• ベストアンサー
  • 困ってます

遺言書を公証人役場で作成しましたが。。。

不動産はなく、100万までの額で、去年、公証人役場に行き、全額弟へと遺言書を作成しましたが、私は、まだ、20代で、亡くなるのは、まだまだ先と思われます。私が亡くなるときに、私の総預貯金が、100万より増えていても、相続に値する全額とは、100万だけになってしまうのでしょうか。アドバイス頂けますよう、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

「全預貯金を弟に・・」 遺言者が死亡すれば、文言どおり全ての預貯金は弟が相続します。 金額の記載がないようですので、その時の残高が10万円であれば10万円を、1千万円なら1千万円を弟は相続します。 しかし、「全財産を」ではないため、それ以外の財産については法定相続、もしくは全相続人の協議によります。 現金や車などはそのままでは弟は相続しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事、ありがとうございます。 補足ですが、私が調べた、20年だけの公証人役場での保管というのは間違いでした。遺言書は、私が亡くなるまでは、保管してくれるようです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

 失礼な質問をしてしまったかもしれません。お詫びします。  全額弟さんにというなら、質問者さんの「全財産を・・」と書くべきですね。「100万円までと」言うのは公証人の手数料の問題でしょうか。もし「100万円」と書いたなら、それを越えた部分は、一般の相続ですね。  なお、どなたかが書いていますが、遺言は紙切れでも構いません。自筆で書けば、いくらかの用件はありますが、有効です。公正証書遺言をする意味は、後日のトラブルを避けるためです。公正証書に書かれていることが真実でないことを裁判で争うのは、ほとんど不可能です。映画などで見かける相続争いの余地がないのです。  また、公証人は、検察官や裁判官などが退職した後の天下り先といえる側面があります。大概の場合、検察官は刑事事件が専門ですから、相続といった知識は欠けている可能性があります。過度の信用は注意が必要です。先にも書きましたが、書かれている内容についての真実性を保障するのが公正証書です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変よく分かりました。お返事ありがとうございました。

  • 回答No.3

100万円までの額ということは、死亡を原因とした100万円を上限とした贈与契約でしょうか。とすれば、100万度まりです。少しわかりにくいです。 質問されていませんが、「何故、若い方が、遺言するのでしょうか」。もちろんいつでも書き換え可能ですから、さほどのことはありませんが、、、この辺がわからないと正確な答えは出せないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございます。私は持病がありあまり長く生きられないと思い、遺言書を作成するにいたりました。 記載されている内容ですが、預貯金の額については触れておらず、私の死後は、全預貯金を弟に相続させるとだけにしています。 公証人役場では20年しか保管してもらえないことを自分で調べて後日分かり、そのことに関して、公証人の方から、作成時告げられなかったことや、私に、将来子供が生まれた場合、まだこの世に存在していないから遺言書に載せることはできないんじゃないかといわれつつもその場で公証人の方が本を調べて載せることができると判明したことから、ちょっと大丈夫かなと。。。20年経ったら、公証人役場では保管義務がなくなるから、結局、各自でしっかり保管してないといけないですね。

  • 回答No.2
noname#40742
noname#40742

>全額弟へと遺言書 と、文字通りそう書かれてたなら、作成時の残高ではなく 相続時(あなたの死亡時)の額です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございます。 記載されている内容ですが、預貯金の額については触れておらず、私の死後は、全預貯金を弟に相続させるとだけにしています。 公証人役場では20年しか保管してもらえないことを自分で調べて後日分かり、そのことに関して、公証人の方から、作成時告げられなかったことや、私に、将来子供が生まれた場合、まだこの世に存在していないから遺言書に載せることはできないんじゃないかといわれつつもその場で公証人の方が本を調べて載せることができると判明したことから、ちょっと大丈夫かなと。。。20年経ったら、公証人役場では保管義務がなくなるから、結局、各自でしっかり保管してないといけないですね。

  • 回答No.1

それはそうですね。 書かれていることが優先されます。 それから、余計なことかもしれませんが、遺言は公証人役場に行って おカネを払って作成する必要はありません。自筆で書いてあれば有効 です。書式には日付など規定がありますので、ネットなどで調べてみ てください。そうすれば、毎年といわず随時更新できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございます。 記載されている内容ですが、預貯金の額については触れておらず、私の死後は、全預貯金を弟に相続させるとだけにしています。

関連するQ&A

  • 公証人役場に遺言すると?

    遺言書を公証人役場で作成すると、保管しておいてくれる、ということをきいたことがあります。その場合、 1.費用はどうなるのですか? 2.公証人役場で保管しておいてくれる、とのことですが、自分で持っていなくてもよいのですか?(自分での保管が面倒なので捨ててしまってもよい?) 3.本人(遺言者)が亡くなると、自動的に遺言を執行してくれるのですか?

  • 公証役場の公証人への手数料はどうやって決まりますか

    公証役場で公正証書遺言を作るときの、公証人への手数料について教えて下さい。 遺言書で扱う相続財産は、不動産です。 相続人は1名です。 公正証書作成手数料は、遺言書で扱う財産の金額によって決まるとのことですが、不動産の金額は、どうやって決まるのでしょうか。固定資産評価証明書に載っている「評価額」の数字が、そのまま財産額になるのでしょうか。 この「評価額」がそのまま財産額となり例えば900万円であれば1000万円以下なので手数料は1万1000円(+加算分1万1000円)、「評価額」が1100万円であれば1000万円を超えるので手数料は2万3000円(+加算分1万1000円)となる、ということでしょうか?

  • 公証人役場で書いた遺言書を見せてもらえますか

    先日同居していた祖母が亡くなりました。 祖母の子供は娘が4人、私の母が長女で同居しておりました。 私は長女の娘で同じく同居しており、7年前に祖父がなくなる前に私と夫は祖父母と養子縁組をしております。 遺産分割協議書を作成しましたが、叔母たちが7年前に亡くなった祖父の遺言書を見せてくれなければハンを押せないと言っております。 祖父母は公証人役場で遺言書を書いております。 母にその写しがないか聞きましたが、無くしてしまったか忘れてしまったようでわかりません。 公証人役場で書いた遺言書は、問い合わせれば見せてもらえるのでしょうか? また、今からでも写しはもらえるのでしょうか? 相続税の深刻の期限の10ヶ月が間近なので困っています。 ご回答よろしくお願いします。

  • 公証役場での遺言書作成

    出来ることなら生命保険の受取人を変更したいと思っています。 生命保険の受取人と、後から作成した公証役場での遺言書の受取人とではどちらが有効なのでしょうか? 宜敷くお願いします。

  • 公証役場

    自筆遺言を書いた場合、日にちが新しいほうが有効という話は聞いた事ありますが、公証役場で遺言を作成した場合もそうでしょうか?(例えばA公証役場で兄と母が4月に遺言書を作成し、その後6月にB公証役場で母と妹が遺言書を作成した場合どちらが有効にになるのでしょうか?

  • 公証役場の遺言書

    父の友人が、自分が死んだ場合に財産を子供3人と、普段から世話になっているということで私の父の計4人に分けることにしてあるという話をしていたそうなのですが、金額が高額なことから父は半信半疑でいます。 その友人は法律家を通して公証役場で遺言書を作成したそうなのですが、父はその話について先日初めて聞かされ、住民票等の書類も当然のことながら友人に提出していません。作成した遺言書には父の氏名や住所を記載してあるらしいのですが、この話はどこまで信用できるでしょうか?

  • 認知症の父が公証役場で遺言書を作成させられた

    かなり以前(平成6年)に父が亡くなりました。49日が過ぎたころに継母から「父の遺言書」が送られてきて認知症の父が作れるはずがなくそれも公証役場で作成されたもので大変驚きました。私の家族が転勤先から3年ぶり(昭和59年)で帰ってきたときは娘ということもわからず孫たちの名前を呼ぶこともありませんでした。昭和61年には外出先で継母とはぐれ行方不明になったと継母の息子で義理の弟から夜11時近くに電話ありすぐ実家に飛んでいきました。行方不明になってからかなり時間がたっていましたが警察に届けを出しました。 それから30分後警察から電話がありタクシーの運転手が父をタクシーに乗せたが何を言っているかわからず 様子が変なので父を交番に連れて行きおろしたそうで今交番で預かっているので迎えに来てほしいと連絡がありました。 遺言書は次の年の62年に公証役場で作成されていました。内容は 父のすべての財産は継母と 義理の弟が相続するという内容でした。保証人は 継母の妹と母の知り合い(父も知っている人)が なっていて公証役場でこのような不正が行われたことに疑問を感じ何人かの弁護士に相談に行きました。公証役場での遺言書を覆すのは難しいという意見ばかりでした。よく「心配なら遺言書は公証役場でつくる方が安心」といわれますが悪用した人にも安心な遺言書だったのです。私は父が認知症とわかっていましたので納得のいく遺言書ではありませんでした。保証人になってくれた人にどのように父が遺言書を作ったのか聞きたく訪ねましたがあってくれませんでした。義理の弟はこの件に関して口を閉ざしています。その後継母とは15年ほど会うこともなく過ごしていましたがあるとき 同じ家に居ながら義理の弟の奥さんや孫たちと10年以上前から折り合いが悪く毎日顔を合わせることがなく一人で90過ぎても生活をしていると知り可哀想に思い2年ほど前から訪問して妹と世話し始めました。今はヘルパーさんが来てくれているので毎日のように行くことはありません。その間 母に遺言書のことを話したりすると 別人のようになり喚き散らしたりしました。認知症の父がどうして公証役場で遺言書を作れたのかと 聞くと「大勢で行ったので信用してくれた」との返事でした。私ははじめ作成には 保証人の二人と 父の身代わりに保証人の一人継母の妹の夫が行っていると思いましたが継母と父と保証人二人と保証人の夫の5人とわかりました。あるときには継母の妹の夫が「子供たち(私たちきょうだい)にも わければよかったかな」と言っていたと継母は話のはずみで言っていました。 本人確認はいまでも車の免許書、パスポートなど写真入りの身分証明をするものがなければ印鑑証明書が証明書となっているのでしょうか これは簡単に継母は手に入れることができます。 写真をとるとか ビデオをとるとか改善されていないのでしょうか 18年前のことですでに時効となっているでしょうが 正直 父の知らない家族が父の財産で裕福に生活している様子をみると悔しいです。

  • 公正証書遺言の書き方について

    公正証書の遺言を作成するために、公証役場で相談しているのですが、公証人の方が、間違えたことを言ったり、こちらの言ったことを忘れていたりなどが多々あり、少し不安になっています。 それで質問なのですが、被相続人の所有する不動産については、不動産の表示を書かないといけないそうですが、預貯金については、具体的に書かなくても全財産という書き方で含まれるので大丈夫、と言われたのですが本当にそれで良いでしょうか。具体的に書いていないことによって、金融機関での取り扱いに不都合が生じるようなことはないでしょうか。

  • 「公正証書遺言」。公証役場に登録の有無確認方法

    「公正証書遺言」。公証役場に登録の有無確認方法 死人(死体は死に物体)に口なしで登録している否かを確認する方法についてです。 生前には誰にも秘密扱いがあると聞きます。 (1)市役所へ死亡届を提出したら、自動的に公証役場から関係者へ連絡があるものですか。 (2)相続人が公正証書遺言が作成されているかを確認するには公証役場へどのような身分証明書などを提示すれば、その有無を教えてもらえるのですか。

  • 公証証書遺言状の内容について

    相続について相談いたします。 父が亡くなり母と兄、姉、姉、私(次男)の四人兄弟です。 父は公証証書遺言を書いておりました。 兄弟で兄以外の姉二人と私は父名義の土地にそれぞれ自分達の収入で家を建てております。 遺言書に従って姉二人と私はそれぞれの土地を相続いたしました。 遺言書には、この三人以外の土地、家屋、不動産、預貯金のすべてを母に相続させると 書いてあります。遺言執行者は母になっております。 この公証証書遺言状ですが、○○銀行○○支店、口座番号1234567や土地などは番地など 具体的には明記されていません。 ただ、私は母に付いていって、金融機関では父の口座からは母の口座に振り込まれました。 兄と長女は仲が良いようで、兄の相続分が土地も預貯金もないので この遺言状は具体的に明記してないと、言って裁判にでも持ち込むのでは ないかと思っているのですが、大丈夫でしょうか?