-PR-
解決
済み

青酸ガスの匂い

  • 暇なときにでも
  • 質問No.32038
  • 閲覧数3072
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 85% (58/68)

青酸ガス(HCN)はアーモンドのような匂いといいますが、これって確か吸い込んだら即死ですよね。
どうやって匂いがわっかたのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 35% (7/20)

レスへの回答で『サリン』の匂いの有無です。
たぶん測定で観測された(クロマトグラフィー等)を元に、
文献では「無味・無臭」と書かれているはずです。
匂いや味の定義は「人体で認知できるYES・NO」
で定義されていると思います。

ちなみに、現実問題になりますと匂いがある場合もあります。
それは副生成物等の不純物及び分解成分の為です。
また、製造段階の溶媒等で匂いが付くケースもありえます。

これらの(毒劇物)物質の匂い等は、
通常の方法では確認が困難ですからネ(^^;)
お礼コメント
tookun

お礼率 85% (58/68)

やはり測定結果でしたか。舐めた人はいないんですね。
あーよかった。o(^o^)o

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-24 19:32:15
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 22% (214/970)

即死ではないと思いますよ。致死量があると思います。 生還したひとから聞いたのだはないですか。 またはクロマトグラフという測定器をつかったのでは。 測定の結果、アーモンドに近い結果がえられたとか。 ...続きを読む
即死ではないと思いますよ。致死量があると思います。
生還したひとから聞いたのだはないですか。
またはクロマトグラフという測定器をつかったのでは。
測定の結果、アーモンドに近い結果がえられたとか。
お礼コメント
tookun

お礼率 85% (58/68)

即レスありがとうございます。
なるほど。即死はしないんですね。安心しました。
投稿日時 - 2001-01-24 17:46:29
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 35% (7/20)

確かに、青酸ガスは猛毒ですので致死量を吸引すれば死亡します。 ただし、極々微量の場合は体内で分解され最終的には体外排出or無毒化します。 だからと言って実験室の試薬で試してはダメですよ(^^; 人間の体で「鼻」と云う器官はその他の器官に比べ 微量元素の検出に優れているから(当然検出できないものも有り)、 と言うもの回答になるでしょうか? 梅や桃などバラ科の植物は果肉や種に青酸成分を含ん ...続きを読む
確かに、青酸ガスは猛毒ですので致死量を吸引すれば死亡します。
ただし、極々微量の場合は体内で分解され最終的には体外排出or無毒化します。
だからと言って実験室の試薬で試してはダメですよ(^^;

人間の体で「鼻」と云う器官はその他の器官に比べ
微量元素の検出に優れているから(当然検出できないものも有り)、
と言うもの回答になるでしょうか?

梅や桃などバラ科の植物は果肉や種に青酸成分を含んでいます。
青梅なんかが良い例です。
アーモンドの匂い自体が超微量の青酸成分を表しているはずです。

……こんな回答でよろしいでしょうか?
お礼コメント
tookun

お礼率 85% (58/68)

ご回答ありがとうございます。
匂いがわかっても致死量にはならないのですね。安心しました。アーモンドの匂いだと最初に言った人はきっと死んでしまったのだろうと思ったものですから。

あと、もうひとつ聞いていいですか?
サリンは無味無臭といいますが、舐めた人がいるのでしょうか?やはり機械で測定したのかな?
投稿日時 - 2001-01-24 18:31:55
  • 回答No.3

 補足……というより閑話です。  実を言うとあの「アーモンド臭」は、別に炒ったアーモンドの、あの香ばしい臭いがするのではないです。  中国に、英語でアーモンドと訳される別の木の実があります。それを、日本で馴染み深い例のおつまみと勘違いした日本人の訳者が、そのままカタカナで「アーモンド」と表記してしまったのです。  ですから、アーモンドココアの中に青酸毒を入れたからと言って分からなくなるわけで ...続きを読む
 補足……というより閑話です。

 実を言うとあの「アーモンド臭」は、別に炒ったアーモンドの、あの香ばしい臭いがするのではないです。
 中国に、英語でアーモンドと訳される別の木の実があります。それを、日本で馴染み深い例のおつまみと勘違いした日本人の訳者が、そのままカタカナで「アーモンド」と表記してしまったのです。

 ですから、アーモンドココアの中に青酸毒を入れたからと言って分からなくなるわけではないのです。
お礼コメント
tookun

お礼率 85% (58/68)

レスありがとうございます。
ということは、日本人で匂いを確認した人はいなくて、最初に匂いを嗅いだ人は中国人かもしれませんね。
投稿日時 - 2001-01-24 18:40:30
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ