流店と激安店との何十倍の値段の差はなぜでるんですか? 土地代や設備費だけの差ではないと思います。 早い話が「生魚を切る」だけの料理になぜそんなに差が出るんですか?

  • 寿司スクールってありますか?

    料理学校で短期寿司コースみたいなのってあるんでしょうか?OLや主婦のお料理教室ではなくてです。知人のロシア人料理人が寿司修行をしたいと考えています。1年、2年といった期間では不可能な上、お金もそんなに出せないようです。…そもそもそんな付け焼刃でやるべきことではないのは分かってます。それでももし短期で無理やり基礎を学ぶとしたら、どうすればよいでしょうか?寿司職人さんに直接お願いして、集中して教えてもらうといった感じでしょうか?でもそんなの簡単に受けてくれる人なんていませんよね。どなたかよい方法をご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 就職

    高校卒業後は就職できず、3年間フリーターしています。 今は寿司職人になりたいと思っています。 ただ、資格なし。職歴なし。の自分を雇ってくれるかどうか… 寿司職人になるには、どうしたらいいのでしょうか?ちなみに、大学、専門学校等は経済的な理由で通えません。(身内が病気の為)今すぐにでも、寿司屋さんで働いて親を安心させたいです。 二十代前半、男です。 寿司屋さんがむりでも、それに近い仕事、(和菓子職人、料理人等)になりたいです。 無知な僕をアドバイスをお願いします。

  • 寿司は料理なのか調理なのか?

    寿司は料理なのか調理なのか? 私の長年の疑問ですが、寿司は料理の前段階の調理なのではと思っています。 例えばカレーライスを作る過程で、野菜や肉を切ったり煮込んだりしますが、寿司というのは生魚を切って米に張り付けるだけなので、カレーライスに例えるならば切って煮込んだだけでルーを入れる段階まで行っていないのです。 つまりまだ未完成で不完全な形でお客様に出している、、 それが寿司の実態ではないでしょうか? 良いマグロが有れば焼いたり炒めたりし、そして様々な調味料やスパイスを使って生の切り身から料理へと昇華させる。それが人類の培ってきた英知のはずです。 それが寿司ときたら、素材の味を生かすとか何とか屁理屈をこねて生の切り身をぶった切っただけの物を出す。 これは明らかに料理以前の調理ではないのですか? 私は寿司を馬鹿にしているのではありませんよ。 もっと創意工夫に満ちたまさに料理と呼べる寿司を食べたいのです。 もっと頑張れ寿司職人!

  • ラーメンの職人さんは・・・

    こんばんは。呼称についての疑問です。 寿司屋や料亭などの料理人を「板前」、そしてその中の長が「板長」であると思います。また、私の感覚的には、「コック」は西洋料理などの料理人のイメージがあり、その長が「シェフ」です。 では、ラーメンをつくる料理人(ラーメン屋での料理人)のことを、上記で述べたことと同様に特定の呼び方があるのでしょうか。 ご回答よろしくお願いします。

  • プロの料理人の結婚指輪・後れ毛

    プロの料理人の結婚指輪・後れ毛 家で家族や友人のために作ったりする人のことではなく、 プロの料理人についてです。 指輪って不衛生にならないんでしょうか?結婚指輪であっても外すべきでは? 後れ毛(顔周りにたらす髪)、料理の上にくるのですが最低限ピンでとめなくていいのでしょうか? 一流どころのレストランがテレビに出るとき、 厳しそうな料理人でも時々指輪をしていたり後れ毛を出していたりします。 気になる方、いらっしゃいませんか? ご存知の方、プロの世界ではどう考えられているのか教えていただけませんか?

  • 美味い寿司をにぎるのと、美味いカツ丼を作るのは技術

    美味い寿司をにぎるのと、美味いカツ丼を作るのは技術的にどちらが難易度が高いと思いますか? 私はカツ丼だと思います! トンカツの揚げ方・出汁の配合・溶き卵の固まり具合、、 料理としての完成度が段違いだと考えます! カツ丼職人>>>寿司職人