• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

三相交流について

三相交流についていくつか教えて下さい! (1)三相交流はどのような装置で、どうやって発生させるのでしょうか? (2)120度ずれた交流が三つ発生する事はわかるのですが、それらは  別々の線を通って来るのでしょうか?また、ベクトル的な考え方が  今一分かりません。。 (3)ずれている交流をどのようにして利用するのでしょうか? かなり初歩的な質問ですみません。。。一つでも結構ですので 教えてください。よろしくおねがいします。

noname#68617
noname#68617

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数367
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

これからその分野の授業が始まる(始めた)ところで、先に知りたいというところなんでしょうか? 単に授業に出るよりも、そう言う疑問を抱えつつで望めば身が入るというものですね。がんばってください。 (1)それ専用の発電機で発生させます。別々に発生させて組み合わせるのではなく、三相交流を一つの発電機で発生させます。 (2)Δ結線は3本組、Y結線は4本(3本組+共通線)で伝送します。「別々の線」と言うのではなく、「組み合わせ一組」で使用します。 Δ結線では3本組みの線間3通り、Y結線では3線それぞれと共通線との間、それが120度の差を持っています=線間電圧。3本それぞれの線に流れる電流も同じ=線電流。 「ベクトル的」とは、その位相ずれ120度を3本線の2次元図で表したものです。相電圧、線間電圧、相電流、線間電流などの関係は、この「ベクトル的」考え方が重要です。 (3)ずれている交流それぞれを利用するのではなく、基本的には組で使用します。単相100Vに変換するのも3相の一つの相を利用するのではありません。各相の負荷バランスが重要で、これが可能な場合はこれに限りませんが。 いずれもこれからお勉強することになると思います。 上記の(1)~(3)が正しいか、間違いがあるか、例外もあるか、などが少しずつでも解決されるよう、がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

学生ですか 電動機・発電機・交流理論の教科書等をお読みください 高圧送電線・配電線を じっくりご覧になってください 電線が何本ありますか (2)が判っていれば、(1)、(3)も判るはずです 判っているのではなく、ただなんとなく そうなのか と思っている程度です 単相交流について理論的にどの程度理解されていますか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 三相交流について

    三相電力についてですが、 線間電圧V、線電流Iとすると、三相電力はP=√3・V・I・cosφで表されます。 一方、単相電力は、電圧V、電流Iとすると p=VIcosφ となり、 三相交流は、単相交流の√3倍の電力を供給することができるという説明があります。 ここで、単相交流のVとIについては、これは相電圧や線間電圧という仕分けはありませんので、常に電力の表し方は変わらないと思いますが、 三相交流の場合、相電圧と線間電圧の関係や相電流と線電流の関係から、同じ式になるとは限りません。 そこで、三相交流と三相交流の電力を比べる場合、線電流と線間電圧でくられるのはなぜでしょうか。(実際に測定できるのが選管電圧と相電流だから・・・ということだけでりょうか。) 相電圧と相電流で比べると、3倍の違いがあるのですが・・・・

  • 三相交流√3の意味

    素人ではずかしい質問ですが、三相交流で必ず関わる√3の意味が今一理解できません。過去の同質問例を幾つか確認しましたが、ベクトルの合成と言われる方、又は合成でなく、電位差(底辺長さ?)と言われる方など・・単純に120度、30度三角形の底辺と考えれば良いのでしょうか?相電圧×2=線間電圧にならない訳も良くわかりません。 こんな素人にどなたかわかり易く解説お願い致します。

  • V結線で三相交流を供給できる理由について

    三相交流は位相が120度ずれた3つのベクトルで表されますが、そのうちの一相が欠落しV結線となっても、欠落前と同様に三相交流を供給できる理由がわかりません。 一相が欠落するということは、3本のベクトルのうち1本がなくなるということだと思います。またV結線では欠落した相の負荷に、残っている2つの電源が直列に繋がることで電力を供給しているようにも見えます。そこで120度開いた2本のベクトルの和を考えると、60度の方向に伸びた同じ大きさのベクトルができます。手元の参考書ではこのベクトルをマイナスにし、ちょうど欠落したベクトルと重なるため三相交流を供給できると説明されているのですが、ここが何度読んでも理解できません。 なぜ2つの電源の和をマイナス(240度方向)として考えることができるのでしょうか。 三相交流について勉強を始めてまだ日も浅く、Δ結線の電流の流れもいまいちよくわかっていない状態ですので、ご回答頂くのに必要であればその辺りも補足して教えて頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

  • 三相交流回路について

    第2種電気工事士初学者です。 今年受験しようと勉強をしております。 その中で、三相交流回路について意味が理解できずおしえていただけますでしょうか。 テキストには三相交流は単独の単相正弦波交流を三つで各相の位相差が120度を組み合わせたもの であるとだけ説明されておりました。(すでにこの時点で説明の意味がわかりません) ここからが質問となるのですが、 (1)三相交流回路図はなにやら三角型(デルタ)や、星型(スター)になっておりますが  回路図ではなく実写もこのようにデルタ型やスター型になっているのでしょうか? (2)なぜ三角や星型の相の部分に抵抗やコイルがあるのでしょうか?  この抵抗は電灯器具、もしくは業務用エアコンのようなイメージでよろしいでしょうか。 (3)三相交流回路というからには、このような配線が一般住宅やビルの天井裏に配線されているのでしょうか。実際には、このような配線はどこに施設されているのでしょうか。 (4)電柱の一番上部は高圧で6600Vで送電されており、これは三相交流回路なのでしょうか? 無知がゆえに大変稚拙で、その上質問の意味がわかりずらいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

  • 三相交流について

    三相交流について質問です。 S相が接地されていると書いてある本を読みました。 私の頭の中では、三相とは120度ずつ位相のずれた電圧波形がかならず3本存在しています 接地すると常に電圧は0V(対地電圧)に等しくなると思うのですが その場合 三相ではなく二相(120度位相のずれた)ではないのでしょうか? 合わせてもうひとつ質問ですが スター結線の場合 中性点が存在しているのはなんとなく理解できましたが デルタ結線の場合 中性点は存在するのですか? ご解説の程、よろしくお願いいたします。

  • 三相交流

    なんで、電力供給システムに交流方式が用いられているんですか?直流だとどうしてダメなんですか? 交流電源一つの時と比べて三相交流方式の利点ってなんですか?

  • 三相交流のV結線がわかりません

    V結線について勉強しているのですが、なぜ三相交流を供給できるのか理解できません。位相が2π/3ずれた2つの交流電源から流れる電流をベクトルを用いて計算してもアンバランスな結果になりました。何か大事な前提を見落としているような気がします。 一般にV結線と言うときには、発電所など大元の電源から三相交流が供給されていることが前提になっているのでしょうか? それとも、インバータやコンバータ等を駆使して位相が3π/2ずれた交流電源2つを用意したら、三相交流を供給可能なのでしょうか?

  • 三相交流について

    三相交流について疑問があってしかたがないので、みなさまのお知恵を貸していただけたらうれしく思います。 三相交流はRSTがそれぞれ120°づつずれて波形を描いていますよね?またR-S、S-T、T-Rはそれぞれ200Vの電圧がかかっていますよね? ここでS相は中性相ということで0Vという認識でYろしいのでしょうか?そうゆうことであれば、R-SとS-Tであるというのはなんとなくわかります。しかしかりにそうであった場合R-Tに200Vが発生するのがいまいちなっとくできません。またモーターの場合三相の合力で磁界の向きがかわるということでした。しかしここで仮に単相としてR-Tを使った場合波形を見てみると片方がプラスで片方がマイナスで200Vがかかるということがないように見えるのですが・・・。 なんだかチンプンカンプンです。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 三線の三相交流配線から二線と使うと・・・

    三相交流の基本かと思いますが・・・ 先ほど三相誘導電動機の一次巻線の1相が断線した場合について質問させていただいたのですが・・・ 対象三相交流では、各相の電圧(電流)の位相がそれぞれ120度つづずれて流れています。つまりその三線を電動機に接続すれば、三線にもかかわらず、うまく120度づつずれた電圧(電流)が中を流れる事になります。 しかし、1相断線して三線から2線だけを使った場合・・・単相になるのでしょうか?というのは、各相は120度位相がずれているので単純に単相にならないと考えています。 ただ、単相にならないとすると、そうなってしまうのか想像できないのですが・・・結局は残りの2相の電圧(電流)のベクトルの合成が流れていることになるのでしょうか。となれば、各相を流れる電圧(電流)には引き続き位相差はあるのでしょうか。

  • 三相交流のY結線Δ結線の√3について

    三相交流の Y結線  線間電圧 = √3 X 相電圧 Δ結線  線電流 = √3 X 相電流 この √3 は、どこからどうやって導き出すのでしょうか? よろしくお願い致します。