• ベストアンサー
  • 困ってます

わかりません><

こんにちは。 問題は、  水溶液中で水素イオンと水酸化物イオンから水1モルが生じるとき、56,5kjの中和熱が発生する。また、水に溶けているアンモニア1モルと硝酸1モル(電離度1とする)が反応するときの反応熱は51,5KJである。水に溶けているアンモニアが水と反応して、アンモニウムイオンが生じるときに出入りする熱量として最も適当なものを選べ。 で、答えは 5,0kj/molの吸熱 だそうです。 解説:強酸と強塩基の中和、すなわちエイチプラスとオーエイチマイナスが結びついてエイチツーオーになる変化に比べ、アンモニアと強酸である硝酸の中和のほうが反応熱が小さいので、下式で表される水溶液中でのアンモニアの電離がQkj/molの吸熱反応であるとして、  NH3 + H2O = NH4プラス + OHマイナス - Qkj このあとにエネルギー図が書いてあって、それより Q=56,5-51,5=5,0kj/molの吸熱もとまる。 と書いてあるのですが、わけがわかりません。 解説、図の中に一切硝酸がでていませんが、どこへいったのでしょうか?化学はすごく苦手なので根本てになところから説明していただきたいです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数507
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • maku_x
  • ベストアンサー率44% (164/371)

それぞれの反応の熱化学方程式を立てれば、求めることができます。 H+ + OH- = H2O + 56.5 (KJ) ... (1) NH3 + H+ + NO3- = NH4+ + NO3- + 51.5 (KJ) ... (2) NH3 + H2O = NH4+ + OH- + x (KJ) ... (3) (2) - (1) より、 NH3 + H+ + NO3- - H+ - OH- = NH4+ + NO3- + 51.5 - H2O - 56.5 それぞれを移項して(H+、NO3- は消える)、 NH3 + H2O = NH4+ + OH- - 5.0 (KJ) (3) より、 x = - 5.0 (KJ) となります。 ※ 硝酸は、最初からイオンの状態として扱うのがポイントです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。しかし文章からその式を出せるかどうか・・・。 勉強するしかないですね。 返答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 理科総合、ヘスの法則の問題で

    わからないところがあります。 教科書を何度も読んだのですが応用問題なのか、それらしいヒントも見つからず苦戦しています。 このような問題です↓↓ 1,次の3つの反応がある。cの反応の反応熱を求めよ。 a.固体の水酸化ナトリウムと塩酸(水溶液)を直接中和させた時の反応熱は101kJ/molである。 b.固体の水酸化ナトリウムを水に溶かした時の反応熱は44.5kJ/molである。 c.水酸化ナトリウム水溶液と塩酸(水溶液)を中和させた時の反応熱は不明である。 どなたか式や答えがわかるかた、是非教えて下さい。お願いします。

  • 化学の問題について

     次のA~Cの反応熱を用いて、水酸化カリウムの水への溶解熱を求めるといくらになるか。最も適当な数値を選べ。 A:塩化水素1molを含む希塩酸に、水酸化カリウム1molを含む希薄水溶液を加えて反応させた時の反応熱        56kj B:硫酸1molを水に加えて希硫酸とし、それに固体の水酸化カリウムを加えてちょうど中和させたときの合計の反応熱       323kj C:硫酸の水への溶解熱        95kj/mol 答えは58 ……だそうですが解説を読んでも分かりません。 A,B,Cそれぞれの化学反応式は作れました。 KOH+aq=KOHaq+Qkj・・・・・(1) A:HClaq+KOHaq=KClaq+H2O+56kj・・・・・・(2) B:H2SO4+aq+2KOH+aq=K2SO4aq+2H2O+323kj・・・・・・・(3) C:H2SO4+aq=H2SO4+95kj・・・・・・・・(4) しかし、このあとに解説に書かれている ”Aは強酸と強塩基の中和熱であるから、(2)式は   H2SO4aq+2KOHaq=K2SO4aq+2H2O+(56×2)kj と書き直せる。” がよくわかりません。 ここの部分の解説をお願いします。

  • 強酸と弱塩基の中和点が酸性になる理由

    弱酸と強塩基の中和点が塩基性に、 強酸と弱塩基の中和点が酸性になる理由が分かりません。 少し前までは、 強いのと弱いのが打ち消し合って、酸が余るからという、 2-1=1的な発想で納得してたんですが、 弱酸・弱塩基では、電離反応が平衡状態になっているということを知って思ったのが、 例えば塩酸とアンモニアの場合、 アンモニアは NH3 + H2O ⇆ NH4^+ + OH^- となっているから、 そこに塩酸を加えるとH^+ + OH^- → H2Oという反応がおきて、 水酸化物イオンが減り、右に平行移動するはず。 それなら、中和点はpH=7になるのではないでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

No.2です。 えぇと、硝酸はHNO3と言う形で出来ています。なのでHプラスとNO3マイナスに分かれる事ができますよね。 一方アンモニアはNH3と言う形ですがどうすればOHマイナスが出るのでしょう。 どうみてもNH3にはOがありませんから作ることが出来ません。しかし水に溶けるとNH3+H2O=NH4OHができます。ちゃんと左右の(原子の)数もあっています。これがNH4OH=NH4プラス+OHマイナスになると初めて水酸化物イオンが出てきます。なのでアンモニアは水に溶けるとアルカリ性という言い方をします。 えぇとこれで分かりましたでしょうか?分かりにくくてスイマセン。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まとめてのお礼失礼します。 返事おそくなってすみません。 皆さんのおかげでよくわかりました。 解説もみなさんのように書いてくれればいいのに・・・ 本当にありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#56760

受験テクですが、★の式を書いた時点でほぼ終わりです。 H+ + OH- = H2O + 56.5 (KJ) ... (1) NH3 + H+ + NO3- = NH4+ + NO3- + 51.5 (KJ) ... (2) NH3 + H2O = NH4+ + OH- + x (KJ) ... (3) で(1)×a+(2)×bより (a+b)H+aOH-+(-a)H2O+bNH3+(-b)NH4+=56.5a+51.5b←★ ⇔  (-a)H2O+bNH3+=bNH4+-aOH--(a+b)H++56.5a+51.5b NH3 + H2O = NH4+ + OH- + x (KJ) ... (3) と比較して a=-1 b=1 x=-56.5+51.5=-5.0 (KJ)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

一応補足です 硝酸は強酸ですから最初から水中ではHプラスで存在できます。 ただ弱酸のアンモニアは水に溶けて初めてOHマイナスを作ることが出来ます。なので式の中には「アンモニア+水」の式があります。 硝酸は水とは反応しません(厳密に言えば反応しますが今回は関係ありません)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答ありがとうございます。 最初からとか水に溶けて初めてとかがいまいちよくわかりません;。 もう少し詳しく教えていただきたいです。

関連するQ&A

  • 熱化学の問題がわからなく困っています。教えてください。

    (1)断熱容器に0.40mol/lのHCl水溶液100ml(100g)をいれ、 これにHClと等しい物質量のNaOHを含む水溶液150gを加えてかき混ぜたところ、 混合液の温度は20.0℃から22.2℃に変化した。 水溶液の比熱を4.2J/g.kとして、有効数字2桁で答えよ。 (1)中和熱をQkJ/molとして、この反応を熱化学方程式で示せ。 HClaq+NaOHaq=NaClaq+H2O(液)+QkJ (2)この実験の中和反応で発生した熱量(kJ)を求めよ。 2.31kJ (3)中和熱Qを求めよ。 この問題の解説には、 反応したHClの物質量は0.40×100/1000=0.040mol 中和熱(kJ/mol)は1molあたりの量であるから、←この1molは何の1molですか? 2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められる。←なぜ2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められるのか?が、理解できません。 できるだけ詳しく説明していただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 硝酸イオン、アンモニウムイオンの任意の濃度の溶液の作り方

    イオンクロマトグラフで検量線を作るため、硝酸、アンモニアの試薬を用いて硝酸イオン(NO3-)、 アンモニウムイオン(NH4+)の任意の濃度の溶液を作りたいと思っています。 硝酸、アンモニアそれぞれ1~100mMのイオン溶液を作りたいと思っています。 硝酸、アンモニアをそれぞれ何モラー水に添加したら任意のイオン濃度の水溶液が作れますか? ようするに任意の濃度の電離度が何%か求めることができれば求めることができると思います。 例えば水であれば ka=[H+][OH-]/[H2O]=15.74で[OH-]濃度がわかりたければ[H+]の濃度、 つまりpHをもとめることができれば電離度を求めることができます。 つまり、硝酸とアンモニアの1~100mMの濃度のpHの求め方を求めることが できれば電離度が求められると思います。 また、アンモニウムイオンを作るときには水中の炭酸イオンと中和してしまうとおもうのですが、それは考慮しなくてもいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 化学の問題教えて下さい。

    化学の問題教えて下さい。 問題文中に「……水に溶けているアンモニア1MOLと硝酸1MOL(電離度1とする)が反応するときの反応熱は51.5KJである。……【略】」とあるのですが、この熱化学方程式はどんな式になりますか? 解説には書いてないんで分からなくて困ってます……。

  • pHが11のアンモニア水のモル濃度を求めよ。ただし、アンモニアの電離度

    pHが11のアンモニア水のモル濃度を求めよ。ただし、アンモニアの電離度を0.010とする。 体積をV(l)としてこの表を埋めるとどうなりますか?埋めた値を使った答えの出し方も教えてください>< --------------NH3+H2O→NH4^+OH^- 電離前---------(mol) 電離したNH3----(mol) 電離後---------(mol)-----(mol)----(mol)

  • センター試験2010年化学第2問の問1です

    次のA~Cの反応熱を用いて、水酸化カリウムの水への溶解熱を求めるといくらになるか。 A:塩化水素1molを含む希塩酸に、水酸化カリウム1molを含む希薄水溶液を加えて反応させた時の反応熱       56kj B:硫酸1molを水に加えて希硫酸とし、それに固体の水酸化カリウムを加えてちょうど中和させたときの合計の反応熱  323kj C:硫酸の水への溶解熱        95kj/mol 解説は A:HClaq+KOHaq=KClaq+H2O(液) +56kj ・・・・(1) B:H2SO4(液)+ 2KOH(固)= K2SO4aq+2H2O(液)+323kj・・(2) C: H2SO4(液)+aq = H2SO4 + 95kj・・・・・・・・・(3) (1)より中和熱は56kj/molであることがわかる。 したがって、希硫酸と水酸化カリウム水溶液の中和反応の熱化学方程式は 次のように表される。  H2SO4aq + 2KOHaq = K2SO4aq + 2H2O(液) + 112kj・・・(4) Bの反応熱 = (H2SO4(液)の溶解熱) + (KOH(固)の溶解熱×2) +(中和熱)で あるから、水酸化カリウムの水への溶解熱Qは  Q = (323-112-95)/2 = 58 [kj/mol] ここで質問です、解説の下から3行目のBの反応熱の式になるのが解りません この部分の解説をお願いします。

  • 化学反応式のついての質問

    (1)二酸化炭素と水酸化ナトリウム水溶液の中和反応 CO2+2NaOH→Na2CO3+H2O (2)三酸化硫黄とアンモニア水の中和反応 SO3+2NH3+H2O→(NH4)2SO4 2SO4 の2は()にかかっています (3)酸化アルミニウムに水酸化ナトリウム水溶液を加える Al2O3+2NaOH+3H2O→ 2Na[Zn(OH)4] (1)の水酸化ナトリウム水溶液は、H20がつかないで、 なぜ(3)の反応になるとH2Oと、いきなり水溶液の水を表記するのですか 中和反応はかかないのかとおもいましたが、(2)のアンモニア水はH2Oの表記があります。。 何を基準に、H2Oの表記をしたりしなかったりするのですか

  • 化学の解説お願いします

    112Lのアンモニアをすべて硝酸にすると、70%の濃硝酸は何グラム得られるか? 何ですが解答はNH3 + 2O2 → HNO3 + H2Oよりアンモニア1個からは硝酸分子1個が出来ます {(112[L])/(22.4[L/mol])}・63[g/mol]・(100/70) =450 g ここで質問なのですがHNO3のみどうして計算するのでしょうか?水の質量を入れないわけはなんでしょうか?

  • ヘスの法則と中和熱

    ここでいくつか質問させていただいたおかげで、だいぶ宿題も終わってきたのですが、またいくら調べてもわからない問題がでてきてしまいました。 問題は ☆エチレンC2H4について次の問いに答えよ 問 少量の酸があるとエチレンに水が付加してC2H5OH(液)ができる。 この反応の反応熱は何kj/molか。エタノール(液)の燃焼熱は1370kj/molとする。 ☆次の問いに答えよ。ただしH=1 O=16 Na=23 問題中のすべての水溶液1.0gの温度を1.0℃上げるのに必要な熱量は4.2Jとする。 (1)2.0gの水酸化ナトリウム(固体)を、398gの水に溶かしたところ、液の温度が1.3℃上昇した。水酸化ナトリウム(固体)の溶解熱を求めよ。 (2)水酸化ナトリウムを0.10mol含む水溶液500gと、塩化水素を0.15mol含む水溶液500gを混合したところ、液の温度が13℃上昇した。 水酸化ナトリウム水溶液と塩酸の中和熱を求めよ。 ただし、混合前の二つの水溶液の温度は等しいものとする。 (3) (1),(2)の結果より、次の熱化学方程式の反応熱X(kj/mol)をもとめよ。 HClaq+NaOH(固)=NaClaq+H2O(液)+X(kj) 中和熱の問題は結構多くでてるのですが、混合液に温度までまじってわけがわからなくなりました・・・ 一度に大量の質問失礼しました。

  • 酢酸エチルのNaOHでの加水分解

    タイトルのとおりの反応が起こる際の、反応熱(何KJ/mol)についてご存知の方、ぜひお助けください。水での加水分解はNIST Chemistry Webbookで見付かり、3.7KJ/molの吸熱反応ということでした。しかし、水酸化ナトリウムの場合は、いくつか有名なデータベースサイトで探ってみたのですが見付かりませんでした。よろしくお願いします。

  • 化学の質問です。

    熱量と反応熱の違いがよくわかりません。 今、熱化学をやっているのですが、 熱量(KJ)=反応熱(KJ/mol)×反応するモル数(mol) と教わったのですが、 問題を解いていると、どっちが熱量で反応熱だかわからなくなります。 わかるところと言えば単位が違うくらいで、よくわかりません。 反応熱かと思ったら熱量のときもありました。 メタンの燃焼熱は890KJ/mol  これはKJ/molなので反応熱 H2O(液)の生成熱は286KJ これはKJなので熱量なのでしょうか。 こんなかんじで単位で考えているためよくわかりません。 区別のつけ方を教えてください。 解答お願いします。