• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

翻訳者・通訳者の専門知識

翻訳者または通訳者になりたいと、漠然と考えています。 英語に関しては、留学経験あり、TOEIC920ですが、強みになるような専門分野は特にありません。 大学では教育を専攻し、現在は電気業界で貿易関係や、海外営業の補佐的な仕事をしています。 語学を勉強するのがとても好きで全く苦にならず、英語を使って何かをするよりも 英語自体を中心にプロとして仕事ができないかと思い、翻訳、通訳の道を考えます。 また、文章を書くことも好きで、日本語を書くことも得意です。 しかし、調べるうちに翻訳・通訳の場合、例えば医療関係などの深い専門知識が必要とされる、と知りました。 翻訳・通訳の勉強や仕事をしていく中で、その際に必要な他の専門分野の知識を得ていくことも勿論できるとは思うのですが、実際のところ、どうなのでしょうか。語学が好きという理由で、翻訳・通訳の道を目指すのは甘いでしょうか。 また、英語以外で(得に少数言語で)これから需要が高まる言語はありますか。 中国語、韓国語が重要視されているようですが、堪能な方がたくさんおられると思います。 少数言語で翻訳者・通訳者が少ないが、これから重宝されるだろうという言語があれば教えてください。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数603
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • soneji
  • ベストアンサー率22% (6/27)

お話から察するに、産業翻訳をやりたいのでしょうか。 翻訳業界には大きく分けて以下3つのカテゴリーがあると思っています。 (1)産業翻訳(ビジネス翻訳) (2)文芸翻訳 (3)映像翻訳 (1)をやる場合には、その業界の専門知識が当然必要です。コンピューター、医薬、法律、などの知識です。知識がないと翻訳できません。 (2)は、ある意味もっと大変です。例えば、登場人物にコンピューター技師と薬剤師と弁護士が出てきたら、彼ら(彼女ら)が話している内容それぞれに対して調べる必要があります。また、当然訳文に対する文芸的な要求も出てきます。 (3)は、(2)で挙げた項目に加えて耳の良さが要求されます。 いずれにせよ、大変な職業だと思います。ただし、外国語に苦痛を感じず日本語も得意なのであれば、非常に向いているのではありませんか。 それから心得ていていただきたいのは、翻訳者は肉体労働です。翻訳の仕事は一般的に、「何ページ訳したから何円」という物量換算です。質にお金をもらえるのは、極一部の有名翻訳者だけです。 翻訳だけで暮らすには、相当な苦労が伴いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり、すみません。回答ありがとうございました。 肉体労働、というのは、確かにそうですね。参考にさせて頂き、自分の進む道を考えたいと思います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

こんにちは。今は違う会社に勤めているので、翻訳活動は本当に少ししかやっていません。以前務めていた所からたまにお仕事を頂いたり(簡単な物です)、そこの会社で人で人手不足な時は海外からのクライアントさんをちょっと観光に連れていったり、友人で色々なレア物を集めているコレクターなのですが、そのレア物とやらを手に入れるためにちょこっと訳して輸出入してあげたりとアルバイト程度です。ほとんど趣味状態です(笑)本業としてやるつもりは今は全くないのです。 マンダリン私、大学で習いましたが見事に落ちこぼれ自分の自己紹介と数を数える程度しかできないまま終わってしまいました(笑)その産業機械の会社に入社してから、ちゃんとやっておけば良かったと痛感しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざご回答頂きありがとうございました。 てっきり本業のようにされてる方かと。(ご意見が実感こもっていましたので。) ありがとうございました。今のお仕事も頑張って下さい。

  • 回答No.3
  • keroppi
  • ベストアンサー率35% (61/172)

ううっ! yagohachiさん、よくkeroppiのことを調べましたね~!! 私のプライベートなことは、ホント参考にならないと思いますよ! 元々は日本語を教えていました。 こちらは学歴社会なこともあって、大学院(修士)に進むことを決意。通訳・翻訳を専攻して、卒業後、大学院所属センターに所属して仕事をしています。在学中は翻訳事務所にもいました。 もちろん教えるのも好きなんですが、通訳・翻訳は頭を使うし、「一言」に悩むし、調べたり、聞いたり、(その場をしのいだり・・)大変ですが達成感が大きいです。 でも、ホントは安定した教授職をめざしてるんです・・。(通訳・翻訳はちょっと不安定だし、「寅さん」だし!) 論文を発表するためにも、実践としての通訳・翻訳は自分のこやしになると思って 一生懸命やってますし、これからもずっと続けるつもりでいます。 論文も書きましたので、アカデミックな情報なら英語も含めてありますよ。 ご必要なら、また質問してくだい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません、勝手に調べてしまいました。 ご丁寧に回答頂きありがとうございました。 みなさんどのような経緯で翻訳・通訳家になられたのか興味があったので、大変参考になりました。教授職を目指しておられるのですね、頑張って下さい。

  • 回答No.2
  • keroppi
  • ベストアンサー率35% (61/172)

翻訳事務所などに所属して、仕事がしたいのでしょうか? 売り込む時に得意の専門分野があるといいですよね~。 でも、通訳・翻訳者はほとんどが文系ですし、文系の方がつぶしがきくというか、順応性があると言われてます。たとえば、この分野!!って決めてしまうと、他の分野の仕事はひき受けにくくなりし、実際、理系出身の通訳・翻訳者はその傾向があるみたいです。(言葉があまりできなくても、技術者同士だと通じてしまう強みもあるのにね。) わからなければ、調べる!これが基本姿勢だと思います。 それと、一番大事なのは、一般常識じゃないでしょうか? おかしい時に「なんかこれ変!」と思える一般常識が誤訳を無くす秘訣です。 他人の誤訳をみると「なんで日本語がおかしいと思わないかな~?」と頭をひねる時がありませんか? 通訳・翻訳者の興味のある仕事だけできたら、どれだけ幸せだろうか、と考えます・・。 今日は農業、今日は陸上用語、今日は機械の説明、今日はクレームの手紙、今日は観光と渡り歩く、フーテンの寅さん状態であります・・。(今はそんなに忙しくなく、gooにカキコできる程度ですけどね(^^;)) 英語の実力がそれだけあるのなら、本格的に通訳・翻訳の勉強をしてみたらいかがでしょう? 今、企業にお勤めなら、ビジネス交渉の際の通訳に役にたつことでしょう。 これから勉強をする際に、通訳と翻訳、どちらをメインにするか決めることをお薦めします。学校に入るなら、その時に選択するようになってると思います。(もちろん、両方受講できますが。) ※言語は英語ではありませんので、通訳者人口の多い英語に参考になるかわかりませんが、本を読んでも「まあ、私と同じだわ・・」という感想でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。大変参考になりました。 文型の私でもなんとかやっていけるのではないかと勇気付けられました。 とにかく勉強を始めてみようと思います。今の仕事にも役に立つと思います。 ところでkeroppiさんは韓国在住で韓国語の翻訳をされているのですか。韓国に移られたきっかけはなんですか。個人的なことをお聞きして申し訳ないのですが、差し支えなければ教えて下さい。

  • 回答No.1

以前機械メーカーに勤めていまして、産業機械の翻訳をやっていた事があります。今も、たまにですがぼちぼちお仕事があればやっています。ゼロからのスタートでした。機械の事なんてわかりませんし、専門用語なので辞書をみても載っていない言葉ばかりで本当に苦労しました。わからない所、単語などは、実際にその機械を使っているエンジニアの方の所へ出向いて、教えて頂いたりしました。図面を見ているだけではわからない事も色々ありますので、実際に機械を見て色々勉強になりました。 英語ができる=翻訳者又は通訳になれるわけではありません。通訳・翻訳者として活動するのは無理です。英語+何か専門知識が必要です。PCのマニュアル専門の翻訳者、機械専門の方など色々いらっしゃいます。こういった方は、大学などで専門的な勉強をして、経験を積み翻訳者として活躍されている方が多いです。語学が好きだけだと辛いと思いますよ。私は機械なんて全く興味も無かったですし、知りたくもなかったので、最初のうちはとても苦痛でした。なにかご自分の好きな分野を極めて、翻訳・通訳者になるのがいいのではないでしょうか? 中国語(マンダリン)、韓国語の需要は高いです。私が知っている限りでは、韓国の方で、日本とのビジネスのがある方はみなさん、日本語はネイティブ並です。日本人と間違える程です。中国の方でネイティブ並の日本語を話す方には会った事がないです。中国語の方が習う価値はある気がします。国土も大きいですし、急成長していますから。他の国でも、アジアのどこかの国の言葉を習うのがいいと思いますよ。 私が感じた事ですが、私の場合、産業機械のマニュアルの翻訳と言うことでプレッシャーはかなり大きいです。というのも、大きな機械で操作を間違えば腕が切断されたり、運悪ければ命を落としてしまいます。ちょっと曖昧なニュアンスだったりわかりにくい説明を書いてしまって、事故が起こりうる場合もありますから、かなりの注意が必要です。胃がキリキリ痛む事もあります。しかし、翻訳は、大変ですが自分が翻訳したマニュアルがどこかで誰かに読まれていると思うと嬉しいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。私も現在の会社で電気関係について翻訳を頼まれることもあるのですが、電気にはあまり興味がもてず、知識もありませんので、strawberryさんのご意見よく理解できます。専門分野があり、プラスαとして英語ができれば一番強いですよね。strawberryさんの場合、産業機器のマニュアルの翻訳は最初苦痛だったとのことですが、それでもなんとか続けていかれたのですか。現在は主にどういったことをされているのですか。差し支えなければ教えて下さい。 中国・中国語は大変興味深いですね。学んでみたいと思っています。 どこかで誰かが自分の翻訳したものを読んでいるのだという喜びを感じられるとのこと、翻訳者をめざす励みになります。 貴重なご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 翻訳者の専門知識

    もしかしたら、カテが違っているかもしれませんが、ここのカテで質問させて頂きます。 以前から語学に関心があり、日本語教師を目指していましたが、内気で、おとなしい性格なためなのか、なかなかなることが出来ず、翻訳者を志すようになりました。 翻訳者にもいろいろ種類があるようで、実務翻訳を志そうと思っています。そのためには、専門知識が必要になってくるそうです。 しかし、大学では社会学を学んでいましたが、大学を卒業してからはアルバイトのかたわら、日本語教師を目指していたので、これと言った専門分野も持ち合わせていません。 いろいろなサイトや過去の質問を見た限りでは、実務経験を通じて専門知識を蓄積していく方が良いようなことが書いてありますが、実務経験だけで自分のカバーする専門知識が全てまかなえるのかということにも疑問をいささか感じます。 つまり、例えば法律から始まって、経済や金融、更には環境分野にまで幅広く手をかけている翻訳者もいるようです。しかも、その翻訳が英語のみならず、フランス語やイタリア語など、数カ国語も手掛けているようなので、驚かずにはいられません。 このような広範な専門知識は、どこで、どうやって学んできたのでしょうか。また、どこで、どうやって学んでいくべきなのでしょうか。ご存知でしたならば、お教え頂ければ幸いに存じます。 因みに、私は専門分野は法律と経済に関連するような分野にしようと思っています。また、英語とタイ語の翻訳者を目指しています。 なお、質問に不備がございましたならば、後ほど補足させて頂きます。

  • 通訳者と翻訳者について

    私は、将来 翻訳者か通訳者になるか悩んでおります。現段階の私の英語レベルは、アメリカのトークショーや映画は字幕なしで半分くらい理解できます。ゆっくりなら自分の思っている事を説明したり、日常会話が可能です。しかし発音が悪く聞き返されることもあります。トイックは600点です。本なども興味が強い分野だと簡単にスラスラ読めます。こんな私が翻訳者、通訳者になれますでしょうか? 慣れるとしたら何年かかりますでしょうか ?翻訳者と通訳者は、どちらが需要が高いのでしょうか?これからどのような勉強をして行けば良いのでしょうか? どなたかアドバイスお願いします。

  • フランス語の通訳・翻訳者になるには?

    現在私は某大学でフランス語を学んでいる学生です。私はヨーロッパでの生活経験があり、フランスという国、そしてフランス語が大好きです。そこで、将来はフランス語を生かせる職業につきたいと思っています。性格的には翻訳が向いていると思うのですが、通訳にも興味があります。通訳・翻訳共にこなしていくのが理想なのですが、それぞれ異なった勉強方をとるべきなのでしょうか? また、通訳・翻訳の需要の約80%が英語だと聞きましたが、フランス語の通訳・翻訳だけではやはり生計をたてていくのは難しいのでしょうか? また近年、通訳・翻訳(特にフランス語)の仕事をする上で、どのような専門分野の知識が求められているのでしょうか?どういった仕事の依頼が多いのでしょうか?早いうちからそういった通訳・翻訳で求められ、役立つ知識を身に付けたいので 是非教えて下さい! また、学生アルバイトとして何か将来、通訳・翻訳業に生かせるものはないでしょうか?何かあったら教えて下さい! 常に具体的な目標をもっていないと、つい自分に甘く、周囲に流されて何となく日々を送ってしまいそうなので 早く自分の目標を明確にして、それに向かって全力でつきすすみたいんです!!

  • 専門職に就かずに翻訳者になるには

    現在大学三年の女です。 学部は文学部で日本文化を学んでいます。 将来、産業翻訳をしたいと思っています。 しかし、文学部出身のため専門知識がないので 独学しつつ、翻訳学校を利用して専門知識を身につけたいのですが、 ・その分野の業務経験がなければ、仕事は依頼してもらえないのでしょうか? ・翻訳学校や翻訳セミナー等に積極的に参加し、 人脈を広げていけば、業務経験がなくても 仕事を貰える可能性はあるのでしょうか? できれば、専門職で業務経験を積んでから 翻訳者になるのではなく、最初から翻訳者を目指したいのです。 私は発達障害の傾向があると診断されていて 不注意のミスが多く、想像力と柔軟性に欠け、 プレッシャーを感じると思い通りに動けなくなり、ミスが増えたり、酷いときは記憶が飛ぶこともあります。 医薬翻訳かバイオ・環境分野の翻訳がしたいのですが、上記のような性質から、 その分野の専門職につくべきではないと思うからです。 唯一、体を動かさずに一点集中できるものは得意です。 勉強や知能検査では良い結果を出すことができます。 このような理由から、冒頭の二つの質問をさせていただきました。 よろしくお願い致します。

  • 翻訳者になるには

    短大英文科卒の者です。翻訳者になりたくて翻訳の専門学校にも通いました。色々と求人を見たのですが、専門性が必要ということが書かれていました。興味があるのは経済金融分野です。今後の進路を海外の翻訳・通訳学部へ進むかそれとも専門性を取り国内の大学の経済学部に進学するべきか迷っております。経済学部だと英語経済の授業をしている大学がいくつかあったので、そちらで十分に(基礎的なことについて)勉強できると思っております。アドバイスをいただけると幸いです。

  • 翻訳者になりたいと思っていますが、英語の知識がない

    中学の英語すらも忘れてます。なので、今からどんな勉強してそれから翻訳者と志した方がいいのか、翻訳者になるまでの順序(1何々2何々など)を教えてください

  • 翻訳者になるためのキャリアプランについて

    29歳女性、外国語学部卒、海外経験1年、TOEIC915点です。これまでの職務経験は、英文事務が3年と、自動車メーカーで社内通訳・翻訳(派遣社員)の経験が1年です。将来は40歳くらいまでに月収35万程度安定して得られるような実力のある在宅産業翻訳者になるのが夢です。(これまでに翻訳会社のトライアルに合格して翻訳者として登録したこともありますが、これといった専門分野もなく、翻訳者として専門分野を持つことの必要性をひしひしと感じています。)そこでこの目標を達成するためのキャリアプランについて相談したいのですが(とくに自動車、特許の分野に興味があります)、現在2つのプランの間で迷っています。 1.国際特許事務所に就職し、特許の知識と経験を得る。 理系大卒ではないので、最初は事務かもしれないが外国事務として就職→数年働きながら、興味もあるし知識を得たいので理系大の夜間二部に通う(分野は機械に興味があります)→、その後所内で翻訳の仕事に転向願いを出して機械分野の特許翻訳の仕事をさせてもらい、数年間特許翻訳者としての経験を得る→在宅特許翻訳者として独立 2.英文テクニカルライターとして就職する。 (1年間働いていた自動車メーカーではマニュアルの翻訳や編集もしていたので、英文テクニカルライターにも興味があります。)自動車や機械の英文テクニカルライターとして数年勤務→自動車や機械関連の翻訳者として独立。 自分のこれまでのキャリアを考えると2が自然に思いますが、特許分野に比べると、自動車や機械分野の翻訳の仕事は需要が少ないようですし、英文テクニカルライターの求人をみるとTOEIC700点程度とあり(それほど高い英語力が求めらていない?)、文系大卒でもできることから専門知識をそれほど深く要求されない=翻訳者としての実力につながらないのではないかとも心配に思います。1については、二部に通うのは大変と思いますが、知識をつけるため、専門分野を得られるためなら数年は頑張れそうにも思います。自分の目標を達成するためにはどうしたらよいでしょうか?知り合いにこのような業界で働いている人がおらず、本やネットからの情報だけしかないので、上記業界についてご存知の方、経験者の方、いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

  • 翻訳者になるためには・・・教えて下さい。

    初めまして。翻訳者について質問があります。 タイトルにもあるとおり、私は副業として翻訳家を目指しているのですがどのようにしてたどり着けるものなのかが分かりません。 今までに、翻訳会社にもいくつかコンタクトをしたのですが、殆ど連絡が帰って来ないのです(メールでの返事すら無い。。。) トライアルも受け「英語力は十分ですが、経験が無いので先ずはウチの会社で翻訳検定の勉強をして下さい」と言われ、受講料に3万!?近く入金して、「翻訳検定2級を取った暁には仕事を発注するかもしれない」という内容のことを言われました。。。ちなみに、ア○キインターナショナルとかいう会社でした。。。結局ここの会社について調べたのでですが、あまり風評は良くないということだった、これ以上の連絡はしませんでした。 そこで質問なんですが、今翻訳をされている方は、 1) どういう経緯で翻訳のお仕事をいただけるようになったんですか?? 2) 何かお勧めできるような、方法と翻訳会社ってありませんか? ちなみに、、、私はアメリカの大学を出ており、6年ほど英語環境での生活経験があります。英語力に関しては、余程の予備知識が必要な英文以外簡単に読みこなすことが出来ます。専門分野としては金融、会計、ビジネス一般になるかと思います。 アドバイスお願いします!

  • 【通訳・翻訳者の方】 苦労話を聞かせてください

    こんにちは!現在社内で英語と中国語の翻訳業務に携わっています。 何十年と勉強してきた英語、中国で働いていた際に身についた中国語で なんとか仕事できています。 ここまで来るのに、本当に・・・苦労しました。 勉強すれども、留学すれども、「聞けない・書けない・話せない・発音が伝わらない」 語学習得の夢を諦めたこともありましたが、結局諦めきれず、仕事しながら勉強は続けていました。 その甲斐があって、なんとか翻訳業務に転職できました。 資料を翻訳(主に英文→和文、中文→和文)する際、辞書で確認しながら文章を 仕上げていきますが、この年齢で気づいた日本語の違い、新しく習得した日本語の単語なども あります。 もちろん、私は日本人です(笑) 30代後半の年齢ですが、この歳で知る日本語がまだまだあることも思い知りました。 また、契約書類などを翻訳する場合、たった3行の文章でも和訳するのに1時間かかることも あります。 好きな仕事なので、寝る暇も惜しんで、日々語学力向上に努めています。 時には、疲れるので、休息もしますが(^^;) 長くなりましたが、通訳、翻訳をされている皆様に、 (1)今まで勉強してきた苦労話や、 (2)業務上で苦労してる話 (3)失敗談 など、聞かせてくれませんか? 実は、数年前に会議で通訳をしましたが、私の表現で先方の外国人を 怒らせてしまったことがあり、数年経った今でも、「恥ずかしい・・・」という 気持ちがあります。 それ以後、発音や表現を正確に伝わるよう、努力しているのですが・・・ トラウマがまだ残ったままです。 「勉強すれども、なかなか身につかず」という苦労も 「仕事での失敗」も、たくさんありますので、ご経験者様の そのようなお話を聞け、「私だけじゃないんだ!」と思いたいのが主旨です・・・ すみません。

  • 翻訳業の「専門知識」とは

    翻訳の仕事を得るための勉強やキャリアについて、以前は皆様にアドバイスいただきました。 未経験でも募集する翻訳会社はあるとのことで、確かにそのような会社はいくつも見つかりました。 トライアル応募しようとしたところ一つの事項に引っかかりました。「専門を上記より選択」。 それらはおもに法律・金融・IT・自動車・化学・・・・といった、業種に基づくと思われるものです。 しかし女性の大半は、例えば自動車メーカーに勤めても一般事務、秘書、あるいはデータ入力が主だったりなど、到底専門性があるとは思えない職種が殆どだと思います。 私もその一人です。 こういう場合は何を選択するのか、そもそも専門性の薄い仕事に携わってきた人は翻訳業をするには極めて壁が厚いのか、どう考えるべきなのでしょうか。 今から専門性を求めていち企業へ就職するには、非常に遅すぎる年齢となってしまいました。大卒の学歴もありません。 翻訳会社の言わんとすることは理解できます。ものを知らずにただ言語だけが得意だとしても、翻訳など出来っこありません。 一般的な職業を経てきた人は、その経験をどう生かすことが出来るのでしょうか。 厳しいお言葉でも何なりとお伝え下さい。周囲には相談できる相手が一人もおりません。