• 締切済み
  • 困ってます

三線の三相交流配線から二線と使うと・・・

三相交流の基本かと思いますが・・・ 先ほど三相誘導電動機の一次巻線の1相が断線した場合について質問させていただいたのですが・・・ 対象三相交流では、各相の電圧(電流)の位相がそれぞれ120度つづずれて流れています。つまりその三線を電動機に接続すれば、三線にもかかわらず、うまく120度づつずれた電圧(電流)が中を流れる事になります。 しかし、1相断線して三線から2線だけを使った場合・・・単相になるのでしょうか?というのは、各相は120度位相がずれているので単純に単相にならないと考えています。 ただ、単相にならないとすると、そうなってしまうのか想像できないのですが・・・結局は残りの2相の電圧(電流)のベクトルの合成が流れていることになるのでしょうか。となれば、各相を流れる電圧(電流)には引き続き位相差はあるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1419
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3

失礼ながら、貴殿は等価回路ということの意味を理解されていないようです。現実の回路や物に捉われすぎです。元々電気の理論なんていうのは、かなりいい加減なもので、いろんな概念を導入して、辻褄を合わせて出来たものですから、想像力が働かないと理解しづらいものです。下手な説明を幾ら続けても旨く伝わらないと思うので、これで終わらせて頂きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

申し訳ございませんでした。

  • 回答No.2

NO1です。3相から2相を取り出して単相と見たとき、巻線は等価的に1巻線と見なければなりません。中性点は架空の等価巻線の中央で、現実の巻線上には存在しません。よって、ΔとかYとかは関係ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。 1巻線と見なければいけないとのことですが、なせをどのように理解すればよいでしょうか。 三相の電気は、図では120度づつずれたsinカーブで表現されます。 これで1相断線すると、単相になる。????なぜ3相になっていたのに、どういう変化がおこったのか? また、Y、Δは関係ないとのことですが、 Yで1相なくなれば1つの回路になるように見えますが、Δであれば1相なくなっても給電側は3線とも生きているのではないでしょうか。

  • 回答No.1

3相交流の各相電圧が120度づつずれているという表現で何となく分かったつもりになるものですが、ではそれは何処から見たものか、と聞かれるとどうでしょうか。答は、中性点から見たときに3相の電圧ベクトルの位相差が120度となります。もし中性点以外の点を基準に3つの電圧ベクトルを見ると違った位相になります。 3相のうち2相を取り出したときの位相を論じる時も同じように、2つの電圧の中性点即ち2点を結ぶ直線の中間点を基準にして見なければなりません。ここから見ると2相の位相差は180度です。貴方は2相の位相差を見るのに元の3相の中性点から見て誤解しているのです。使っていない相のことはもう忘れていいのです。 以上のように定性的に考えて理解をした上で、計算式でも確かめるといいと思います。計算式とは、周波数が同じで位相の違う2つの正弦波の差(電位差)を求めることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 前半についてはわかったのですが後半について、 2相になった場合、使っていない相については考えないとのことですが、その場合中性点とはどこになるのでしょうか。 また、Δ結線の場合は中性点はないのではないでしょうか。 なかなか質問の意図が伝わらなくて申し訳ございません。

関連するQ&A

  • 単相交流と三相交流の比較について

    交流には一般的に単相交流と三相交流が利用されていると思いますが、 それぞれどのような利点があるのでしょうか。 とある参考書には、発電機や電動機が小さくできるとあったのですが、なぜ三相交流の方が小さくできるのでしょうか?

  • 三相交流でR,S,Tの三線が120°位相がズレて電気が流れていて疑問に

    三相交流でR,S,Tの三線が120°位相がズレて電気が流れていて疑問に思ったのですが、中性線(R,S,TならばS相)は接地されていますが、接地されているのにも関わらず電気が流れたのならば地絡電流にはならないのでしょうか? 考え方が違うのでしょうか? 回答のほうよろしくお願いします。

  • 三相交流について

    三相電力についてですが、 線間電圧V、線電流Iとすると、三相電力はP=√3・V・I・cosφで表されます。 一方、単相電力は、電圧V、電流Iとすると p=VIcosφ となり、 三相交流は、単相交流の√3倍の電力を供給することができるという説明があります。 ここで、単相交流のVとIについては、これは相電圧や線間電圧という仕分けはありませんので、常に電力の表し方は変わらないと思いますが、 三相交流の場合、相電圧と線間電圧の関係や相電流と線電流の関係から、同じ式になるとは限りません。 そこで、三相交流と三相交流の電力を比べる場合、線電流と線間電圧でくられるのはなぜでしょうか。(実際に測定できるのが選管電圧と相電流だから・・・ということだけでりょうか。) 相電圧と相電流で比べると、3倍の違いがあるのですが・・・・

  • 三相交流について

    三相交流について質問です。 S相が接地されていると書いてある本を読みました。 私の頭の中では、三相とは120度ずつ位相のずれた電圧波形がかならず3本存在しています 接地すると常に電圧は0V(対地電圧)に等しくなると思うのですが その場合 三相ではなく二相(120度位相のずれた)ではないのでしょうか? 合わせてもうひとつ質問ですが スター結線の場合 中性点が存在しているのはなんとなく理解できましたが デルタ結線の場合 中性点は存在するのですか? ご解説の程、よろしくお願いいたします。

  • 三相誘導電動機で欠相した場合の電流値

    三相誘導電動機で欠相した場合の電流値 三相三線デルタ結線の電動機で、U、V、W各線にXアンペア流れているとき、Vが断線したとします。 このとき、単相運転になってしまいますが、U、Wに流れる電流値は何アンペアになりますが? (三相のときの何倍になりますか?)

  • 三相交流回路について

    第2種電気工事士初学者です。 今年受験しようと勉強をしております。 その中で、三相交流回路について意味が理解できずおしえていただけますでしょうか。 テキストには三相交流は単独の単相正弦波交流を三つで各相の位相差が120度を組み合わせたもの であるとだけ説明されておりました。(すでにこの時点で説明の意味がわかりません) ここからが質問となるのですが、 (1)三相交流回路図はなにやら三角型(デルタ)や、星型(スター)になっておりますが  回路図ではなく実写もこのようにデルタ型やスター型になっているのでしょうか? (2)なぜ三角や星型の相の部分に抵抗やコイルがあるのでしょうか?  この抵抗は電灯器具、もしくは業務用エアコンのようなイメージでよろしいでしょうか。 (3)三相交流回路というからには、このような配線が一般住宅やビルの天井裏に配線されているのでしょうか。実際には、このような配線はどこに施設されているのでしょうか。 (4)電柱の一番上部は高圧で6600Vで送電されており、これは三相交流回路なのでしょうか? 無知がゆえに大変稚拙で、その上質問の意味がわかりずらいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

  • 三相交流の問題について

    単相では力率85パーセントという負荷を3個使って三相負荷を作り三相電源に接続した。 線間電圧100V、線電流10Aだった。 この時の電力及び線間電圧と線電流の位相差を求めたいのですがどのように求めればいいのでしょうか。 単純に電力はP=√(3)×100×10×COS85°でいいのでしょうか。 位相差は求め方がわかりません。よろしくお願いします

  • 三相交流について

    三相交流について疑問があってしかたがないので、みなさまのお知恵を貸していただけたらうれしく思います。 三相交流はRSTがそれぞれ120°づつずれて波形を描いていますよね?またR-S、S-T、T-Rはそれぞれ200Vの電圧がかかっていますよね? ここでS相は中性相ということで0Vという認識でYろしいのでしょうか?そうゆうことであれば、R-SとS-Tであるというのはなんとなくわかります。しかしかりにそうであった場合R-Tに200Vが発生するのがいまいちなっとくできません。またモーターの場合三相の合力で磁界の向きがかわるということでした。しかしここで仮に単相としてR-Tを使った場合波形を見てみると片方がプラスで片方がマイナスで200Vがかかるということがないように見えるのですが・・・。 なんだかチンプンカンプンです。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 実効電圧Vの三相交流と言った場合、どこの電圧?

    恥ずかしながら、基本的なことをお聞きします。 実効電圧Vの三相交流と言った場合、 この電圧はどこの電圧なのでしょうか? 相間ですか?中性点に対してですか? あるいは、 定格電圧Vの三相誘導電動機と言った場合、 この電圧はどこの電圧なのでしょうか? 電源端子間ですか? グランドに対してですか? 二電工試験では、設問で電圧を指定する場合、 たいてい図で電圧がどの部分なのか示してありますが、 昨年の二電工上期試験の4番で、 単に、「定格電圧V、定格電流Iの三相誘導電動機」という表現の出題がありました。 調べましたけど、結構調べにくかったですね。 定義の問題ですから、どっちでもいいとは思うんですが、 こういう問題は知っていないと間違えてしまいます。 将来的には、我が家の配線工事でもしようと思っており、 三相の工事をするつもりはありませんので知っている必要はないんですけど。 試験に受かる為と、恥をかかない為に必要になりました。

  • 三相交流のV結線がわかりません

    V結線について勉強しているのですが、なぜ三相交流を供給できるのか理解できません。位相が2π/3ずれた2つの交流電源から流れる電流をベクトルを用いて計算してもアンバランスな結果になりました。何か大事な前提を見落としているような気がします。 一般にV結線と言うときには、発電所など大元の電源から三相交流が供給されていることが前提になっているのでしょうか? それとも、インバータやコンバータ等を駆使して位相が3π/2ずれた交流電源2つを用意したら、三相交流を供給可能なのでしょうか?