• ベストアンサー
  • 困ってます

アインシュタインモデル

  • 質問No.3188196
  • 閲覧数1003
  • ありがとう数3
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0
固体の比熱をアインシュタインモデルで計算すると、比熱が振動数の関数で与えられます。ここで疑問なのですが、現実にはそのように振動数が単一の物体なんて存在するのでしょうか(電磁場ならわかるのですが)。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 44% (48/109)

No.1です。

アインシュタインモデルの汎用性ですが、事実上すべての物質に対してある程度高い温度以上で成立するようです。温度をある程度上げると高い振動数のモードも励起されますが、プランク定数が小さいため極低温でもほとんどすべてのモードが励起され、アインシュタインモデルが良い近似を与えます。デバイモデルが測定と比較できるのは多くの物質で10K以下などの極低温です。
お礼コメント
noname#70507
解答ありがとうございます。よくわかりました。感謝しています。
投稿日時:2007/07/22 22:26

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (48/109)

アインシュタインモデルは振動数が単一とした「モデル」です。したがって実験値との比較は振動数をフィッティングパラメータとして与える必要があります。キッテルの固体物理学入門ではアインシュタインの原論文が紹介されており、ダイアモンドの比熱では振動数ωを
ω=1320K×kB/(h/2π)
としたときの計算値と実験値の比較が掲載されています。
お礼コメント
noname#70507
解答ありがとうございます。それではアインシュタインモデルは、振動数が単一に近いとみなせる物質にしか成立しないと考えてよいのでしょうか。(だとしたらあまり実用性がありませんね)。
量子論の計算だと、温度を上げると高い振動数が励起されるので、その効果を考えるとデバイモデルになると解釈しているのですがそれで大丈夫でしょうか。
投稿日時:2007/07/22 00:19
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ