• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

あれは自費出版なんでしょうか?

よく自分のブログの事や日記・家族やペットの事等を 書いた本ってありますよね?(簡単なイラスト等載ったようなもの) そういう本っていうのは自費出版してるんでしょうか? それともどこかの出版社の方がなんらかの形でその作品を拝見し、 「本にしませんか」と、なんといいますか・・・その会社に委託? して本を作ってもらってるんでしょうか。 そういう作品を募集してるコンクール等あるんでしょうか? 小説なら各種コンクール等ありますので納得できるんですが。 自分もああいった作品を書きたいので参考までに是非教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数58
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • a375
  • ベストアンサー率30% (439/1421)

仰せのようにほとんど自費出版です。>そういう作品を募集してるコンクール等あるんでしょうか? あります。自費出版の営業目的で出版社で勝手に作ります。>それともどこかの出版社の方がなんらかの形でその作品を拝見し、 「本にしませんか」と、なんといいますか・・・その会社に委託? して本を作ってもらってるんでしょうか あることはありますが、まれです。一番は激しいのは俳句です。俳句はどうしても自分の句集は残しておきたいし、新人なら(角川俳句賞)は欲しいものですが、これは句集の形がどうしても必要になります。ほとんどは自費(買取)です。また出版社から「新人女流選集」に選ばれましたのでぜひ自費出版をと誘われます。これも原則買取ですが 一応一期20人 二期20人くらいと五期くらいに分けたりしてきちんとした全集で出ます。最低200万円くらいは要りそうです。私のところにもお誘いの手紙はよく来ますよ。               でも財布の中は空ですからいつも知らん顔ということにはなりますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すごく気になっていたのでとても勉強になりました。 俳句・・・複雑そうですね。いただいた意見を踏まえ 色々考えてみます。ありがとうございました!!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • yuura22
  • ベストアンサー率40% (42/104)

ここ数年、ブログ発の書籍が出版され、新聞広告で興味を引かれて手に取る機会が多くなりました。 ・がんばれ、生協の白石さん! ‥http://shiraishi.seesaa.net/ 農工大生協職員の白石さんと学生とのひとことカードのやりとりを現役学生がブログに取り上げたところ学外でも評判になり、講談社から(白石さんと農工大の皆さん共著の形で)05年に出版。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062131676/touchanhagann-22?dev-t=D31ZR0ROP0WVXQ&camp=2025&link_code=xm2 ・夫の寝言‥http://nekopanda.tea-nifty.com/negoto/ 06年から夫の寝言を採取し続けたブログが評判。今年6月にエンタープライズより出版。 http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%9D%E8%A8%80%E4%BA%AD%E4%B8%BB-%E3%81%AD%E3%81%93%E3%81%B1%E3%82%93%E3%81%A0/dp/4757736150/ref=sr_1_1/250-0632983-7184262?ie=UTF8&s=books&qid=1190947311&sr=1-1 その他、松本ぷりっつ氏(セミプロ?)による絵付きブログは育児ブログランキング一位になったり、腐女子彼女、タレントブログ、他多く出版されています。 アメーバブログからそのままアメブロ出版という例もありますが、 商業ベースにのりそうなブログは本にしませんかと打診されるのでしょう。 ただ素人のブログ本に共通しているのは、何回も読み返すというより面白そうだし評判だからと手に取る層が多いように感じます。 一般受けする面白さ、軽さが求められているのでしょうか。 ブログランキングが良いから本が売れるかというと、タレント本ではかのブログ女王の本が売れなかったりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくありがとうございます。 やはり出版するとなると、面白さ等必要みたいですね。 すごく参考になりました。ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 自費出版について

    今までこまごまとした日記やエッセイを本にしたいと思うのですが、 今は自費出版なるものが流行ってるそうですが、いったいどのようなものなのでしょうか? このような出版社も自費出版を受け付けているそうですが。。 MF出版 http://www.geocities.jp/magic_fox7/index.htm それと、自費出版で作った本は本屋さんにはおかず、自分でとっておくものですよね? 本屋に並ぶような本などを作る気はもともとございませんので。。。

  • 自費出版について困っています。

    自費出版に関して夫と意見の相違があり困っています。 夫は趣味で小説を書いているのですが知人に出版を勧められ大手自費出版会社に作品を持ち寄ったそうです。そこで出版会社の担当の方にベストセラー間違いなしと絶賛され現在乗り気になっています。 私も夫の作品が評価され嬉しいのですが出版会社から提示された金額が紙媒体ではなく電子書籍化のみで約150万円と高額で夫がセールストークにおだてられ所謂カモになってるのではないかと懸念しております。 現在、夫には決断を急がずよく情報収集し検討するように説得しているのですが周囲に出版すると意気揚々と吹聴してまわり完全にベストセラー作家のような立ち振る舞いになってしまって聞く耳を持ちません。加えて私には自費出版で利益が出るイメージがないためその点を指摘しても、自分は儲けるつもりはないが出版費用に関しては有名出版社から出すのだから印税で元が取れると豪語しています。 私には夫が出版社にいいようにおだてられているようにしか見えないですが費用は夫が自腹で出すため強くは止められません。しかし出版社の言葉とは裏腹に作品が全く売れず、ベストセラーの夢がぬか喜びに終わり落胆した夫の姿は見たくはありません。 長くなりましたが本題の質問です。 ・自費出版の営業はどんな作品でも褒めちぎるのか? ・電子書籍化のみで約150万円は妥当か ・素人の作品が自費出版からベストセラーになることはあるのか? ・印税で元が取れることがあるのか? 出版関係に詳しい方、ご教授願います。

  • 自費出版について

    私の祖母は、昔から趣味で色々と小説や詩などを書いていたそうです。 趣味の領域だったそうなので、出版社などに持っていくつもりもなく、若い頃のものを細々と書き溜めてい。 私も見せて貰ったことはありません。 その祖母がこの前、お葬式の生前予約をテレビで見ていた時に独り言のように、「どんな葬式でもいいから、私の書き溜めたものを一緒に持って逝きたいねぇ」と言っていました。 本人曰く、人様に見せられるようなものではないので、一冊でいいから本を作りたい、棺に一緒に入れて欲しいとのことです。 私は特におばあちゃんっ子であった為、出来るだけのことをしてあげたいのですが、自費出版で一冊だけというのは少々無理がありますよね? 自費出版のサイトを回ってみても高額は当然のようで、途方に暮れています。 カバーや質などにはまったく拘らないので、格安で少数の本を作ることはできますでしょうか?

  • 自費出版は儲かりますか?出版費用と利益が知りたい。

    こんにちは。 当方、短編小説やらエッセイを書いていて、いろいろな原稿をたくさん持っています。 どれか良い作品を選んで自費出版をしたいのですが、出版費用が気になります。 本屋さんに並べてほしいのでなるべく大手の出版社さんにお願いしたいのですが…… 料金を開示していない出版社が多くて、連絡をするのに二の足踏んでます(^^;) 自費出版は基本儲からないと知人に教えてもらいました。 お金はそこそこかけられるのですが、やはりどのくらいの利益率なのか知っておきたいと思います。 ググれ!と言われるのは苦手です; ご存知の方、優しい回答をお願いしますm(--)m

  • 自費出版の時の出版社の版権について

    出版社に手伝っていただき本を自費出版しました。非売品です。特に契約時に条件などの提示はありませんでした。全部自費で買い取りました。この本を点字訳したいという人がいます。著作者として私は無条件で許可しますが、この点字訳を点字訳の訳者が出版する時に、私の本の印刷製本をしてくれた出版社の許可が必要なのでしょうか?

  • 自費出版をしたいのですが…

    出版社に原稿を送っても、あまりもうからないかと思いますので、 自費出版を考えております。ものは教育テキストになります。 製本、在庫管理、ISB取得などは自分でできるのですが、書店やアマゾンへの流通 だけがどうしたらできるのかわかりません。 自費出版を請け負う業者も手数料を高くとられてもうからないかと思いますので、 なんとかそうでない方法もあれば教えてほしいです。 よろしくお願いいたします。

  • 自費出版について

    ある自費出版社が市場に流通させる自費出版の場合、印税を50%支払うとうたっています。そもそも自費出版とは、自分で出資負担した冊数の自費出版の本はすべてが著者の所有物なので印税は発生しないことをいうのではないのでしょうか?これは共同出版のことではないのでしょうか?それとも解釈の違いでしょうか?ご存知の方あればご教示よろしくお願い致します。

  • 自費出版(10冊以下)でおすすめなサイト

    自分で書いた小説を自費出版してみたいと、最近思っています。といっても、あまりたくさん作りすぎても売れるかどうか(まず売れません)わからないので、10冊以下(できれば1冊から注文できる)サイトを探しています。フォレストページでは1冊からの注文を承っているようなのですが、表紙が既存のものから選ぶしかないという点が少し残念で…できれば自分でデザインしたものを使いたいのです。値段はお手軽でいいんですけどね。 又、力試しとして、自分の書いた小説をどこかに応募してみたい気もするのですが、万が一採用されたとしても全く出版する気のない人間が応募するというのは、失礼に値しますか?どこの出版社とまでは決めていませんが、私の力量ではライトノベルでぎりぎりかと…。 それと、素人が応募した作品を読んで、プロの方が感想・評価をくれるようなサイト・出版社はありますでしょうか? 質問だらけになってしまいましたが、一つでもアドバイスをくださると嬉しいです。

  • 本を出版する方法について(自費出版も含みます)

    現在、自身の体験を元にした 資格試験向けの本を執筆中ですが、 その本を出版社に持ち込みたいと思っております。 自分自身も同種の本にお世話になってきましたので、 そのような本を多く出版している出版社は知っているのですが、直接その出版社に問い合わせればいいのでしょうか。 それとも、自費出版という道を選べばいいのでしょうか。 ご存知の方、アドバイスをいただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 自費出版社の行うコンテスト(長文)

    公募の本を久しぶりに見たときに自分の書きたいなと思うテーマでの応募があり、ひさしぶりに出してみました。 自費出版を主とするところの公募だったので、選外でも自費出版の案内とかくるかも・・・というのは頭にありました。 今回、結局選外でしたが、個人宛に作品の感想等が丁寧に書いてあり、共同出版という形で出しませんかという案内が入っていました。 その会社の対応にはうれしかったのですが、自分の中で、選外は選外だし・・・作品を認めてもらえなかったという時点で本を出すなんてとんでもないと思い、お断りしました。 昨日、その担当という方から、共同出版というのは選外者全員に送っているものではないし、会社に掛け合い特別制作費というもっと自己費用は少ない形で出資して本を出しませんかとの内容でした。 初めての対応にびっくりし、もし本当にその担当の方が自分の作品を気にってくれてるとしたら純粋にうれしい反面、こういう自費出版社へのコンテストは初めてだったので、選外者への対応というものは一般的にどういうものなのか・・・実際にコンテストに出された方、それで自費出版(共同出版)を経験された方、また出版関係者の方からお話が聞ければと思います。 長くなりましたが、よろしくお願いします。