• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

国債の経過利子

  • 質問No.3145755
  • 閲覧数261
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 63% (12/19)

7回債の国債の経過利子って利払い日に2日分引いた金額ではなく、なぜ購入時に負担するのですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 37% (118/315)

経過利子の取り扱いは利付債券の慣習ですが、利払い日にかかわらず、所有期間の長さに応じてまだもらっていない利子が配分されるという経済合理性を持ったシステムです。ちなみに証券会社がサービスで負担する様な性質のものではありません。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (64/129)

売買時にすぐに経過利子を払ってくれる買主にしかその国債を売ってはならぬ、と売主が言っているからです。なぜそう言うかというと、そりゃ、お金は早くもらっておきたいからです。

このように言わない売主は、ほとんどいません。そのため、経過利子を買主が購入時に負担するのは、国債取引の市場慣行になっています。

いつの日か世の中が変わって、国債を個人向けに販売する証券会社が、顧客サービスとして、利払い日の利息から経過利子分を払うようなやり方を導入してくれる日が来ることは、可能性としてはありえます。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ