• ベストアンサー

Outlook2003 削除済みアイテム内のメールの削除

いろいろ調べて分からなかったので、質問致します。 Outlook2003を使用しておりますが、削除済みアイテムには自動的に(仕分けルールなど)メールを移動できますが、削除済みアイテム内のメールを自動的に(サーバルール)削除する方法が分かりません。 自動仕分けで行うと、クライアントルールになってしまい、Outlookを起動しないと処理してくれません。 Outlookを起動しない状態で、削除済みアイテム内を空にする方法を教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • Kurouto
  • ベストアンサー率28% (96/338)
回答No.1

「ツール」の「オプション」で「その他」 「終了時に、削除済みアイテムフォルダを空にする」 ではだめでしょうか?

sb325
質問者

お礼

早々のご回答、ありがとうございます。 出来れば、Outlookを起動していない状態で、削除済みアイテム内をクリアにしたいのです。 Outlookを起動しない状態で、自動仕分けのルールを使用すれば、削除済みアイテムには入るのですが、入ったままですとメールサイズが増えていきますので・・・。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • Kurouto
  • ベストアンサー率28% (96/338)
回答No.2

No1です。 仕分け処理だけ実行するのであれば・・・ ちょっと面倒かもしれませんが・・・ やれることはやれますね。 分類項目を付けましょう。 削除済みアイテムに自動的に移動する仕分けルールの中に、「分類項目を割り当てる」を追加してください。分類項目はあらかじめ作っておいた「削除可」とかにしておけばわかりやすいですね。 それで、削除済みアイテムフォルダ用に今度は新しい仕分けルールを作ります。もうわかりますね?分類項目が「削除可」のメールを 「削除する(復元できません)」に設定しておけばOKです! またわからないことがあれば聞いてください。

sb325
質問者

お礼

Kuroutoさん、ご回答ありがとうございます。 教えて頂いた設定を行うと、クライアントルールになってしまいます。 どうしても仕分けルールの「削除する(復元できません)」を選択すると、クライアントルールになってしまいます。クライアントルールになるとOutlookを起動しないと実行してくれません。 それともやり方が間違っているのでしょうか? 特別、仕分けルールにこだわっておりません。仕分けルール以外で、Outlookを起動せずに削除済みアイテムをクリアする方法はありますでしょうか? 宜しくお願い致します。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • Outlook Expressの”[削除済みアイテム]を空にした”後、メールサーバからファイルが削除されるタイミングについて

    メールサーバシステムを以下要件で構築しております。 ---------------------------------------------------------------- 【メールサーバ】 OS:RHEL ES4.5(x86) MTA(送信エージェント):postfix 2.2系 MDA(受信エージェント):dovecot 0.99系  →POPで受信 メールフォルダ:MaidDir形式 ---------------------------------------------------------------- 【クライアント】 OS:WindowsXP MUA(メールクライアント):Outlook Express6 設定内容: クライアントPCのOutlook Express6では、添付の画像のような設定としております。 ”サーバにメッセージのコピーを置く”にチェック ”[削除済みアイテム]を空にしたら、サーバから削除”にチェック ---------------------------------------------------------------- 今回質問させていただきたいのは、 Outlook Express6で”[削除済みアイテム]を空にしたら、サーバから削除”にチェックを入れている状態で、削除済みアイテムを空にした後、メールサーバからちゃんと削除対象のデータ自体が消えていることは確認済みなのですが、メールサーバから当該メールファイルが削除されるタイミングはどのようなタイミングで行われているのでしょうかという点です。 今日色々な方法で確認をしてみたのですが、どうもOutlook Express6上で削除済みアイテムを空にした後、即時にメールサーバからデータが削除されるわけではなく、しばらくしてからデータが消えるような現象を確認しています。 またサーバ上からデータが消える条件としては、Outlook Express6上で削除済みアイテムを空にした後、Outlook Express6を「X」で閉じることなく、クライアントPC上で立ち上げっぱなしの状態にしておくと、しばらくしてサーバから当該データが消えるような動きをしています。 ここで質問です。 ・Outlook Express6上で削除済みアイテムを空にした後、どのようなしかけでメールサーバのメールディレクトリからデータが消えるのでしょうか。 ・Outlook Express6上で削除済みアイテムを空にした後、サーバから○○分後に削除される。などルールが決まっているのでしょうか。 本件については、しかけの仕様や技術情報、体験談、コメントなどいただけますと大変ありがたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • Outlook2003 迷惑メールの削除方法

    現在、Outlook2003でメールを行っています。 迷惑メール等を整理する方法で「仕訳ルールと通知」の設定を利用しています。 その設定の中で 『削除する(復元できません)』 の処理設定を行うと、同時かつ自動的に 『仕訳ルールの処理を中止する』 の処理が選択されてしまい、削除の処理が継続されなくなってしまいます。 削除の処理が中止されないように設定する方法はありますでしょうか? ただし、同じ削除の処理でも、「削除済みアイテム」のホルダに移動される 処理はダメです。 どなたかお詳しい方、アドバイスをお願い申し上げます。

  • Outlook 2003でメールが自動で削除される

    Outlook 2003にて、受信したメールが自動的に削除済みアイテムに入ってしまうため、困っています。 ・仕訳ルールで自動的に削除しているわけではありません。 ・既読メールを自動的に削除しているわけではありません。未読メールも削除済みアイテムに入ってしまいます。 ・全部の受け取ったメールがそうなるわけではない。一部の人から受け取ったメールは仕訳ルールであるフォルダに移行するようにしているが、それがまれに削除済みアイテムに入ってしまいます。 このようによく分からない症状が出ております。何かご存知でしたら教えて下さい。

  • Outlook Expressの削除済みアイテムからメールを削除しても、メールサーバからデータが消えない

    メールサーバを以下要件で構築しております。 OS:RHEL ES4.5(x86) MTA:postfix 2.2.10 MDA:dovecot 0.99.11 メールフォルダ:MaidDir形式 クライアントPCはWindowsXPでOutlook Express6をメールクライアント として使用しております。 クライアントPCのOutlook Express6では、”削除済みアイテムから削除したタイミングでメールサーバからメールデータを削除する”設定としております。 しかし、Outlook Express6で削除済みアイテムから複数件(数十件~数百件レベル)のメールを削除しても、メールデータから当該データが完全には消えていないことが分かりました。 ここで”完全には”としたのは、たとえば、削除済みアイテムから20件のデータを消すと、メールサーバ上から暫く時間が経つとそのうちの数件のデータが消えているように見えるためです。 Outlook Express6で”削除済みアイテムから削除した際メールサーバのデータを消す”設定にした際にどのような処理が行われているかも分からず、メールサーバ上の/var/log/maillogを見てもそれらしきメッセージがでていないので、どのように調査すべきか、どのように対処すべきかお手上げ状態で非常に困っております。 もし調査法、対処法についてご存じの方がいらっしゃいましたら、どのような情報でも結構ですので、情報提供、アドバイスを頂けますと大変助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 受信メールが自動的に削除済みアイテムにいどうする

    ・受信メールを自動的に分類するようにメッセージルールを設定し使っ ていまた。 ・突然、受信トレイが空になり、削除済みアイテムに移動していまし  た。その後、受信したメールを見ようと受信トレイをクリックすると  自動的に削除アイテムに移動します。 ・削除済みアイテムを開けると、画面に「これらのメッセージを完全に  削除しますか」と出るので「いいえ」をクリックしますが、何度も同 じ画面がでてきます。 ・メッセージルールを開き、削除しようとしてもできません。  どうすれば、元に戻せるか教えてください。

  • Outlook2003:仕訳ルール「さらに削除する(復元できません)」

    よろしくお願いします。 Outlook2003を利用しております。 複数のアカウントでメールを一括受信し、別のアドレスに転送 しております。 その際、仕訳ルールを利用し下記のような設定をしています。 この仕訳ルールは次のタイミングで適用されます:メッセージを受信 したとき[宛先]または[CC]が 名前(××1@××.com)の場合 ××2@××.comへ転送する さらに削除する(復元できません) と設定しています。 本文及び受信メールの内容をOutlook上に残したくないため また、見れないようにしたいと思い上記のような設定にして おります。 受信トレイは、当然空になるのですが、送信済みアイテム内に 残ります。 そのため、送信済みアイテム内の削除をし、その後、削除済み アイテム内の削除をせざる得ない状態です。 過去、Outlook2000の時は、この設定方法で転送後すべて削除 出来ていたと思うのですが、何度設定しなおしても送信済み アイテム内に残ります。 すっきりと自動削除できる設定方法があれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • OutlookExpressでメールが削除済みアイテムへいってしまいます

    OutlookExpressを使用しています。 困っていることがあります。 受信したメールの一部が削除済みアイテムフォルダへ いってしまうことです。 いってしまうメールは、ある特定のメールです。読みたくないメールなので、別にいってもかまわないのですが、削除済みアイテムフォルダへいくといっても 画面右下に「1通の未読メールあり」みたいな表記が されるし、いやです。サーバーから削除できればと 思います。 ただ、ツールの中の「メッセージルール」をみても 削除済みアイテムフォルダへ移動するように設定した ルールがありません。いくつかルールは作っているのですが、削除済みアイテムフォルダへ移動するように設定したルールがありません。 原因はなんなんでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • Outlook メールの削除済みアイテムに関して

    ご存じの方ご教授願います。 アウトルックで不要なメールを削除すると「削除済みアイテム」に自動で入っていましたが昨日から削除をすると 「削除済みアイテム」には入らず完全削除?のような感じでメールが残りません。 以前のように「削除済みアイテム」に残るようにするにはどうすれば良いでしょうか?色々調べましたがわからなく困っています。

  • 知人からのメールが削除済みアイテムに入る なぜ?

    Outlook Express6を使ってます。知人から来たメール(Webメール)が、削除済みアイテムの中に入ります。その人のためのフォルダを作りメールルールで自動的に移動するようにしているのですがその人のメールからのメールは全部を削除済みアイテムに入ってしまいます。受信トレイにも入りません。相手方と打ち合わせて何度やっても同じです。困っています。どなたか原因と対処法をご教示ください。 よろしくお願いします。

  • Outlook 2007の迷惑メールの自動削除について教えてください

    以前、Outlook 2000だった時は、件名の中の単語や送信者の名前などを定義すれば、迷惑メールが自動削除できたのですが、Outlook 2007に変えてからは、それができなくなってしまいました。一応、「仕分けルール」にはちゃんと定義できるようになっているのですが、「削除する」にチェックを入れて「完了」にしても、まったく効果がありません。どうしてでしょうか。「迷惑メールフォルダに入るならそれでいいじゃない」と友人はいいますが、いかがわしい英文の件名ばかりで、目にするのもいやなので自動削除にしたいのです。ただ、時々必要なメールも迷惑メールフォルダーに入ってしまうので、迷惑メールに入ったものを全面的に「削除」にする設定にはできません。あくまでも定義したものだけを個別に自動削除したいのです。 ところで、仕分ルールの「削除する」(復元できません)にチェックすると、自動的に「仕分ルールの処理を中止します」となるのはどうしてですか?またこれは何を意味するのでしょうか?処理を中止しては意味がないと思うのですが。 以上、よろしくお願いします。

このQ&Aのポイント
  • Bluetooth薄型コンパクトキーボードを使用している際に、勝手に文字が入力される問題が発生しています。
  • 特に数字の『1』が連続で入力される現象が続いており、パソコンの電源やBluetoothの再接続、電池の交換を試しましたが解決しませんでした。
  • エレコム株式会社の製品であるTK-FBP101シリーズを使用しており、問題は今朝から発生しています。
回答を見る

専門家に質問してみよう