• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

リソスフェア-アセノスフェア境界と、地殻-マントル境界

さて、プレートテクトニクスで言う「プレート」とは、リソスフェアに 相当するもので、リソスフェアとアセノスフェアの境界は、 主に岩石の流動性の違いで区別されていることは良く分ります。 このとき、それらの境界はおよそ70~140kmだそうです。 一方、地殻-マントル境界は、その昔、地震波によって区別されたもので、 モホロビチッチによれば(?)、その境界はおよそ8~40kmぐらいだそうです。 さて、これらはそもそも区別する指標が違うので、お互いが相容れない というのは良く分りますが、そもそも地震波には、リソスフェアと アセノスフェアの境界のシグナルは出て来ないものなのでしょうか? 素朴な疑問です。どなたかご専門の方、教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数3698
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • TaRSu
  • ベストアンサー率66% (40/60)

結論から言いますと、シグナルはあります。いわゆる低速度層がそれです。 モホ面は、地表面付近で起きた地震波の伝わり方を、地表面での距離-時間(距離が基準)で比べた結果で発見されたものです。 地震波は地殻よりもマントル中の方が速度が大きい。したがって、ある距離よりも離れていると、単に地表面を伝わった地震波よりも、一旦地下に潜ってマントル中を進行した地震波の方が早く伝わります。 モホロビチッチはこの地震波の速度が不連続な変化をする面を、地震波の到達時間のグラフの奇妙な折れ曲がりから発見しました。 地震波の挙動を、地球レベルの広い範囲で調査し解析した結果、地中の地震波の進行速度が算出されました。これは深度の関数で、マントル中では基本的に深度が大きくなるにつれ速度も上がってゆきます。 ところが、海洋プレートの地下70~200km(この辺の値は文献によってまちまち)では地震波の速度が下がるエリアがあることが発見されました。これが低速度層です。 この低速度層よりも上はリソスフェアと呼び、低速度層じたいをアセノスフェアと呼びます。 大陸では、低速度層は海洋ほどはっきりとしていません。 リソ・スフェアのリソは「リトグラフ」のリトと同じで「岩石」とか言った意味を持ち、「岩石・圏」と訳します。つまり地震波を問題なく通す、岩石が硬い領域のことです。(スフェアはatmosphereなどと同じsphere) 対してアセノ・スフェアは「岩流・圏」と訳されます。元々、アセノスフェアは地震波の調査結果から流動性が高いと思われた領域に対して名付けられたのです。アセノスフェアも固体は固体なのですが、部分溶融しているために地震波は低速になると考えられています。部分溶融は、深度による温度と圧力の上昇のバランスによるものに加え、水分を含んだ岩石による成分変化も原因ではないかと考えられているようです。 大陸では水分はあまり供給されないので、深度による温度と圧力の変化により粘性が相対的に低くなるエリアが低速度層になります。 アセノスフェアとリソスフェアは地震波から発見されたもの、ということです。 乱文失礼いたしました。

参考URL:
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/chikyunokozo-02.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。なるほど、地震波の速度でやはり分けられるのですか。 良く分りました。大変丁寧な説明ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 人類の地球最深到達点

     その昔学校で習ったのは、ボーリングで地殻を貫いたことはない、ということだったのですが、今はどうなっているのでしょう。マントル上部までボーリングで到達したのでしょうか。またこのような研究がプレートテクトニクスの解明や地震予知にどの程度貢献すると考えられているのでしょうか。本を読む限りは地球内部の構造はかなり詳しくわかっていると感じるのですが。

  • 核実験による人工地震と地殻変動の地震の区別

    爆発物を爆発させて人工地震を起こすことができます。 このような人工地震と、地殻変動に起因する地震とは、 地震波の分析を通じて、区別することができるのでしょうか? 例えば、米国、ロシアなどが、 地下核実験をしたとき、 海中核実験をしたときなど、 人工地震が発生します。 日本で地震波を観測するだけで、 地下核実験又は海中核実験による地震か、 それとも地殻変動に起因する地震かを 区別できますか? ところで、米国とロシアは、2011年2月に核弾頭の数を削減することに合意しました。 核弾頭の数を削減する簡単な方法は、地下又は海中で爆発させることです。

  • 地球内部の物質の密度測定

    地球内部(地殻、マントル、コア)の物質の密度の測定について 地震波を用いた方法、通称PREMがありますが、 これ以外に行われている、あるいは将来の測定が検討されている方法を ご存知ありませんか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

No.1の方が非常に丁寧な回答をされているので完全に蛇足ですが、ひとこと。 地球の深さ方向の境界、とくにマントル中の境界を発見する手段は、地震波以外はほぼありません。 リソスフェアとアセノスフェアについても、地球熱力学から境界ができることは分かっても、その深さを具体的に決めるには地震波を観測する以外にないというのが現状のようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 地球内部は基本的にすべて地震波を使って調べる訳ですね。良く分りました。

関連するQ&A

  • 地球内部の構造について

    地殻、マントル(上部、下部)、核(外殻、内核)について、以下の情報を教えてください。 深さ、状態、体積比、質量比、密度、体積弾性率、剛性率、圧力、温度、構成物、地震波の伝播速度、伝播速度の変化パターン、境界の名称など・・・ 多いですがわかる範囲でもお願いします。

  • 波が加速するための条件を教えてください

    地学かと思ったのですが、物理の方が良いと思いこちらで質問 させていただきます。 地震波が地殻からマントルに進入すると速度が増すということですが、 速度が増すということは加速することだと思うのですがこれは 間違っていませんか? また加速するためには外部からなんらかのエネルギーを受けとる必要が あるのかと思いますが、この地震波は何エネルギーを受け取るのでしょうか? それともこの考え方自体おかしいのでしょうか? 自分の考えとしては震源にて発生した波がひたすら減衰するのではなく、 速度が変化することに違和感を覚えます。ちなみに地学は一通り 学び、知識は高校修了程度はあると思います。物理に関してはたぶん 中学生レベルも危ういです。よろしくお願いします。

  • 質問です

    ︎活断層はプレートとマントルの境界線に存在し、マントルの沈み込みにより活断層が動き地震を引き起こす。 ⚪︎カルスト地形は、花崗岩地帯が長年の雨水の侵食を受けて形成されたものである。中国山地や四国山地に多く見られ、水と土砂・岩石がいっしょになって斜面を高速で流下する地すべりを引き起こしやすい。 ⚪︎砂浜海岸は、砂や礫などか海岸に沿って堆積したものである。また、入り江があると、河口から流れ出した土砂が堆積し砂州と呼ばれる長い砂の堤を形成する場合があり、天橋立はこれに該当。 それぞれの間違えの訂正お願いします!

  • 地殻の厚さとマントルの密度について

    学校のレポートで「A地点の地殻の厚さは35kmで密度は2.7g/cm3、B地点の地殻の厚さは7kmで密度は3.1g/cm3。マントルの密度を3.4g/cm3とするとA地点とB地点の高度差は?」という問題をだされたのですが、さっぱりわかりません。教えてください・・!

  • 教科書に地殻とマントル上部からなる堅い層をリソスフェアという。」と書い

    教科書に地殻とマントル上部からなる堅い層をリソスフェアという。」と書いてありました。 地殻とマントルの上部を含めてプレートということでしょうか。 またそうなら、絵のどこがモホ面になるのでしょうか。 解説よろしくお願いします。

  • マントルが分化して大陸地殻が形成された証拠は、ある

    マントルが分化して大陸地殻が形成された証拠は、あるのでしょうか?

  • 地殻について

    大陸の上部地殻が花崗岩質、下部地殻が玄武岩質であると考えられているというのは講義げ聞いてわかったのですが、なぜそう考えられているのかがわかりません。 誰かわかる人いたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 地殻の厚さの求め方がわかりません。困ってます。

    次の問題を解いてほしいです。  標高0mの地殻の厚さを30kmとして、高さ6kmの山地での地殻の厚さを求めよ。ただしアイソスタシーが成り立っており、地殻の密度2.7g/cm3、マントルの密度3.3g/cm3とする。  

  • 地殻は何層になっていますか?

    地殻は何層かというのを習いましたが詳しくはやっていませんでした。 この頃良く科学番組内でタイプI型人類と聞いたのですがこのタイプの人類は地球内部に都市を建造する人類と聞きました。 そういう風な都市建造は、今から何年ほどでできますか? 詳しく教えてください。

  • マントル

    以前から不思議に思っていたのですが、地球の中心のマントルは何を燃料としているのでしょうか?何が燃えているのでしょうか?あの太陽でさえ無限の物ではないと言われていますが、、、