• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

部分痩せの為の運動(脂肪燃焼について)

最近、ダイエットのために運動をするようにしています。 有酸素運動を長時間するのが効果的という事は理解しました。 脂肪燃焼の仕組みを調べていたのですが、運動することによって、血糖値が下がり、安定させるためにグルカゴンが分泌。 脂肪分解酵素リバーゼが体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解。 脂肪酸が血中に入り、遊離脂肪酸になる。 血液により筋肉に運ばれエネルギーとして消費 と、分かりました。でも、一旦血液中にはいるのだったら、部分痩せの為の運動って、その部分に筋肉がつくだけじゃないかと、思います。 なぜ、痩せたい部分を動かすと、その部分の脂肪が減るのか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数180
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

>そこの周辺の筋肉がつくだけですよね? だから筋肉がつくことは無いですって、、、、、 根本的に脂肪が減るときに筋肉がつくことは無いんですよ、、、 脂肪が減るときは筋肉も減るんです。 >あれって、なんでOOってパーツを指定できるのか不思議に思ったものですから・・・ うそだからです。 ただし内臓脂肪が多ければ腹から減らすことは可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ウソなんですね!理解しました。 ありがとうございます

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

部分痩せの運動というのは、引き締め効果の事を言ってるのではないでしょうか。部分的に脂肪を減らすことは出来ません。 もし、部分的に脂肪を燃焼できる記述があるなら誇大広告ですよね。 例えば、腹筋の筋力が弱いと胃が下がってしまい、そのため内臓全体が押し下がって下腹部がぽっこりとしてしまいますが、腹筋を鍛えることでその原因を解消できればウエストを細くすることは可能です。 しかし、腹筋してもお腹周りの脂肪は燃焼しませんし、どんどん鍛えていくと最終的には筋肉が太くなってウエストは太くなります。 他の体の部位についても同じ様な事が言えると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。理解しました~

  • 回答No.4
  • isoworld
  • ベストアンサー率32% (1383/4203)

 よく調べてくださいね。自分の都合の良い「部分痩せ」はできません。痩せたい部分の筋肉を運動しても、その部分の脂肪が優先的に減るわけではありません。体全体の脂肪が燃焼していきます(痩せやすい部分は人によってあるでしょうけれど)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

はい。私も部分やせはできないと思います。 ただ、ダイエットの本やサイトにOOをやせさせる運動っていうのが書いてありますよね。 あれがなぜ、パーツ指定できるのか不思議に思いました。

  • 回答No.3

もう1回よーく徘徊してしらべて見てください。 長時間の有酸素運動は筋肉を減らすことしかしないので、、、 筋肉が増えたらオカルトです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

はい。その辺は理解しております。説明が下手で申し訳ありません。 ダイエットのサイトや本を読むと、OOを細くする運動とかってありますよね? あれって、なんでOOってパーツを指定できるのか不思議に思ったものですから・・・

  • 回答No.2
noname#41713
noname#41713

>なぜ、痩せたい部分を動かすと、その部分の脂肪が減るのか教えてください。 部分痩せは基本的に無理ですよ。 痩せたい部分を動かしたからってそこだけ減るわけじゃないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね・・・ ウェスト周りのシェイプアップとか、そこの周辺の筋肉がつくだけですよね? ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • a-miya
  • ベストアンサー率35% (95/269)

部分痩せ(部分的な脂肪燃焼)は出来ませんよ。 血液は身体中を巡っているので、部分的に脂肪が減ることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ここ最近で調べていたのですが、やはり運動での部分痩せは無理ですよね。 でも、腹をへこませるために腹筋とか、っていうのは全体的に痩せ安い所から痩せて結果的に腹が凹んだだけなのですね。 っていう事は、筋肉量を増やすっていう意味では、足や背中の大きな筋肉をやった方が、結果的に腹を凹ますには効果的って事ですよね。

関連するQ&A

  • 脂肪燃焼の仕組みを正しく認識出来ている?

    重複してたらごめんなさい。 脂肪燃焼の仕組みを調べて自分なりに簡単に考えたんですが、 体温が上昇し血糖値が下がったので元に戻せと脳が補給部隊に指令を出す ↓ 補給部隊は食事などで血液中に取り込まれた炭水化物、糖で安定を図る ↓ 炭水化物、糖が見当たらない時に補給部隊が脂肪を脂肪酸に分解し血液に流れ出す ↓ この脂肪酸がエネルギー職人のいる筋肉に取り込まれ、脂肪酸とその他材料(酸素など)を使ってエネルギーを作り出す ↓ 水と二酸化炭素になる(脂肪燃焼) ↓ 血糖値が安定したので職人は仕事を止め、余った材料はまた脂肪となる これで間違っていないでしょうか? 間違っていないとしたら気になる点があります。 ・体温の上昇と酸素が脂肪燃焼のキーとなるから有酸素運動が有効であるとなっているならば、 お風呂に入りながらスポーツ等で使う酸素補給するガスみたいな奴を吸えば脂肪燃焼効果があるのではないか (芯まで暖まると言いますが、実は芯までは暖まらないから効果なし?) 上記の脂肪燃焼の仕組みとは関係ないですが… ・無酸素運動である筋トレをした後に有酸素運動であるジョギングや水泳などをすれば、逆の場合よりダイエット効果は高い? 複数の質問で答えにくいかもしれませんがよろしくお願いします。

  • 脂肪燃焼に関する疑問点(1)

    タイトルの件、いくつか疑問が生じています。 ◎前提 A.ウエイト・トレーニング → (10分程度のインターバル) → 有酸素運動 の流れで、ウエイトトレで血中遊離脂肪酸濃度を高め、効率の良い有酸素運動での消費を考えています。 B.筋肉を動かすときの運動エネルギー源は、アミノ酸、グルコース、そして、脂肪酸。このうち、アミノ酸が運動エネルギーとして使われる割合は常に15%程度。 残りの85%は脂肪酸とグルコース(糖)が競合して用いられ、  (1)トレーニング状態  (2)運動の強度や時間  (3)運動前・運動中に摂取する飲食物 等の影響を受けて、それぞれの割合が大きく変動する (疑問1)運動前・運動中に摂取する飲食物 運動の前後に糖質を摂ると脂肪燃焼が止まってしまう。ただし、例外として、果糖(フルクトース)は、脂肪燃焼を止める作用が著しく小さい。だから、ウエイトトレから有酸素へのインターバルでは果糖(フルクトース)を摂取しなければ、却って有酸素運動の脂肪燃焼効率が下がる結果になりかねない。果糖(フルクトース)はネットで1200円/kg程度で販売しているようだ。 ウエイト・トレーニング → (10分程度のインターバル) → 有酸素運動という流れの中で、筋肉を維持し、効率よく脂肪燃焼を行うためには、それぞれの運動中になすべき水分と栄養の補給は? また、やってはならない補給は? 例えば、ジョグ中のアミノバイタルなどを飲むことは脂肪燃焼を妨げるか? (疑問2) 安静時に消費されるエネルギーは、凡そ糖質:脂質=1:1か? 最大心拍数の60~75%程度の有酸素運動が最も効率よく脂肪燃焼をする。それを超えると糖質に依存する割合が増える。 ウエイトトレではほぼ100%糖質。 最も効率よく脂肪燃焼をした場合、エネルギーの何%くらいまで期待可能か?そういった研究データはありますか? 言い換えれば、ランとジョグの消費エネルギーが拮抗するのは、凡そ7.5km/hというデータがあるようですが、ここからファットバーンゾーンの最大心拍数×60~75%までの、脂質と糖質の消費割合を示すような数式またはグラフなどはありますか? 質問項目が多いので、とりあえず2つ。 仕事の合間で文章を推敲せず、ぶっきらぼうでごめんなさい。m(__)m

  • 脂肪燃焼?

    カテが異なるのかもしれませんが・・・? ウォーキング等で20分以上運動すると脂肪燃焼すると言われてますが、この理論的な根拠を示す論文あるいは実験データはあるのでしょうか・・・? ◎http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruyusanso/aerobics2.htm (脂肪燃焼に必要な時間は?) 例えばここで「血中の遊離脂肪酸量」を見てますが、このようなデータを取って論文化したものはあるのでしょうか? 「スポーツ科学」「運動生理学(?)」の分野の教科書には記載があるのでしょうが・・・? ご教示ください。

  • 脂肪燃焼のために,糖分は有用?邪魔?

    腹回りのダイエットのため,新年から早朝ジョギングを始めた45歳男性です. 体脂肪燃焼に関して,(素人からみると)矛盾する2つの見解を目にしました. 1つは「糖分がないと脂肪燃焼は起こらない」というもの.2つ目は「血糖値が上がっているときはインスリンの働きで脂肪分解は起き難い」とするものです. どちらを信じたらよいのでしょう?(私が誤解しているだけで両者とも正しいのでしょうか?)専門的知識をお持ちの方がいらっしゃいましたら,どうか御回答お願いします.

  • 脂肪燃焼・筋トレについて

    筋トレ・脂肪燃焼について・・・ 僕は脂肪が多く筋肉が少ないため、この脂肪を落として筋肉をつけたいと思っています。そこで質問させていただきます。 ・脂肪燃焼にはどういうトレーニングがいいのか (時間・時間帯) ・筋トレにはどういうトレーニングがいいのか (時間・時間帯) ・朝運動する時は何をいつ食べたらいいのか・なにをしたらいいのか ・プロテインをのむとしたらどういったときにのんだらいいのか どんなハードなトレでもいいです!! 長くなりましたが、おこたえください。

  • 脂肪燃焼の効果について

    脂肪燃焼の効果について 正しい有酸素運動のやり方として、次の二点が推奨されています。 (1)朝食後より朝食前の有酸素運動が脂肪燃焼を高める (2)筋トレで成長ホルモンの分泌を促し、脂肪分解酵素であるリパーゼの量を増やし、その後で有酸素運動をすると、脂肪がより効率的に燃える。 いずれも生理学的には正しいことなのでしょう。 特に前者(1)は川崎医療福祉大学による実験でも明らかになっています。RQ値(呼吸商)も示されています。 しかし、このようなことを実践することにより、体脂肪率と体重の減少に、どういった条件下で、どれ位の期間で、どのような数字となって、より良い効果が出たかについての検証には一切触れられていません。 もちろん個人差があるでしょうし、過剰な糖質・タンパク質の脂肪への変換能力などの要因も絡むでしょうから、そのようなことを考慮しないで、ラフな数字で良いので教えて頂けませんか? 私はダイエット→シェイプアップを経て、現在はバルクアップの段階にあり、「増量期」と「減量期」に分け、筋トレと有酸素運動の比率をその都度変えながらエクササイズしていますが、冒頭のようなやり方による顕著な効果は、残念ながらこれまで体験していません。インターネットGoogleで「ダイエット」を検索してみると、検索結果の件数は、何と1億件近くあるので、びっくりしました。蓋し多くの人達の関心事だからなのでしょう。それだけにセンセーショナルな情報が誇大化され、一人歩きしているケースが多いのではないかとも思っています。

  • お腹の脂肪燃焼について

    高校2年でバスケ部に入っています。 僕はお腹の脂肪にいつも悩んでいます。 腹筋はできなくなるまでやって、背筋はキツイなぁと思うぐらいにやってます。 大体3セットぐらいしてます。 なるべく腹筋が割れるようにいろんな体幹トレーニングをしています。 トレーニングは2日に一回のペースです。 ですが、何日何ヶ月と経ってもなかなか割れないです。 僕は水分の摂り過ぎか脂肪のせいで隠れているのでは?と考えました。 水分はこれから撮り過ぎないように制限をするつもりなのですが、脂肪燃焼に悩んでいます。 少し調べたのですが、有酸素運動がイイと分かりました。 朝の有酸素運動や、有酸素運動のあとに腹筋をすると効果があるとわかったのですが、気になる点を見つけました。 朝の有酸素運動は脂肪がエネルギーとなって燃焼してくれると分かったのですが、栄養士の講演会でお腹を空かした状態で運動をすると筋肉がエネルギーとなって筋肉量が減ると言っていました。 朝の有酸素運動はどっちがエネルギーとなるのでしょうか? あと、筋肉量が減らない、かつ脂肪燃焼できるトレーニングを教えて欲しいです! 長文になって申し訳ないですが、よろしくお願いします。

  • 脂肪燃焼の事なのですが。

    いつも、このサイトで様々な意見を参考にさせて頂いております。 私はこのサイトを知る以前に自分なりに色々と調べながら、減量をしました。今現在は、ほぼ目標体重(体脂肪)に到達しつつあります。 半年掛かりました。 しかし、誠にお恥ずかしい話なのですが、調べたと言っても(調べたというのもおこがましいのですが)まともな書籍や論文には、殆ど直接触れたことがなく、今から考えれば、極めて曖昧な要素の強いネット上の情報に随分と頼っての事でした。 また、様々な情報が飛び交っている中、体系だててきっちりと理解する事が未だに出来ないでおります。 1、脂肪(貯金)を減らすには、大前提として消費カロリーよりも摂取  カロリーを少なくする。また、筋肉はその逆で摂取カロリーが多く  なければ、肥大しない。 2、3大栄養素である、炭水化物、蛋白質、脂質をバランスよく摂る事  が肝要であり、炭水化物を抜いたり、脂質を極端に減らすと、寧ろ  脂肪燃焼効率は、悪くなる。 3、運動によるカロリー消費は実はあまり大した事は無い。 4、筋肉量はそれほど基礎代謝に影響しない。つまり、筋肉量が多少増  えたり減ったりしたところで、日常の生活強度での消費カロリーは  さほど変わらない。 5、筋肉トレーニングを適切な強度で行なうと、脂肪が燃焼しやすい状  態になる。 6、脂肪燃焼は、有酸素運動をした時のみではなく、常に起こっている  現象である。 これらが正しい場合、脂肪燃焼効果を期待して、もしくは狙って筋肥大トレーニングを行なう目的は、重度のトレーニングによるカロリー消費の増大という認識で宜しいのでしょうか? 不躾な質問ではございますが、何卒よろしくお願いします。 また、上記項目の中における、間違いや補足、またお奨めの書籍等ございましたら、ご教授頂けると非常にありがたいです。

  • 運動すると血糖値が下がる原理を教えてください。

    質問(1)運動などで血糖値が下がるとグルカゴンが分泌され血中へのグルコース供給量が増し血糖値を維持しているのは分かります。ではなぜ運動すると血糖値が下がるのでしょうか 質問(2)摂取したグルコースはどこに蓄えられますか? 『主に肝臓』という答え方で良いですか? よろしくお願い致します

  • ウエストの脂肪燃焼 効果的な運動

    ウエストを細くする為の効果的な運動は無いでしょうか? 規則正しい食事を取り、かつ運動。 その運動でウエストの部分の脂肪燃焼に効果的な運動は ありませんか? 宜しくお願いします