• 締切
  • 暇なときにでも

内藤は偽善では?

  • 質問No.3433556
  • 閲覧数288
  • ありがとう数68
  • 気になる数1
  • 回答数36
  • コメント数0

お礼率 5% (2/36)

亀田VS内藤の試合で、亀田側の処分が決定しました。個人的には、父の処分ももっと厳しくても良かったかなとも思いますが、それとは別に、周りの反応が偏りすぎ(亀田批判に回りすぎ)ではないかと思います。

マスコミも、亀田家の暴言が本当に悪いことなら、それを報道しなければいいだけ。でも、テレビはそれをニュースとして批判報道したわけではなく、むしろそれをネタに舌戦を面白おかしく編集して予告宣伝してましたよね。まして、いじめてやるとかの発言は社会的にも問題が大きいと思いますが、それさえも面白くあおって報道してましたよね。
処分を下す側も、ゴキブリだとか切腹だとかの発言が本当に悪いのなら、試合前にいくらでも注意はできたはずです。(試合の内容に関しては、誰もあんな試合になるなんて思っていなかったでしょうから、それは無理としても。)
反則当事者が処分を受けることは当然ですが、確実に彼らを利用して儲けている人たちもいるわけで、(知名度や人気を挙げたという点では、内藤選手も含め)そのような人たちが、その恩恵を享受したまま、口だけは手のひらを反したように亀田側の批判を繰り返す。なんか、ヒトラーとか魔女狩りのような怖さを感じます。マスコミと民衆の怖さを感じます。

私も試合は観ていましたが、亀田選手は序盤から内藤選手のクリンチに苦しめられていたように見えます。打っては抱きつき、打っては抱きつきの連続で観てる方も嫌になってくる試合運びでした。打った後に離れるのならアウトボクシングなのでしょうが、そうではなかったですよね。でも内藤選手はそのようなつまらないボクシングを終始つづけるだけでした。
ボクシングルールに詳しいわけではないのではっきりとは言えませんが、あのようなクリンチの連続は反則なのではないのでしょうか?サミングだって、内藤選手があれだけ執拗にクリンチしてこなければなかったことではないでしょうか?何ラウンドだったか忘れましたが、亀田選手がヘッドロックをしたような場面がありましたよね。あれだって、写真で見ると亀田選手が自らやっているように見えますが、実際は内藤選手が自ら首を回してあのような形にもっていってますよね。プロレスのように投げ飛ばした行為も、亀田選手は本気でやってるようには思えません。むしろ投げるときには優しくフォローというか、手加減しているのが分かりますよね。
結局、内藤選手は最終ラウンドまでそのクリンチ行為をやめることはなかったし、亀田選手の怒りが爆発する気持ちも分かってしまうのですが、私の目がおかしいのでしょうか?

内藤選手の今回の試合は、男として卑怯な戦い方だったように思えるのですが、それを棚に上げて、さも自分が正義で亀田が悪のようにコメントしている姿を見ると、さらに卑怯者のように見えてしまいます。そして、内藤選手が言うように本当に亀田選手が弱かったなら、堂々と再選を受ければいいだけのようにも思います。でも、会見ではそれは拒んでましたね。「反則しなければ、いつでもやってやる!」ということくらいの発言が何故できないのでしょうか。別に内藤選手がいくら発言したって、実際試合を組むのは協会の仕事ですよね。なぜ内藤選手はそのくらいの男らしさも見せられないのでしょう。本当はまともに試合をしたら負けてしまうと思っているのでしょうか。

正直、今回の試合は亀田選手がいるから観たわけで、内藤選手という名前だけでは私は観ませんでした。恐らく多くの視聴者がそうだったのではないのでしょうか。そのことを内藤選手はどう思っているのでしょうか。亀田側が内藤側の嫌らしい戦術にうまくはまり、しかも12ラウンドであんな反則行為まで出たから、亀田側に批判が集中しているだけで、それをいいことに自分の非を隠そうとしている。その自分の嫌らしさに気付いていないのでしょうか。正直、亀田選手の反則さえもなかったら、本当につまらないだけのボクシングだったと思います。内藤選手をたたえる意見も多いですが、もしもう一度亀田選手と対戦して、結局同じような勝ち方しかできないのなら、私はつまらないので観ないでしょう。
K-1の武蔵VS藤本の試合も、角田氏の叱責がなかったら情けない試合でしたよね。私が言いたいのは、亀田側の擁護ではなく、内藤側の非が持ち上げられないことがおかしいというか、試合後も正義ぶっている姿が偽善にしか見えないからです。ボクシングを面白くするためには両者への叱責が必要なのではないかと思うだけです。素人の意見であり、私が間違っているかもしれませんが、皆さんはどう思ったのでしょうか?

(なお、ご回答に対する言葉は控えさせていただきますので、ご了承ください。)

回答 (全36件)

  • 回答No.36

ベストアンサー率 20% (10/48)

  実力なくて世界CHなれねぇ

  ポンサクレックウォンジョンカムがKO(かめな)しなかったんじゃなく

   試合中にボクシング教えてたんのよ、LV違いすぎなの。

  今のポンサクのノーモーション、、、見切る自信がないな、、、5割ってとこか、、、

  なるほど強敵だよ
  • 回答No.35
>>spec17 さんへ

どんなに都合よく解釈されても内藤側の行いにみっともなさがあるのは隠せませんよ。
あの当時は亀田長男でも内藤からすれば十分にかませの相手、むしろポンサクなどと互角に試合できるぐらいの内藤ですから他にも強い相手はいたはずです。
なのに亀田次男との防衛後はほとんどかませばかりという事実をお忘れで?
結局実力で世界王者として君臨する自身が無く、反則まがいのテクニックでしか勝ってこれないような選手は、根性もどこか歪んでいたのではないでしょうか?
  • 回答No.34

ベストアンサー率 29% (70/237)

>>1975tkさん
>内藤擁護で回答されてる方々は一番肝心な事を忘れてますね、何故亀田が執拗に内藤選手に対する罵倒を繰り返し、試合では反則行為を繰り返したのか?
あなたの方こそ、一番肝心なことを忘れています。
どんなことがあれ、反則行為はしてはいけない行為なんですよ。
こんなことをされたから反則行為に及んだ、というのは理由にはならないんですよ。
まあ、それはあの試合で反則をした内藤選手にも言えることですけどね。

>そもそも事の発端は、内藤側からの一方的な対戦要求から始まったものであり亀田側にとっては本来計画していたスケジュールを変更ぜざるを得なかったのでしょう
それならば、試合を受けなければいいだけのことです。
そもそも、内藤側が対戦要求をしたのは興毅であって、大毅ではありません。
亀田側は負けてもそこまで影響の無い大毅をだし、内藤側は話題になればどっちでもよかったから試合を受けただけです。
チャンピオン側が興行権をもっているわけですから、このようなマッチメイクになるのは当然のことです。
嫌ならば、受けなければいいだけのことです。
もちろん、反則をした理由になんか一切なりません。

>自分のテクニックに対して未熟な相手がブチ切れてしまい反則行為をしてくるというのは予想しなかったのでしょうか?
そこまでダメな相手とは思っていなかったのでしょう。
噛ませ犬相手ばかりだったとはいえ、一応は世界チャンピオンと戦える権利をもった選手(世界ランク20位以内)だったわけですから。
もちろん、そのランクも噛ませ犬相手に作ったものではあるわけですが。

>>質問者さん
内藤にも非はあると思いますが、どっちがより大きな問題を抱えていたかは明らかです。
内藤自身も自分の反則行為はよくなかったと語っています。
亀田側からは何の反応もありませんし、試合中の態度も悪すぎました。
これだけでも、どっちが非難されるのかはわかりきったことです。

内藤の試合運びがつまらないということはこれとは全く別問題です。
  • 回答No.33
内藤擁護で回答されてる方々は一番肝心な事を忘れてますね、何故亀田が執拗に内藤選手に対する罵倒を繰り返し、試合では反則行為を繰り返したのか?
そもそも事の発端は、内藤側からの一方的な対戦要求から始まったものであり亀田側にとっては本来計画していたスケジュールを変更ぜざるを得なかったのでしょう、あの連中の性格からいって、罵倒な発言をされるのは最初から分かっていなかったのでしょうか内藤側は?
実力差もかたや何十試合とこなしてきたベテラン、かたや若干17歳のかませ相手にしか試合してこなかった若輩、自分のテクニックに対して未熟な相手がブチ切れてしまい反則行為をしてくるというのは予想しなかったのでしょうか?
そもそもあの試合は、大ベテランが大きなかませを相手に狙った試合というのが間違いでしたね。
  • 回答No.32

ベストアンサー率 25% (28/109)

試合は見てましたが全く逆の印象ですね。

内藤は距離を取ってジャブを当てる。
亀田はパンチも打たずにただガードを固めて頭から突っ込む。
内藤はロープ際に追い詰められるので仕方なくクリンチ。
亀田は依然パンチを打たない。

人間の最大の弱点である後頭部をさらして突っ込む亀田のボクシングは格闘技としてどうなんだろう、と序盤は思って見てました。
内藤がキレて亀田の後頭部を強打したら命に関わるダメージなのに。
中盤内藤選手が目から出血したので「なるほど、これが狙いか」と納得したものです。

亀田陣営が卑怯な戦術(古傷のある瞼を狙う、頭付き、サミングを含めて)を取らなければクリンチばかりのつまらない試合にならなかったのではないかと思ってます。
あくまで素人の私見ですが。

内藤が亀田と再戦するというのは反対ですね。興毅を含めて。
だって茶番にしかならないですもん。

それにしても内藤はクレバーなボクサーですね。リング外でも。
亀田戦を利用して名前が全国区になっただけでなく、タイミングよく謝罪を受け入れて亀田叩きにも参加していません。
これから起こるであろう「亀田叩き」叩きを巧妙に回避してます。
  • 回答No.31

ベストアンサー率 30% (40/130)

「罪を憎んで人を憎まず」ということわざがありますが、内藤選手のコメントは、一貫してこのことわざどおりです。JCBに対して、意見申し立てをしたのも、このような反則を断じて認めてはいけないという内容で、亀田大毅選手を個人的に攻撃したものではありません。

もう一度、内藤選手のコメントを確認されたらいいと思います。

それから、質問者さんは、内藤選手の他の試合を見たことがありますか。ポンサクレック第三戦は、攻防みごたえある試合でしたよ。

正直、今回の試合は、ボクシングの試合としては、つまらないものでした。それは、亀田大毅選手があまりにも技術的に稚拙だったからです。クリンチも内藤選手が意図して行ったわけでなく、仕方なくクリンチしたものが多いです。他のボクシングの試合でも、結構ぐだぐだの試合はありますが、あの試合は、特別ひどかったです。それを、内藤選手が戦法として行ったというのは、間違いです。
  • 回答No.30

ベストアンサー率 66% (6/9)

ボクシングって皆さんが思っているよりずっとずる賢い格闘技です。
ボクシングだけじゃなく他の格闘技もそうだと思いますよ。
クリンチはもちろん戦術。
疲れたりしてもそうだけど、相手の攻撃範囲に入ったときの防御手段の一つでもあります。
相手の嫌がることをしたり弱点を攻めたりするのは、別に反則じゃないですよね。
自分の弱点を守る行為も反則ではないです。
もし内藤が手を出さずにただクリンチを何回も続けていたら注意を受けて減点されていたはずです。
手を出してからクリンチしているからほとんど注意を受けていないし、減点もされていません。
見ているほうは、面白くないかもしれないけれどボクシングや格闘技をやったことある人が見るとそんなに可笑しなことではないのです。

力の差があるときは、あまりやらないかもしれませんが反則行為は結構ありますよ。
反則ぎりぎりの行為と言ったほうが良いかな。
一歩間違えれば反則を取られ減点されます。
ばれないようにやるのもテクニックのうちです。
これは、格闘技全般に言えることなのです。
バレバレの反則行為しかできないのは、はっきり言って下手だから。
その一言で片付けてしまうのが正解。
ただし、反則行為が頻繁にあるからといっても、何度も執拗に繰り返したり相手の選手生命を奪うような反則行為をする選手は選手としての資格を失って当然と思います。

打ち合いって必ず必要ですかね?
ポイントで勝ってはダメなんですかね?
チャンピオンだからって必ず相手をKOできますか?
打ち合いが苦手な選手や打たれ弱い選手は打ち合いは避けるんじゃないでしょうか?
そういう選手がわざわざインファイトしますかね?
1Rいや、10秒でもインファイトするのが危険であればそれを避けるでしょうね。
アウトボクシングが得意な選手に12R全てインファイトしなさいって言うのは酷です。
内藤が打たれ弱いとか打ち合いが苦手とか言うのではなく、試合には戦略があり相手の得意なもの封じるのも一つの戦略ってことです。

内藤VS亀田戦では、亀田はガードを固めカウンターを常に狙っている状態。手は出しても逃げられる。ヒットしても追い込めない。
内藤は、自分の距離を保ちながらガードの上からでも手数を出す。
距離が取れれば後ろへ、距離が取れなければクリンチ。
これを12R徹底したが、有効打は殆ど無い。

ここで本題ですが、あの試合をもう一度思い出してください。
後半のラウンドまで内藤、亀田、両選手がしていた反則行為はいくつあったでしょうか?
結構あったと思うんですけどね(笑
下腹部、バッティング、背中側への攻撃、ラビットパンチ・・・。
しかし、普通のボクシングの試合と変わりないんです。
内藤が瞼の上から出血した原因は、亀田のパンチでしたか?亀田のバッティングでしたか?亀田は減点されましたか?
なんらかんら言われてますけど、あんなもん普通にあることだしあまり騒がれていないじゃないですか。
ところが、後半ですよね。
後半、倒れた亀田にパンチをだした内藤の反則行為、あれは彼のアピールですよね。こいつ反則多いぞって(笑
ついでに言うと後頭部もダメってことで(笑
前の方にも書きましたけど、執拗な反則行為ってダメなんですよ。
あと、選手生命を奪うような反則行為もダメなんですよ。
これは、守らなきゃね。
特に、選手生命を奪うような反則行為は絶対に許されない。
反則じゃなく選手生命を奪われたのなら仕方がないけれども、反則行為で奪うのはイカンですよ。
亀田が騒がれているのはコレ。
いくらやさしく投げようがダメなものはダメなんです。
受身失敗したらどうなるんですかね?
ボクシング選手がもし肩を脱臼したらどうなるかわかりますか?
肘や手首を傷めても一緒ですよ。
はっきり言いましょう。
選手生命にかかわるんです。
ボクサーの体は結構デリケートなんです。
例えばK-1ですけど、レバンナが拳を壊したとき代わりにキックやコンビネーションを鍛えました。
そうなんです、代わりの武器を身につけたんです。
結果的には怪我をする前のようには戻れませんでしたけど。
けど、ボクシングは拳だけ。
内藤の反則は、違うでしょ(笑
わかりますかね?この違いが。
内藤が批判されていないのは、それ。
根本的に亀田と立場が違うから。
内藤は、おもしろいボクシングをする選手じゃないかもしれないけれど批判される必要はないと思いますよ。

それと、男らしいって言うのは真正面から打ち合うことですかね?
ボクシングのリングに上がること自体とても男らしいと思うんですけどね。
  • 回答No.29

ベストアンサー率 29% (323/1078)

no28です。
1クリンチしてこようがサミングは反則です、そしてサミングは認められている戦術であり技術ですとありますが

書き間違えました
そしてサミングは認められている戦術であり技術ですではなくて
そしてクリンチは認められている戦術であり技術ですの間違えですが正しい解答です。
すいません。
  • 回答No.28

ベストアンサー率 29% (323/1078)

順番に沿って回答しますね。

まず質問者様が言っているゴキブリ発言やイジメてやる発言等の批判をマスコミが繰り返すとありますがこれはその事を批判しているのではなくこのマスコミの報道は分かりやすく言うと
1反則に対する報道の後に付いてくるもので=ゴキブリやイジメてやる発言を言っておいて勝てなかったとの批判であり勿論言いすぎたとしても堂々と戦って勝っていたら何の批判も受けなかったんです。
2そして亀一家が今まで勝っていたのは外国選手は買収できたからで本当は全王者のポンサクレックも買収したかったが内藤選手がチャンピオンになったために二団体二人とも日本人チャンピオンで坂田選手と内藤選手を比べた時に内藤選手の33歳との年齢と過去の試合を観ても勝てるとみたのでしょうがさすがに日本人選手は買収できませんし予想以上に内藤選手に手こずり負けたのが真相です。
亀一家は日本人選手とかたくなまでに対戦を拒んだのは日本人選手は買収できないから亀一家がマスコミに言っている引退までの不敗伝説が崩れるのがあったから対戦しなかったのです。

でも内藤選手クリンチを繰り返すそのようなつまらないボクシングを終始つづけるだけでした。
ボクシングルールに詳しいわけではないのではっきりとは言えませんが、あのようなクリンチの連続は反則なのではないのでしょうか?
1つまらないボクシングとありますが視聴者や客のために面白いボクシングをする義務はありません、内藤選手にも生活が懸かっています、負ければ家族が路頭に迷うし亀を倒して欲しい国民の期待が掛っていますし負けられません、勿論私的にはガンガン打ち合うボクシングは面白いですし質問者様も私と同じ意見でつまらないと思っているのでしょう?けど内藤選手のファイトスタイルですのでこればかりはしょうがないですね、ですが私はつまらないとは思いませんし内藤選手の技術的な戦いができていたので面白かったです、人それぞれの意見がありますからね2クリンチの連続は反則ではありませんよ、ボクシングのしっかりした技術ですよ、レフリーによってはクリンチの連続で消極的と見なされて注意や警告や減点をする人もいますけど。

サミングだって、内藤選手があれだけ執拗にクリンチしてこなければなかったことではないでしょうか?
1クリンチしてこようがサミングは反則です、そしてサミングは認められている戦術であり技術です、これについては質問者様は間違っていますよ亀をかばうような発言はしてはいけません。

何ラウンドだったか忘れましたが、亀田選手がヘッドロックをしたような場面がありましたよね。あれだって、写真で見ると亀田選手が自らやっているように見えますが、実際は内藤選手が自ら首を回してあのような形にもっていってますよね。
2これも今録画していたもので確認しましたが内藤選手がクリンチした歳に三発内藤選手の太ももにパンチを打っています勿論言わなくても分かると思いますが下半身の攻撃は反則です、これが痛くて耐えられなかった内藤選手が状態を反らした時に後ろを向いた時に腕を首に絡めてスリーパーを決めています、内藤選手は苦しそうな顔をしていました。

プロレスのように投げ飛ばした行為も、亀田選手は本気でやってるようには思えません。むしろ投げるときには優しくフォローというか、手加減しているのが分かりますよね。
3手加減の問題ではなくて投げ飛ばす行為そのものが反則なんです、質問者様は少し亀をかばう発言がが多いですがやっていけない事はやってはいけないんです、手加減等と言っていたら太もものパンチやバッティング(ヘッドバッド)だって手加減しているからやってもいいとなりますし手加減している事が許されるならレフリーに減点もされていません、もう一度言いますね明らかな反則なのでやってはいけない事はやってはいけないんです。

結局、内藤選手は最終ラウンドまでそのクリンチ行為をやめることはなかったし、亀田選手の怒りが爆発する気持ちも分かってしまうのですが、私の目がおかしいのでしょうか?
4おかしいですね、亀はどうせ負けるならと思っていたと思いますよ、だから親父に「このままだとお前の負けやぞ玉打ってまえ、亀兄の肘でもいいから目に入れろ(後で亀ボクシングスタイルの基本の言葉と明らかに無理のある釈明、なのに後日の記者会見では反則は指示していません、あとはそっちがどう捕らえようと勝手やけどと開き直りにも取れる回答でした証拠があるにも関わらず・・・)」と指示して何が何でも勝てと言っている風に聞こえますし、その技術の未熟さで内藤選手に怒りを爆発させて反則するのは間違っています、逆の事を言うとクリンチが嫌ならクリンチさせないだけの技術を身に付ければいいだけの話です、相手にクリンチさせない選手は沢山いますよ。
結局接近してお得意の左フック一発に賭けているからクリンチされるんです、当然の結果です。怒りを爆発させたいのは内藤選手だと思いますよ、堂々と試合をしているのに相手は反則の連続でそして内藤選手は我慢できずにクリンチのもつれ際に亀の後頭部をコツンと叩いたんです、勿論反則ですがむしろ亀をかばうのなら内藤選手のこの反則の方をかばうべきです、テレビでも言っていましたが確かに反則だけど自分の立場なら内藤選手と同じ事をやっていたと答えた芸能人や一般人が回答者全員でしたよ。

内藤選手の今回の試合は、男として卑怯な戦い方だったように思えるのですが、それを棚に上げて、さも自分が正義で亀田が悪のようにコメントしている姿を見ると、さらに卑怯者のように見えてしまいます。
1質問者様は亀ファンですよね?明らかに亀が悪なのにかばっていますよね・・・?
卑怯なのは反則を繰り返していた亀の方で内藤選手は堂々と戦っていましたがそれが分からないのですか?
自分が正義で亀田が悪のようにコメントそしてとありますが実際にはその通りですけど。

内藤選手が言うように本当に亀田選手が弱かったなら、堂々と再選を受ければいいだけのようにも思います。でも、会見ではそれは拒んでましたね。「反則しなければ、いつでもやってやる!」ということくらいの発言が何故できないのでしょうか。
1亀とはもうやる価値がないと思ったのでしょうね・・・当然の事だと思います。その証拠に亀二号の次は亀1号と絶対にやりたいと言っていましたからね、ですが亀1号も反則を指示するような人間ですから戦ったら何をするか分かりませんし普通の人間ならあそこまでされて戦おうと思うはずがあるわけないと思いますけど。

別に内藤選手がいくら発言したって、実際試合を組むのは協会の仕事ですよね。なぜ内藤選手はそのくらいの男らしさも見せられないのでしょう。本当はまともに試合をしたら負けてしまうと思っているのでしょうか。
2負けるとは思っていません、戦いたくない理由は上の1で言った通りの理由だからですよ。

正直、今回の試合は亀田選手がいるから観たわけで、内藤選手という名前だけでは私は観ませんでした。恐らく多くの視聴者がそうだったのではないのでしょうか。そのことを内藤選手はどう思っているのでしょうか。
1勿論ボクシングファンでない限り内藤選手の名前を知っている人はいません、前の試合もゴールデンタイムではなかったですし、対戦相手が亀だから視聴率が取れたし注目されたんですよ。その事を内藤選手はもはや知らない国民はテレビをまったく見ないとか新聞を見ないとかの人でない限り知らないほど有名になった訳ですから勿論かなりオイシイと思っているに決まっています、それは普通の人間なら誰でもそう思うし内藤選手は今まで苦労してきたし奥さんにも苦労かけたしやっと巡ってきた人生の上昇期ですから一個人としてみても良かったと素直に嬉しく思います。テレビでも皆同じ事を言っていましたよ。

亀田側が内藤側の嫌らしい戦術にうまくはまり、しかも12ラウンドであんな反則行為まで出たから、亀田側に批判が集中しているだけで、それをいいことに自分の非を隠そうとしている。
1質問者様は12ラウンドの行為を反則と言っていますが前の文章では投げた時に手加減しているからとか言っていますが言っている事が矛盾していますよ?
2内藤選手のどこに非があったのですか?回答していただきたいのですが?内藤選手の非とはクリンチの事ですよね?何回も言いますがクリンチは立派なボクシング技術ですよ。

正直、亀田選手の反則さえもなかったら、本当につまらないだけのボクシングだったと思います。内藤選手をたたえる意見も多いですが、もしもう一度亀田選手と対戦して、結局同じような勝ち方しかできないのなら、私はつまらないので観ないでしょう。
それは人それぞれの意見なので観たくなければ観ないのも自由ですね。
それは質問者様は間違っていませんよ。

私が言いたいのは、亀田側の擁護ではなく、内藤側の非が持ち上げられないことがおかしいというか、試合後も正義ぶっている姿が偽善にしか見えないからです。ボクシングを面白くするためには両者への叱責が必要なのではないかと思うだけです。
1質問者様の亀の擁護ではなくとありますが
完全に亀の擁護ですね・・・亀の擁護の何者でもありません・・・
内藤選手が試合後正義ぶっているとありますが決してそうではなくてメディアの質問に思っている事を言っているだけですしむしろ抑えているほうですよ、それにちゃんと亀を称えている大人のコメントもしていますよ
「亀田君は本当にいいボクサーでした、私的にはもっとパンチが簡単に当たるかと思ったんですがガードが非常に固くて凄かったです、だから反則はしないでちゃんと技術を磨けばまだまだ若いし素晴らしいボクサーになりますよ、まずは日本タイトルから奪取して順番を沿って上に上がってきて下さい、その時はもう一度試合をしましょう」とちゃんと後日試合をしましょうと言っていますよ、ちゃんとニュースの生出演でみたので確かに試合をすると言っていましたよ。

私の意見ですが私が内藤選手の立場ならなら
「ふざけんじゃねー何なんだあのガキは」位の事を言っていますよ内藤選手は大人だと思いましたけどちなみに私は内藤選手と同じ歳です私より内藤選手はよっぽど大人でしたね。

質問者様は亀擁護のような質問だったので自分の質問をもう一度よく読んで考え直した方がいいですよ、あと個人的な意見ですが反感意見が殆どなので早く質問を締め切った方がいいですよ、反感回答がどんどん増えると思いますから、ですが回答をくれた方々に一言「ありがとうございます」位は言ってから締め切って下さいね。

これからはボクシングの奥深いところまで考えて見て下さるとボクシングが面白くなると思いますよ。
  • 回答No.27

ベストアンサー率 15% (21/135)

 偽善とまでは思いませんが、内藤の反則は何も言われないのが
不思議ですね。
 反則をした、その支持を出したということも勝つことへの執着、
闘志の現われです。
 反則を反省しろというのもどうかと思いますよ。自分に嘘をつ
くことになるので。
 まぁボクシングを単なるスポーツととるなら反則でもよいのかもし
れませんね。柔道もスポーツ化してつまらなくなりましたけど。
 熱いボクシングを見せてくれた亀田にありがとうといいたいで
す。(内藤にもね)
補足コメント
blublue

お礼率 5% (2/36)

(1)
皆様、話が完全に「亀田VS内藤」「どちらが悪いか否か」になってしまったことをお詫びいたします。私の目的は、どちらか一方に偏った話題を修正したいと思ったからです。もし報道が亀田側を擁護して内藤選手のみをバッシングしていたら、逆に私は「亀田選手は本当にまともな試合をしたの?」「内藤選手にも同情の余地はあったのでは?」と発言していたことでしょう。

先日の亀田側の謝罪会見を見て、正直あれはないなと思いました。大毅選手は何もしゃべらず退出してしまいましたが、(落ち込んでいることが本当か演技かにかかわらず、)この謝罪会見は人としての強さや誠実さを見せるチャンスでもあったはずです。それができず、逆に無様な姿を見せてしまったことは一生の恥ですが、自業自得でしょう。この恥を世間にさらしてしまったことも、自分を成長させるチャンスだと思いますが、それは今後の本人次第ですね。父に関しては、一般の目から見たら酷すぎる謝罪でしたが、今まで粗暴に生きてきたと思われる彼にとっては、これが最大限のことだったかもしれません。そして、おそらくこれ以上の態度を求めるのは無理なのではないかとも思います。前にも述べましたが、やはり父に関しては今回の処分は甘かったと思います。兄も、事実は別として、せめて同席して、誤解を招いたことをお詫びすれば印象が違ったかと思います。私としては、亀田一家そろって醜態を見せたことは、処分以上の処分を自ら受けてしまったように思えるので、これでいいかなと思ってしまいました。
逆に、内藤選手は言い訳もせず、相手を責めもせず、再戦も受けるという姿勢を見せてくれたことは、とても清清しいし、これこそスポーツマンシップだと思いました。腹に押し殺していることは、ファンには伝わることでしょう。亀田側とは逆に、男を上げた場面であったと思います。

私が一番辛かったのは、ニュースキャスターがなんとか「亀田VS内藤」を再燃させようと躍起になって内藤選手にインタビューしていたことです。試合前の報道の仕方は既に問題視されているにもかかわらず、この期に及んで再び執拗にあおる姿勢には悪意を感じてなりません。徹底的にバッシングし、謝罪を促し、それが遅いとも批判したわけだから、自らもそれができなければいけないと思います。そしてこの件の報道をする時には、背景には自分たちのあおりがあり、そのことも責任の一端としてあることを付け加えるべきだと思います。一部のコメンテーターが発するのではなく、きちんと会社として、そしてキャスター個人としても謝罪するべきでしょう。未熟とはいえ、一応亀田側はそれをしたのだから。(でも、報道のあり方は正しいと思い込んでいるでしょうから、そんな謝罪はしないでしょうね。)
投稿日時:2007/10/18 11:09
お礼コメント
blublue

お礼率 5% (2/36)

(2)
試合に望むことは前に述べた通りです(未熟ですみません)が、私の思いの根底にあるのは、どちらか一方的になることは避けたいということです。(話が飛んで申し訳ありませんが、)9.11事件直後の私の意見はテロ撲滅に賛成でした。その大義による戦争も支持していました。でも、現実はテロリストは増えているようです。戦争はやめるべきか、でも対話に応じないのがテロリストだから他に何か良い手があるのか、今の私はわかりません。でも、少なくともそれに至った背景は考えようと思っています。同じ戦争という結果になったとしても、相手の立場を考えることは必要だと思います。
これから陪審員制度が始まります。ここで話したようなことが、会話の当事者だけでなく、誰かを罰することにつながります。全く罪のない弱者や子供たちが被害にあう事件はたくさんありますが、その感情が先走っては冤罪も増えることでしょう。私の言っていることは、被害者を見捨てるということではなく、常にもう片方の意見も聞かなければと思うだけです。それなしに集団の心理がどっと動いてしまうことに恐怖を感じるからです。

今回の件は、過激にあおったマスコミにも、悪いパフォーマンスや反則にはしった亀田側にも、少なからずそれにのっかった内藤選手にも目を向けると同時に、一視聴者の私自身も、面白おかしく期待するばかりで、こうゆう結末になることを予想もしていなかったことを反省しなければなりません。また、この私の意見さえも、絶対ではなく、偏見や間違いを含んでいる可能性があることをいつも考えていなければいけないことだとも思います。(私が、相手の批判も含め、なるべく反論しないようにしたのはその為です。)

ちなみに、私の意見で終わりにしてしまうと自己満足でズルイと思いますので、この先、意見がなくなったところで終わりにしようと思います。
これで私の意見は最後に致しますが、皆様たくさんのご意見どうもありがとうございました。
投稿日時:2007/10/18 11:14
36件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ