• 締切済み
  • すぐに回答を!

硫酸銅五水和物について

硫酸銅五水和物は脱水するときに五水和物→三水和物→一水和物→硫酸銅と三段階で脱水していくのはどうしてですか? いっきに水がとれないのはなぜなんでしょう? ΔHなどの違いからですか? 教えて下さい。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数6631
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

基本的には, 水和水5分子のうち4分子はCu^2+ と結合して錯イオンを作り(Cu^2+ は4配位でしたね), 残り1分子がSO_4^2- と結合しています. 加熱するとエネルギー的にみて結合が弱い前者が先に取れる...ということなのですが,そうするとなぜ4つが一度に取れずに三水和物の段階があるかが説明しきれていません.ここについては筆者は専門でなく,現象からみた後付けでしか言えませんので,詳しくは他の専門家の回答や専門書に拠ったほうが良いでしょうが,4つの配位子といっても,量子力学的な安定性(エネルギー的議論)を考えると,おそらくは奇数個では不安定で偶数個(2個)の対ならば準安定になっているものと推測されます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですかー。勉強になりました。なぜ、三水和物の段階があるのかはこれから調べてみます。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#211914
noname#211914

レポートでしょうか・・・・? 以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「1月22日(火)」 同じように悩んでいる方がいるようですが・・・?

参考URL:
http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/~s13008/diary/02_01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんです、実験のレポートの課題なんです。 示差熱分析の実験で、硫酸銅五水和物の脱水温度を測定したりしたのです。図書館で調べたんですけどよくわからなくて・・・。

関連するQ&A

  • 硫酸銅五水和物について。

    宜しくお願いします。 実験の課題で硫酸銅五水和物の性質について幾つか調べなければ ならないことがあって 図書館で調べたのですが見つからず、こちらで質問させていただきます。 ひとつは「水和物と熱量の関係」です。 化学事典で硫酸銅は熱することによって五水和物→三水和物→一水和物→無水物となることはわかったんですが、どれくらいの熱量でこうなるのかがよくわかりません。 ふたつめは「何故120度で一水和物ができるのか」です。 上記の質問と何か関係があるような気がするのですが、こちらもわからないです。 宜しくお願いします。

  • 硫酸銅五水和物

    少量の硫酸銅五水和物を加熱して無水硫酸銅にしたものに、水一滴をたらすと、硫酸銅五水和物になり、さらに過剰に水を加えると、テトラアクア銅イオン[(Cu(H2O)4]2+ になる、ということは正しいのですか? 水酸化銅や銅イオンにはならないのですか。詳しい解説をお願いします。

  • 硫酸銅・・・

    硫酸銅五水和物を熱して無水硫酸銅にしました。それに精製水一滴加えたとき、物質は硫酸銅五水和物になるのか、テトラアクア銅イオンになるのか教えてください!

  • 硫酸銅(II)五水和物 なぜ青くなるか?

    硫酸銅(II)五水和物に水をたらすと水和物になり青くなりますが、なぜ青くなるんですか?  基礎的なことですが、どうぞよろしくお願いします。

  • 硫酸銅・一水和物はなぜ水色か?

    大学の無機化学の範囲です。 大学の化学実験で硫酸銅・五水和物を扱った実験があり、考察で色の変化ひついて触れたいのですが、教科書・ネット上いろいろ調べても、硫酸銅・五水和物がなぜ青色なのかについては書かれているのに、硫酸銅・一水和物がなぜ水色なのかについては書かれていなくて、困っています。 先生に聞きに行く手もありますが、出張中らしく、研究室にいないので。 あと、できれば硫酸銅・一水和物の結晶構造も教えていただけませんか? 単純に五水和物の構造から水配位子を取り除いた構造なのか、もっと違う構造なのか。 お願いします。

  • 硫酸銅(II)5水和物について

    硫酸銅(II)5水和物の熱分解反応は、どのような反応式で表されるのですか??教えてください。

  • 硫酸銅((2))と5水和物の実験について

    硫酸銅((2))5水和物を熱しすぎて黄色くなってしまうと無水の硫酸銅と何が違うのですか?それとその黄色くなってしまったのに純水を加えたら何色になるんですか?それは何故ですか?教えて下さい!!

  • 硫酸銅の濃度(?)の問題

    25℃の条件下で、密度1.10g/cm3の8.00%硫酸銅(II)水溶液を1.00L作った。この水溶液を加熱濃縮し、800gの水を蒸発させて、その後25度に冷却した。この冷却した水溶液から、硫酸銅(II)五水和物は何グラム析出されるか。ただし、25℃における硫酸銅(II)の溶解度は22.0g/100g水 とする。 という問題があるのですが、 まだ水溶液に手を加える前は、1000×1.1×(8/100)=88gが硫酸銅(II)の質量であり、よって水は1100-88=1012g存在し、800gは蒸発するので残りは212gの水が残っていることが分かりました。 そのご、硫酸銅(II)の析出量なら溶解度をそのまま利用して求めることができるのですが、硫酸銅(II)五水和物となっているので、そこから混乱してしまいました。 この問題では各元素の原子量も記されていないのですが、この問題には原子量は関わってきますよね? それを考慮して解こうと思ったのですが、五水和物になると溶解度が変わってしまうのだろうか?などいろいろ考えたら余計に混乱してしまいました…。 どうやったら五水和物の析出量が求められるか教えてください!!

  • 硫酸銅5水和物の脱水について

    硫酸銅5水和物は銅イオンの周りに4つの水が配位結合し、銅イオンの上下に硫酸イオンがイオン結合し、残り1つ水は硫酸イオンと水素結合していると聞いたのですが、硫酸銅5水和物を加熱すると、先に銅イオンの周りの水から取れていきますよね? 加熱した時は結合の弱い順からとれていくのに、水素結合よりも強い、配位結合している水から取れていくのは何故ですか?

  • 硫酸銅溶液の調製

    硫酸銅五水和物を用いて0.1Nの硫酸銅溶液200mlを調製するにはどうすればよいのでしょうか? 規定というのはeq/lというのは分かるのですが、eqがいまいちよく分かりません。