• 締切済み
  • 困ってます

床上に基礎パッキンって?

ベタ基礎で土台との間に基礎パッキンを入れた建売住宅です。 RCの基礎は1階(地下扱)の床上1mあたりまで立ち上がっているのですが、この場合の基礎パッキンは機能していないと思われます。壁構造はRC+スタイロ+石膏ボード、土台以上はGW+石膏ボードになっています。 これでは冬季に余計な壁内通気による冷えを助長する原因となるので、基礎パッキンを外周から遮断しようと考えております。 この対処が正しいか否かご判断願います。また上部をコの字鋼板で雨仕舞いされた基礎パッキンを、外から埋めるにはどのような手法が適当でしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

図面がないので想像ですが...。その基礎パッキンは、 結露対策に「必要な」壁体内通気を確保するためかもしれません。 グラスウールの厚みや地域などにもよりますが、 外壁-通気層-断熱材-石膏ボード-仕上材という仕舞いは、 普通の(床下の)基礎でも同じでしょうから、 特に寒いという心配はないのではないかと。 むしろ、床上1mまでのRC-断熱材-石膏ボード-仕上材の方が、 底冷えするような気がしますね─────地下だから大丈夫かな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 施工時に見た構造では、土台から上にはパッキンからの通気は遮断されている構造となっているので、やはりRC基礎部分の通気として施工しているようです。地下部なのでRC自体の熱伝導もあると思いますが、ベタ基礎ゆえ必然性の無さと、更に外気による冷気を通す事にギモンを感じております。 ちなみに工務店管理者からは「基礎部分の通気に必要」と言う返答がありましたが、こちらからは確証がないため詰問しておりません。

関連するQ&A

  • 玄関土間部分の基礎パッキン部の断熱方法

    現在、ベタ基礎での新築工事中で、土台敷きが終わったところです。 基礎パッキン部分に関しての断熱ですが、お風呂に関しては、基礎パッキン部分を 発泡ウレタンスプレーでふさぎ、更に中から発泡断熱材で囲む仕様となっています。 ところが玄関土間部分ですが、基礎と土台のすきまの基礎パッキン部分には、 何も施工がないようです。 うちの玄関は土間を広く設計しているため、この隙間に断熱が無いとかなり外気の 影響をうけてしまうと思います。 この土間外周部の基礎パッキン部分には、せめて発泡ウレタンスプレーでふさぎたいのですが、 (HMに要求しています)、いかがでしょうか? 本当は気密パッキンで施工し欲しかったのですが、すでに土台敷きも終わり上棟に入るので、 発泡ウレタンスプレーでの施工以外方法がないと思っています。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 気密パッキンについて

    現在木造3階建ての家を建築中です。あと1ヶ月半くらいで完成です。 フラット35sの省エネ4等級です。基礎と土台の間に気密パッキンを全て回して(外周部と浴室部分) 床と壁と天井に断熱材を入れて省エネ4等級をとっているそうです。(窓もLOWEの窓) 気密パッキンを使うと床下の通気は大丈夫なのでしょうか? 今更なんですけど、ちょっと心配になったので質問しました。どうぞ教えてください。

  • 壁内結露

    いつもお世話になっております。 現在2×4の外壁断熱工法で戸建てを建築中です。 壁内が空洞なのですが、この場合壁内結露は起こさないでしょうか? 外壁断熱工法と言っていますが、基礎を断熱していないので完全な形と言えないのでは と疑問に感じております。 ちなみに1F床下にはスタイロフォーム60mmが敷き詰めてありますが、基礎の立ち上がり 部分の天面は10mmほどの通気ゴムパッキンが入っているだけで断熱材は無く、土台の 木材が乗っているだけで、この部分が断熱欠損になり壁内に冷たい空気が流れるのでは ないでしょうか。 以下に壁の構造を書きます。 外から・・・ ジョリパッ ト → 下地材「ラスモルII」 → 通気層 → 透湿防水シート →  ネオマフォーム35mm → 構造用合板 → 間柱 → 石膏ボード →壁紙 断熱材はいい物だと認識してますが、壁内の下面の断熱欠損で壁内が結露しないか 心配しております。 お分かりになる方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

  • 基礎パッキンとアンカーボルトの設置についてご教授く

    基礎パッキンとアンカーボルトの設置についてご教授ください。 長さ3830mmの土台(杉三寸)の両端と中心の3箇所でよろしいでしょうか?それとも4箇所でしょうか? 土台上の柱は杉三寸で両端のみ。それ以外は2×4とOSBボードを考えています。 またパッキンはアンカーボルトと同箇所のみの設置でよろしいでしょうか? 規模用途 (1)中型バイク一台自転車二台、兼工房(重量物なし) (2)約3m(横)×約4m(奥)×約3.5m(高)の切妻屋根 (3)上物は躯体3寸と2×4、外壁は木とガルバ、屋根アスファルト系波板予定です。 よろしくお願いします。

  • 寒さ対策の為に床下の通気制限

    真冬の家の中の寒さ対策に床下からの通気制限が効果的だと聞きました。 我が家は基礎と土台の間にあるパッキンから吸気し壁内をとおり天井軒の部分から排気されているようなので、ちょっと大変ですが冬場だけでも家の外周のパッキンをガムテープ等で塞いでみたら暖房効率が良くなるのではと思ってますが、壁内部の換気の必要性などを考えると素人が施工して良いものかどうか迷ってしまいます。 寒さ対策の為パッキンの通気口を塞ぐべきかどうか、また期待ほど効果があるのか、知識のある方に教えて頂けると幸せです。よろしくお願いします。

  • 基礎の防水について

    基礎の防水について教えていただきたい箇所が2か所あります。 1つ目は基礎スラブと基礎立ち上りの打ち継ぎ部の防水について 2つ目は基礎立ち上り部天面と土台との隙間の防水についてです。 以前にもここで「新築中の床下にカビ」で 質問をさせていただいているのですが この部分からの雨水侵入により床下にカビがはえてしまい 今回この部分の防水処理をしてもらうことになりました。 基礎の構造はベタ基礎で床下換気口なしです。 1つ目の部分は水抜き穴とセパレーターの隙間部分に防水モルタルを つめてポリマーセメント系塗膜防水材というものが打ち継ぎ部 の上下5センチ程度基礎の外周に塗布されてあります。 素人目にはこれで防水できてるの?という感じなのですが、 この方法での耐久性はどんなものでしょうか? 一般的にこの部分に防水をする場合このような方法が最適なので しょうか?とう質問です。 2つ目の部分はこれからの施工なのですが現状はパッキンがなく 基礎上部に直接土台が置いてある状態で基礎と土台の隙間を 防水するというものです。コンクリートの基礎と木部の土台の 防水として最適な防水の方法はどんなものがあるのでしょうか? という質問です。 ご教授宜しくお願い致します。

  • 断熱材・スタイロエースの継ぎはぎ施工

    RC構造の家で 内壁は断熱材・スタイロエースと石膏ボードの合板で施工となりました。 窓枠の下に、棚板三枚を造作する際に この内壁材を分割してその間に5cm程度の板を嵌め込んで施工してあります。 外壁RCとの棚板の空間は、スタイロエースの破片?とうか 細切れのものが適当に並べてありその上に押さえの木片がうたれていました。 棚板を埋め込むために断熱材をカットしてつぎはぎにしてしまったりして 断熱効果に問題はないのでしょうか? 隙間ができれば結露を呼ぶと思うのですが。 また、スタイロエースの施工には特殊な接着剤を2度塗りするような話をきいたのですが 適当に一部ボンドで貼り付けてある程度で、おのずと空気層もあると思われます。 棚を造作する時に断熱材をカットして嵌め込む仕様でなく、 単に下に控えをとって上に棚板を乗せる工法の方が断熱材を傷つけず簡単だと思うのですが、 どうして嵌め込み施工になったのかがよくわかりません。 今回この棚板のラワン材合板にキクイムシがいることがわかり撤去となったのですが 嵌め込んであったので、上下の石膏ボードもボロボロになってしまいました。 間につめてあった発泡剤も取り除いてもらい、緑色の発泡ウレタンのスプレーで充填して もらいましたが、スタイロエースではないので、この部分だけ水分を吸収したり、 収縮したり、燃えたら有害ガスが出るような問題になるのでしょうか? (この空間だけ異物というのも気になります。) 石膏ボードもボロボロに落ちてしまったので、できれば一枚物に張り替えて 後付でキレイに棚を設置るすのが一番心配のない方法なのではないでしょうか 質問を整理しますと ・スタイロエース+石膏ボードの継ぎはぎ内壁仕上げで問題はないのか? ・棚板を埋め込んだ際の断熱のしかたはそれでいいのか? ・本来は一枚ものを有効に使って施工すべきではないのか? ・特殊接着材で密着していないことに問題はないのか? などということについてご回答いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 地域IV(横浜)で建売住宅検討(断熱材・防腐・防蟻・屋根・基礎について)

    はじめまして、横浜で2×4の建売住宅購入を検討しています。 全体として広いため総額は高いのですが、周辺の相場より安いため不安があり、是非コメントいただければと思い書き込んでいます。 よろしくお願いします。 【断熱材について】 現場に行くと断熱材が入ってたのが見えました。タンレーマット?425と書いてありました。 仕様書によると (1)1階2階遮音吊天井 居室天井部分 ロックウール厚55+野縁+石膏ボード厚12.5/1階前記以外天井 石膏ボード 厚12.5 (2)断熱材 1階床下 押出法ポリエチレンフォーム保温板 厚30 (3)断熱材 外壁 ロックウール 厚75 (4)断熱材 小屋裏 ロックウール 厚90 (5)断熱材 天井 ロックウール 厚55 冬寒くて足元が冷えるような家は避けたいと思うのですが、どうでしょうか? 【防腐・防蟻】 土壌処理及び主要構造部GL+1000(外周外壁) と書いています。十分なのでしょうか? 【屋根】 切妻・片流れ 他 4.5寸~6.0勾配 スレート葺き コロニアルネオ 棟換気 1箇所 L=910 何か問題あるでしょうか? 【基礎】 鉄筋コンクリート造ベタ基礎 高さ:標準外周部分 GL+400 耐圧盤:スラブ厚150 床下仕上げ:鉄筋コンクリート造(耐圧盤) 床下換気:基礎パッキン法 あと、物を評価するうえでのチェックポイントがあれば、是非教えてください。今週末業者と会うので、それまでに教えていただけるとうれしいです。

  • アンカーボルトの立ち上がりの出は?

    大手HMで現在基礎立ち上げコンを打設し、基礎天端レベラー(精度プラスーマイナス1.5ミリ以下)の作業が終了しました。 アンカーボルトの高さで一番多かったのは14cmです。最高の高さ約14.3cm~最低12.5cmです。 手に入れたHM資料の施工マニュアルでは  アンカーボルトΦ12-400  コンクリートへの埋め込み250ミリ以上  立ち上がりの出 135ミリ(プラスーマイナス3ミリ) この高さで支障が出ないでしょうか。 この後、基礎パッキン20mm,土台ヒノキ120x120、リーチテープ(外周のみ)5mmx15mm、構造用合板24mmX1000X2000。 土台の留めには、ハイブリドII丸座金でアンカーボルトに取り付ける。

  • 半地下部分防水方法について

    木造2階建て住宅を建築予定ですが、一部に半地下部分(900の高低差)があります。 ベタ基礎(高基礎) 何らかの防水処理が必要ですが、大掛かりな防水は避けたいため何か良い防水方法がないか調べているところです。 屋内側には(RC部分)ボード系断熱材、(木軸部分)充填断熱+胴縁+合板もしくは石膏ボード塗装仕上げの予定です。 (土台レベルが床レベルよりも上です。) 【無機質浸透性コンクリート防水(コンクリート改質剤)】という防水方法がある事を知りました。 同様の防水方法が多数のメーカーから出ているようです。 簡易な方法である事、部屋内のスペースを削る必要がない事等とても魅力を感じていますが、実際のところどうなのでしょうか? 地下水位の影響等はなさそうです。 他にお勧めの防水方法がありましたら紹介下さい。