• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

福岡の飲酒運転追突事故について

幼児3人が犠牲になった、福岡市元職員による飲酒運転追突事故の判決が出ました。今回、検察側は、危険運転致死傷罪と道交法違反の併合罪ということで法定刑上限の、懲役25年を求刑していましたが、この場合の内訳がよくわかりません。 ・この事故は法改正前の06年8月に発生していますが、法改正で危険運転致死罪は懲役15年から20年へ、酒酔い運転は3年から5年へ、救護義務違反は運転者の運転に起因するものであるときは10年に強化されたので、合計すれば35年になるのに、なぜ25年が上限なのでしょう。 ・同じく、なぜ今回の判決は業務上過失致死5年+酒気帯び3年+救護義務違反5年で計13年ではなく、7年6ヶ月なのでしょうか。 刑法47条の併合罪(最も重い罪の1.5倍、ただし、それぞれの罪の長期の合計を超えることはできない)を考えれば、5年×1.5倍=7.5年というのはわかりますが、同じ法律の中での罰則は、重い罪が優先されるということでしょうか。 いろいろ調べたのですが、法解釈は全くもって疎いので、ご存知の方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数386
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • mano5
  • ベストアンサー率32% (189/582)

#3です。適条に誤りがありましたので訂正させていただきます。 求刑の内訳は、 ・危険運転致死罪・・・懲役1年~懲役20年(刑法208条の2第1項、12条1項) ・道路交通法違反(救護義務違反)・・・懲役1月~懲役5年(平成19年法律第90号による改正前の道路交通法117条1項、72条1項前段、刑法6条、12条1項) ・道路交通法違反(報告義務違反)・・・懲役1月~懲役3月(道路交通法119条1項10号、72条1項後段、12条1項) そして、救護義務違反と報告義務違反は刑法54条1項前段、10条のより1罪として扱い(刑は、重い救護義務違反の罪で処断)、以上の危険運転致死罪と救護義務違反については、刑法45条前段の併合罪にあたるので、刑法47条本文、10条、47条ただし書により、懲役は25年が限度となります。 判決の量刑の内訳は、 ・業務上過失致死罪・・・懲役1月~懲役5年(平成18年法律第36号による改正前の刑法211条1項、12条1項) ・道路交通法違反(救護義務違反)・・・懲役1月~懲役5年(平成19年法律第90号による改正前の道路交通法72条1項、117条1項、刑法6条、12条1項) ・道路交通法違反(報告義務違反)・・・懲役1月~懲役3月(道路交通法119条1項10号、72条1項後段、12条1項) ・道路交通法違反(酒気帯び運転の禁止)・・・懲役1月~懲役1年(平成19年法律第90号による改正前の道路交通法65条1項、117条の2の2第1号、刑法6条、12条1項) そして、救護義務違反と報告義務違反は刑法54条1項前段、10条のより1罪として扱い(刑は、重い救護義務違反の罪で処断)、以上の業務上過失致死罪と救護義務違反と酒気帯び運転は、刑法45条前段により併合罪にあたるので、刑法47条本文、10条により、懲役は7年6月が限度となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に詳しく教えていただき、本当にありがとうございました。 もう一度条文を確認してみます。

関連するQ&A

  • 飲酒運転

    先日、福岡で起きた飲酒運転ひき逃げ死亡事故の判決ニュースを聞いてびっくりしました。なぜ福岡地裁は被告が飲酒、ひき逃げ死亡事故、証拠隠滅したのにかかわらず懲役7年6ヵ月の判決を下したのでしょうか?幼い命を3人も奪い、遺族に悲しい思いをさせているのにこの判決では甘すぎると思います。控訴すれば最高裁までいって、やはり懲役25年以上にするべきだと思います。あまりにも判決が甘すぎると悪質な飲酒ドライバーが増加するのではないでしょうか。飲酒運転は過失ではないと思います。被告はまだ若いですが刑務所を出所しても無免許で飲酒運転をするような気がします。刑務所も交通刑務所では許されないと思います。

  • 「福岡飲酒運転死亡事故.」について教えてください

    福岡の飲酒運転死亡事故の被告は懲役7年6ヶ月で済まされるのでしょうか?検察側は控訴したのでしょうか?もし最高裁までいって、危険運転致死傷罪が適用されなければ、また悪質な飲酒ドライバーが増加するような気がします。ひき逃げ死亡事故も増えるような気がします。ひき逃げ死亡事故の罪自体が軽すぎると思います。ひき逃げ自体を最高刑を無期懲役にして飲酒運転ひき逃げ死亡事故を死刑にしないと今後いくら飲酒運転の取り締まりをしてもこのような悲しい事故はなくならないと思います。懲役25年でもこの被告は刑務所を出所しても無免許で飲酒運転を繰り返すでしょう。

  • 併合罪と公訴時効

    併合罪についての質問です。 刑法第九条第四十七条(有期の懲役及び禁錮の加重)の項目に、 併合罪のうちの二個以上の罪について有期の懲役又は禁錮に処するときは、その最も重い罪について定めた刑の長期にその二分の一を加えたものを長期とする。ただし、それぞれの罪について定めた刑の長期の合計を超えることはできない。 とあります。これによりますと、とある人物がこれまでに犯罪A:懲役10年以下、犯罪B:懲役5年以下、犯罪C:懲役3年以下の3種類の犯罪を起こしたと仮定したとき、その併合罪の長期は10+(10/2)=15年となるようです。 (当方素人ですので、ここですでに間違った解釈をしているかもしれません。もしそうでしたら、ご忠告ください。) ところで刑事訴訟法第二章第二百五十条に (公訴)時効は、次に掲げる期間を経過することによつて完成する。 一  死刑に当たる罪については二十五年 二  無期の懲役又は禁錮に当たる罪については十五年 三  長期十五年以上の懲役又は禁錮に当たる罪については十年 四  長期十五年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については七年 五  長期十年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については五年 六  長期五年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金に当たる罪については三年 七  拘留又は科料に当たる罪については一年 とあります。 そこで質問なのですが、この場合の公訴時効は、 [1]併合罪の15年を元にこれまで犯した罪を一括してとる [2]犯罪A,B,Cそれぞれについてとる のどちらでしょうか。 また、仮に起訴された場合、裁判の判決は [1]併合罪でひとつの罪として、一括して出される [2]犯罪A,B,Cそれぞれについて判決を出し、それらを合算する のどちらでしょうか。 なにぶん素人ですので、詳しく教えていただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#61929

#4です。一箇所訂正。 >後余談ですが、危険運転致死傷罪と酒酔い運転の罪は判例に従えば併合罪になるはずです。これは即ち、酒に酔って「車を運転すること」と酒に酔って「事故を起こすこと」とは別の行為であるということ。言い換えれば、事故を起こすまで行っていた酒酔い運転の事実は事故の中には包摂できないので別の犯罪と考えるのが判例だということ。 この部分は撤回します。 危険運転致死傷罪の法的性質が極めて特殊ながら危険運転行為を基本犯とする結果的加重犯であることを考えると、実際の飲酒運転が危険運転である限りはそれ自体を基本犯と捉えてその加重結果につき成立する犯罪であるから飲酒運転とは法条競合の関係であると考えるべきかもしれません(理論的には包括一罪もあり得る)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#61929

#2#3の回答で適切なので蛇足でしかありません。 併合罪の関係にある犯罪について有期懲役を科す場合の上限の決め方を簡単に言えば次の通り。 1.最も重い罪の上限の1.5倍(47条本文) 2.全ての罪の上限の合計(47条ただし書) 3.30年(14条2項) 1~3の内、「最も軽いもの」。 ※なお前提として有期懲役および禁錮の上限は一つの犯罪では20年が最高。 ちなみに「法定刑の上限」という風に報道しているようですが「法律用語としては間違い」です。「法定刑」の上限ではありません。「処断刑」の上限です。 法定刑とは各犯罪について一般的に定めた刑のことです。個別の事件で併合罪加重も含めて刑の加重減軽を行った結果として実際に科すことのできる刑の範囲が定まるのですが、これは処断刑と言います。その処断刑の範囲内で実際に言渡す刑を宣告刑と言いその宣告刑を決めるのが「量刑」。 後余談ですが、危険運転致死傷罪と酒酔い運転の罪は判例に従えば併合罪になるはずです。これは即ち、酒に酔って「車を運転すること」と酒に酔って「事故を起こすこと」とは別の行為であるということ。言い換えれば、事故を起こすまで行っていた酒酔い運転の事実は事故の中には包摂できないので別の犯罪と考えるのが判例だということ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に教えていただきまして、本当にありがとうございました。 刑の種類に関して、とても参考になりました。

  • 回答No.3
  • mano5
  • ベストアンサー率32% (189/582)

求刑の内訳は、 ・危険運転致死罪・・・懲役1年~懲役20年(平成16年法律第156号による改正前の刑法208条の2第1項、6条、12条1項) ・道路交通法違反(救護義務違反)・・・懲役1月~懲役5年(平成19年法律第90号による改正前の道路交通法72条1項、117条1項、刑法6条、12条1項) 以上は、刑法45条により併合罪にあたるので、刑法47条、14条、47条ただし書により、懲役は25年が限度となります。 判決の量刑の内訳は、 ・業務上過失致死罪・・・懲役1月~懲役5年(平成16年法律第36号改正後の刑法211条1項、12条1項) ・道路交通法違反(救護義務違反)・・・懲役1月~懲役5年(平成19年法律第90号による改正前の道路交通法72条1項、117条1項、刑法6条、12条1項) ・道路交通法違反(酒気帯び運転の禁止)・・・懲役1月~懲役1年(平成19年法律第90号による改正前の道路交通法65条1項、117条の2の2第1号、刑法6条、12条1項) 以上は、刑法45条により併合罪にあたるので、刑法47条により、懲役は7年6月が限度となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

本当は判決文を読まないと正確な検討はできないですが… まず、求刑についてですが、 これは危険運転致死罪の最高刑である20年と、救護義務違反の5年を取ったものと思います。 救護義務違反について運転者に起因する事故の場合の法定刑引き上げは昨年のことですので、 改正前に起こったこの事故については適用されません。したがって、今回の上限は改正前の5年になります。 (なお、危険運転致死罪の上限は有期懲役刑の上限なので、2004年の改正によって20年になっています) また、酒酔い運転は危険運転致死傷罪の危険運転と同一の行為ですので、 両者は併合罪(刑法47条)ではなく観念的競合(刑法54条)と思われます。 なので、重いほうの刑=危険運転致死罪の20年に吸収されます。 (もしかしたら吸収一罪かもしれませんが、いずれ結論に違いはありません) そして、併合罪における有期刑の刑期計算は ・最も重い罪の長期の1.5倍 ・すべての併合罪の刑の長期の合計 のうち短いほうと理解いただければ良いかと思います。今回は後者を取って25年となったと思います。 また、判決については、 ・酒酔い運転(長期5年) ・救護義務違反(長期5年) ・業務上過失致死(長期5年) で、どれをとっても5年ですが、併合罪計算の前者のほうが短いので、 こちらを取って5年の1.5倍で7年6月となったと思います。 細かい罪状は違うかもしれませんが(繰り返しますが、判決文を見なければ正確な検討はできません)、 計算の考え方としてはこんなところだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に教えていただき、本当にありがとうございました。 酒酔い運転は危険運転致死に吸収されるんですね。 法の適用も発生時が改正前なら、改正前のものが適用されることがわかりました。

  • 回答No.1

危険運転致死で20年で47条、14条により上限が30年に増えます。(最も重い罪の1,5倍、いくつ罪を犯しても上限は変わりません) しかし、47条但書によって、長期の合計を超えられないので、 20+5で25年を超えられません。 道路交通法違反は5年(酒気帯び運転等)が適用されていると思われます。(救護義務違反では起訴されていないはずです。5年の方では、上限が変わらないですし、運転者の運転に起因する10年の方は危険運転致死と二十に死をカウントすることになるので) 質問者のかたがおっしゃるように、今回の判決は業務上過失致死5年の1,5倍が上限ですので7年6ヶ月を超えることにはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 併合罪。。。懲役刑と罰金刑

    併合罪の計算方法がよく分かりません。 例えば刑法204条傷害罪(15年以下の懲役、または50万円以下の罰金)と窃盗罪(10年以下の懲役)の併合罪の場合、懲役の上限は15×1.5=22.5年となりますよね?これに罰金刑を加えることはできるのでしょうか。また、懲役刑はなしで罰金刑のみを科すことはできるのでしょうか。教えてください。

  • 窃盗での併合罪についてお聞きします。侵入窃盗等でなく単純窃盗で逮捕され

    窃盗での併合罪についてお聞きします。侵入窃盗等でなく単純窃盗で逮捕され、例えば余罪が数10件(50回とかその位)の場合の併合罪になって、懲役の上限が増えますが、併合罪になると懲役の上限が上がるだけなのですか?それとも余罪の数だけ捕まった人の刑がおもくなるのですか?その場合どの位重くなるのか教えてください。

  • 懲役または罰金で罰金になりそうな犯罪と、罰金のみの併合罪について

    併合罪についてお尋ねいたします。 刑法46条~48条には、併合罪については、罪の個数がいくつあろうと一括して処断刑を量定するとあります。 同法45条後段には、ある罪について禁錮以上の刑に処する確定裁判があったときは、その罪とその裁判が確定する前に犯した罪とに限り、併合罪とされるとあります。 たとえば、A)罰金~円・または懲役~年以下の犯罪と、B)罰金のみ~円の二つの罪を犯し、併合罪とされた場合、処断刑は上がると思うのですが、A)の罪だけであれば、通常であれば罰金刑とされるケースでは、禁錮以上の刑に処する確定裁判にあたりません。45条の後段によればA)の罪に関してのみ裁判を行い、この場合であれば、併科のみ行われるように読み取れます。実際の司法において、処断刑が上がることにより、A)の罪がB)の罪の併合によって、罰金刑から禁固・懲役に上がることはあるのでしょうか?その場合2重の加重になる問題はどうなるでしょうか?

  • 飲酒運転から見る罪と罰の大小

    今、飲酒運転で捕まると酒気帯びでも3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 酒酔いで5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 そして、会社は解雇。人生終焉 政治家は不正な口利き、汚職、隠ぺい、責任も取らないし、捕まっても選挙に出てまた帰ってくるし 官僚もやりたい放題で不正も中々なくならないし、責任すら取らない 飲酒事故と同様、中々なくならないし間接的にではあるが、死者も出ている 飲酒で人生終わるけど、汚職ではなくならないなんておかしい国だとはおもいませんか? 個人的には、責任の所在をはっきりして罪を重くする 汚職 →死刑 隠ぺい→無期懲役 口利き→無期懲役 っという具合に政治家、官僚には命をかけてやってもらいたい 皆さまの意見を伺いたい

  • 自転車の飲酒運転は本当に罰則ありでしょうか

    自転車の飲酒運転はしてはならない行為で、道路交通法(第65条)で禁止されいます。自転車の飲酒運転にも罰則ありとよく言われており、それが警告ためなら別にいいです。しかし法律的に、117条の2を根拠に罰則が適用されるというのは疑問があります。なぜなら117条で「車両等(軽車両は除く.以下この条において同じ)」とあり、これが117条の2まで効力を持つなら、自転車の運転者は罰則の適用から外れると思うのですが、法律的にはどうなのでしょうか。 また、車両等(自転車など軽車両をふくむ)の運転者全てに飲酒運転の罰則が適用されるのなら117条の2の1号では、わざわざ「違反して車両等を運転した者」と書かずに「違反した者」と書けばいいと思うのですが、どうなのでしょうか。道路交通法の一部を引用しておきます。 第65条 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。 第117条 車両等(軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者が、当該車両等の交通による人の死傷があった場合において、第72条(交通事故の場合の措置)第1項前段の規定に違反したときは、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。   第117条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。 1.第65条(酒気帯び運転等の禁止)第1項の規定に違反して車両等を運転した者で、その運転をした場合において酒に酔つた状態(アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態をいう。以下同じ。)にあつたもの 1の2.第66条(過労運転等の禁止)の規定に違反した者(麻薬、大麻、あへん、覚せい剤又は毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)第3条の3の規定に基づく政令で定める物の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転した者に限る。) 2.第75条(自動車の使用者の義務等)第1項第3号の規定に違反して、酒に酔つた状態で自動車を運転することを命じ、又は容認した者 3.第75条(自動車の使用者の義務等)第1項第4号の規定に違反して、第1号の2に規定する状態で自動車を運転することを命じ、又は容認した者

  • 傷害と傷害致死 2

    以前の質問に対して反応がなくなりましたので、改めて立ち上げました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5325710.html この続きです。 内容の抜粋を書きます。 傷害致死で起訴されたとします。 その後の捜査で過去に複数回、傷害事件を起こしていることが分かり、追起訴をされたとします。 そして争いも無く有罪となった場合、もっとも軽い刑罰は何になるのでしょうか。 単純に法律的にありえるもっとも軽い場合を教えていただければ結構です。 よろしくお願します。 この質問に対して、以下のような答えを頂いています。 >減軽事由があると軽くできるから、傷害致死罪の方は最低で9月の懲役まで落ちる可能性があるね(法律上可能な最大限度の2回の減軽をした場合。以下同)。両罪は併合罪になるけど、併合罪は、下限は一番重い罪の下限のまま(という判例はないかもしれないが、学説的には争いはないだろう)で上限が増えるだけ。だから一番重い傷害致死罪の下限が減軽により下がった9月の懲役というのが最低になる。そして、執行猶予自体は直接的に刑罰の重さを意味しないけど、事実上軽いと考えれば、懲役9月執行猶予1年保護観察なしが一番軽いことになるね。 >減軽事由が一切ないと考えて傷害罪と傷害致死罪の両犯罪事実を認定して両罪で有罪にするなら、一番重い罪の傷害致死罪についての下限の3年の懲役執行猶予1年保護観察なしというのが一番軽いことになるね。 まずは、ここまでで違った考え方があるようなら、教えていただけないでしょうか。 何の異論もなければ、以下のことを教えていただけませんか。 軽減事由とは、どういう場合に2回の減軽ができるのでしょうか。 1回だけだとどこまで軽くなるものでしょうか。 >減軽事由が一切ないと考えて傷害罪と傷害致死罪の両犯罪事実を認定して両罪で有罪にするなら、一番重い罪の傷害致死罪についての下限の3年の懲役執行猶予1年保護観察なしというのが一番軽いことになるね。 と、言うことは傷害罪はどうなるのでしょうか。 もっとも軽い場合は複数回の傷害事件は、加味されないと考えてもいいのでしょうか。 よろしくお願します。

  • 警察官を1回殴った場合は

    15日以上3年以下の懲役ですが(酌量減軽を含む) 警察官を2回以上殴った場合は15日以上4年6か月以下の懲役なんでしょうか。 たしか、同じ犯罪を2回繰り返すと、併合罪となり刑の長期は1.5倍となると聞いたのですが本当ですか。

  • 追起訴された場合必ずしも刑は重くならない?

    たとえば殺人罪で起訴され、死体遺棄罪で追起訴された場合、併合罪となるが、刑の上限が上がるだけ下限は変更なし。 死刑もしくは無期もしくは5年以上23年以下の懲役になる。 追起訴された場合でも下限は変更ないので、刑を重くしないこともできる。 1件の殺人罪でも2件の殺人罪でも下限は同じ懲役5年。酌量減軽すれば執行猶予も可能。 たしか、現住建造物放火罪で起訴された事件で重過失致死罪で追起訴された事件はあったが、求刑は12年のままだった。 したがって、追起訴された場合でも刑は重くなるとは限らないですよね。

  • 福永法源被告に懲役12年ですが

    たしか詐欺罪の法定刑の上限が、10年だったと思うのですが、どうして求刑13年に対して12年の判決が出たのでしょうか。何かの併合罪となったのでしょうか。どなたかご存知の方、よろしくお願いいたします。

  • 少し気になったんですが…

    少し気になったんですが… 例えば 自動車運転過失致死罪と救護義務違反 の量刑が合わせて17年ですが サイトなどで判例を調べると 懲役2年6ヶ月や懲役3年 なぜ17年より大幅に減刑されているんですか? 前から少し疑問になっていました… 回答お願い致します…